先日、ペインクリニックを電話帳で探していたときにあることに気がつきました。麻酔科のある病院の広告には麻酔科の医師の名前が記載されているところがほとんどなのですが、なぜでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

内科や外科などほとんどの科は医師免許さえ持っていればたとえ専門でなくても、名乗ることができますが、麻酔科はそれとは別に標榜医という資格を持っていなければ、麻酔科と名乗ることができないためかと思われます。

    • good
    • 0

病院で良く見る*****専門医認定証がありますが,あれと同じでしょうか.麻酔科は以前死亡事故が多く,特別に研修させて麻酔科の専門医

を育成したので,特に,医師名を明示したと思います. 以前古いですが,新聞記事に掲載あったのですが,うろ覚えです. 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般事務はつぶしがきく?

知恵袋で以下のような質問を見つけました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1428948269
BAではなく、「一般事務ほどつぶしのきく事務はない」と回答されている方の回答文を読んで、私は「なるほどなあ…」と思うのですが、一般的に人は一般事務はつぶしが効かないと言います。
私は今一般事務員ですが、このまま職歴を積んでもつぶしはきかないのでしょうか?

Aベストアンサー

知恵袋の回答も拝見しました。

私も「なるほどなぁ・・・」とは思いましたが、とはいえ
「一般事務ほどつぶしのきく仕事はないという理屈とはちょっと違う」
と思いました。

この方のおっしゃっている理屈は
「結婚で一度退職し、復職する場合、家庭と両立しやすいのは事務職で
事務職に採用してもらうには専門職出身より事務職経験者のほうが有利」
ということですよね?
これはその仕事の未経験者より経験者のほうが有利ということであって
事務職がつぶしのきく仕事と言う理屈にはならない。
専門職だって復職する際、
専門職を志望すれば事務経験者より専門職経験者のほうが有利ですし。
ただ単に事務職で復職したい場合、事務職経験者が有利ということであって
事務職がつぶしのきく仕事とは言えないと思います。
そもそも「つぶしがきく」というのは、
その仕事の経験があれば、他の業種、職種でも通用するという意味なのでは?

専門職というのは言いかえればその仕事しかできないという意味ですが
事務職だって事務しか経験がなければ、その仕事しかできないということ。

専門職だっていろいろあるんですから、
「専門性を身につければつけるほど求人がない」
「男性と同等に働いて深夜まで残業」
「復職の際、事務職を志望する」というのも私は共感できなかったです。
私の周りでは、結婚前はフルタイムで看護師をしていて
復職後はパートで看護師をしている人もいますし
ブライダルコーディネーターの経験を生かして、
専門学校の先生として復職した人もいます。
たまたまこの方の周りの専門職の方は、
復職の際、事務職を目指しす人ばっかりだったんでしょう。

ただ最後の
「視点を変えれば何が幸せかわからない」
「業種、職種を変える場合は、誰だって大変」
という意見には共感できました。

私(アラフォー既婚女性)の経験を書きます。
これまで、営業、営業事務、人事、サービス業を経験しました。
この条件で派遣に登録すると・・・
「営業系」の仕事の紹介がじゃんじゃん来ました。
断っても断ってもじゃんじゃん来ました。
しかも結構大手の会社も多く、断れば
「条件をあげる」「勤務時間を考慮する」とまで言われました。
「事務系」はさっぱり来ませんでした。
事務と営業経験のある友人(アラフォー独身)にも聞いたところ
やはり「営業系」の仕事の紹介がじゃんじゃんきたそうです。
どうしゃら今のご時世、女性の場合は「事務系」より
「営業系」のほうがつぶしがきくようです。
ただ時代と景気が変わればわかりません。

知恵袋の回答も拝見しました。

私も「なるほどなぁ・・・」とは思いましたが、とはいえ
「一般事務ほどつぶしのきく仕事はないという理屈とはちょっと違う」
と思いました。

この方のおっしゃっている理屈は
「結婚で一度退職し、復職する場合、家庭と両立しやすいのは事務職で
事務職に採用してもらうには専門職出身より事務職経験者のほうが有利」
ということですよね?
これはその仕事の未経験者より経験者のほうが有利ということであって
事務職がつぶしのきく仕事と言う理屈にはならない。
専門職だって復...続きを読む

Q平成14年4月に、ペイン科を受診。腰にプロック麻酔後、すぐに激しい頭痛

平成14年4月に、ペイン科を受診。腰にプロック麻酔後、すぐに激しい頭痛とめまいを起こし、その場で倒れました。

医師は倒れた私を別室に運び、「注射の際、脳脊髄液を覆う膜に、誤って穴をあけてしまった。
寝ていれば治るので、このまま安静に」と告げ、3時間ほどベットに寝ているようにいいました。

時間が過ぎ、全然痛みが引かないことを告げると、医師が点滴(ポタコール)を始め、
「これからあなたの腰にあなたの血液を入れて、穴を塞ぎます」といわれました。

処置の後、さらに横になり午後10時に病院が閉まるので、帰宅するように言われました。

痛みのため、歩けない私を医師は車いすに乗せ、入院施設があるにも関わらず、強引に帰宅させました。

翌日もまったく痛みが引かず来院した私に医師はすぐ直るからといい、点滴だけを行いました。

帰宅後、症状が悪化し、車椅子にのって病院にいったところ、医師は初めて脳のレントゲンを撮り、
低髄圧性症候群となっているので、入院してください、と言われました。
(このときの入院費や治療費はすべて私が負担しています。)

私はその日を境に、記憶力が極度に悪くなり、頭痛とめまい、倦怠感に苛まれるようになりました。

医師に事情を話しても「気のせい。もう治っている」と言われ、自殺まで考えるようになりました。

なにより集中力の低下と激しい頭痛でまともに喋ることさえできず、医師とは平行線のままでした。

平成20年、熱海の病院で脳脊髄液減少症(腰からの流出)との診断を受け、治療を開始したところ、症状が随分改善し、医師と再び話し合うこととなりました。

医師(病院側の弁護士)の言い分はこうです

1. あなたの脳髄液は最初から減っていたのかも知れない。医師の行った治療行為が原因だという証拠がないし、ブロック麻酔後に病院で倒れたのは、偶然かも知れない。なんならペイン科に来る前の、あなたの脳髄液の量を教えて欲しい。

2. 脳脊髄液減少症自体が病気として認められてない以上、熱海での治療の効果が疑わしく、信じられない。

3. 医師は確かにミスを認めているが、どの治療もある程度はミスの割合が認められており、あなたはその割合の許容範囲にはいる為、謝罪も保証もする必要がない。


市役所や法テラスにも相談に行きましたが、医療に詳しい弁護士ではなかった為、明確な回答は得られませんでした。

私は現在も、保険適用外の脳脊髄液減少症の治療を続けており、経済的に非常に厳しい状態です。
この病気自体に先が見えず、治療も後何回受ければ治るのか、何一つ救いがありません

そこで医療裁判を起こした方、医療過誤にあわれた方、そしてそのご家族の方に質問です。

弁護士をつけて、病院と争うか。

裁判に回す費用を、一回でも多く治療費に回すか。

また何かアドバイスがあれば、教えて下さい。

まとまりのない文章で申し訳ございませんが、大変困っています。ご意見宜しくお願いします

平成14年4月に、ペイン科を受診。腰にプロック麻酔後、すぐに激しい頭痛とめまいを起こし、その場で倒れました。

医師は倒れた私を別室に運び、「注射の際、脳脊髄液を覆う膜に、誤って穴をあけてしまった。
寝ていれば治るので、このまま安静に」と告げ、3時間ほどベットに寝ているようにいいました。

時間が過ぎ、全然痛みが引かないことを告げると、医師が点滴(ポタコール)を始め、
「これからあなたの腰にあなたの血液を入れて、穴を塞ぎます」といわれました。

処置の後、さらに横になり午後10時に病院が...続きを読む

Aベストアンサー

*腰にプロック麻酔後、すぐに激しい頭痛とめまいを起こし、その場で倒れました。
との事。
話は変って腰椎麻酔ってのが有りましてね、腰から針を刺して硬膜を貫通
して脊髄に針先が有るかどうかは針から髄液液が出てくるのを見て判断します。
この麻酔の後で頭痛が出る事が有り post spinal headache
と言う名前がついています。原因は貫通した硬膜から髄液が出て来るのも一因と
言われていますが時間とともに改善・消失します。
さて、もしもブロックが原因で誤って硬膜を損傷し、髄液の漏出が原因なら
*腰にプロック麻酔後、すぐに激しい頭痛とめまいを起こし、その場で倒れました。
はちょっと時間的に結びつかない様に思います。 と言いますのは針を刺した場合でも
髄液の出る様は ジャ~では無くて ポヤポタ 位なのです。
すぐに諸症状が出たなら 副交感神経系ショック(ヴァゴ・ヴァゴrefrex)とか
血管損傷も考えられますが、貴方の場合 脳脊髄液減少症の診断下でその治療で改善が
有ったとの事。脳脊髄液減少症の診断を付けた医師に 長期間脊髄液の漏出と言う事は
有り得るのか、漏れ続けたとして脊髄液が不足する程の量はどこに溜まってたのか?
まずそれがが原因究明の第一歩と思います。

*腰にプロック麻酔後、すぐに激しい頭痛とめまいを起こし、その場で倒れました。
との事。
話は変って腰椎麻酔ってのが有りましてね、腰から針を刺して硬膜を貫通
して脊髄に針先が有るかどうかは針から髄液液が出てくるのを見て判断します。
この麻酔の後で頭痛が出る事が有り post spinal headache
と言う名前がついています。原因は貫通した硬膜から髄液が出て来るのも一因と
言われていますが時間とともに改善・消失します。
さて、もしもブロックが原因で誤って硬膜を損傷し、髄液の漏...続きを読む

Q理系のほうがサラリーマンとしてつぶしがきく?

30年以上前の私は電気工作がとても好きな少年でした。中学時代、高校時代、秋葉原のパーツ屋に通い、いろいろなものを作りました。
(最も大作は、今も動く、管球式アンプです。)
高校は上に理系・文系両方ある大学の付属高校(えり好みしなければ100%推薦で合格)に進みました。(電気、電子、情報系へ進みたかった。)・・・このような学校なので、他校受験の雰囲気はありませんでした。
高校2年の時、物理のうち力学的分野で良い点が取れませんでした。

この結果として、「理系は向かないと」指導され、「文系」を薦められました。
結局、経済系へ進学。(親にも学校にも「つぶしが効く」と言われました。)

大学は、TOPクラスで卒業。
どうしてもモノ作りが忘れられず、金融やサービス業にはわき目も振らず、製造業ばかり、就職活動しました。
一部上場の産業用電機メーカーに入社。大卒同期の20人強のうち、文系は私一人だけ。文系はあまりとらない会社です。
当時、製造業は第二次オイルショック影響が残り採用は活発ではありませんでした。私の大学(人数は多い大学です。)は上場企業に何人入れるか就職部は頑張っていました。
同期入社のほとんどが辞めずに残っています。
一方で私の大学時代友人は4人のうち3人まで、何度も転職しています。

前置きが長くなりました。

私の会社では、総務や経理を除くと、ほとんど部長職級を理系出身者が占めます。(採用もそうですからおのずとこうなります。)

友人でも理工系出身者は、あまり辞めていない人が多いです。

大手電器メーカーや、金融機関などは、はじめから学校ランクで、出世コースが決められているような気がしてなりません。

子供が理系文系を決めなければならない時期が来ました。

私は、理系のほうが良いと薦めています。
文系だったら世間で言う上位校でないとあまり意味がないだろう。

・長男は理系へ。次男は理系はいやだと言います。

果たしてこの考えは変でしょうか。(向き不向きはもちろんあるので無理強いはしません。・・・特に文系なら、「何ができるか」を強く求められるように感じます。

昔は、法律、商学、経済 はゼネラリストサラリーマンとしてつぶしがきいたのでしょうが、今はこの構図は壊れているように感じます。

むしろ文系なら中国語とかマスターすると役に立つのかも知れません。

30年以上前の私は電気工作がとても好きな少年でした。中学時代、高校時代、秋葉原のパーツ屋に通い、いろいろなものを作りました。
(最も大作は、今も動く、管球式アンプです。)
高校は上に理系・文系両方ある大学の付属高校(えり好みしなければ100%推薦で合格)に進みました。(電気、電子、情報系へ進みたかった。)・・・このような学校なので、他校受験の雰囲気はありませんでした。
高校2年の時、物理のうち力学的分野で良い点が取れませんでした。

この結果として、「理系は向かないと」指...続きを読む

Aベストアンサー

実際のところ、長い人生を見て、理系・文系どちらが良いかと判断するのは難しいと思います。ですが、ご質問者様の意見に共感します。


私自身、理系(機械工学)出身ですが、今では化学品メーカの法人営業職(技術営業)に就いており、理系出身で良かったと感じます。理由は、至極単純で、物事の仕組み・ツボを理解出来る下地(取り扱う商品が化学品からIT系に変わってたとしても苦痛に感じない)+計算が早い下地があるからです(どちらも然程特別なことではないですが)。

私にもそろそろ大学受験を控える息子がおり、大学進学の方向性として理系を勧めています。息子は、漠然とモノ創りの会社勤めを考えている様だからです。そして、理系を勧める理由は、

 ■ 論理的思考が求められること。
    初歩である、「起承転結」を系統だって人に説明する経験を得られ、社会人になってから求められる「仮定-実行・検証-修正」の「仮定」を考え出す癖を身に付け易いと思うからです。
    個人的には、訓練次第だと思いますが、若い時に苦労した方が将来的には楽出来ると思うので。
    
 ■ 現場対応能力の基礎体力作り
    実験がその対応を学ぶ場になり得ると考えます(答えの分かっている高校生レベルの実験ではあまり意味がないと思いますが)。
    例えば、チームワーク等の人間的な現場対応力(協調性や本質的な目的の見極めなど)も学べると思います。

 ■ 経済学や経営学は、社会経験をしてから実学との比較で学んだ方が適切と考えます。そのため、社会人向け大学院で経営学などを学ぶことを勧めています。
    インターネットが普及するまでの間、法律や経営、経済などの専門的な事柄に対しては、専門用語も多く、また情報も限られていたため、一般人には高嶺の花でした。現在では、インターネットで検索すれば大まかなことは掌握出来ます。このOKwaveの様に、無料で方向性を導きだしてくれる場もあります。
    つまり、専門性が高いと言われていた知識分野がネットにより普遍的になり、会計士や弁護士でさえ優れたソフトウエアやネットに置き換わることが可能なのでは?と、そして、彼らが生き残る術は、合法的な抜け道の指南アドバイザー位にしかないのだと想像します。つまり、付加価値が付け難くくなると思います。

 ■ 人間関係は、バイトやサークルで学んでほしいと思います。

 ■ 英語は必須のため、文系・理系関係ないと思います。
     

もし、息子が文系に進み、サラリーマンになるのが前提なら、人間関係の学部(社会学、心理学、比較人類学、人間科学、哲学など)を勧めたいです。理由は、どんな仕事においても基本はコミュニケーション能力(=会話)なので、相手の気持ちをより良く理解する術を学べる、と言う趣旨で。それでも、経済学や経営学は、専門用語を学ぶだけなら必要ないし(グーグルすれば済む)、経済や経営は生き物なので過去の事例だけを学んでも実際には利用・適用価値が乏しいと思うためです。


とは言え、自分が理系出身者のため、文系的思考(或いは左脳的思考?)に対して視野が狭いのは否めません。個人的な意見と捉えて下さい。

実際のところ、長い人生を見て、理系・文系どちらが良いかと判断するのは難しいと思います。ですが、ご質問者様の意見に共感します。


私自身、理系(機械工学)出身ですが、今では化学品メーカの法人営業職(技術営業)に就いており、理系出身で良かったと感じます。理由は、至極単純で、物事の仕組み・ツボを理解出来る下地(取り扱う商品が化学品からIT系に変わってたとしても苦痛に感じない)+計算が早い下地があるからです(どちらも然程特別なことではないですが)。

私にもそろそろ大学受験を控える息子が...続きを読む

Q麻酔科医と看護麻酔の違い

麻酔科医について質問です。 麻酔科医と、看護麻酔の違いは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

内科医とNPの違いと同じかと思います。

Q男性でつぶしがきく資格

 甥っ子が進路に迷っています
 どうせがんばって勉強するならばベストな選択をしたいと考えているようです

 基本的に大学進学を考えているんですが、たまに「小さい頃からずっと勉強ばっかりで疲れる」とこぼすこともあります
 
 そこで「大学卒業後に就職するのもいいけど、もしかしたら人生を考える時間がほしくなって、セミリタイヤしたくなるかもしれないから、セミリタイヤしても再就職がしやすい資格も取りたい」と言っています
 
 そこで親戚の女性が50歳で離婚をして家を出て自活することになったんですが、15年ほどのブランクがあったものの準看護士の資格を持っていたので、すぐに仕事が見つかり働きはじめました
 
 それを知った甥は「仕事は簡単な気持ちじゃできない、大変なものかもしれないけど、資格的には介護福祉士も兼ねてるし看護士とかいいかも」と言い出しました。しかし、看護の現場の雇用は他の職種に比べあるかもしれませんが、女性看護士だけの話ではないでしょうか?。男性看護士となると、求人も少なく、精神病棟をもつ病院でしか受け入れ先はないのでは?と不安な点もあるようです。

 そもそも、看護士が進路の第一希望ではなく、他の職種にいきたくなるかもしれないと話しています。基本、大学進学希望なので、看護学部で男性が入れる学校ってあるのでしょうか?

 

 甥っ子が進路に迷っています
 どうせがんばって勉強するならばベストな選択をしたいと考えているようです

 基本的に大学進学を考えているんですが、たまに「小さい頃からずっと勉強ばっかりで疲れる」とこぼすこともあります
 
 そこで「大学卒業後に就職するのもいいけど、もしかしたら人生を考える時間がほしくなって、セミリタイヤしたくなるかもしれないから、セミリタイヤしても再就職がしやすい資格も取りたい」と言っています
 
 そこで親戚の女性が50歳で離婚をして家を出て自活するこ...続きを読む

Aベストアンサー

>そもそも、看護士が進路の第一希望ではなく、他の職種にいきたくなるかもしれないと話しています。

看護師資格を持っていても、看護師とは全く関係ない別の仕事をしている方もいます。
看護学部ではない、別の学部に進学し、看護師資格ではない、何か別の資格を取得するのも、1つの方法ですね。

>基本、大学進学希望なので、看護学部で男性が入れる学校ってあるのでしょうか?

共学の大学の看護学部であれば、もちろん男性も入学可能です。
例えば、茨城キリスト教大学や東海大学などがあります。
ただし、1学年100人のうち、男子学生は1ケタくらいで、残りの90%は女子・・・という世界です。

看護学部の専門科目には、
「生化学」、「生化学実験」、「解剖生理学」、「解剖生理学実験」、「基礎栄養学」、「臨床栄養学」
・・・といった科目があります。
これらの科目は、看護学部を卒業する時に、全員が受験する「看護師国家試験」の出題範囲に含まれています。
これらの科目は、高校の化学I&IIや、生物I&IIの知識が必要となってきます。

基本的に、男子の場合は、1人でコツコツやれるようなタイプの人が向いています。
仲間とワイワイやりたいという人は、だんだん学校に行く気がしなくなり、中退・・・という結果になるでしょう。

>男性看護士となると、求人も少なく、精神病棟をもつ病院でしか受け入れ先はないのでは?と不安な点もあるようです。

看護師募集としているところでは、基本的に、男性であっても応募可能です。

また、介護の仕事をするのであれば、今のところは、「介護福祉士」よりも、「看護師」を取得する方が良いです。

・「介護福祉士」→福祉系の仕事が出来ますが、その中でも、「医療行為」は一切出来ません。

例えば、数年前まで、利用者(=介護が必要な高齢者のこと)さんの爪切りは、医療行為に当たるとされ、介護福祉士やホームヘルパーが行うことが一切出来ませんでした。
そのため、利用者さんがどうしても、頑固に「爪を切ってもらわないと困る!!」とおっしゃる時は、わざわざ看護師さんを呼んで、看護師さんに来てもらって、爪を切ってもらう・・・という感じでした。
そうすると、利用者には、介護福祉士やホームヘルパーの利用料と、看護師の利用料の、両方を払ってもらわなければなりませんでした。

・・・今では、爪切りを、介護福祉士やホームヘルパーがしても良いということになりました。
しかし、今でも、介護福祉士やホームヘルパーは、「あれもこれも医療行為に当たるので、一切してはいけない」といった制限が非常に多いです。

・「看護師」→病院など、医療系、保健系、福祉系と、幅広い仕事が出来ます。
福祉系の職場では、看護師があれば、介護福祉士やホームヘルパーの資格がなくても、介護福祉士やホームヘルパーと同等あるいはそれ以上の知識があるとみなされ、介護福祉士やホームヘルパーの仕事も出来ます。
もちろん、医療行為も出来ますので、出来ないことの制限がありません。

<参考例>養護老人ホームで介護職として働いた場合の給料は、
・介護福祉士→月給で15万円程度
・看護師→月給で20~25万円程度
・・・といった感じで、ほとんど同じ仕事をしているのに、こんなに違ってきます。

>そもそも、看護士が進路の第一希望ではなく、他の職種にいきたくなるかもしれないと話しています。

看護師資格を持っていても、看護師とは全く関係ない別の仕事をしている方もいます。
看護学部ではない、別の学部に進学し、看護師資格ではない、何か別の資格を取得するのも、1つの方法ですね。

>基本、大学進学希望なので、看護学部で男性が入れる学校ってあるのでしょうか?

共学の大学の看護学部であれば、もちろん男性も入学可能です。
例えば、茨城キリスト教大学や東海大学などがあります。
...続きを読む

Qペインクリニック

私の母なんですが肺癌の手術後7年近く経ちます。
今年に入ってから傷の辺りの痛みがあり、最近は起きているのも辛い様です。
整形外科に行っても骨には異常がないとの事で痛み止を処方されるだけです。しかし痛み止めや座薬も効果がありません。
内科的な検査も異常がなく、痛みを軽減できるのはペインクリニックしかないのかなと思っています。
しかし、ペインクリニックがどう言う所なのかよくわかりませんし不安もあります。
ペインクリニックについてご存知の方、通院された事のある方にアドバイスを頂きたいです。
あと、当方札幌です。札幌でいいペインクリニックがあれば教えてもらえると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手術を受けてからずっと痛いのあればともかく7年も経ってから痛むのであれば、まずその原因が気になりますね。内科的・整形外科的にとことん精査した上でペインクリニックを受診されることをお勧めします。
ペインクリニックは主に注射(神経ブロック)によって痛みを取り除く外来です。注射と言ってもいろいろな手技があります。痛みをとるための注射なのであまり痛くないように注射するようです。痛み止めや坐薬が無効なら相談されたらいいと思います。当方札幌の事情はよく分かりませんが以下のサイトをご参考までに。

参考URL:http://www.navi21.jp/dron/table/pain-cli.htm

Q麻酔科医の業務について教えて下さい。将来は麻酔科医を目指している者です

麻酔科医の業務について教えて下さい。将来は麻酔科医を目指している者です(学士編入受験生です)。麻酔科医の日常について教えていただけますか? wikipediaによると、麻酔科医は1.手術の麻酔、2.ICU、3.ペインクリニック、4.終末期医療などに対応する旨があります。一人の麻酔科医がすべて対応することはあるのでしょうか? 1と2を専門にする医師と、3と4のみを専門にする医師とに分かれている気がするのですか? 教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

地方病院の麻酔科医の業務ですが、基幹病院や大学病院のようにclosesICUがある場合には、麻酔科医が専属で対応する病院もあります。
しかし、ほとんどの地方病院ではopenICUなので麻酔科医が専属で対応するシステムがありません。
主な業務としては手術麻酔となり、ペインに精通した麻酔科医が手術麻酔の間で外来等でペインクリニックを行います。そのペインクリニックの中に終末期のペインコントロールも含まれます。
麻酔科医となり、後に地方の病院に派遣されることが多いので、基幹病院・大学病院で全ての業務を経験し出来るようになることが好ましいと思います。

Qメニエール病とペインクリニックについて

8年前からメニエール病とつきあっています。
現在は、水薬とセファドール、デパスを飲んで症状を和らげています。
吐いたり、グルグル回るといった症状は、薬を飲み始めた7年前からありませんが
「耳がつまる」「体がふわふわする」「耳鳴りがする」「床が沈む感じがする」という症状が、よく出現します。
体調良くない時にイスに座っていると、後ろに引っ張られる感じがします。
最近、「ペインクリニック」での星状神経節ブロック注射がメニエールに効果的だという話を聞きました。
ただ、麻酔ということで恐怖心があります。
治療費も心配です。
もし、メニエール病で星状神経節ブロック注射治療をなさっている方がいらっしゃいましたら、是非どのような効果があるか教えていただけないでしょうか。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「星状神経節ブロック療法」

>治療費も心配です。
保険点数の計算は自信がありませんが、
・850点+薬剤費
2割負担で\1,700+αでしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.musashino-hospital.or.jp/topix/topix01_04.html

Q「麻酔科医」だけは名前が出ているのはなぜ?

「麻酔科医」についてお尋ねします。このサイトで、「麻酔科」だけは医師国家試験に合格しただけでなく麻酔専門の研修あるいは同等のものが別途2年必要、と教わりました。で、たまに、ですが、「麻酔科」という科目を標榜している医院の看板をみると、必ず「麻酔科医 ○○」と氏名が書いてあるのです。これはなぜでしょうか。あと、麻酔科医って単独で開業するが大変めずらしい、あるいはむずかしそうなイメージがあるのですが、実際はどうでしょう。単独で開業するとすれば、ひざが痛い、腰が痛いといった症状を緩和するのが主目的でしょうか。だとしたら、整形外科と守備範囲が重なりませんか。

Aベストアンサー

参考まで。
麻酔科の標榜が出来る医師は、大きな病院の麻酔科(指導医がいるところ)で2年間以上、全身麻酔をかけた実績で標榜という(麻酔科として名前を出して良い許可)がもらえます。病院、医院の看板にはいろいろ規制があります。
 麻酔科と言う看板をあげたければ、そこに標榜医という免許をもった人がいないと麻酔科の看板は出せません。そこで本当にいる麻酔科の医師の名前を書かなければならないのです。他の科は、例えば内科と看板にかいてあっても、小児を診てはいけないことも無いし、産婦人科でも子供を診てはいけないという法律はありません。
しかし患者さんの方が、お子さんが熱を出せば産婦人科や
整形でなく小児科にかかるでしょうし、それはその科の専門の先生がよく診れると思っているからです。
 他の科も最近は専門医制度が普及しています。
例えばその分野の研修を一定期間したり、認定試験みたいなものに合格すると、内科医でも消化器専門医だとか、産婦人科にもあり、今はどの科でもそういう制度を設け、
患者さんに正しい医師を選ぶ指標にされていると思います。米国では看護師にもこの専門制度があり、小児科の看護婦は小児だけしか看ない、循環器のナースは循環器の患者さんを専門に看る制度がすでにあります。
参考になりましたか・・・・。
 また麻酔科の開業医は痛みの緩和だけでなく、
花粉症、ヘルペスなど神経系に関係のある疾病に、
神経(麻酔薬を注入して)ブロックなどをしています。
他の科で薬を飲んでも治らないような神経、アレルギー関係、あるいはガンの末期で痛みだけはどうにかして欲しい患者さんの痛みなどを専門に治すところで、神経ブロックなどは麻酔科でも高度な技術を必要とします。

参考まで。
麻酔科の標榜が出来る医師は、大きな病院の麻酔科(指導医がいるところ)で2年間以上、全身麻酔をかけた実績で標榜という(麻酔科として名前を出して良い許可)がもらえます。病院、医院の看板にはいろいろ規制があります。
 麻酔科と言う看板をあげたければ、そこに標榜医という免許をもった人がいないと麻酔科の看板は出せません。そこで本当にいる麻酔科の医師の名前を書かなければならないのです。他の科は、例えば内科と看板にかいてあっても、小児を診てはいけないことも無いし、産婦人科で...続きを読む

Qペインクリニックと平衡に治療したいのですが

原因不明の手の痺れ、痛みに襲われ、
日本でかなり上の名医と呼ばれる先生にかかり
ステロイド注射を3週間ごとにして
4回やって痺れは殆ど回復して良かったのですが、
痛みの方がいまいちなので、ペインクリニックでも治療をしたいのですが
ペイント一緒にやりたいと言って、名医から追い出されるのが怖くてかなり悩んでます。
痺れがとれたので、改善していることは確かなのですが
痛みがそのステロイドでとれないので、いたずらに時間とお金ばかりが浪費しているんです。
仕事の都合上、もう4月以降通えないこともありどうすればいいのか
相談です。
ステロイド+ペインでのブロック注射など、悪影響は出るでしょうか?

Aベストアンサー

 悪影響については存じませんので担当医に伺ってください。

 別の医師に掛かることでその医師から嫌われると言う事は、今現在のまっとうな日本の病院ではあり得ません。今の医師はセカンドオピニオンについて充分な理解をもっていますので、きちんと相談しましょう。むしろ、医師に黙って他の病院をハシゴする方がよっぽど嫌われます。

 あなたが感じている不安や疑問について、その担当医にはっきりと告げた上で「ためしに他の医師にも診て貰いたい」と言いましょう。希望すれば他の医師への紹介文と共にこれまでの検査結果や治療等に関する資料を渡してもらえますので、それを持って紹介された医師(または希望する医師)のところへ行ってください。
 黙って他の医師の診療を受けると、それこそ思わぬ害が生じかねません。絶対に黙って病院をハシゴするような真似はしてはいけません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報