森林の階層構造って一体なんですか?あと、自然林と人工林の階層構造の違いも教えて下さい。

A 回答 (2件)

階層構造というのは、sesameさんが書いてらっしゃる様に高木層、亜高木層、低木層、草本層、地表層等と言う森林での植物の棲み分けを言うものですね。


熱帯地方では、かなり複雑な階層構造が見られますが、タイガなどでは、割と単純な階層構造が見られます。
環境によってその構造は種種に別れると思います。
身近なところで温帯の極相林を考えてみますと海岸に近いところと遠いところ、谷部と尾根部などではその構造は違ってきますね。
人工林と自然林の階層構造の違いと言いましても前にあげた状況から、環境でかなり違ってくると言えます。
人工林でありましても、手入れの言い届いたものとそうでないものの林層ははっきり違います。
例えば、間伐がなされてなければ、単純に一層となる場合もありますし、間伐や枝打ちが適切に行われているところでは、複層となります。
長くなるので詳しくは書きませんが、レポートで有れば、その辺りからのアプローチも良いかと思いますが。
    • good
    • 1

自然林(混生林)は一般に、上から順に、高木の樹冠がなす高木層、亜高木層、低木層、草本層、地表層に層化しています。


人工林はふつう単生林なので、高木層の下はいきなり何にもない空間で、草本層も貧弱なことが多いですね。
ちょっと山へ行って杉林の中に入ってみればわかると思いますけど。

以下の本を探して読んでみてください。
大政正隆監修,帝国森林会編「森林学」1978,共立出版
只木良也「森の文化史」1981,講談社現代新書
M.ドヴェーズ/猪俣礼二訳「森林の歴史」白水社文庫クセジュ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/03 08:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治神宮のように生態系まで出来上がる複雑化した人工林ってありますか?

先日このような番組を見ました。
NHKスペシャル 「明治神宮 不思議の森 ~100年の大実験~」
http://www.nhk.or.jp/nature/feature/meijijingu/
私が知る人工林と違い、多種多様な樹木を植えてあとは放置、これできちんと世代交代ができる森ができ、希少な動植物が保存された生態系まで出来上がるというのがただただ驚きでした。
コンクリートジャングルの中だというのに…。

これを見て思ったのですが、これほどまでに複雑化した人工林って他にあるでしょうか?
大学とかなら様々な実験のため人工林を作っていると思いますが、あれほどの規模、複雑化したものはあるでしょうか?
特に、都会の中でもあれだけのものに成長した事例はあるでしょうか?


なお、チェルノブイリのように廃墟になって人の手が入らなくなったため樹木が伸び放題になったというケースは除きます。
あくまでも林、森をつくろうとして出来上がったもの限定でお願いします。

Aベストアンサー

皇居、白金の自然教育園、小石川植物園、新宿御苑、都内にも結構ありますね

Q生物:葉緑体(クロロフィル)の構造的な階層をおしえてください。

眼のロドプシンなら、、、、
動物個体の感覚器の眼の網膜の視細胞の外節の単位円板のロドプシン

のような感じで、葉緑体のクロロフィルはどうなるかおしえてもらえませんか。
植物個体の、、、まではわかるのですがそれ以降がわかりません。お願いします。
また、動物のヘモグロビンについても同様にお願いします。

Aベストアンサー

ロドプシンのようにここにしかないというものでありませんから,質問の意味も意図もわかりませんが,

高等植物のクロロフィルは表皮組織の孔辺細胞を除けば「植物体の栄養器官の永久組織の基本組織の柔組織の同化組織(葉の場合にはさらに柵状組織と海綿状組織が入ります)の細胞の葉緑体のチラコイドの中にある光合成色素。」

脊椎動物のヘモグロビンは「動物体の結合組織の液性組織(血球)の赤血球中の呼吸色素。」

こんなもんでよろしいのでしょうか。意味不明ですが…
ちなみにここに登場した色素は「元は同じものが分子進化したもの」という説がありますが面白いですね。

Qブナ林の林床

ブナ林の林床にスズタケが群生しているところが多いのは、なぜですか?

Aベストアンサー

林床植物はご存じでしょうか。林床は,光はあまり当たりませんし,湿度も高く,夏は木陰ですから気温が低い等,植物に取りまして特別な環境です。そこに生育する植物を林床植物といいます。

スズタケは,太平洋側ブナ林の典型的な林床植物です。スズタケは,ブナの林床が一番育ちやすいのですが,上記に上げました様々な環境要因の中で光が最も重要な要因だということが知られています。

スズタケは,耐雪性が低いものですから,日本海側の多雪地帯のブナ林は耐雪性の高い,チシマザサやチマキザサです。太平洋側のブナ林をブナ-スズタケ群落,日本海側のブナ林をブナ-チシマザサ群落等と区別しています。

参考になりましたなら…

Q構造蛋白と非構造蛋白の違いについて

構造蛋白と非構造蛋白の違いがよくわかりません。
どなたか、ご解説お願いします。(参考になるURLも頂ければ大変助かります)
また、構造遺伝子という言葉もでてきたんですが、これは蛋白をコードする遺伝子領域という認識であっているのでしょうか?それともエキソン部を指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

例です。

(1)
風疹ウイルス(rubella virus)のゲノムは9,757塩基から成る連続した一本のプラス鎖RNA で、 5'端の約2/3は非構造タンパクをコードし、 残りの約1/3はカプシドタンパクC、 膜タンパクE1およびE2の3種類の構造タンパクをコードする。

(2)
動物体から剥離された生皮には、革の原料となるコラーゲンのほか エラスチン、ケラチンのような構造タンパク質、アルブミン、グロブリンなどの非構造タンパク質を含んでいる。

(3)
構造タンパク質は細胞や個体の構造に関与するたんぱく質です。ケラチン、コラーゲン、ヒストンなどです。

Q自然撹乱? 人工的撹乱?

自然撹乱と人工的撹乱の違いとは何なのでしょうか?
ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

たとえばブナの原生林であったら、春に葉が展開する前は林の中は明るく、日が差し込み暖かく、それを利用して林床にカタクリやニリンソウなどが花を咲かせ、やがてブナが葉を広げると林床は暗くなり、それらの草は地上部を枯らしてしまいます。秋になると多量の落ち葉が林床を被い、土壌動物や菌類が活発に分解します。そして冬になると雪に被われます。このように毎年同じことが行われれば予測ができます。
ところが、予想の付かないことも起こりえます。台風がやってきて多くの木が倒れてしまうとか、木と木がこすれて発火し山火事が起きてしまう。このような自然現象(人間がいなくても起きるようなアクシデント)によって、予測の付かないことが起きるのが自然撹乱でしょう。
人間が踏み荒らすとか、木を切り倒すというのが人工的撹乱でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報