今朝ふと、疑問に思ったんですが、歯って歯茎に刺さってる(表現がちょっとおかしいか・・・)だけですよね?
歯がかぎ型になって歯茎に食い込んでいるわけでもないですし、顎の骨と結合しているわけでもありません。
あのすっぽ抜けそうな形で歯茎に刺さっている状態なんですよね?

だとしたら、どうして歯は抜け落ちないんでしょうか?
歯茎と歯が癒着してるんですか?
歯の中の神経が歯をつなぎ止めているんですか?
ちょっと考え出したら、頭の中が「?」で埋め尽くされてしまいました。

どうして歯は歯茎から抜け落ちないんでしょう?

なんだかオマヌケな質問ですみませんが、どなたか教えてくれないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

顎間ゴム」に関するQ&A: 顎間ゴムについて

A 回答 (1件)

歯根は上下の顎骨(歯槽骨)の穴にはまるようにできています。


この歯槽骨と歯の間は、歯根膜とよばれる強靱な結合組織で結ばれています。
歯根膜はコラーゲンでできた繊維組織で、繊維の両端はそれぞれ歯のセメント質と骨組織の内部まで届いており、歯と骨をがっちりと、しかも弾力をもって接着しているのです。
そうですね、ちょうどコンクリートの土台の穴にコンクリート柱がホゾでがっちりはめこまれ、なおかつコンクリートの表面にあいた微細な孔の一つ一つに、強くてしなやかなゴム状の糸が入りこんで固定している状態を想像してもらえばいいでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ものすごくよくわかりました。
ココに質問する前に、仲間に聞いたんですが、誰にも答えられず、今、みんなで納得しています。
すっごいスッキリしました! ありがとうございます!

お礼日時:2001/08/04 07:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科治療で歯茎に水酸化ナントカ・・・で人口の骨

先日歯茎にのう胞ができ、そこに膿が溜まって痛くて歯科へ行きました。消毒の薬を詰める治療をしてもらったのですが、担当医が、また感染すれば同じことの繰り返しになる。だからもう少ししたら空洞になったのう胞を人口の骨で埋めようと思っていると仰いました。人口の骨!?とびっくりして尋ねると、水酸化ナントカ(忘れてしまいました)という瓶に入った白い粉を見せてくれました。
基本的には先生を信頼していますので治療はお任せですが、歯茎の中に人口の骨ができるってどんな感じなのでしょうか?これは一般的な治療法なのでしょうか?歳をとって歯茎がやせてきても影響はないものなのでしょうか?
歯科治療について詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歯科医です。
水酸化カルシウムです。アパタイトではないかと思います。
水酸化カルシウムの結晶のひとつがアパタイトです。
URL参照してください。

不勉強のためか根先病巣にアパタイトを使った症例を知りません。
もしかしたらアパタイトではなく
ほかの水酸化カルシウムのほうなのでしょうか・・。
だったら人工骨とは別の話になるのですけれど。

アパタイトはインプラントのとき骨のボリューム不足を補填する目的で使うことが多いです。
保険適応される治療ではないという意味では一般的とはいいがたいですが、上手くいけばよい方法です。
人工骨は最終的にご自分の骨と置き換わります。(というか、はずです)
置き換わってはじめて治っているといえます。
歯茎がやせても上手く治っていれば問題は起こらないはずです。

時々、吸収不全で十年たったあともあけてみると中で
入れたときのまんま、じゃりじゃりしているという症例もありますが
あるからといってそれ自体が害があるようなものでもありません。
現在はよい製品があるようなので、過去のものとは違いがあるかもしれません。

参考URL:http://www.pentax.co.jp/japan/news/2006/200628.html

歯科医です。
水酸化カルシウムです。アパタイトではないかと思います。
水酸化カルシウムの結晶のひとつがアパタイトです。
URL参照してください。

不勉強のためか根先病巣にアパタイトを使った症例を知りません。
もしかしたらアパタイトではなく
ほかの水酸化カルシウムのほうなのでしょうか・・。
だったら人工骨とは別の話になるのですけれど。

アパタイトはインプラントのとき骨のボリューム不足を補填する目的で使うことが多いです。
保険適応される治療ではないという意味では一般的とは...続きを読む

Q木どうしの癒着とその仕組みについて

大きい長寿杉の木などの断面を見ると複数が合着して育っていたものがありますよね。
また、現在開催されている愛知万博ではポプラどうしを密着させているとその樹皮同士が癒着し、同化する性質を利用し、グローイングホームと言う木の家を作り展示されています。

動物ではまず見ない性質ですが、木でもそんな成長をしない木もありますし、どういうメカニズムでその同化が行われるのか知っている方がおられれば、教えて頂けると嬉しいです。
また、その癒着が起こりやすい木や、その性質を持たない気などもあれば、教えていただきたいです。
多種との接木も、植物にとっては当たり前のことですが、かなり不思議なことに思えます。
変な質問すみませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

接ぎ木は何でもかんでもできるわけではありません。ボタンとシャクヤク、カラタチと柑橘類など、科レベルで近縁だと可能な場合や、八重桜はバラ科Prunus属の中でもオオシマザクラ系にのみ接ぎ木が可能、というふうに属以下のレベルで接ぎ木可能なもの、同種でも難しいもの、など様々です。

動物では病原体のほとんどは細菌とウィルスで、これに対抗するために自己の細胞に標識をつけて、異物を排除する免疫機構を発展させました。それに対し植物では病原体の多くは糸状菌(一部ウィルス)で、抗菌作用のある物質を分泌することで対抗してきました。このあたりが他の生物細胞との親和性の違いとなって現れているのではないでしょうか?

Q前歯のブリッジの歯茎が赤く腫れています。治療法は?

5年前に付けた左上3-2-1(2は差し歯で根が割れたため欠損。3.1は神経なし。)のセラミックブリッジの歯茎が赤く腫れています。
レントゲンでは歯根に異常はないそうです。
どんな治療法がありますか?
ほかの歯の歯茎は腫れていません。 
作り直さないとダメでしょうか?
レーザー治療はできないでしょうか?

Aベストアンサー

これはおそらく、歯垢が原因じゃないかと思います。
作り直しを考える前に、これをやってみたらどうでしょうか?という提案ですが、歯ブラシの当て方を、歯と歯茎の間のポケットに毛先が入るように当てて細かい動きでブラッシングをして、さらに歯間ブラシで清掃してみてください。
腫れが歯垢が原因による歯肉炎なら、歯ブラシをしっかり当てることで初めは出血すると思いますが、毎日やれば徐々に出血も治まり腫れも引いてくると思います。
もしそれでもダメなら別の原因かもしれないので、対策を考えた方がいいかもしれません。
まずは自分で出来るケアとして、ブラッシングを頑張ってみてください。

Qちょっと今更な質問なんですが…

STAP細胞ってあるんですか?

Aベストアンサー

仮説段階です。あとは実験で証明されればですけど。

Q下の前歯と隣の前歯との隙間が広がってきました。たぶん歯茎が下がってきたせいだと思いますが簡単に治療で

下の前歯と隣の前歯との隙間が広がってきました。たぶん歯茎が下がってきたせいだと思いますが簡単に治療できますか?

Aベストアンサー

確かに歯茎が下がってきた場合、歯と歯の間の隙間が広がったように見えます。しかし原因として考えられるのはそれだけではありません。まず歯茎が下がる原因にも 噛み合わせや歯周病の影響 不正な歯ブラシの使用 虫歯やその他の疾患等 いろいろありますし、歯の隙間が大きくなる原因にも 噛み合わせや不正咬合・食習慣 口呼吸等の耳鼻科的疾患 周囲の筋肉的要因 その他・・・・・いろいろと考えられます。まずは原因を特定してその対策をしないと、治療しても意味はありません。
まずは歯科医院に行って 現在の状態と原因を究明して下さい。具体的な治療はその後に考える事になりますから、簡単に治療と言うわけには行かないはずです。

Q牛の歯茎について

前にトリビアで牛の歯茎は食べられないとあったのですが、それにはなにか根拠みたいのがあるんでしょうか。せきずいや脳はなんとなく分かる気がするのですが…。

Aベストアンサー

僕もそのトリビア見ましたが、「舌、頬肉以外の頭部を食用にしてはいけないと法律で決まっているから」というのが根拠だったと思います。
そのように法律で決めた理由は、「頭部に危険部位がある」「頭部で舌と頬肉以外の部位は流通していない」でしょう。
細かい部位まで入れると牛の部位は何万とあるので、いちいち食用にしていいかどうかを法律で決めてはいられません。牛の歯茎は流通してないので禁止しても世間的には何の影響もないだろう、ということでまあ妥当な決まりだとは思います。ちなみにそのトリビアでもやっていたとおり乳房は食べてもいいのですが、流通していないので普通は食べられません。

Q歯根治療後の歯茎の腫れについて

よろしくお願いします。
昨年11月に上左奥歯の付け根の歯茎が腫れているようなので歯科に行きました。
銀歯を被せた歯の神経を抜いた箇所にばい菌が入ったので歯茎が腫れたと言われ
歯根を何回か消毒し、薬を入れ1か月位で治療終わりました。
また同じ箇所の歯茎に違和感を感じた(押すと痛い)ので3月の初旬に
歯医者に行ったところレントゲンで見ても特に異常無いということで
「様子を見ましょう」と言われたのでそのままにしていたところぷっくりと腫れてきました。
この場合私の歯磨きが悪いのでしょうか?
歯根治療がうまくいかなかったという可能性はあるのでしょうか?
この奥歯は歯根治療はもうできないので抜くしかないと前回言われています、できれば抜かずにいたいのす。
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>歯根を何回か消毒し、薬を入れ1か月位で治療終わりました。
昨年11月の治療ですね。歯根を消毒されたとは、被せ物の銀歯を取り外して、根っこの治療をされたと言うことですか?
それとも、根っこと歯茎の間へ薬を注入する治療を受けられた事でしょうか?

>3月の初旬に歯医者に行ったところレントゲンで見ても特に異常無いということで「様子を見ましょう」と言われたのでそのままにしていたところぷっくりと腫れてきました。

昨年11月に受けた治療が、かぶせ物の再製であった場合、今月の異常は、根管治療の不備と言えるでしょう。

今月受診されたのは、その歯に違和感があったためと思われます。
その時は歯科医の説明だけで、隙間に薬を入れる、あるいは、炎症を抑える薬の処方など、受診目的である違和感の解消に対する治療を受けられなかったようです。

いずれにしても3月に受けた歯科医の説明に従い、腫れが出るまで安閑としておられたように受け取れます。

>この場合私の歯磨きが悪いのでしょうか?
主様の歯磨きに問題ありと決めつけることはできません。

今になってこういった判断をするのは、批判がましい事かも知れませんが、最初に受けた根っこの治療で、根管に取り残しがあったことも考えられます。

>できれば抜かずにいたいのす。
先ずは、今起きている腫れの状態を解決することが大事です。
歯内療法にたけた歯科医を探して転院するという方法も考えられます。

巷の歯科には、直ぐに抜歯を勧める歯科医もおられます。
こういうことも念頭に置いて、主様の希望に叶う治療をしてもらえる歯科での診察をお勧めします。

>歯根を何回か消毒し、薬を入れ1か月位で治療終わりました。
昨年11月の治療ですね。歯根を消毒されたとは、被せ物の銀歯を取り外して、根っこの治療をされたと言うことですか?
それとも、根っこと歯茎の間へ薬を注入する治療を受けられた事でしょうか?

>3月の初旬に歯医者に行ったところレントゲンで見ても特に異常無いということで「様子を見ましょう」と言われたのでそのままにしていたところぷっくりと腫れてきました。

昨年11月に受けた治療が、かぶせ物の再製であった場合、今月の異常は、根管治療の...続きを読む

Q■抗体がほぼ無限にできるわけ

動物の遺伝子は3万しかなにのに、ほぼ無限に近いほどの異物にたいして抗体ができますが、これってなんでなんでしょう?誰か詳しい人がおりましたらお答え願います。

Aベストアンサー

ほ乳類の抗体の種類は100万以上あるといわれています。遺伝子の総数よりはるかに多いですね。

抗体の種類は抗原認識部位V領域の多様性によってもたらされます。
1. V領域をコードしている遺伝子は、H鎖ではV, D, J、L鎖はV, Jの部位からなっています。ゲノム上ではVが100~300種類、Dは15種類、Jは4~5種類が並んでいます。リンパ球が成熟する過程で、個々の細胞でV, D, Jからそれぞれ一種類ずつがランダムに選ばれひとつながりのエクソンにつなぎかえられ、これが遺伝子として機能します(VDJ組換え)。H鎖、L鎖それぞれについて、このような多様な組み合わせを生じるので、抗原認識部位の異なる多様なリンパ球ができます。
利根川進がノーベル賞をとった研究ですね。

2. リンパ球では、V領域をコードする遺伝子部位は通常の1000倍近く体細胞変異率が高いことが知られています。つまり、個々のリンパ球レベルで、偶発的に生じる変異でも抗原認識部位の多様性を増やしているわけです。

以上、20年も前に仕入れた知識なので、最近はもっといろいろわかっているかもしれません。

ほ乳類の抗体の種類は100万以上あるといわれています。遺伝子の総数よりはるかに多いですね。

抗体の種類は抗原認識部位V領域の多様性によってもたらされます。
1. V領域をコードしている遺伝子は、H鎖ではV, D, J、L鎖はV, Jの部位からなっています。ゲノム上ではVが100~300種類、Dは15種類、Jは4~5種類が並んでいます。リンパ球が成熟する過程で、個々の細胞でV, D, Jからそれぞれ一種類ずつがランダムに選ばれひとつながりのエクソンにつなぎかえられ、これが遺伝子として機能します(VDJ組換え)。H鎖、...続きを読む

Qブリッジ治療した所の歯茎が痩せてくるのはなぜですか?

ブリッジ治療した所の歯茎が痩せてくるのはなぜですか?

Aベストアンサー

歯科医です。

歯が抜けると、歯から歯が埋まっていた骨(顎骨)に対する刺激が無くなってしまうと、骨は急速に退縮していきます。
これを顎骨吸収(がっこつきゅうしゅう)と呼んでいます。
一種の廃用性萎縮です。


総入れ歯、特に適合のよくない入れ歯の方の顎が小さくなっていくのはこのためです。
歯の根っこだけでも残っていたり、インプラントが入っていたりすると、この現象は起きにくくなります。
また、入れ歯と歯茎の圧力が適正であれば、吸収のスピードは遅くなります。


しかし、歯の根っこだけ残しても、これが感染を起こしていると、これもまた炎症で骨が吸収していきます。


歯を失った後、骨のレベルを維持するのはとても困難であり、歯科医が頭を悩ませることの一つです。

Q飢餓に苦しむ人のおなかがふくらむわけ

昔の絵で飢餓に苦しむ人のおなかを見ると、ふくらんでいるのですが、なぜ、ふくらむのですか?

Aベストアンサー

DOKIDOKIダイエット
http://diet.goo.ne.jp/member/rensai/dokidoki/021.html

このページを下にたどっていくと「食べないダイエットを続けると」のタイトルが出てきますが、その真ん中の段落にその理由が書かれています。


人気Q&Aランキング