中華人民共和国の道路地図を探しています。
秘密主義の国ですから、日本国内で販売されているとは思えないのですが・・・
ご存じの方はぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは



東京・渋谷にある「海外取材PRセンター」(参考URL)へお問い合わせされてみては如何でしょうか?ここで扱っていないにせよ、何処へ行けば入手できるかの情報ぐらいは教えてくれると思います。
使用目的にもよると思いますが、状況によっては、中国大使館(他の国でしたら、政府観光局があるのですが・・・)や国際協力事業団などに問い合わせ、事情をお話しになれば、思いの外、容易に入手できるかもしれません。
精度は低いでしょうが・・・。
幸運をお祈り致します。

参考URL:http://www.cnta.or.jp/info/tourist_map/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国産と 中華人民共和国の違い

中国産の食品と 中華人民共和国の食品が ありますが 違いがわかりません 教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

>中国産の食品と中華人民共和国の食品がありますが違いがわかりません。

中国産の食品と中華人民共和国の食品は同じ国の食品です。
中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく)=中国(ちゅうごく)
原産地=中国産  産地=中華人民共和国 など記載は色々です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD


中国に対して、中華民国(ちゅうかみんこく)という政府が台湾と呼ばれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9B%BD
こちらは原産地=台湾 などと記載されています。

Qこんな道路地図ソフトありますか? 書き込みできる地図

書き込み、といっても文字ではなく、任意の道に色を付けたりできるものです。

自分が通った道に色を付けてそれを保存しておきたいのです。
都内で1/45000以上の詳細地図が欲しいのですが心当たりありますか?

Aベストアンサー

ジャストシステム 速攻!全国ゼンリン地図帳2

http://www.justsystem.co.jp/zenrin/

これなんかどうですか?

Q中華人民共和国を中国ではなく中華というべきでは?

日本では「中華人民共和国」を略して「中国」といいますが、これは「日本国」を略して「日国」というのと同じで少し不自然であり、「中華」の方が自然な気がします。
「中華」の方が美しいので中国人も喜ぶのでは?

Aベストアンサー

中国は国の名前ではありません。
中国とは中国人の持つ中華思想の「世界の中心を成す国」と言う意味です。
中華人民・・・を略したものではありません。

日本でも聖徳太子の時代に「中国」を名乗っていました。

なお諸外国では「シーナ」とか「シーノ」とも呼称しています。
日本も昔は「支那」と呼んでいました。

プライドの高い中国人は間違っても「中華」等とはいわないと思います。

Q地図に関する質問、地図の大元は国土地理院のもの?

地図に関する質問です。
日本の地図の大元は、国土地理院の1/25000地形図であると思うのですが、この認識は正しいでしょうか?

また地図帳は多種多様(地理の日本地図、道路地図、住宅地図、山林地図、観光地図など・・・)に発行されていますが、そのもとになる地図は何ですか?
もとが同じで、それに調査結果などの情報を付加して作成しているのでしょうか?

現在ではGPSや人工衛星からの観測などで、正確な地図が出来るときいていますが、たとえば道路ごとの道幅のデータなども存在するのでしょうか?

私はユピテルのカーナビを使用していますが、4輪車に設定しても、田んぼのあぜ道を通れと指示されることがあるので、質問してみました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地図の大元は、国土地理院が測量している縮尺精度1/1000~1/25000程度の測量成果がもととなります。1/25000地形図は一般用に販売している地図としては全国を網羅している精度の高い地図ですが、民間の地図のベースは前述の測量成果(電子データ)になります。
また、各自治体では独自に1/1000~1/10000程度の測量を行っていますので、そのデータを販売したり、提供したりしています。
http://www.gsi.go.jp/kiban/towa.html

カーナビの道路データなどは、下記の協会がデータ整備を行ってカーナビソフト会社に提供を行っています。
http://www.drm.jp/

Q中華人民共和国の中国と日本の中国地方の由来について

日本の中国地方に住んでいますが、時折中華人民共和国の中国と混同することがあります。どちらも通常同じ中国ですがその名の由来になにか共通点でもあるのでしょうか?そもそも日本の中国地方はなぜ中国とよばれるのでしょうか?なにかまたおもしろいエピソードなどご存じの方お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

漢民族がその国家を「中国」と略称するようになったのは「中華民国」の建国(1912)以降です。
それ以前に漢民族の版図を「中國」とした用例もあるという記述が「Wikipedia 中国」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD
にはあるのですが、出展の記載がありませんし私は見たことがありません(日本の文書に現れたこの意味の「中国」は1930年以降であるとのことです)。
日本の「中国地方」は927年の【延喜式】に遡るのですが(畿内、近国、中国、遠国)、その中国は
「越中、加賀、能登、越前、甲斐、信濃、飛騨、遠江、駿河、伊豆、因幡、伯耆、出雲、備中、備後、阿波、讃岐」で
現在の中国地方の鳥取全県と岡山、広島、島根各県の一部が入っています。
ここに洩れた岡山(備前、美作)は「近国」、広島(安芸)、島根(石見、隠岐)、山口全県は「遠国」に区分されています。
現在の中国地方五県(鳥取、島根、山口、広島、岡山)を「中国」と呼ぶのが一般化したのは室町大名の大内氏の影響が大きいと思われます。
1582年の本能寺の変に続く秀吉の「中国大返し」の頃には完全に定着した名称であったことが判ります。

漢民族がその国家を「中国」と略称するようになったのは「中華民国」の建国(1912)以降です。
それ以前に漢民族の版図を「中國」とした用例もあるという記述が「Wikipedia 中国」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD
にはあるのですが、出展の記載がありませんし私は見たことがありません(日本の文書に現れたこの意味の「中国」は1930年以降であるとのことです)。
日本の「中国地方」は927年の【延喜式】に遡るのですが(畿内、近国、中国、遠国)、その中国は
「越中、加賀、能...続きを読む

Q他の地図を参考にし、自分で書いた地図をネットなどで公開などすると違法ですか?

自分のホームページなどで、地図を載せ、公開・配布などをする際、
「地図の絵自体」は、自分で書きますが、
その地図を書くにあたって、他の地図(書店で売っているようなもの等)を、
『参考にし』(この道路はどのあたりにあるのか 等)、自分で地図を書くと、著作権侵害になるのでしょうか?

道路・線路・駅等の位置は、「その場所にあるという事実」だと思うので、著作権侵害にならないと思っていましたが、この辺はどうなのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

建物や道路がどの位置にありどのような形をしているか知るには測量を行なわなければなりません。
従って著作権が有りますので、そのまま使いますと著作権侵害となります。

ご質問に有りますように、明らかに既存地図のコピーだと分かると問題となることが有ります。
ですので多少デフォルメ・省略して作成すると良いのではないでしょうか?

あるいはgoogle地図など無料でHPなどで公開を許可している地図が有りますので、それを使う方法も有ります。
http://maps.google.co.jp/support/bin/answer.py?answer=68480
http://ascii.jp/elem/000/000/060/60472/

Q中華人民共和国に返還される前の香港とマカオには中国籍の人は自由に行き来出来たのでしょうか?

中華人民共和国に返還される前の香港とマカオには中国籍の人は自由に行き来出来たのでしょうか?

特に政治体制を嫌って中国から脱出した人なども, 好きに中国に再入国/再出国出来たのかどうか知りたいんですが--。

後台湾人はどうだったんでしょう?

Aベストアンサー

マカオは詳しく知らないのですが、香港に関しては第二次大戦が起こるまでは、自由に行き気ができました。しかし、日本に占領されると中国人労働者はかなり追放されました。戦後は、また自由往来が可能となり、内戦や共産党政権を逃れて難民が押し寄せました。
その後、イギリスが境界線を閉じましたが、密入境(国じゃないので入国とは言いません)して警察に捕まらなければ、香港の永住資格が与えられるという政策が続きました。ただし、海上ルートが多く、中には泳いだものの溺れたり、鮫に食われたり、散々だったようです。そういう事情もあり、この政策もなくなりました。(今は、1日数百人、年間なら約五万人強の移民枠があります。対象者は限られますが、投資移民や技能・技術移民の制度を利用することも可能です。)

香港から中国に行くのは、1970年末までは容易ではなかったはずです。いわゆる回郷証を香港にある中国旅行社を通して申請することで、香港人は中国との往来が可能です。
しかし、これが一般化するのは、中国で鄧小平が実権を握り、改革開放の時代になった後です。かつて共産党を嫌って逃げただけなら、別に問題ありません。むしろ、投資やビジネス、観光だけなら歓迎と言った所です。
しかし、中国の民主化運動や人権活動に従事していると、イミグレをくぐる時に中国側により回郷証を没収されたり、中国本土に入ってから拘束されることもあります。

一方、中国人で香港永住権がない場合は、今でも往来にはその都度申請が必要です。ただし、香港への観光はかなり自由化され、ほとんどの大都市の居住者なら個人旅行も可能です(もちろん、イミグレをくぐる必要はあります。)また、香港で乗り継いで、第三国へ出国する、あるいは中国に帰国する場合も、香港永住権のない中国人が事前の申請なしに香港入りすることが可能です。

No.3の方の回答ですが、間違いがあります。
今も中国人の台湾観光は制限が多いままです。香港への旅行と違い、あくまで団体観光だけ、事前の審査が必要です。
この審査が遅れて、中台間の協議で決まった1日3千人の枠が埋まらず、その数分の一しか中国人観光客が来ないという状況が続いています。当然、航空便も空きが目立ったり、開放が決まったものの利用が極めて少ない地方空港もあります。そのため、8月から台湾側の直行便は桃園(台北郊外)、松山(台北市内)、高雄の3空港に減りました。

>台湾軍・警察に対して「日本艦船・日本人への発砲許可」を今年4月に与えています。
これも、聞いたことがありません。
そもそも、台湾の了解を警備するのは、海岸巡防署という準軍隊に位置づけられる組織です。日本では海上保安庁に相当しますが、日本では海保を文民組織としています。
6月以降の騒ぎで、台湾の海岸巡防署の船舶が尖閣諸島に迫り、日本の海保と退治したものの発砲許可などは事前に与えられていません。台湾の立法委員(国会議員)、特に国民党の過激派がそういう言動をしたり、煽っているだけです。
事件後、行政院長(台湾の首相)が「日本と戦闘するしかない。」という発言をしました。この後に、「最後の手段である」と続いています。また、発言自体も、過激な議員がこの言葉を引き出すため、極端な仮定を示し、そう発言するよう迫ったものです。むしろ、親日派の許駐日代表がこうした過激な議員の中傷に反発して辞任しましたが、馬英九政権は相当困ったようです。
確かに行政院長も馬英九総統も、最初から過激派議員を抑え込めないという点では問題があります。しかし、後手後手に回った後、馬英九自身が平和的解決を進めると記者会見をやって、なんとか鎮めたようです。

マカオは詳しく知らないのですが、香港に関しては第二次大戦が起こるまでは、自由に行き気ができました。しかし、日本に占領されると中国人労働者はかなり追放されました。戦後は、また自由往来が可能となり、内戦や共産党政権を逃れて難民が押し寄せました。
その後、イギリスが境界線を閉じましたが、密入境(国じゃないので入国とは言いません)して警察に捕まらなければ、香港の永住資格が与えられるという政策が続きました。ただし、海上ルートが多く、中には泳いだものの溺れたり、鮫に食われたり、散々だ...続きを読む

Qみなさんは、このような地図を見たことは、有りますか?ちなみに今から、21年前の地図です。

みなさんは、このような地図を見たことは、有りますか?ちなみに今から、21年前の地図です。

Aベストアンサー

21年前の地図と言われてもわかりませんが、
まともな質問をした方がいいですよ?

Q中国=中華人民共和国の民族の実態?

中国=中華人民共和国の国民の数は約13億。
民族=人種の数は56。
全民族の内で漢民族の比率は約92%。
漢民族以外の民族の数は55。
これ、本当ですか?

Aベストアンサー

”中国=中華人民共和国の国民の数は約13億。”
     ↑
実際はもっと多いだろうと言われています。
というのも、中国は長い間一人っ子政策を
採っていまして、それじゃ不満だ、という
人が、二人三人と子供を作るからです。
発覚すると罰金を取られますので、
戸籍に入れません。
このような戸籍外の子供が億単位で存在すると
言われています。
この子供達には戸籍がありませんので、学校に
もいけず読み書きも満足にできません。
そういう子供が日本の人口ぐらい存在すると
言うのです。
こういう子供達を「黒孩子」といいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%AD%A9%E5%AD%90


”民族=人種の数は56。”
   ↑
一応そう言われていますが、本当はもっと多く
それを無理矢理、数字だけ56にしてしまっただけ、と
言われています。
中国政府は、漢民族と混血させ、将来は少数民族を
消滅させるつもりだということです。


”全民族の内で漢民族の比率は約92%。”
”漢民族以外の民族の数は55。”
    ↑
とにかく、中国の出す数字は、何が本当でウソなのかが
判りません。
首相の「李克強」氏も、経済指標での話ですが、
何が本当の数字なのか、私にも判らない、と自白しています。
地方の幹部が出世欲しさに、デタラメな数字を出してくる
からです。
ある中国の経済学者は、中国は本当にGDPで日本を追い抜いたのか
疑問だ、と主張しています。

”中国=中華人民共和国の国民の数は約13億。”
     ↑
実際はもっと多いだろうと言われています。
というのも、中国は長い間一人っ子政策を
採っていまして、それじゃ不満だ、という
人が、二人三人と子供を作るからです。
発覚すると罰金を取られますので、
戸籍に入れません。
このような戸籍外の子供が億単位で存在すると
言われています。
この子供達には戸籍がありませんので、学校に
もいけず読み書きも満足にできません。
そういう子供が日本の人口ぐらい存在すると
言うのです。
こういう子供達を「黒...続きを読む

Q「美しい地図」とは世界で唯一日本にしか存在しないのは何故?

特に何かを調べる目的は無いのに、なんとなく地図を眺めるの事を
こよなく愛する地図好きの北海道民の者です。

日本では昭文社をはじめとして数多くの出版社から、情報量や
デザインの美しさ等の面でハイレベルな様々な道路地図が
発行されていますが、海外にもこのような道路地図があるのかと思い、
地図探しの旅としてはるばる東京へ行ってみました。
ネット情報を元に地図専門店・洋書専門店・超大型書店等
いろいろ廻ってみたなかで出した結論は……

「無い。」
「海外においては、日本のように美しい地図は存在しない。」
という事です。

海外の道路地図は、書店に置いてある「商品」でありながら、
田舎の町役場観光課とかなんかが町おこしのためにチョロっと
書いてみたみたいな程度のレベルで、色使いが単調だし
都市部なのに建築物名がやたらと少なかったり、
縮尺のバリエーションが薄いし、もう話にもならない代物でした。

「日本は世界で最も美しい地図が作れる国」である事が誇らしく
ありつつも「美しい地図は世界で唯一日本にしかない」事が
残念にも思えます。
誤解を招きそうなタイトルですが、私は日本の地図ばかりを
一方的に賛美するつもりは全くありません。
地図に対して美しさを求めるという美的センスが日本にしか
存在しない事に違和感を感じているんです。
事前にネット掲示板で、どこの国のどの出版社が良いという
お勧め地図の情報は聞いておりましたが、やはりそれは私の期待からは
遥か遠いものでした。

「日本だけがこんなに漫画が発達したのは何故か」みたいな論文は
よく見かけますが、道路地図についての話は聞いたことがありません。
日本でのみこのように地図の作成技術が高度に発達するに至った
歴史的・文化的背景はなんでしょうか?

特に何かを調べる目的は無いのに、なんとなく地図を眺めるの事を
こよなく愛する地図好きの北海道民の者です。

日本では昭文社をはじめとして数多くの出版社から、情報量や
デザインの美しさ等の面でハイレベルな様々な道路地図が
発行されていますが、海外にもこのような道路地図があるのかと思い、
地図探しの旅としてはるばる東京へ行ってみました。
ネット情報を元に地図専門店・洋書専門店・超大型書店等
いろいろ廻ってみたなかで出した結論は……

「無い。」
「海外においては、日本のように美...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと厳しい言い方かも知れませんが,世界中の地図を網羅的に調べたわけでもないのに,
「海外においては、日本のように美しい地図は存在しない」
「美しい地図は世界で唯一日本にしかない」
と決めつけるのは,あまりにも早計に過ぎると思います。
「外国にもあるのだが,まわってみた店には置いてなかった」とはお考えにならなかったのでしょうか。
まあ,美しいかどうかというのは主観的なものですので,「置いてあったけれど自分には美しく感じられなかった」と言われればそれまでですが…

「ネット情報を元に地図専門店・洋書専門店・超大型書店等いろいろ廻ってみた」とのことですが,どのへんのお店にいらっしゃいましたか?

「地図専門店」というのが,神田の内外地図や日本地図共販を指しているのであれば,これらの店は日本の地形図の問屋(「元売り捌き店」という)ですので,日本の民間の地図や外国の地図はおまけ程度にしか扱っていません。
同じ元売り捌き店でも,日本橋の武揚堂は,普通の地図屋さんをも志向しているので,民間の地図や外国の地形図などももうちょっと置いてあります。

洋書専門店では,通常,図書(と雑誌)だけを扱っていることが多く,海外の地図はほとんど置いてありません。

また,洋書を扱う大型書店(丸善や紀伊国屋など)でも,外国の地図の扱いは店によって,品揃えの熱心さにずいぶん差があります。
一番揃っているのは,神田の三省堂本店でしょう。
ここには,地図コーナーの中に「マップハウス」という外国の地図の専門店が店を出しています。
他の回答者も触れられているスイスの地形図などは,ほとんど全品が常に置いてありますし,「美しい地図」がたくさんあります。
ここから数分歩くと,神保町駅から裏道を入ったところに,マップハウスの本社があり,そちらにもたくさん在庫が置いてあります。

次に比較的揃っているのは,新宿の紀伊国屋の本館(古い方)でしょうか。

みなさんもお書きですが,私からも「情報量やデザインの美しさ等の面でハイレベル」な外国の地図をいくつか紹介しておきます。

まず,国が作っている地形図。
私もやはりスイスを推します。もうこれは芸術的と言っていいほどのレベルです。
特に,観光地を中心にして作成されている,大型の集成図などは,そのまま額縁に入れて壁に掛けてもおかしくないとさえ感じられます。(実際,日本橋の丸善の階段でそうやって飾ってあるのを見たことがあります)

イギリスの5万分の1地形図も,線がすっきりとしていて見やすく,それでいて現地を歩くのに必要な情報がたくさん盛り込んであります。
スイスでも,普通の地形図の他に,ハイキング用やスキー用など,日本で言うと昭文社などが出しているような地図を国が作っています。さすがは観光立国だと感心させられます。
こういった「実用性が高く,かつ芸術の香りも高い」地形図が,何十年も前から作られていたことは,ちょっと驚きでもあります。

道路地図では,スイスのHallwag社の80万分の1の地図帳(真っ赤な表紙のやつ)が気にいっています。
ヨーロッパ全土を網羅し(最近では東欧にまで広がりました),巻末には主要都市の拡大図も載っています。
ただ,以前はぼかしで地形を表現していたのですが,最近は表現されなくなり,森林が薄緑色で塗られているだけになりました。
美しさという点では前の方が好きでした。(といっても私が持っているのは数年前のが最新なので,その後また変わったかも知れませんが)

アメリカの道路地図は全般に非常にシンプルですが,Hildeblandという地図出版社のものは,たぶん質問者さんがお考えの「美しい日本の道路地図」に近いものがあるかと思います。(もともとはドイツの出版社です)

他にもまだまだたくさんあると思います。次回東京に行かれた際には,ぜひ探してみてください。

というわけで,「日本でのみこのように地図の作成技術が高度に発達するに至った」とお書きですが,これは事実と異なります。
既出の回答でも紹介されている堀淳一さんなどは,日本の印刷技術は世界でもトップクラスなのに,どうして地図表現は貧弱なのか,と長年にわたって批判してこられました。
見て楽しく,また美しい地図はごくごくわずかしかなく,外国に比べると非常に見劣りする状況でした。
素敵な地図や地図帳が次々と作られるようになったのは,ようやくここ十数年ぐらいかと思います。

堀さんの本は,既に出てきている本の他にも,もっと初期に書かれた『地図を歩く』(河出書房新社1974年,河出文庫1984年)や『地図はさそう』(そしえて1976年,河出文庫1987年)にも外国の地図が数多く紹介されていますので,ぜひご一読をお薦めします。絶版ですが図書館にはよく置いてあります。

また,新しいところでは,堀さんの後継者(と私が勝手に考えている)今尾恵介さんの『地図ざんまい・しますか』(けやき出版1995)や,それを文庫化した『地図を探偵する』(新潮文庫2004)がお薦めです。
同じ著者による『地図の遊び方』(けやき出版1994,新潮OH!文庫2000)だったかと思いますが,スイスの地形図がどうやって作られているかという話も載っています。

長くなってすみません。
私も質問者さんと同様「特に何かを調べる目的は無いのに、なんとなく地図を眺める事をこよなく愛する地図好き」の一人ですので,ついつい力を入れて書いてしまいました。

ちょっと厳しい言い方かも知れませんが,世界中の地図を網羅的に調べたわけでもないのに,
「海外においては、日本のように美しい地図は存在しない」
「美しい地図は世界で唯一日本にしかない」
と決めつけるのは,あまりにも早計に過ぎると思います。
「外国にもあるのだが,まわってみた店には置いてなかった」とはお考えにならなかったのでしょうか。
まあ,美しいかどうかというのは主観的なものですので,「置いてあったけれど自分には美しく感じられなかった」と言われればそれまでですが…

「ネット...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報