健康日本21の具体的な目標値を教えてください。
厚生労働省のホームページを見ましたが、あまりにもボリュームがあり、
どこに何が書かれているのか分かりません。「現代用語の基礎知識」か何かでは
「60」あるらしいのですが。
健康日本21に詳しい方宜しくお願します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"高齢者の健康課題に対して、保険・医療・福祉の連携が必要不可欠とされる理由はなぜか答えなさい。"とい

"高齢者の健康課題に対して、保険・医療・福祉の連携が必要不可欠とされる理由はなぜか答えなさい。"という問の解答がありません。どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

齢者は体力の衰えにより病気にかかりやすいことで通院・入院(つまり医療)が必要な場面が多くなってくることはご理解いただけると思います。
その病気が治った後(退院後)若い人であればほぼ何事もなく元の生活に戻ることができますが、高齢者は、そういうわけにはいきません。
例えば骨折した後は、ADL(日常生活動作)が極端に落ち、家での自立生活が難しくなることもあります。この時にその人の生活を支援する「介護」が必要となります。
ですから、病院側も、「家での生活」をイメージしながら治療をしなければなりません。例えば、「骨折したため階段が登れなくなった」となれば、それができるよう訓練(リハビリ)することはもちろん、場合によっては家を改修することまで検討します。しかし、家の改修までは、医療でも医療保険でも対応はできません。
こういった情報を医療者側、が介護側(例えばケアマネジャー)に伝える(連携する)ことで、ケアマネジャーは適切に動くことができ、家の改修費用は「介護保険」などに一部を助成してもらうこともできます。
医療者と介護者が情報を共有し、それぞれの保険(医療保険・介護保険)を適切に利用することで、1人の人を自立して生活できることを目指します。このようなことが、「家族観の変化」と「少子高齢化」により今後さらに多くなると予想されています。

齢者は体力の衰えにより病気にかかりやすいことで通院・入院(つまり医療)が必要な場面が多くなってくることはご理解いただけると思います。
その病気が治った後(退院後)若い人であればほぼ何事もなく元の生活に戻ることができますが、高齢者は、そういうわけにはいきません。
例えば骨折した後は、ADL(日常生活動作)が極端に落ち、家での自立生活が難しくなることもあります。この時にその人の生活を支援する「介護」が必要となります。
ですから、病院側も、「家での生活」をイメージしながら治療をしなけれ...続きを読む

Qアスベスト労災認定の事業所名を公表 厚生労働省

アスベスト労災認定の事業所名を公表 厚生労働省
と言うニュースがありましたが、厚生労働省のホームページを見ても概要しか載ってなくて肝心の事業所名が載ってません。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2005/07/h0729-2.html

どこに載っているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

質問に書かれてるサイトの「5 一覧表の構成」のトップにある
「事業場一覧表(第1表(PDF:237KB) 第2表PDF:179KB) 船員(PDF:50KB))」の
「PDF」のところをクリックすればPDFファイルでご覧になれると思います。

Q高齢者の健康に関する考え方

 高齢者の在宅医療に従事しているものです。こちらの仕事に就いてからだいぶ経ちますが、先進医療と在宅系高齢者医療に考え方の差がありすぎる気がしてきました。
 
 在宅療養中の慢性期の高齢者は、自覚および他覚症状に変化があって訪問診療医にかかっても、高齢だし、検査して何か異常が分かったとしてもやることは対症療法が主で検査しなくても一緒だから・・・、検査しに病院に行くだけでも負担だから、となります。在宅系高齢者医療においては、高齢者の病気の早期発見、積極的治療が歓迎されていないようです。あまりお金をかけずに旅立っていただこう的な感じです。
 
 しかし、テレビなどでは80歳代で心臓のバイパス手術を行ったとか、認知症の裏に隠れた水頭症を早期に発見して健康的に長く生きられました、という情報が流されています。こちらは、積極的に検査が行われ、治療も行われた例だと思います。

 国の医療費も大変な事になっていますが、高齢者、特に自分で希望の言えなくなった認知の高齢者のためにどうアプローチするのが望ましいのか助言をお願いいたします。

 

Aベストアンサー

>高齢者の病気の早期発見、積極的治療が歓迎されていないようです。あまりお金をかけずに旅立っていただこう的な感じです。

あえて誤解を恐れずにいえば、それでいいんじゃないかと思いますよ。高齢者の病気の早期発見もないもんだと思いますしね。他の回答者さんもおっしゃるように、早期に手を打てば本人や家族の負担が小さくなる病気はありますから、そういうのはきちんと手を打った方がいいと思いますけど、残りの人生が10年あるかどうかって人を極端な話、メスで切り刻む意味があるかどうかというのを考える必要はあるかと思います。

綺麗事をすべて抜きで語れば、日本は今ものすごい勢いで超高齢化社会になっており、年金、医療、介護の負担はものすごいことになっています。お金もさることながら、人も足りなくなることは明らかです。今の若い人は皆さん優しいから若いうちから介護の仕事なんかをやってくれますけどね、介護の仕事って肉体労働だけでなく、仕事としてスキルが身につくものではないから年収ののびしろを考えたら、若い人がやるべきかどうかは微妙なんですよ。介護の仕事をしている若者が、エンジニアとして働いたら様々な意味で将来性がありますでしょう?
私の世代はいわゆる団塊ジュニア世代なので、同世代の数がとても多いです。おそらく私たちが高齢化したときに私たちの介護をどうするのかというのが深刻な社会問題になると思います。私が想像しているのは、年金をちょっと増額して、代わりに医療費や介護費に対する個人負担割合をものすごく増やして、つまり「健康な老人なら長生きしてもいいけど、病気を持っていたり介護が必要な老人なら早く死んでくれ」ってなると思っています。だから今のうちから体を鍛えて介護のお世話にならないようにしてるんですけどね。
いずれ、「認知症になったその人が悪い。いちいち面倒は見てられないから、自分で判断する能力がなくなったからこれ幸いに速やかに旅立っていただこう」となると思いますよ。「ボケ老人が、多すぎるのだ」とね。

こんなジョークがあります。森を歩いていたら、年老いた象が悲しそうな顔をしていた。理由を聞いてみると、「象はとても長生きします。若いやつが年寄りを大切にしてくれません」といった。しばらく歩くと、若い象が悲しそうな顔をしていた。理由を聞くと、「象はとても長生きします。年寄が多くてやりきれません」

>高齢者の病気の早期発見、積極的治療が歓迎されていないようです。あまりお金をかけずに旅立っていただこう的な感じです。

あえて誤解を恐れずにいえば、それでいいんじゃないかと思いますよ。高齢者の病気の早期発見もないもんだと思いますしね。他の回答者さんもおっしゃるように、早期に手を打てば本人や家族の負担が小さくなる病気はありますから、そういうのはきちんと手を打った方がいいと思いますけど、残りの人生が10年あるかどうかって人を極端な話、メスで切り刻む意味があるかどうかというのを考え...続きを読む

Q厚生労働省とか文部省とか、行政機関が図で一覧になっているサイトはないか?

日本の行政機関にはさまざまなものがあるかと思いますが、

・どんな省があるか?
・その省はどのような役割をしているか?

これらがわかりやすい図になっているサイトをご存知でしたら、
教えていただければ助かります。

色々WEB検索をしてみたものの図になっているサイトは見つからず、
例えば、厚生労働省のサイトを見ても若干理解しにくい状況です。
(私の理解力が低いことが問題なのですが…)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%A1%8C%E6%94%BF%E6%A9%9F%E9%96%A2

http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/cms/1,0,69.html


http://www.kantei.go.jp/jp/link/server_j.html

Q【高齢者の健康管理について】水は飲めば飲むほど健康にいいのか?

よく、水分の摂取が足りないと脳梗塞になりやすいなどといいますが、
だからといってたくさん飲んでもいいのでしょうか。
たとえば夏場などは6リットルくらいを薦められた時がありました。

年をとって消化能力が弱くなると、たくさん飲むと胃が痛くなります。

汗をたくさんかけば水分をたくさん摂れるともいいますが、
過激な運動は体に負担がかかりますし、逆にナトリウム不足になって
それが健康に悪いのではないかと思うのですがそのへんはいかがでしょうか。

Aベストアンサー

高齢者に6リットルは体に負担だと思いますよ。
人間の一日の尿は1000~1500mlで、汗や呼吸などの不感蒸泄が1000mlくらいと言われているので、1500~2000mlを食事と水分でとれば充分だと思いますよ。

6リットルでは、胃に負担になるだけではなく、高齢になれば心臓の機能や腎臓の機能も落ちてきている可能性もありますので、体が浮腫んで、心不全など心臓も腎臓も働ききれなくなってしまうと思います。
水分がうまく取れなければ、血液はどろどろになり脳梗塞などのリスクは高まるとは思いますが。
運動も水分も、適度な範囲が何事にもよいかと・・・

Q厚生労働省へ問い合わせ

こないだ、厚生労働省のホームページにある「お問い合わせ」で、とある質問を送信をしたのですが、一週間経っても返事がないんです。

これほど返事が遅いのは、厚生労働省では普通なのですか?
質問されたことのある方、お願い致します

Aベストアンサー

 こんにちは

 >とある質問を送信をしたのですが、一週間経っても返事がないんです。

 ・質問内容によっては時間を要する場合もあると考えられます。また、送信フォームに記入漏れや誤り(文字化け含む)はなかったですか。

 >これほど返事が遅いのは、厚生労働省では普通なのですか?

 ・中央官庁に限らず地方自治体も民間企業も質問内容によって時間を要する事はあります。また、答えられないというケースも現実存在します。

 >質問されたことのある方、

 ・私は以下の方法で数回お世話になりました(厚労省に限らない)。
 質問内容が明確であり、急ぐ場合に代表番号に電話を掛け質問内容を伝え担当部署に繋げてもらいます。その時に電話口で即答できないこともありますが、そのときは担当者に以降の当方の対処(メールや書面や対面や回答の目処等)に関し、出来るだけ日常業務の邪魔にならないように配慮する意味でどうするのが最良かを聞いてみます。

 
 

Q第二次世界大戦の原因

第二次世界大戦の原因

第一次世界大戦でこりたにもかかわらず、どうして短期間のうちに第二次世界大戦が起こったのでしょうか。

第二次世界大戦の根本原因を教えてください。

また、どのような原因と結果の積み重ねで第二次大戦が起こったのか、その「原因と結果の流れ」を教えてください。

Aベストアンサー

第二次大戦は規模が大きかったから目立つだけで、歴史的にはむしろよくあるパターンが再度繰り返されたように見えます。

つまり経済的に貧しい国が、富国強兵・富国強兵で軍備を増強して富裕国へ攻め込むというパターン。第二次大戦ではこのパターンの国がドイツと日本の2国あったので規模が大きくなりましたが、世界史的にはゲルマン人のローマ帝国侵略とか、突厥の中国蚕食とか、中世の十字軍も広い意味でいえばそうであるし、日本史でも武田軍の信濃侵攻とか、島津軍の九州北上みたいなもの。これらの場合、侵略には略奪がセットになっているので、貧しい国にとっては戦争は半分経済活動でもあった訳です。

そう考えると、第二次大戦の根本要因は貧富の差だといえます。
で、貧富の差は現在むしろ大きくなっているので、第二次対戦で懲りたどころか、同じようなものは再度おこってもおかしくないと考えるべきです。一例を挙げればイラクとリビアと北朝鮮みたいな国、これが同時に暴発して、中国あたりが援助すれば用意に第三次大戦にはなり得るでしょう。
その抑止力があるとすれば核でしょうか。つまり、今度大戦をやったら勝者はいないという意識が辛うじてそのような事態を食い止めているのかもしれません。

第二次大戦は規模が大きかったから目立つだけで、歴史的にはむしろよくあるパターンが再度繰り返されたように見えます。

つまり経済的に貧しい国が、富国強兵・富国強兵で軍備を増強して富裕国へ攻め込むというパターン。第二次大戦ではこのパターンの国がドイツと日本の2国あったので規模が大きくなりましたが、世界史的にはゲルマン人のローマ帝国侵略とか、突厥の中国蚕食とか、中世の十字軍も広い意味でいえばそうであるし、日本史でも武田軍の信濃侵攻とか、島津軍の九州北上みたいなもの。これらの場合...続きを読む

Q中国の「厚生労働省」はなんという名前?

日本で言うところの厚生労働省は中国ではなんというんでしたっけ?忘れてしまいました!教えて下さい!

Aベストアンサー

中華人民共和国では、国務院の「部」が日本の「省」に近い機関です。
したがって、国務院の「労働和社会保障部」がそれにあたるでしょう。
国務院には他に「衛生部」もあります。

参考URL:http://www.molss.gov.cn/

Q第二次世界大戦とロシアについて

無知なので、第二次世界大戦についてくわしく知るところがないのですが、第二次世界大戦をロシアの目線から説いたものや第二次世界大戦がロシアに与えた影響について知りたいのです。なにか参考になる文献などをご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか。
どんなささいな資料でも大変助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。
ロシアに関する情報サイトを挙げておきます。
英語やロシア語のものが多いですが。
http://www.slavweb.com/jp/Russia/defense-j0.html
↑ここの歴史→第二次大戦をご覧ください。

ちょっとズレますが、日露戦争についての小説に
司馬遼太郎さん著“坂の上の雲”
というものがあります。
全8巻という長編ですが、戦争への流れやその進み方
当時のロシアがどういう感じだったか、
何故日本のような小国が勝つことができたか等
分かりやすく書かれています。
全てが事実ということはないのでしょうが、
もしご興味があれば、読まれてみてください。
それでは。

Q厚生労働省のサイト~最近の動向~

厚生労働省のサイトで、今年、昨年、一昨年あたりに法改正や事業の内容に変更があったものをまとめて載せているページはありますか?

特に、医療、福祉、保健分野、医療・介護保険などの内容で、A4にすると20ページ位までの詳しすぎない概要のようなものを探しています。

たとえば、結核予防法が廃止になった~などです。

Aベストアンサー

省の取り扱い範囲が広いので、20ページくらいのものは厳しいと思います。
法改正についてはこちらで把握し、
http://www-bm.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/index.html

なぜそのような法改正が必要になったかの背景は各審議会で事前に審議されますので個別にあたっていくよりほかにないでしょう
http://www-bm.mhlw.go.jp/shingi/index.html

背景はいらない、どう変わったかだけを平易な内容で知りたいということであれば、改正の時期に合わせて「特集」を組み、全国の書店に並べています。こちらは一般向けに作ってあるので、専門の方には若干物足りないかもしれません。
http://www-bm.mhlw.go.jp/wp/publish/mag/index.html

ほかに、厚生労働白書もありますが、とても分量が多いので割愛します。


人気Q&Aランキング