質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

今日、リレーユニット JSPプロデュース流れるリレー10連40パターンを使い配線しました。配線や基板は右も左も全く問題なくはんだ付け、抵抗の間違いや整流ダイオードの向きを確認しましたが、なぜか左だけブレーキ、テールの配線に繋ぐとテール点きません。症状はブレーキの配線をリレーから外すとテールは点きます。ブレーキの配線を繋ぐとテールが消えてしまいます。ブレーキとテールの電源はユニットから出ている配線を右が左に繋ぐだけで、アースはダブル球のソケットにつけました。これはアースが問題なのでしょうか?ちなみにソケットに繋がず、バッ直でやってみたら普通にテール、ブレーキ正常に点きます。

質問者からの補足コメント

  • 原因が判明しました。原因は整流ダイオードの不具合でした。ブレーキに繋いでいる整流ダイオードが不良、もしくははんだの熱で機能しなくなってたみたいで、この整流ダイオードの先にまた整流ダイオードを付けたら、直りました。

      補足日時:2019/09/22 22:19

A 回答 (2件)

まずもしも、もしも万が一ナンバーが付いている車両であれば


すぐに抹消してから作業してくださいね。
    • good
    • 0

まず、そのソケットのアース側とボディーアースで電圧を測定してゼロであることを確認。

ゼロじゃないなら電圧が加わっていますのでアースではありません。

次いで、ソケットのアースとバッテリーのマイナス端子の抵抗を測定してゼロでないならソケットのアース側がアース不良となっている。

などを考えればいいと思います。

(テスター無ければわからないですよ。安いのホームセンターにあるはすです。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング