質問のタイトル通りです。尚、内科を希望します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 中央区医師会のページを見つけましたので、よろしければどうぞ。

聖路加国際病院が有力ですかね。

参考URL:http://www.chuo-med.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご連絡ありがとう存じます。
有効に活用させていただきます。

私は、文京区の診療所に勤務しておりまして勝どき橋近くのお客様から
良い医療機関の照会があった関係で問い合わせ致しました。

診療所勤務でお客様とは変な言葉ですが健康診断を主としている診療所ですので
ご了承下さい。   mitumaro

お礼日時:2001/08/03 23:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLED電球の価格

LED電球の価格
LEDの懐中電灯は、1Wで3000円位しますが、LED電球は7Wで3000円位です。何でこんなにLED電球は安いんでしょうか?

Aベストアンサー

電圧を下げる事より、電圧を上げる事の方が
コストがかかるためです。

大雑把に言うと、電圧を下げるには回路抵抗を使うのですが
この回路抵抗増やせば増やすほど、電圧は下がります(発光・発熱と言ったものも出ますが)
また回路抵抗を簡単に増やすには、抵抗器を接続する・回路の総延長距離を増やす(電線を長くする)等です。

逆に電圧を上げる為には、トランス等の昇圧回路を組み込む以外にはありません。
でも実は乾電池等の直流電流は、電圧を上げる為には一度交流(疑似交流)にしないと
電圧を上げることができないのです。
その為回路に使う部品点数が、必然的に多くなり
その分コストがかかり、製品価格が高くなるのです。

なおLEDの(W)に関しては、飽く迄も消費電力を示す単位であって
明るさを表す単位ではありません。
尤もLED電球等は、(W)で明るさを表していますが
だからと言って、何(W)の白熱灯と同等の明るさなのか
一目では、解からない様にしてあります。
コレは何(W)相当と言い切ってしまうと、LED電球の場合
使用条件によって、明るさを感じ切れないことがあり
それにより使用者から、不利益を被ったと言われた時
メーカー側が、自己防衛をする為です。(いわゆるクレーマー対策です)
またLED電球は照射範囲が、通常の白熱灯・電球型蛍光灯に比べると
明らかに狭い事も、上記の表記を取っている要因の一つでもあります。

乱文となってしまいましたが、この辺で暇させていただきます。

電圧を下げる事より、電圧を上げる事の方が
コストがかかるためです。

大雑把に言うと、電圧を下げるには回路抵抗を使うのですが
この回路抵抗増やせば増やすほど、電圧は下がります(発光・発熱と言ったものも出ますが)
また回路抵抗を簡単に増やすには、抵抗器を接続する・回路の総延長距離を増やす(電線を長くする)等です。

逆に電圧を上げる為には、トランス等の昇圧回路を組み込む以外にはありません。
でも実は乾電池等の直流電流は、電圧を上げる為には一度交流(疑似交流)にしないと
電圧を上げることがで...続きを読む

Q心療内科の薬を一般内科で

長いこと掛かりつけにしていた心療内科が、夜間診療をやめてしまい、クリニック名からスタッフまで総入替えしてしまいました。
長年の経験上、状況に応じて処方される薬も定着してきて、現在、特にカウンセリングなどを絶対に必要とは感じておらず、今までどおりのデパス1mgとマイスリー10mgが欲しいと思ってます。
夜間診療が無くなってしまい、もう、その心療内科に通うことはできないのですが、近所の総合病院の内科でも、事情と経緯を話せば、これまでと同じように処方してもらえるものでしょうか?

Aベストアンサー

他の方が書いておられるように、向精神薬であっても、診療科とは無関係に処方してもらえます。

ただ、現在は症状が安定しているとしても、変化があった場合にその時点で新たに心療内科等の「かかりつけ」を探すのは大変にエネルギーがいることになるでしょう。いま落ち着いておられるのであれば、新たに心療内科か精神科の信頼できるかかりつけを求めた方がいいと思います。信頼できる主治医がいること自体が、場合によっては薬よりも有効な「精神安定剤」になると思います。

ちなみに、精神科の敷居が高いとお考えであれば、そのような不安は全く不要です。私も家族の通院で何度も精神科のクリニックに足を運びましたが、何も違和感は感じませんでした。

やはり専門家は専門家、だと思いますよ。

QLED電球の根元部分が熱すぎる気がします

毎度お世話になっております。
この度、自宅のダウンライトを従来の白熱電球からLED電球に変更しようと考えております。
ところが、ヨドバシカメラのような量販店の店頭にある見本のLED電球を触ると、LED電球の照明部分はそうでもないのが、根元部分を触ると、やけどしそうに熱いのですが、ダウンライトのように天井部分に埋め込まれるような形状の場合、このような熱くなるLED電球を使用してもダウンライトの埋め込み部分が焦げるとか、火災になる等の不都合は生じないものでしょうか?
またLED電球の根元部分の熱さは、白熱電球の場合と変わらないものでしょうか?
心配しすぎかと思いますが、どうしても気になってしまい、まだLED電球への変更に踏み切れません。
どなたかアドバイスをお願い申し上げます。

Aベストアンサー

LEDは、結構発熱を伴います。
その熱を口金付近に逃がすしかありませんので、熱くなるわけです。

裸電球はずっと温度が高くなりますので、熱での心配はいりません。

ただし、裸電球は、200度を超えても問題ありませんが、LED電球は150度になれば壊れます。
150度にならなくても高温で熱が逃げないような状態の使われ方をすると、大幅に寿命が縮む事になります。

ですので、埋め込み型ダウンライトの器具などで、LED対応となって居ない物は、熱が逃げにくく、大幅に寿命を縮める事がありますので、ご注意されてください。

Q病院を変えるべきか…で迷っています。胃痛と腹痛で内科を受診しましたが、

病院を変えるべきか…で迷っています。胃痛と腹痛で内科を受診しましたが、先生の対応が不安です。問診を受け薬を処方されましたが、次回胃カメラをしましょうと予約を入れられました。胃カメラを受けるのは全くの初めてで特に気にしませんでしたが、知り合いに話したら変だと言われました。まだ薬も飲んでいない状態で、すぐに胃カメラ予約は変じゃないか…と。先生いわく、胃カメラしてみないと分からないから…でした。今回その病院にかかるのは初めてで、一歳になる息子は小児科利用で何度か通ったことあるんですが。確かに息子を診察してもらう際、風邪で喉が痛そうな場合でも喉の確認はしない、診察する時に寝てしまっていた場合何もせず薬のみ処方。(泣くと可哀想だからだそうです)
今は小児科他の病院に変えています。
何か色々と考えたら胃カメラしてもらうの不安になってきました。病院変えるべきでしょうか??

Aベストアンサー

原因不明の胃痛なら胃カメラは別におかしくないですよ。

私も以前、胃痛腹痛が多くてよく病院に行っていましたが、
薬だけ出す病院からX線撮影や血液検査する病院までいろいろあります。

現在は原因がだいたいわかっているのでそれを伝えればそれ用の薬だけ出して貰えてます。


金銭的なことを気にしないのなら胃カメラぐらいはしておいて損はないと思いますよ。
もしかしたら重大な病気の可能性もあるんですから。

QLED電球について

LED電球について質問をしたいので宜しくお願い致します。

現在の照明器具に白熱電球がついています。これをLED電球に交換しようと考えております。
そこで、お聞きしたいのですが、照明器具には良く25Wや30W、40Wまでと記載がありますが
これは消費電力の事でしょうか?それとも、照明器具に30Wまでと記載があった場合にはLED電球も30W相当の明るさなどと記載されたLED電球までしか使用は出来ないのでしょうか?

仮に30Wまでと記載された照明器具に60W程度の明るさのLED電球を取り付けると何か問題はあるのでしょうか?
あるとしたら、25Wまでと記載のある照明器具には何W相当の明るさのLED電球をつけるものなのでしょうか?


このようなことには知識が無く、どなた様かご教示の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>照明器具には良く25Wや30W、40Wまでと記載がありますが
これは消費電力の事でしょうか?それとも、照明器具に30Wまでと記載があった場合にはLED電球も30W相当の明るさなどと記載されたLED電球までしか使用は出来ないのでしょうか?


白熱電球の場合の消費電力のことです。

何故そのような標記があるかというと

白熱電球の場合は消費電力の大半(90%)が熱に変換されます。
例えば、プラスチック製のシェードで40Wまでという製品で100Wの白熱電球を利用すると、シェードが溶けてしまい最悪発火する怖れがあるから止めてくれということです。



>仮に30Wまでと記載された照明器具に60W程度の明るさのLED電球を取り付けると何か問題はあるのでしょうか?

多分ないでしょう。
LED電球の場合は、放熱部のヒートシンク部分が高熱になったりしますので、ヒートシンクが器具本体に触れないようにとかの注意は必要です。
いくら消費電力が小さくとも、たとえば太陽光を虫眼鏡で集光すれば紙が燃え出すように、熱が集中すると危険です。

>あるとしたら、25Wまでと記載のある照明器具には何W相当の明るさのLED電球をつけるものなのでしょうか?

無駄に明るくても製品の雰囲気等が台無しになりますから、25W相当とかせいぜい30W相当でしょう。
LED電球の配光パターンとか色合いのチェックもお忘れなく。

>照明器具には良く25Wや30W、40Wまでと記載がありますが
これは消費電力の事でしょうか?それとも、照明器具に30Wまでと記載があった場合にはLED電球も30W相当の明るさなどと記載されたLED電球までしか使用は出来ないのでしょうか?


白熱電球の場合の消費電力のことです。

何故そのような標記があるかというと

白熱電球の場合は消費電力の大半(90%)が熱に変換されます。
例えば、プラスチック製のシェードで40Wまでという製品で100Wの白熱電球を利用すると、シェードが溶けてしまい最悪発...続きを読む

Q肺炎です。 年老いた母ですが故郷に近い希望の病院に入院させたい。

肺炎です。
年老いた母ですが故郷に近い希望の病院に入院させたい。

Aベストアンサー

今の病院の主治医にその旨お話しをしてください。
転院可能な状態ならば、紹介状を書いてくれます。

Q家庭用LED電球の実際の消費電力数を知る方法を教えてください。

家庭用LED電球の実際の消費電力数を知る方法を教えてください。

LED電球の購入を検討していますが、そのLED電球の消費電力数を調べる方法を教えてください。

Aベストアンサー

「家庭用LED電球」とは、あの照明に使用する白熱球の形をしたあれですよね?

お店に買いに行くのであれば、パッケージに「消費電力○○W」と書いてありますよ?

Q県外への往診について。自由診療のみの内科診療所を開業しています。保険診

県外への往診について。自由診療のみの内科診療所を開業しています。保険診療の場合、往診は距離で決められているようですが、自由診療の場合は距離に関係なく往診できると考えています。ただ、県外の場合、管轄の保健所が違ってくるのでどうかな?という気がしますが、法律上はどうなっているかお教え下さい。

Aベストアンサー

アメリカの場合は州ごとに免許が必要で(登録費用も相当かさみます)、州をまたいだ診察が放射線科医の遠隔診断でも問題になったという話がかなり前からあります。
一方、日本の場合、法体系は基本的に40年以上前の枠組みが踏襲されており、お問い合わせの件のような事例には対応されているとは考えにくいでしょう。

また、県境に近い場所で開業されていて、往診の対象となる診療圏も県境をまたいで両側に広がっているという医師も多数おられるはずですが、彼らがいちいち両側の保健所にやっかいになるとも考えにくいでしょう。

さらに、県境をまたがなくても診療圏が市町村の境をまたいで、保健所の管轄が異なるような事例はさらに多いはずです。

保健所のどのような業務領域における管轄なのか、という議論も出てくるとは思いますが、基本的な線では管轄は施設の存在地を原則とする、という一般的な解釈のままでよろしいのではないでしょうか。

QLED電球について質問です。

いつもお世話になっています。

小さなLED電球が有るのですが、このLED電球を点灯させてもほとんど熱が出ません。
LED電球とはこの様な物なのでしょうか?

Aベストアンサー

◎普通の電球は、電流を流して高温で発熱させ、その光を利用しています。ですから電球のなかは空気では無く燃焼させないガスを入れてます。

詰り燃やして熱と光を出すようにしてるので、熱くなるのです。

◎LEDはライト(光)、エミッシング(発する)、ダイオード(半導体)、で略してLEDです。

詰り熱は結果として損失の形で出るだけで、半分導体に電流を流すと発光する原理を利用してます。そもそも、熱とは関係ないものです。

◎現在発売されているLED電球は、やっと光量を沢山出せた第一段階ですので、未だ効率が悪いので発熱はそれなりにありますが、どんどん改善されて行くでしょう。値段も。

因みに私は赤、緑色は37年前から使用しています。白(青)が出来るのを待ってました。

Q心療内科のこれから。

こんにちは。
なんとか今年医学部に入学できそうな受験生です。

僕は将来心療内科医になって、ストレスに苦しむ人々を助けたいと思っています。
しかし聞くところによると、最近は医学生の外科・小児科・産婦人科等人手不足の診療科離れが進み、リスクの少ない科へと流れてしまう悪循環が起こっているそうですね。
そういった流れもあって、精神科・眼科・皮膚科など比較的訴訟の少ない科を希望する医学生が多いと聞いたのですが・・・
心療内科も、今後飽和状態になってしまうのでしょうか?

予備校に通っているので医学部志望の友人はそれなりにいますが、みんな内科・外科・小児科などをしっかり志望していて、(心療内科志望の自分が恐縮してしまう程)志の高い友人ばかりのような気がします。
やはり医療現場の厳しい現実に接して初めて、大半の医学生がそういった志を変えてしまうものなのでしょうか。

将来心療内科が飽和状態になってしまうと聞くと、(自分本位の考え方ではありますが)今後自分が医師として満足に働けないのではないかと不安になってしまいます。
実際まだ医療の現場で働いたこともないので、全く先が見えません。
今後の医療の展望に詳しい方(もちろん専門家の方でなくても結構です)、実情をお聞かせ下さい。

こんにちは。
なんとか今年医学部に入学できそうな受験生です。

僕は将来心療内科医になって、ストレスに苦しむ人々を助けたいと思っています。
しかし聞くところによると、最近は医学生の外科・小児科・産婦人科等人手不足の診療科離れが進み、リスクの少ない科へと流れてしまう悪循環が起こっているそうですね。
そういった流れもあって、精神科・眼科・皮膚科など比較的訴訟の少ない科を希望する医学生が多いと聞いたのですが・・・
心療内科も、今後飽和状態になってしまうのでしょうか?

予備校に...続きを読む

Aベストアンサー

精神科は一時期流行ったので『開業しておいしい』という時代ではなくなっていると思います。
ですが、精神科においても勤務医は依然十分にはいませんし、
精神科の患者は今後も増える(精神科の垣根が低くなるだろうから)と予想されるので、心配は不要でしょう。

ただ、心療内科となるとスペシャリティーが精神科に比べて随分劣るので、
心療内科を専門にしてしまうと精神科の中では最初にあぶれる可能性はあります。

>>医療現場の厳しい現実に接して初めて、大半の医学生がそういった志を変えてしまうものなのでしょうか。

厳しさの影響も多かれ少なかれあるでしょうが、
むしろ『他科に興味が出てきて志望科を変える』方が多いと思います。
医学生も高校生も医師の仕事なんてほとんど何も分かってないんですから、
学生の志望が同世代から見てしっかりしてそうでも、我々からすればただの憧れのレベルにしか見えません。

>>自分が医師として満足に働けないのではないかと不安になってしまいます。

No2でureds18先生も仰られていますが、仮に飽和したとしても、
きちんとやっている人は仕事にあぶれる事はありません。

今は医師は相当虐げられていますが、
やっとマスコミが気づいて騒ぎ出しましたので、次第に医師が働きやすい環境が整ってくると思います。
貴方が医師になるころにはまた随分と状況が変わっているでしょう。
医師としての可能性を狭めないように、幅広く学んでください。

精神科は一時期流行ったので『開業しておいしい』という時代ではなくなっていると思います。
ですが、精神科においても勤務医は依然十分にはいませんし、
精神科の患者は今後も増える(精神科の垣根が低くなるだろうから)と予想されるので、心配は不要でしょう。

ただ、心療内科となるとスペシャリティーが精神科に比べて随分劣るので、
心療内科を専門にしてしまうと精神科の中では最初にあぶれる可能性はあります。

>>医療現場の厳しい現実に接して初めて、大半の医学生がそういった志を変えてしまう...続きを読む


人気Q&Aランキング