ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

出来れば現役の方にお答え頂けると嬉しいです。

A 回答 (7件)

旅客輸送の場合は不可能です。


法律・運航規程に触れますし会社の信用も地に堕ちます。
旅客輸送で一番大事なのは「旅客を危険にさらさない」ことです。
6月に大阪まで飛んだとき、やたら旋回するな、と思っていたら、大きな積乱雲を避けていたのでした。
(映像あり)

貨物輸送ならやるかもしれません。
飛行機の限界はわきまえていますし、乗っているのは乗員だけです。
乱気流があっても、突っ切れるなら揺れようと何だろうとGo Straightするそうです。

研究目的では目の上空を飛ぶことは結構あります。
台風の目と言っても対流圏の中だけの話です。
成層圏には達していないので、高度を上げれば安全に飛べます。
大きな目ならば中心付近の気流は安定しているので、突っ込んでいくことができます。
    • good
    • 1

観測のために飛行機が台風の目に入ることはあっても、通常の旅客機が台風の目の中に入り飛行することはありません。

 一昨年の10月21日に、超大型で非常に強い台風21号を調べるため、名古屋大学や琉球大学などの台風の専門家による研究グループが、日本人の研究者として初めて、飛行機で台風の中心である「目」の中に入り、直接、観測を行いました。
    • good
    • 0

大丈夫です。


下降気流に見事乗れればソフトランディングも可能です。
    • good
    • 0

旅客機が??


自ら望んで??

飛べない訳ではないが・・・・
わざわざ突っ込む必要はないよね
    • good
    • 0

気象衛星では熱帯低気圧内部の気圧、風速が計測できないので、まだやってる。

    • good
    • 0

旅客機は、わざわざ台風の目に突入する事は在りません。


ただ、最近まで米軍機が台風の目に突っ込み気象観測を行っていました。
その情報は、気象庁に提供、進路予想に使われていました。
現在は、気象衛星や高性能レーダ観測が可能になったので、米軍機での気象観測は中止されています。
    • good
    • 0

台風の目は荒れてない。


飛行機が進入しても全く問題はない。
飛行機で台風を観測するハリケーン・ハンターと言う物もあるくらい。

ハリケーン・ハンター
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング