CGIで動的にをHTMLページを生成し、クライアントへのレスポンスを返す場合、
HTTPヘッダ情報にContent-lengthの項目を設定しなかったら、
ブラウザによっては正常に表示されなかったり、不具合が起こることが
あるのでしょうか?

OS、ブラウザ種別・バージョンごとに、Content-lengthが設定されていなくても
正常に表示される/されないの情報をご存知の方がいらっしゃいましたら
教えていただけないでしょうか?

また、HTTP/1.1ではContent-lengthの記述が必須であると聞いたような気が
するのですが、クライアントにHTMLのレスポンスを返すだけでも
Content-length設定は必須なのでしょうか?

以上、ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 IEとかNNなんかそうですが、下のところに読み込みインジケーターがありますよね。


 青い奴がどんどん溜まっていく奴。
 ブラウザによってはあれが正常作動してくれないとマズいのとかあるんです。
 そのための Content-length です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCGIで内部処理を待たずにレスポンスを返す方法

■質問
CGIで内部処理を待たずにレスポンスを返す方法について教示願います。
(関連サイトを調べていて、近しいものはあったのですが、なかなか今回の問題の原因と対処に結びつく有効な手がかりがない、苦慮しています。)

■詳細
<動作環境>
 (1)画面(Java)→(2)Web(Apache)HTTPリクエスト→(3)CGI(C言語)
 (3)→(2)を介して(1)へHTTPレスポンスを送信

この環境下で、(3)の中で(3)’処理((2)へのレスポンスとは非同期で
別処理(DBへ登録する処理)言語:cshをCの中からシステムコール。
cshの中でperl処理をキックし、DB更新)を今回追加しました。

(3)’を待たずに(1)へのHTTPレスポンスを返却したいのですが、
サーバログ((1)、(2))をみると、返却のタイムスタンプを見ると、
(3)’が完了した後に返却されているようです。

方式的に(3)の中でfolkを使用し、子プロセス化することで
親は子の処理((3)’)を待たずに(2)にレスポンスを返却可能とみておりましたが、そもそもCGI(C言語)ではできないものなのでしょうか?
→C(親処理)の中にデバックを仕掛けたところ、親の終了後に子が動いているように見えています。

■ソース(概要)※詳細(原本抜粋)が必要な場合は申しつけください。
 IF文で定義
 (1)forkで子の場合、
   execlでcshを実行(cshには親でもらった引数を設定)
 (2)親の場合、
  デバックログファイルをクローズし、処理終了。

■補足(その他気になっている点)
 ・上記ソースでは、(1)の中では、親で使うログファイル出力
  のcloseを行わず、処理終了していますが、問題ないか?
 ・同(2)のとき、perlCGIでは、close(stdout);を明示しないと
  HTTPレスポンスが返却されない(子の終了を待ってしまう)
  旨、サイトの情報に記載がありましたが、C CGIでも同様に
  何かしらの明示をしないと、待たされるのか?

以上です。

■質問
CGIで内部処理を待たずにレスポンスを返す方法について教示願います。
(関連サイトを調べていて、近しいものはあったのですが、なかなか今回の問題の原因と対処に結びつく有効な手がかりがない、苦慮しています。)

■詳細
<動作環境>
 (1)画面(Java)→(2)Web(Apache)HTTPリクエスト→(3)CGI(C言語)
 (3)→(2)を介して(1)へHTTPレスポンスを送信

この環境下で、(3)の中で(3)’処理((2)へのレスポンスとは非同期で
別処理(DBへ登録する処理)言語:cshをCの中からシステムコール。
...続きを読む

Aベストアンサー

子プロセスがレスポンスを返して、親より先に死ぬようにしたほうがよいと思います。
また、レスポンスを返さないほうのプロセスは先にSTDOUTをcloseした方が良いでしょう。

以下perlですが、やることはほぼ同じだと思います。(半角スペースを全角にしてます。)
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use utf8;
use CGI;
use CGI::Carp qw(fatalsToBrowser);
use CGI::Pretty;

if ( my $pid = fork ) {

  # Parent
  # Close STDOUT
  close STDOUT;

  # Do heavy work
  sleep 10;
  my $file = '/tmp/tmp3.txt';
  open my $fh, '>', $file or die "$!:$file";
  print $fh "Hello CGI. I'm parent\n";
  close $fh or die "$!:$file";

  # Wait to finish child for safe
  wait;
}
elsif ( defined $pid ) {

  # Child
  # HTTP Response
  my $q = CGI->new();
  print $q->header( -charset => 'UTF-8' );
  print $q->start_html(
    -lang => 'ja',
    -title => ' T I T L E '
  );
  print $q->p("Hello CGI. I'm child");
  print $q->end_html;
}

子プロセスがレスポンスを返して、親より先に死ぬようにしたほうがよいと思います。
また、レスポンスを返さないほうのプロセスは先にSTDOUTをcloseした方が良いでしょう。

以下perlですが、やることはほぼ同じだと思います。(半角スペースを全角にしてます。)
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use utf8;
use CGI;
use CGI::Carp qw(fatalsToBrowser);
use CGI::Pretty;

if ( my $pid = fork ) {

  # Parent
  # Close STDOUT
  close STDOUT;

  # Do heavy work
  s...続きを読む

QPHP4版CGIでクライアントブラウザに

「Hellow World!」

を表示させるには
FedoraCoreサーバ(フルインストール,デフォルト)をどのように設定し
どういう内容のファイルを作り
どこに配置すればいいのでしょうか?
PHPといえばSSIでCGIではないと思うのですが大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

<?php
print ("Hello world");
?>
と言うファイルを、~.php というファイル名で作成し、
httpd の DocumentRoot に設定されている場所においてください。

なお、PHPは、SSIとは無関係です。(多分)
CGIとして使える言語のひとつである場合はありますが。(ってか、結構多い?)

QHTTPDの AN HTTPサービス開始不可 なぜ?

困ってますのでどなたかおしえてください。
自宅サーバーをWindows Meにて立ち上げる最中なのですが、AN HTTP Server Home Pageにてhttpd Ver 1.42nを取得。httpdを“オプション一般"で開くと本来あるはずの“サービス”(“ログ”のすぐ隣)がないのでAN HTTPサービスを開始できなくて困っています。もう一台のXPでは問題ないのに・・Meはほかにも設定がいるのでしょうか?それとも何か私が見逃していることがあるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分のIPアドレスを調べて、
htp://IPアドレス/
で確認。

>HTTPサーバーとして動作してなくも、そのままアドレスを入力したら表示されるため
これは、
http://127.0.0.1/
にアクセスすれば確認できるかと。
(hはあえて全角にしてあります)

Qhttpとhttps間で商品データのcsvファイルを共有する方法

始めまして
私は、cahma netさんのcahma cargo「http://chama.ne.jp/download/cargo/index.htm」を使用させてもらっているのですが
httpに配置した「商品データーのcsvファイル」をhttpsに配置したcgiから読み込みたいのですがどうもうまくいきません。パーミッションの問題なのでしょうか?私の借りてるサーバーでは707・777等は、エラーを返されます。それともパーミッション以外に原因などはあるのでしょうか?どなたかお詳しい方教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

絶対パスで一番身近なのはPerlのパスだと思います。
CGIの先頭行に

#!/usr/local/bin/perl

とか、書きますよね。この場合、

/usr/local/bin/perl

がPerlへの絶対パスです。
「#!」は宣言みたいなもので、スクリプト内の先行頭で使うだけのものなので混同しないように気を付けてください。
絶対パスというのは / から必ず始まります。
ほとんどのホスティングというのはFTPでログインしたディレクトリより上位階層があるのは先に述べたとおりです。
業者さんに問い合わせるのが早いと思いますが、以下のようなCGIでも調べる事が可能です。

#!/usr/local/bin/perl
print "Content-Type: text/html\n\n";
print $ENV{'SCRIPT_FILENAME'};

適当な名前で保存して(path.cgiとか)実行してみてください。
このCGIの絶対パスが表示されると思います。

下で相対パスの事を書きましたが、
CGIでのファイルの参照は相対でも絶対でもどちらでも構いません。

絶対パスで一番身近なのはPerlのパスだと思います。
CGIの先頭行に

#!/usr/local/bin/perl

とか、書きますよね。この場合、

/usr/local/bin/perl

がPerlへの絶対パスです。
「#!」は宣言みたいなもので、スクリプト内の先行頭で使うだけのものなので混同しないように気を付けてください。
絶対パスというのは / から必ず始まります。
ほとんどのホスティングというのはFTPでログインしたディレクトリより上位階層があるのは先に述べたとおりです。
業者さんに問い合わせるのが早いと思いますが、...続きを読む

Qcontent-dispositionによるファイル名の指定について

CGIで動的にCSVファイルを作成し、ダウンロードできるようなものを作成しています。
httpヘッダのcontent-dispositionでファイル名を指定しているのですが、 NetScape7.01ではファイル名の先後に勝手に.CGIがついてしまいます。
何か対処方はないのでしょうか?

Aベストアンサー

HTTP/1.1 200 OK
などのヘッダまでCGIから出力しているということですか?

だとすればNPHスクリプトですね?
ならばConnectionヘッダはKeep-Aliveではなくcloseで
いいと思います。


Content-Disposition: attachment; filename="a.csv"
Content-Type: application/download; name="a.csv"
この2ヘッダを出力しても回避できない現象だとすると
ブラウザ特有の挙動のようですね?

わたしの知る最終手段として、ブラウザをダマす方法が
あります。以下のような感じで拡張パスを使う方法ですが
うまくダマせるかどうかはやってみないとわかりません。
<form method="post" action="download.cgi/a.csv">


これとは別に、素直にa.csvというファイルを書き出して
メタタグで呼び出すようなカラクリも使えるかとは思いますが・・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報