人気雑誌が読み放題♪

いかがでしょうか?

男女の性質の無理解による払うべきコストが高すぎると思います。
勿論、正義は人の数だけあるよろしく、知った上で争うこともありますが
知らないせいで異性について何十年も悩み争い、多大な時間と精神力を犠牲にするのは国家的損失かと。

A 回答 (2件)

やめておいたほうがいいでしょうね。

課題図書といえばその本をすべての生徒に読ませるわけですから。

その本の中身は読んだことないですが。ネット上にたくさん投稿されている書評からでも十分にわかることは、その本の内容を皆が正しく理解することはできない、ということです。

男女の脳に生物学的な違いがあることは当然だし故に得意不得意が男女で違うことも当然だと個人的には思いますが。この種の本を読むためには、たとえば「平均」と「全体」は違う、「向いている」と「強制する」は違うといった、最低限の科学的社会的リテラシーが必要です。

そういう背景知識の無い人にまで読ませるのは、上っ面だけの「理解した気分」で男女差別に走る輩が続出する弊害のほうが大きいです。それに加えて、生物学的事実よりもポリティカル・コレクトネスを優先する悪い意味での「文系的ジェンダー論者」からの批判が飛んできて不毛な争いになる。目も当てられません。
    • good
    • 0

課題図書に指定しない方が良いでしょう。



多様性を認めていく社会にしようというこの時代に、男性は一律にこう、女性は一律にこうという固定観念(決めつけ)を若い時に植え付けてしまうのはよくありません。実際には話を聞かない女も、地図が読めない男もたくさんいて、一人一人違うわけですから。

また、男性か女性かの区別は「外性器レベル・内性器レベル・染色体レベル・ホルモンレベルなど多様なレベルで」判断されるのですが、そのいずれにおいても白黒はっきりするわけではなく グレーゾーンの人がいることが現在は分かっています。性器だと、外性器が両性具有の人、内性器が両性具有の人、外性器と内性器の性が一致しない人など。オリンピックなどのスポーツ大会は男女別になってますが、性別詐称疑惑のある女性選手が出場できたりできなかったりするのは、男女の線引きをどこでするのかで、ある大会では女性選手として扱われるのに、別の大会では男性と判断されるためです。
http://sports-law-seisaku.jp/cgi/upload/thesis/4 …
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=c …

あと、女性にも男性ホルモンが分泌されており、男性にも女性ホルモンが分泌されており、その量には個人差があり、年齢によっても異なりますね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング