人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

銀鏡反応を利用して銀メッキを行っています。
使用する銀液(硝酸銀のアンモニア水溶液)は、アルカリを加えて放置すると爆発性物質の雷銀(硝酸銀)を生成し危険であると、大抵の本に注釈があります。

しかし実際にどの程度のアルカリか、またどの程度の放置により生成するかという具体的な情報は、調べてみましたが未だ得られず困っております。
(現在は仕上がりを良くする為にKOH溶液を加えています。爆発したことはまだありませんが何故爆発しないのかも分からない状態です)

 私の考えでは次の反応で雷銀が生成すると思ってい
 るのですが、この反応の速度が見当つきません。
  3Ag(NH3)OH → Ag3N↓ + 2NH3 + 3H20
 
 上反応式の正誤はともかくとしまして、
 ・銀液からの雷銀生成にどの程度の時間がかかるの
  でしょうか
 ・雷銀生成にどの程度のアルカリが必須でしょうか
 ・その他温度や雰囲気などで雷銀生成に必須あるい
  は生成しやすくなる条件はあるのでしょうか
上記の点について、教えていただければ幸甚です。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 登山雷

A 回答 (1件)

完全回答にはなっていませんので、アドバイス。



実験化学講座の記載は以下の様です。
窒化銀は塩化銀の濃アンモニア溶液にゆっくりと水酸化カリウムを作用させ、アンモニアの発生が静まれば蒸留水で希釈してろ過し、ろ液が中性になるまで水で洗って得られる。
Brauer,"Prap.Anorg.Chem.",S.777

窒化銀は黒色の小片で水に不溶、濃厚な無機酸とは爆発的に反応する。きわめて爆発しやすい危険な物質である。
なお、実験室などでガラスにメッキする場合、硝酸銀のアンモニア溶液に水酸化カリウムを加えたものを使用するが、この液は長時間放置し蒸発がおこると雷銀を生成してきわめて危険となるから、長時間の放置および蒸発をさけ、、、

Bertholletの雷銀ともよばれ、、
Davis,T.L.,"Chemistry of Powder and Explosives",p.401(1953)

以上、写しただけですがご参考まで。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
液作成後の長期放置だけでなく、蒸発も危険であるとわかりました。そうしますと液作成中の加熱もおそらく非常に危険ということになるのでしょう。

すべて作業場での注意事項に加えます。

また何か本件に関する内容で情報がはいりましたらお手数ですがご教示いただけるとありがたいです。
本件調査してみて分かったのですが、思っていたよりずっと情報が少ないので困っておりました。
しかしながら一度でも爆発がおこると終わりですので、完全に爆発条件を把握するまで調査してまいります。

お礼日時:2004/12/17 08:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀鏡反応と爆発性について

文化祭実験で痛ましい事故が起きました(芝浦工大柏中学高校)。インターネットにはアンモニア水だけで行う方法(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E9%8F%A1%E5%8F%8D%E5%BF%9C)と苛性ソーダを併用する方法が(http://www5.nkansai.ne.jp/users/katsuhiko/rika11.htm)あるようです。苛性ソーダを併用すると爆発の危険が増す可能性について情報があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

苛性ソーダの併用が爆発の危険性を増す、ということは知りませんでしたが、事実とすれば以下のように推測できます。

アンモニア水との混合により、硝酸銀AgNO3はまず酸化銀Ag2Oの沈澱を生じ(水酸化銀AgOHは不安定なため脱水)、さらに過剰のアンモニアによってジアンミン銀(I)イオンになって再溶解します。
このジアンミン銀(I)イオンが、アルデヒドや単糖などの還元剤によって、金属銀(価数0)に還元されるのが銀鏡反応です。
ところで、そのような還元剤があるうちは、それが酸化される反応が主に進むのでよいのですが、銀のイオン化傾向は水素より小さいため、上記の還元剤がなくなると、今度はアンモニアの酸化が始まります。
この結果生じるのが、爆発性の雷銀Ag3N・雷酸銀AgONCなどだそうです。

この際、苛性ソーダがあると、「ジアンミン銀イオンの不安定化」(→相対的にアンモニアが多いほど、同イオンの形で存在しやすい)と、「アンモニアの窒素原子上の孤立電子対の被酸化性(=還元性)の上昇」(pHが高いほど、NH4+の比率が下がる)、が起きると推測できます。

これにより、爆発性の化合物が生成する可能性・生成量が増える可能性が上がり、爆発の危険性が高まるのではないでしょうか。

苛性ソーダの併用が爆発の危険性を増す、ということは知りませんでしたが、事実とすれば以下のように推測できます。

アンモニア水との混合により、硝酸銀AgNO3はまず酸化銀Ag2Oの沈澱を生じ(水酸化銀AgOHは不安定なため脱水)、さらに過剰のアンモニアによってジアンミン銀(I)イオンになって再溶解します。
このジアンミン銀(I)イオンが、アルデヒドや単糖などの還元剤によって、金属銀(価数0)に還元されるのが銀鏡反応です。
ところで、そのような還元剤があるうちは、それが酸化される反応が主に進むのでよ...続きを読む

Qグルコースの銀鏡反応

この前実験で銀鏡反応の実験をやりました。アルデヒドの代わりにグルコース
の水溶液を用いて行ったのですが、最後の反応式がわかりません。
わかっているのは、途中までで

硝酸銀水溶液にアンモニアを入れて、、、
2Ag+ + 2OH- → Ag2O + H2O

さらにアンモニアを入れて、、、
Ag2O + 4NH3 + H2O → 2[Ag(NH3)2]+ 2OH-

です。このあと、グルコースを入れると銀が出てきますが、それは錯イオン
の銀が還元されて出てくるとわかるのですが、グルコースの残りはどうなるの
でしょうか? やはり、端がカルボニル基になるのでしょうか?

実験はビーカーでやったのですが、中にはよもぎ色っぽい物体と透明の液が
できてました。アンモニアの臭いもしました。この物体と液体は何なので
しょうか?

Aベストアンサー

(1)グルコースについて
グルコースは、水溶液中で環状構造から鎖状構造を少しだけ生じます。
この鎖状構造に、アルデヒドの構造が存在しています。
アルデヒドは、相手を還元すると自分自身は酸化され、カルボキシル基が生じます。
よって、鎖状構造の端は「-COOH」の構造が生じていると思われます。
(2)アンモニア性硝酸銀水溶液について
おっしゃるとおり、銀イオンは銀に還元されます。
このときに配位子のNH3を放出するので、臭いを感じたのです。
よもぎ色の物質は、銀が遊離して混ざっていると思います。
また透明な液体は、その他の物質(残りのグルコース・グルコース鎖状構造・鎖状構造カルボン酸など)が溶け込んだ水溶液では?

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Q銀鏡反応の詳しい実験の仕方

はじめまして、私は美術大学に通っている者です。
卒業制作でガラスに銀鏡反応を起こして作品作りをしたいと思っています。
実験の仕方について、大体は、インターネット等で調べることができたのですが、詳しい薬品の濃度や、分量などが分からないので、銀鏡反応の実験をしたことのある方、実験例をご存知の方、是非教えてください!

使用する物は、
・硝酸銀水溶液
・アンモニア水
・ホルムアルデヒド40%水溶液(ホルマリン)

を使い、硝酸銀水溶液にアンモニア水を、褐色の沈殿ができて消えるまで加えアンモニア性硝酸銀水溶液を作ってから、ホルムアルデヒドを少量加え、55度くらいのお湯で温めていく方法でやろうと思っています。

特に硝酸銀水溶液とアンモニア水の濃度があまり情報が無いので、お願いします!

半径3センチ、高さ20センチくらいの円柱を外側から反応させたいと思っているのですが、(内側から覗くと鏡面が見える状態)どのくらい量が必要なのかももしお分かりでしたら教えてください!高いかな~??

そしてそして、反応が終わった後の、酸化を防ぐペイント等塗布について、何か良いものがあったら教えてください~。ラッカーが良いという情報を見たことがあるのですが・・・。

色々分からなくて申し訳ないです。
よろしくお願いします!!

はじめまして、私は美術大学に通っている者です。
卒業制作でガラスに銀鏡反応を起こして作品作りをしたいと思っています。
実験の仕方について、大体は、インターネット等で調べることができたのですが、詳しい薬品の濃度や、分量などが分からないので、銀鏡反応の実験をしたことのある方、実験例をご存知の方、是非教えてください!

使用する物は、
・硝酸銀水溶液
・アンモニア水
・ホルムアルデヒド40%水溶液(ホルマリン)

を使い、硝酸銀水溶液にアンモニア水を、褐色の沈殿ができて消えるま...続きを読む

Aベストアンサー

上側の参考URLに試薬の量が書かれています。また、ここでは、ガラスの表面処理についても書かれていますが、これは省略可能だと思います。
注意事項もいろいろと書かれていますので、下側のURLも読んでみて下さい。
重要なことは、ガラスの表面をきれいにしておくことで、出来上がりにかなり影響します。
また、還元剤としてはホルムアルデヒドよりも、グルコース(ブドウ糖)の方がよいと思います。ホルムアルデヒドによる還元はグルコースよりも速く進むために、むらなく、きれいに銀鏡を作るのが難しいように思います。
もう一つ、重要なこととして薬品の調合は使用直前に行い、使用後は速やかに廃棄して下さい。長期間保存すると爆発性の物質に変化することがあります。
使用する薬品の中では硝酸銀が最も高価でしょうが、使用量がわずかですので、大した額にはならないと思います。

http://homepage3.nifty.com/~hispider/jikken/mangekyo.htm

http://www.mie-glass.co.jp/C-3.htm

Q硝酸銀とアンモニアの反応について、、

実験で硝酸銀とアンモニアを混ぜると、褐色の酸化銀が生成するのを確認しました。
この反応を化学反応式で書きたいのですが、
アンモニアのNが反応後にどういう物質で残るのかが解りません。
この反応の反応式を教えてください。。
また、色々調べたのですが、硝酸銀とアンモニアを混ぜると、
雷銀という爆発性物質が生成すると書いてあったのですが、
実験では爆発もしませんでしたし(笑)
どういう条件下で生成するのでしょうか?教えてください。。

Aベストアンサー

硝酸銀に少量アンモニア水を加えると
2AgNO3 + 2NH40H → Ag2O↓ + 2NH4NO3 + H2O
という反応式になります。
コレにさらにアンモニア水を加え続けると
Ag2O + H2O + 4NH3 → 2[Ag(NH3)2] + 2OHとなりますが。。。
この溶液を長時間放置し続けると雷銀(Ag3N)が生じるようです。

ちなみに雷酸銀(AgONC)は硝酸銀の硝酸溶液とエタノールの反応で生じます。
どちらも摩擦や加熱で爆発する不安定な物質です。

Q硝酸銀について

2ヶ月前ぐらいに、実験で硝酸銀を扱った時に誤って手に付着させてしまいました。
(手袋をしておくべきでしたが、その時はしていませんでした)

急いで手を洗ったのですが、その日の終わりに気づいたら手に黒い斑点ができており、洗ってもなかなかとれませんでした。仕方なく、軽石でこすり続けてようやくとれたのですが、次の日、手をみたら、また斑点が復活していたのです。。。(泣)

これをまた軽石でこすって落としてからは、斑点はでなくなりましたが、何か他にも害があるのではないか、と今でも心配になります。

硝酸銀の毒性について知っている方がおられましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「国際化学物質安全性カード」が参考になると思います。
(ページ下方の『重要データ』欄の「短期暴露の影響」
 「長期または反復暴露の影響」の部分など)
 *上下二段に分かれているので、お見逃しのないよう・・・。

硝酸銀;
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1116c.html
銀(単体);
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0810c.html


・・・経験的には、黒斑は放っておいても1~2週間程度で消えたと
思います。
気になるようでしたら、所属機関内の保健施設(大学でも企業でも
設置されていると思います)に相談するのがよいでしょう。

なお、通常の皮膚なら、細胞更新で消えてくれるので(極少量なら)
まだいいのですが、万が一目(角膜)に触れると失明の危険が
大です。
手袋と共に、ゴーグルの着用も忘れないようにして下さい。


*余談;
 銀はイオン化傾向の小さい金属ですので、銀イオンは酸化剤として
 の働きを持ちます(対となる陰イオン又はキレート剤にもよりますが)。
 黒色になったのは、皮膚中のアミノ基などが銀イオンに酸化されて
 ラジカルカチオンなどになり、芳香族環を持つアミノ酸(トリプトファン、
 フェニルアラニン)等と反応し、これが長鎖化したものと思います。
 (p-フェニレンジアミン誘導体等と銀イオンの酸化還元によって色素を
  生成させる「カラー写真」の発色現像の原理と同様。
  但しこの場合は、アミン酸化物と反応する物質が別に存在し、
  長鎖化ではなく特定色素の形成で発色します。
  (黒変は、どちらかというとタール化に近いイメージかと))

「国際化学物質安全性カード」が参考になると思います。
(ページ下方の『重要データ』欄の「短期暴露の影響」
 「長期または反復暴露の影響」の部分など)
 *上下二段に分かれているので、お見逃しのないよう・・・。

硝酸銀;
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1116c.html
銀(単体);
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0810c.html


・・・経験的には、黒斑は放っておいても1~2週間程度で消えたと
思います。
気になるようでしたら、所属機関内の保健施設(大学でも企業でも
設置...続きを読む

Q銀鏡反応で銀が沈澱せず、ガラス表面などに密着する理由

銀鏡反応を試験管内などで起こすと、銀が壁面に付着して鏡みたいになりますよね。
だけど、反応として考えるならば銀が沈殿として下に溜まってもいい気がするのですが・・・
なぜ、沈澱せずにガラスに付着するのでしょう。教えてください。

Aベストアンサー

銀が金属でなくイオン結晶などであれば、沈殿になると思います。
銀は密度が大きいので他の物質より沈み易くなります。
銀が壁面上にひとたび数十原子集まると他の銀が析出する反応は、銀の「金属」としての安定性のため、もっぱら金属粒子を大きくするように振舞います。
このような現象が各部位で生ずるため、液中でできた銀粒子も沈降して安定なより巨大な粒子へ再結晶していってしまいます。

Q活性炭とコバルトアンミン錯体

>系内で一部の反応で、活性炭の存在により
>[CoCl(NH3)5](2+)
>⇒遷移状態としてCo(3+)(?)←活性炭による酸化
>⇒NH3の脱離
>⇒[Co(III)Cl2(NH3)4](+)

>あるいは
>⇒NH3の脱離←木炭(?)
>⇒遷移状態としてCo(3+)(?)←活性炭による酸化

いずれの機構にしても、途中で形式酸化数Co(IV)を
考えると言うことでしょうか?

Aベストアンサー

rei00 です。

> 当然「QNo.86614 ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物の合成について」関連なのですが、・・・・・

 あ,いや新質問にすることに関してはこれで良いと思います。というよりも,私がinorganicchemist さんに教えを請うた時点で新質問にすべきであったとチョット反省しております(新質問にしようかとも思ったのですが,こういった展開になるとは考えなかったもので・・・)。

 私が言いたかったのは,お礼で書かれている様に「しかし、質問文が適切でなかった」という事です。これでは,私と MiJun さんぐらいしか内容がわからないですから。やっぱり,他の方にもわかる表現の方が良かったのでは,というだけです。あまり気になさらないで下さい。


さて,本論が遅くなりましたが,MiJun さんの回答を拝見して,再度先の「コットン・ウィルキンソン 無機化学 下」(培風館)を読み直してみました。すると,p.782 に問題の反応に関する次の様な記述がありました。以下,「コットン・ウィルキンソン 無機化学 下」(培風館),p.782 からです。

 Co(II) の化学の重要な特徴は,各種の錯形成配位子(とくに配位原子が窒素である場合)の存在下分子状酸素によってきわめてたやすく酸化されることである。この場合最終的には通常の Co(III) 錯体へ酸化される(とくに活性炭を触媒として存在させるとこの酸化がうまくいく)のであるが,酸素の作用では,はじめ Co(III) の複核ペルオキソ錯体ができるのであって,この中間体が不安定で通常の Co(III) 錯体となるのである。第一段階には O2 が配位して(p.331 を見よ)Co(IV) 錯体をつくることが含まれており,これがさらに Co(II) と反応して Co(III) の複核錯体を生ずる。すなわち CoCl2 溶液を空気酸化すると,アンモニアの存在では褐色の反磁性錯体 [(NH3)5Co(O2)Co(NH3)5](4+) を生ずる。・・・・・


いかがでしょうか。残念ながら私の知識では,これを解説することは元より,これが正しいかどうかの判断もつきません。よければ,一度現物を御覧になって解説して下さい。お願い致します。

rei00 です。

> 当然「QNo.86614 ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物の合成について」関連なのですが、・・・・・

 あ,いや新質問にすることに関してはこれで良いと思います。というよりも,私がinorganicchemist さんに教えを請うた時点で新質問にすべきであったとチョット反省しております(新質問にしようかとも思ったのですが,こういった展開になるとは考えなかったもので・・・)。

 私が言いたかったのは,お礼で書かれている様に「しかし、質問文が適切でなかった」という事です。これでは...続きを読む

Q銀イオン水溶液に少量のアンモニア水を加えたときの反応式を教えてください

銀イオン水溶液に少量のアンモニア水を加えたときの反応式(イオン式?)を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2Ag+ + 2NH3 + H2O → Ag2O + 2NH4+
でどうでしょう?

ちなみに
Ag-O-H + Ag+ → Ag2O + H+
と思われますが.

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html


人気Q&Aランキング