出産前後の痔にはご注意!

東電は津波の被害を甘く見て福島第一原発事故を起こし、台風の被害を甘く見て大停電を起こしました。この東電の体質は「親方日の丸」意識から来ているのではないですか?つまり「どんな失敗をしても会社が潰れる事は無い」という意識です。

実際、東電は福島第一原発事故を起こしても潰れませんでした。普通の会社なら当然潰れているでしょう。どんな失敗をしても潰れないという事は、どんな失敗をしても罰せられないという事です。

こんな東電が台風の被害を甘く見て、大停電を起こしても当然ではないでしょうか?

「東電が台風の被害を甘く見て大停電を起こし」の質問画像

A 回答 (24件中1~10件)

現状を変えようと新しい取り組みをする場合には、必ずコストを考えなければなりません。

無電柱化がいいと勝手なことを言うのは自由ですが、そのコストは誰がどれだけ負担するのか、常に考えないと。コストを考えるとダメになるケースは多いんですよ。

経産省が公表した無電柱化(地中化)の工事コストは、kmあたりで言うと…
 日本:約3億5000 万円/km
 英国:約6,000 万円/km
 フランス:1,600 万円/km
 インドネシア:約1,075 万円/km

日本はダントツにコストがかかるんですよ。インドネシア並みのコストで済むのなら、とっくの昔にやっています。さらに日本は外国に比べると工事の際の細かい規制(制約)が多くあり、地権者の了解を取るのも大変です。利権がからんだりして厄介なんです。

それを承知で無電柱化を推進すると、当然ながら電気料金は上がります。それをイヤだと言うのなら、無電柱化はそう簡単には進みませんよ。ある条件で無電柱化のコストを調べると、1戸あたり約80~150万円になることがあるそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

無電柱化のコストが、どうして日本はダントツで高いのか?地価が高いというだけではないでしょう。法律に問題が有るのではないでしょうか?そうだとすると、これは政治の問題です。

日本:約3億5000 万円/km
英国:約6,000 万円/km
フランス:1,600 万円/km
インドネシア:約1,075 万円/km

お礼日時:2019/09/15 20:02

台風が強すぎた、東電、行政等に責任はない‼️日本国民全員の責任並びに、悲しみです。

今から改善すれば良い‼️日本国民が助け合い前向きに思考すれば良いと思いませんか。たまたま、東電社員、設備・建設職業、市区町村職員等です。立場をわきまえて前向きに考えましょう‼️
    • good
    • 0
この回答へのお礼

嘘を言ってはいけません。実際に上陸した台風のヘクトパスカルはありふれた物だったです。

お礼日時:2019/09/17 07:18

少数意見かと思いますが、電柱のよい所を


・コストが安いので、日本国中電気をいち早く通電する事が出来ました、山でも離島、限界集落にも
・災害時の復旧が早いです。今回も早いと思います6電力会社が応援してこれです。関電中電九電他
・ガス水道電話各社と関係なくメンテナンス出来ます(地中化は共同溝とい各インフラを全て埋めます電気だけでは無いのが日本式です)
・水害に強い。海抜の低い地域では大雨で道路が川になり、当然地下に水が溢れます。送電路変電全て防水地中化は難しいです、コスト無視なら可能ですが。
・地下に比べて空中は権利が発生しにくいので新築住宅ビルなどに早く対応出来ます。地中化となると地権者話合いーコスト転換で利用者に負担がかかるのでは。
以上工事に携わって事があるので参考までに!
勿論地中化は望ましいです、踏切の立体交差化と同じでやってはいますが、時間とお金では。
    • good
    • 2

>無電柱化していれば台風が来ても停電には成りません。



トランスも地下に埋める事になるので、浸水すればそれがショートして停電になります。


あと、イギリスは停電、多いですよ (^_^;
    • good
    • 1

福島原発事故以来、冴えない東京電力じゃない‼️原発はアメリカ製なんだぜ‼️

    • good
    • 1

無知な人が理想論を語るのはあるあるですね!



原発廃止!とただ言うだけで現実的な代替案を出せない人達と同じかな…
    • good
    • 0

現に潰れないからねw

    • good
    • 0

津波は未曽有の災害だったと思います。

恐らく想定外だったでしょう。勿論地質学的に調べればもっと大きな津波が有ったのが分かったかも知れません。有ったとしたら知っていたでしょう。しかしそれほどの被害を常に全体に想定していれば、日本は大変な備えをしなければなりません。命が第一だから備えねばならない、とは言っても総てに備えるなど不可能でしょう。どこかで折り合いをつけねばなりません。その結果が福島第一原発だっただけです。原発は日本中に存在します。日本海でも津波は大きくなります。全部に備えるのは無理かと思います。高級レストランに小銃を持った三人組が突入し、弾のある限り撃ちっぱなして数えきれない人が死ぬかも知れません。今の世の中なら在り得ます。それはレストランの備えが疎かだったからでしょうか。誰もそうは言わないと思います。テロを憎むだけです。だから津波を、地震を憎むだけしか仕様がないと思います。台風を甘く見て大停電を起こした。三十年に一度くらいの台風でした。驚異的でした。送電の鉄塔が倒れ、樹木が薙ぎ倒されても東電の甘さからでしょうか。これならば大丈夫、そう思えるだけの備えはしていたと思います。憎むべきは台風であるでしょう。九州も関西も大水害を免れていません。これは九州電力や関西電力が甘かったからですか。関係ないでしょう。台風や豪雨が想定外の強烈さだっただけです。誰を憎みますか。ボランティアに感謝するだけです。天が落ちてくると杞憂した人もいました。笑い話になっています。しかし本当に天が落ちてきて恐竜は絶滅しました。世の中は人智で測れぬ事ばかりです。凡そ天災と看做される事柄は誰も責められません。いつ何時地球の三分の一くらいの天体が直撃するかもしれません。絶滅どころか地球が破壊されているでしょう。あなたは誰を責めますか。私も東電の経営陣が一切裁かれていないことには納得できません。しかし経営陣の誰ならば予測し備えられたでしょう。無理なんですよ。天災で一企業が復旧できないならば、税金を投入するのも仕方ないと思います。まあ東電ほどの大企業で公益企業でもあれば倒産はしないと思うのが普通でしょう。それを親方日の丸というのは言い過ぎではないでしょうか。もっと寛大に、広い目で見て、柔軟な考え方をして欲しいと思います。但し付け加えておきますが、私は決して右翼ではありません。中道よりも多少左翼寄りだと思います。そういう人間の解釈だと思って読んでください。
    • good
    • 0

> 無電柱化していれば台風が来ても停電には成りません。



つまり、質問者さんは、電力使用料が何倍になろうとも、台風に備える為に無電柱化すべき、というお立場とのことでよろしいのですね?
それならきっと、東電も無電柱化を進めてくれると思いますよ。やはり、ネックは資金ですから。
まずは、貴方のお住まいの地域から、「私たち利用者が金を出すから、無電柱化を進めてくれ」とコールセンターかどこかに連絡してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 3

全ての電柱を地下に埋めるには膨大なお金がかかりますが、それを全て東京電力の資金でやるべきだ、っていうご意見でしょうか?


東京電力が資金を出すということは、当然、東京電力の利用者の電気使用料が何倍にもなりますが、それでOKということでよろしいでしょうか?
もちろん、電力自由化のご時勢ですから、送電網を借りている電力会社にも、相応の負担を求めることになり、それらの電力会社を利用している方の電力料も上がります。
また、町中の道路と言う道路で工事が行われますので、あちこちで大渋滞でしょう。
それも容認するということでよろしいでしょうか?
私は東京電力の地域ではありませんが、「地中化のために料金を○倍に上げます」と言われたら、イヤですねー。

ところで、台湾も過去に地震で大停電起きてますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無電柱化していれば台風が来ても停電には成りません。

お礼日時:2019/09/13 16:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング