出産前後の痔にはご注意!

パイロットになりたいと思っています。
ですが、気管支喘息、鼻炎があるからなるのは無理だと親に相手にしてもらえません。
この場合諦める道しか残っていないのでしょうか。
詳しい方よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

https://www.aeromedical.or.jp/manual/manual_2.htm
アレルギー性鼻炎でも鼻中隔湾曲によるものならば、鼻中隔矯正手術をすることで鼻腔通気が良好となりますから、即座にあきらめる必要はありません。
気管支喘息はリンク先に「コントロール良好な者が、国土交通大臣の判定を受けようとする場合は、治療内容や発作の頻度を含む臨床経過、ピークフロー等の検査結果を付して申請すること。」とありますから、気管支喘息がコントロール可能か否かによります。子供時代からの疾患なのか、成人してからの疾患なのかによっても違いますが、まずは、気管支喘息の専門医に
見てもらいましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2019/09/12 14:50

完治している小児期のぜんそくであれば大丈夫ですが、現在も完治していないなら不適合です。


健康診断・身体検査で即アウトです。

鼻炎も症状によってはアウトです。

多くの命を預かる仕事ですから、自分の意思だけでは無理なのです。

病気をおしてでもパイロットになりたいというのは、乗客を危険にさらすことになります。

パイロットという職業をリスペクトしているなら、キチンとあきらめるというのもパイロットに対するひとつのリスペクトです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございます!

お礼日時:2019/09/12 14:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング