出産前後の痔にはご注意!

今カワサキのエストレアに乗っています。買った当初(2年まえ)から、走っている時、信号などで停止する際にスロットルを戻してクラッチを握ると回転数が下がりそのままエンジンが止ってしまう、という症状に悩んでいます。ノーマルの時はそれほどひどくなかったのですが、パワーフィルター、スーパートラップに変えてかひどくなりました。エンジンが温まってないわけでもありません。アイドリングも妙に音が小さくなったり、かと思えば急に回転が上がったりと安定してません。一応キャブセッティングは素人ながらメインジェット、パイロットジェットの交換は出来るのですが、このエンスト症状は改善しません。このバイクには元々そんな症状があるという噂も聞きました。特にこのバイクについて詳しい方、同じような症状を改善出来た方などいらっしゃったら何かアドバイスを下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

このバイクのことを良く知らずに書き込んでいますので、見当違いでしたらご勘弁を。



キャブセッティングの前に、キャブを一度OHしたらどうでしょうか?ガソリンタンクのフィルターも含め、全ての経路をきれいにすることをお勧めします。
なお、キャブの問題ならばギヤがニュートラルでのアイドリングが不安定になりそうですが、どうなのでしょうか?
ニュートラルではスロットルレスポンスも良くアイドリングも安定しているならば、他の原因が考えられます。

例えば、クラッチの切れが不十分が考えられます。クラッチワイヤーの遊びが多すぎたり、ワイヤーの取り回しに無理がないでしょうか?特殊工具が必要になりますが、クラッチのOHではどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりOHの必要がありそうですか。。。とにかく素人なので、ジェットの
交換まではやってみたのですが、OHは怖くて出来ないでいました。
一度チャレンジしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/04 09:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエストレヤのエンジンがすぐ止まります。

2001年式のエストレヤ(1700km)を譲ってもらいました。キャブのガソリンが緑だったのでオーバーホールし、バッテリーを充電しいざセルを回しても一旦かかって2秒ほどで止まってしまいます。プラグは湿ってしまってるのでガソリンは流れている様子です。どのような原因が考えられるのでしょうか?
本当に困っています。回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今一度キャブレターの掃除をしてください。
エンジンがかかるわけですから、スターター系は
取りあえずOKとして。
アクセルを少し開けてたら持続するなら、
パイロットジェットの掃除。スロージェットも掃除。
継続して、15対1の空燃比になるようメインジェット
回りも掃除しましょう。
きれいにしたつもりでも、まだまだそんなんじゃだめ
もっといっぱいほじくってって、だだをこねてるわけじゃ
ないとおもいますけどね。
まったくどこもあいてないんじゃないですかね。
ほじくる前にキャブクリーナなどに一晩みっちり
つけてみたらどうでしょうか。
そのときは、ゴム類ははずしておいてください。

Qエストレアのエンスト

エストレアに乗っているのですが最近エンストが頻繁に起きます。16km程度走るのですが10回はエンストしています。

新車購入から約2年です。1ヶ月、1年、2年点検はバイク屋行いました。
(特に2年点検は12年12月に行いました)

主な現象としては、
・信号停車中のエンスト
・高速から低速にスピードを落とすときにエンスト
(時速60km程度から走行中にカタカタカタカタ・・・という音がする)
・5速→4速にシフトダウンをするときも急にスピードが落ちるような感じがしてエンスト
・5速から信号停車するためにクラッチを切ったまま1速まで落とすときにエンスト

うまく表現できないのですがバイクの故障なのか自分の運転技術が悪いのか詳しい方のアドバイスをいただけますとありがたいです。
ちなみにバイクは先月点検をしていて点検後走行距離は約500km、トータルでも5000km強です。

Aベストアンサー

実際に確認できないので断言はできませんが、運転技術では無いと思います。

失火か燃料カットしてるような感じなので、センサー類の不調・故障な気がします。

12年12月の点検後に発生し始めたのであれば、バイク屋の単純ミスの可能性もあります。
(エアクリの取り付けがおかしいとか、プラグやコードが緩るんだとか)

まだ重大な故障ではないと思いますが、他に波及して壊れる可能性もあるし、
乗っていて危ないのは確かですので、早急の再点検をお勧めします。

Qエストレヤのキャブの外し方

エストレヤのキャブの外し方で悩んでいます。

エアクリ側とインシュレータ側のバンドを外して、無理やり外すのでしょうか。
外すのは何とかいけそうですが、取付けはさらに厳しそうです。

いい方法、というか正規の方法があれば教えて頂けますか?

Aベストアンサー

サービスマニュアルでは指令されてると思いますけど、外すときはどっちが先でもでもいいです。

取り外してどうするかわかりませんが、キャブをどうにかするなら最初にワイヤーやホースをはずすのは言うまでもありません。

取り付けるときは、最初にインシュレータに挿し込んできちんとはまったらエアクリ側を取り付けます。付けるとき、インシュレータ内側にシリコンスプレーを吹いておくと挿し込みやすいです。バンドもいつまでも締め付けるとゴムが歪んで2次エアを吸ったりするので最初の締め具合を覚えておいて、締めすぎないようにしましょう。

Qエストレヤのスピードが出ません

お願いいたします。

今回三台目のエストレヤを購入したのですが、
スピードの加速が非常に悪く、最高速も出ません。

80キロぐらいまではスッと上がるのですが、
90キロ程度からがほとんど伸びません。

キャブは先日清掃をして、ジェットをあげたら
前よりもスムーズに走りはするようになったのですが、
やはり、90キロ以上が伸びません。

下の加速は伸びるのに、上が伸びない。
クラッチ板とか考えられますか?

エンスト等はしません。
エンジン音も快調です。

なにかアドバイスをお願い致します。
ちなみに三台目なので、加速の程は理解しているつもりです。

Aベストアンサー

No.3です。
エンジンが調子が良いけど伸びないというなら、
キャブのセッテイング不良、チェーン(タイヤの方)の劣化、エアクリの劣化、ガソリンの不足が良くあるところです。
それがOKならば全体的なパワー不足が考えられますね。
圧縮比の減少、点火時期のずれなどです。
点検するところはそんな感じでしょう。

Qカワサキ エストレヤ94年式 についての質問です。よろしくお願いいたし

カワサキ エストレヤ94年式 についての質問です。よろしくお願いいたします。
中古で購入したエストレヤなんですが、先日点検にてカムチェーンがテンショナーの根元を削っていたのでショップでカムチェーンを交換しました。予算と時間の都合もありカムチェーン以外は交換できませんでした。するとエンジン上部のほうから「カタカタカタ」と大きな音が出始めました。タペット音のような「カチャカチャ」という音とは違います。スピードが出れば出るほど早く「カタカタカタ」と激しく鳴ります。音の大きさは、乗っているとマフラーの音が全然聞こえなくなるくらい大きいです。さらに減速しアクセルを戻すとエンストするようになってしまい、エンジンかけなおそうとすると稀に「バチッ」と音が鳴ったりします。
それ以外はエンジンもちゃんとかかりますし、速度も交換前と余り変わりません。
交換したショップの人は「カワサキの空冷だからねぇ…」と言いますが、バイク仲間は「その音は大きすぎるでしょ」とも言います。
財布が厳しいので違うショップに出すのも今きつい状態でどんな原因があるのかわからず、このまま乗リ続けても平気なのか困っています><

カワサキ エストレヤ94年式 についての質問です。よろしくお願いいたします。
中古で購入したエストレヤなんですが、先日点検にてカムチェーンがテンショナーの根元を削っていたのでショップでカムチェーンを交換しました。予算と時間の都合もありカムチェーン以外は交換できませんでした。するとエンジン上部のほうから「カタカタカタ」と大きな音が出始めました。タペット音のような「カチャカチャ」という音とは違います。スピードが出れば出るほど早く「カタカタカタ」と激しく鳴ります。音の大きさは、乗...続きを読む

Aベストアンサー

No4です。
テンショナーもスライダーも交換しなかったのですか。エストレアのエンジンはテンショナーの交換は必須ですよ。この部品もよくクレームの対象になっているようですな。ましてやもうすでに本体をけずってしまっているんでしょう?
カムチェーン系統は相当酷いことになっていたにも関わらず、チェーンだけの交換とは・・・。その時の詳しい事情は分からないけども、バイク屋さんももう少しやりようがあったと思いますな。
そしてそれから後の「カワサキの空冷だからねぇ…」と言うコメント。ちょっと常識はずれな気がします。
やはり事の詳細を良く効いて、別の店に見てもらったほうがええんと違いますか。

Qエストレアのエンジン回転が上がりません。

エストレア 1994年式 B3の件で質問します。

このバイクは、外で4年間くらい放置したものです。

症状はアイドリングは正常な回転なのですが、少しでもアクセルをひねると回転が落ち、バン、バンという排気音になります。この音の間隔は均一です。排気ガスの色は特に感じられません。エンジンは止まりません。(時々止まりますが、、)

キャブは何度か清掃し、メインジェットや他の部分もつまりはないはずです。プラグは新品に替え、バッテリーは車から
ジャンプさせています。(バイクパーツ量販店から車からのジャンプは良くないと言われました。)

アイドリングは正常と書きましたが、何度かに分けてセルを回し、やっとエンジンがかかるという状況です。一度かかると
何度かはすぐにエンジンがかかります。プラグを外しセルを回したとき、火は飛んでいませんでした。

なるべくお金をかけずに故障探求を考えています。

アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

>キャブは何度か清掃し、メインジェットや他の部分もつまりはないはずです。
この程度の不具合の診断ができないスキルの方がキャブが正常と言う
判断がちょっと怪しいような気がします。
キャブが原因とすれば、油面かな?と思います。
あと、ニードル、ジェット関係も怪しいかも。

キャブが大丈夫とすれば、no1さんと同意見ですね。
付け加えるならバッテリーのジャンプの意味が良く分かりませんが、
バッテリーを外してるって事でしょうか?
もし外してるならそれも原因の一つだと考えられます。
バッテリーがヘタっていても付いて無いよりかはまっしですので、
試運転の時ぐらいはバッテリーをつけましょう。

Qバイクが不調!ヘルプミー!!

エストレヤが不調なんです。一日が始まって一度目にエンジンをかけようとすると
すんなりかかります。そして乗ってるうちにエンストまたは任意でエンジンストップから再始動させようとするとエンジンがかからないんです。それでその日はあきらめます。しかしまた次の日まで待ちエンジンをかけるとすんなりかかってしまいます。そしてまたエンスト→不調→一日待つの繰り返しです。いったいなんなのでしょうか?ぜひアドバイスよろしくお願いします。※スタータは快調、キャブのジェットのつまりを疑って既にばらして掃除済み、エンスト後プラグのかぶりを疑って予備の新品のプラグに交換してもエンジンかからず。(しっかりスパークはしています)どうかよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

症状からして混合気がかなり濃い状態になっていることがうかがえます。
keroさんがキャブをいじった後にそのような症状になったのか逆なのかわからないので原因が断定できないのですが・・・・・。

・キャブのオーバーフロー
フロートをいじってしまうかタンクの中のサビがキャブの弁を詰まらせてしまうかどちらかの理由でオーバーフローがおきます。
一日たつと回復するとのことなのでオーバーフローまで行かなくてもフロート室の湯面がかなり高くなっていることが考えられます。
ただしガソリンコックがもし「不圧式コック」といってエンジンが動いている間だけ自動的に開くタイプだった場合オーバーフローの可能性が確定します。

・始動時
たまに原付と同じ感覚でバイクの始動時にスロットルを半分~全開までヒネってからスタートボタンを押す人がいます。これをやると間違いなくカブります。ただ最初は始動するとのことなのでそんなことはないだろうとは思いますが。


点検次項
・スパークプラグが真っ黒になっていないかどうか(正常ならば白い電極周りの石が錆びた鉄のような色になります)
・キャブを開きガソリンを流し、フロートを押し上げるとちゃんとガソリンが止まるかどうかチェックする(この際フロートを強く押し上げると湯面高さが変わってしまうので注意)
・湯面高さのチェック(サービスマニュアルがあればヨユーですがなければあきらめてショップにもっていってください)

がんばってください。

症状からして混合気がかなり濃い状態になっていることがうかがえます。
keroさんがキャブをいじった後にそのような症状になったのか逆なのかわからないので原因が断定できないのですが・・・・・。

・キャブのオーバーフロー
フロートをいじってしまうかタンクの中のサビがキャブの弁を詰まらせてしまうかどちらかの理由でオーバーフローがおきます。
一日たつと回復するとのことなのでオーバーフローまで行かなくてもフロート室の湯面がかなり高くなっていることが考えられます。
ただしガソリンコックが...続きを読む

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Qエストレヤを検討してますがRS等の違いが解りません。キャブ式の扱い難さ

エストレヤを検討してますがRS等の違いが解りません。キャブ式の扱い難さは?

wikiを見ると大きく
・エストレヤ(2007~)
・エストレヤRS(1995~2006)
・エストレヤRSカスタム(1996~1999)

が有るようですが違いを教えてください。
 (「エストレヤカスタム(1996~2006)」はシートの好みの問題で意図的に除外してます)
 (「旧エストレヤ(~1999)」は年式による精度の問題で何となく除外してます)

焦点としましては
(1)RSとRSカスタムの違い。(初心者から見るとブレーキシステムのみの変更がそんなに良いのかと疑問に思いまして)
(2)2007年以降の安全面で素晴らしさ(wikiの文面から何となく安全になったのだろうと…)
(3)同じく2007年以降採用されたというインジェクション式の利点。また、キャブ式はすぐに動いてくれないのか、キャブ式の欠点とは。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1 ディスクブレーキとドラムブレーキの違いについての質問かと思います。
性能としてはディスクブレーキの方がいいですが、昔はドラムブレーキが普通でディスクブレーキは無かったので、クラシカルなルックスを好む人にはドラムブレーキが好まれます。
現代の製品なので実用上充分な性能はあるドラムブレーキを使ってはいますが、絶対性能ではディスクには敵いません。

2 安全面での変更は、特に見受けられないように思います。
主に排ガス規制など環境対策のための変更です。

3 インジェクションは日本語では電子燃料噴射であり、コンピューターが適切な量のガソリンを計算して噴射します。
キャブレターは日本語では気化器とも言いますが、実際は霧化器と言う感じであり、精密霧吹きみたいなものです。
ようるするにデジタルとアナログの違いですが、必ずしも全てにおいてデジタル(インジェクション)の方が優れているともいえません。
インジェクションはデジタルである以上、ライダーの入力に対して反応がシビアであり、あいまいを許しません。
2007年のエストレヤが発売された時、「停止直前にエンストする」というインターネットの書き込みが多く見られました。
私はそれに対して、「メーカーがそのような製品を作るとは困ったものだ」と当初は思っていましたが、
そうした書き込みをよく読むと、単気筒エンジンにありがちな症状であるのではないかと思い至りました。
4サイクル単気筒エンジンはエンジンが2回転する間の、0.5回転しか動力を出しません。
残りの1.5回転は惰性で回っているだけです。
そのため、低回転ではちょっとしたことでエンジンが止まることもあります。
エンストしやすいともいえます。
そんな時でもキャブレターであればエンジンの吸入によってガソリンが自然に吸い込まれているため、あいまいな粘り強さのような感じで回り続けることが出来ますが、
電子制御であるインジェクションでは、コンピューターが文字通り機械的に判断しているため、ちょっとでも不安定になると停止してしまうのではないか。
そう思うようになりました。
そのような場合でもユーザーがそれを見越した運転操作をしていれば特に問題は無いかとは思いますが、今までのキャブレター式と同じ運転をすると、止ることがあるのではないか。
そう思うに至りました。
教習所で使われているバイクは現在殆どが4気筒であり、これは常のどれかの気筒が燃焼行程にあるので、単気筒よりも不意なエンストはしにくいです。
免許取立ての場合は教習所でしか乗車経験が無いので、特に07エストレヤのエンストが話題になったのかもしれません。

一般論で言えば、キャブレターのほうが自然で人間の感覚に近いということは言えるかもしれませんが、
実際には乗車経験豊富な人が両者を乗り比べなければ判らない程度かもしれません。
そのあたりはインジェクションのセッティング、プログラミングによるところが大きいので、実際に試乗してみないとなんとも言えませんが。


キャブレターの欠点としては、長期間エンジンをかけなかった場合にエンジンの始動が困難な場合があることでしょうか。
キャブレターはその内部に一度ガソリンを貯めて、それをエンジンに吸い込ませていますが、
たまっているガソリンの気化成分が抜けてしまうと火がつきにくい、燃えにくいガソリンになってしまいます。
そのために、数ヶ月乗らない場合にはキャブレターのガソリンを抜いたり、定期的にエンジンをかけるなどの対応が必要になる場合があります。
タンクから必要量だけ噴射するインジェクションの方がその面では有利ではありますが、そもそも長期保管すればバッテリーが上がる可能性もあり、
そうなるとインジェクションでも始動困難になるので、
絶対的デメリットとまでは言えないかも知れません。

インジェクションは排ガス規制対応のために採用されたので排気ガスが綺麗というのもメリットと言ってもいいかもしれませんが、
これはメーカーに課された義務でユーザーに対しての規制ではないので、実用に際してのメリットとまでは言えないかもしれません。

1 ディスクブレーキとドラムブレーキの違いについての質問かと思います。
性能としてはディスクブレーキの方がいいですが、昔はドラムブレーキが普通でディスクブレーキは無かったので、クラシカルなルックスを好む人にはドラムブレーキが好まれます。
現代の製品なので実用上充分な性能はあるドラムブレーキを使ってはいますが、絶対性能ではディスクには敵いません。

2 安全面での変更は、特に見受けられないように思います。
主に排ガス規制など環境対策のための変更です。

3 インジェクションは日本語...続きを読む

Qチョークを引けばすぐにエンジンは掛かるけど戻すと駄目

またお世話になりなす、先日モンキーのエンジンが掛からないと相談した者です。自分なりにやってみました、キャブを外して灯油で穴と言う穴を洗ってエアークリーナも変え、もちろんプラグもいい奴に変えました。エンジンは掛かったのでが、チョークを戻すとすぐに止まってしまいます、自分なりに考え、気になる所は一つです、専門用語は分からないので、長ったらしい説明になりますが、キャブのフロートが入っている部分のネジを外しました、そして、スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒の部分のネジの様なものを外しましたその部品には、かなり細い穴が空いている様な感じでした洗浄後そのネジをしっかり締めてキャブを組みなおして掛けてみたのですが、掛からなかったので、もう一度ばらして少しゆるめて掛けてみたところ、チョークを引いた時点では、一発で掛かるのですが、チョークをもどすと止まります、何かそれに関係があるのでしょうか?状況は簡単に言ってチョーク引けば掛かるけど、戻した時点でまったく駄目なんです、チョークを引いていなければプラグも濡れている気配は無いと思います、ばいく屋に持っていけば早いのですが、金銭の余裕が無いものですから、お願いします教えて下さい、これが頼りです。 お願いします。

またお世話になりなす、先日モンキーのエンジンが掛からないと相談した者です。自分なりにやってみました、キャブを外して灯油で穴と言う穴を洗ってエアークリーナも変え、もちろんプラグもいい奴に変えました。エンジンは掛かったのでが、チョークを戻すとすぐに止まってしまいます、自分なりに考え、気になる所は一つです、専門用語は分からないので、長ったらしい説明になりますが、キャブのフロートが入っている部分のネジを外しました、そして、スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒...続きを読む

Aベストアンサー

>スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒の部分のネジの様なもの
 メインジェットと言います。

>もう一度ばらして少しゆるめて掛けてみたところ、チョークを引いた時点では、一発で掛かるのですが
 ジェット類はパイロットスクリューを除き緩めてはいけません。 また、緩める事で始動したならそのジェットは詰まっています。

 50ccクラスのジェットは穴が小さく清掃すると言っても限度があります。 メインジェットは何とかなるとしてもスロージェットはほぼ不可能なので交換しかありません。 メインとスロージェットは交換する事をお勧めします。

 店によっては部品のみの発注を断る所もあるりますが、車体番号と部品名称、ジェットの番号などを書き留めて行くと間違いが起きにくいですよ。
 値段的には1000円もあれば十分足りる筈ですが、事前に調べてもらうのもいいですね。

■---------------------------------------------■
 各部品の名称なども解りやすいページがあったので参考URLに貼っておきます。

 礼儀としてトップページもこちらに貼っておきます。
 http://www.ctb.ne.jp/~data/index.htm

 この手のページはgoogleのイメージ検索で「モンキー キャブ」と指定すれば直ぐ見つかりますよ。
 d(^^)グッ 

参考URL:http://www.ctb.ne.jp/~data/resutoa_cub1.htm

>スロットルを回すと針の様な物が上下する所につながっている筒の部分のネジの様なもの
 メインジェットと言います。

>もう一度ばらして少しゆるめて掛けてみたところ、チョークを引いた時点では、一発で掛かるのですが
 ジェット類はパイロットスクリューを除き緩めてはいけません。 また、緩める事で始動したならそのジェットは詰まっています。

 50ccクラスのジェットは穴が小さく清掃すると言っても限度があります。 メインジェットは何とかなるとしてもスロージェットはほぼ不可能なので...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング