痔になりやすい生活習慣とは?

【聖徳太子】聖徳太子像を見ていてふと思ったのですが、聖徳太子ってインド人だったのでは?

髪型と服装と手のポーズといい、伝承した龍や像など日本にいない動物を寺のモチーフに採用してるし、インドから日本に渡って来る途中に中国や朝鮮半島の日本より進んだ文明の職人も引き連れて来れた。

聖徳太子がインド人なら全ての辻褄が合う気がします。

ちなみに龍は虹と言われているが、聖徳太子の龍はアフリカ大陸にいた麒麟のことだったと思う。

インド人の聖徳太子はアフリカの麒麟を見たことがなくインドにアフリカの情報が伝承されたときには龍の形になっていた。

聖徳太子が中国人や朝鮮半島の出なら虹から龍になって角は無くなって髭が長い龍になってたはずだし、象もモチーフに採用してないと思います。

A 回答 (5件)

しかし記録によれば彼は摂政をつとめている。


渡来人の分際では、天皇の代理という、極官中の極官に上り詰めることはできない。

次の事例を考えれば分かると思う。
「大正天皇が病臥に伏せった時、皇太子だった昭和天皇が摂政となり、天皇の職務を代行した。」

あと蛇足ではあるが、聖徳太子の存在は日本書紀、古事記中にしかなく、件の絵が聖徳太子を描いたものかどうかも根拠がない。
彼の死後一族皆殺しに遭っているので、血で証明することもできない。
存在自体が藪の中なのである。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さんありがとう御座います

お礼日時:2019/09/09 07:27

聖徳太子といって、まず思い浮かべるのが、旧1万円札にもなった肖像画ですが、手にもっている笏(しゃく)は、彼の死後に日本に伝わったことが分かっているものです。

つまり、あの絵は想像図なのですね。

聖徳太子は、日本書記に書かれてから、聖人として広まり、そしてすぐに信仰の対象となったようです。しかし逆に言えば、信仰の対象となったときにはすでに死んで居なかった。なので、像や画などは全て後から想像でつくられたものなのでしょう。
    • good
    • 0

ありえません。



聖徳太子のすべてが伝わっているわけではありませんが、彼は少なくとも生誕がはっきりしています。日本人の両親から日本で生まれています。その時点で日本人です。

髪型や服装は、聖徳太子だけがあの恰好をしていたわけではありません。あの服装は当時の超大国であった古代中国、聖徳太子の時代だと隋ですね。そちらの文化が伝わったためです。

つまり、日本にはあの伝わっている服装をしている男性は当時は山ほどいました。
毎日あの恰好だったわけではありませんが、機会に合わせてあの恰好をする男性はとなりの国にはもっとたくさんいました。
その全員をインド人と思いたいのならご自由にどうぞというところですが…。

またあのポーズは宗教的な意味合いが込められています。当時の価値観では重要なことでした。つまり、聖徳太子本人があのポーズをしょっちゅう取っていたかというと、そうではない可能性もあります。


仏教で龍やゾウのモチーフを用いたからといって、インド人とは限りません。
「龍は日本には存在しない」って、インドにも存在していません。

インド発祥の仏教は中国に伝わったときにいろいろ形が変わったり中国風にあらためられました。それが伝わったまま、信仰の形として採用しただけです。

>インドから日本に渡って来る途中に中国や朝鮮半島の日本より進んだ文明の職人も引き連れて来れた。
この文章おかしいのお気づきですよね?

>龍はアフリカ大陸にいた麒麟のことだったと思う。
こちらは質問者さんの、ふとした思い付きですよね。なぜ麒麟という空想上の神獣がいるのに別の神獣と同じだと思うのですか。


一言でいうと、まともな頭脳を持つのなら、ご主張に同調する人はいないと思います。
    • good
    • 0

いいえ。


正装の姿があの姿だっただけだと思います。

取りあえずは用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女にして、推古天皇の摂政となった方ですから、外国の方の可能性は0です。(謎多き人であることは間違いありませんが。)

参考まで。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3 …
    • good
    • 0

毎日あんな格好では無かった・・と 思うが?



何かの式典で 正装した姿だと感じるが?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング