先日、スピード違反で赤切符を切られました。
その件で30日間免許停止となります。

警察より行政処分の通知書が届き、出頭するわけですが、この呼び出しの法的位置づけが知りたく質問しました。
 というのも出頭に応じる為、会社を休むのですが会社側が休みを与えたく無いようなのです。選挙や裁判所からの呼び出しについては、会社側は拒否できないと聞いたことが有るのですが、警察からの呼び出しはどうなのでしょうか?。
 ちなみに違反は会社より帰宅途中に犯したものです。また私の部署は私一人で、休みの際は他の部署から応援がきます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 行政庁(公安委員会)は、不利益処分(免許停止・取り消しなど)をする場合には、その名あて人に対し、同時に、当該不利益処分の理由を示さなければならない(行政手続法14条)。

道路交通法では、この手続きを意見の聴取とか聴聞とよんでいます。これは本人の利益のために行われますので、出席は代理人でも構いませんし、不出頭の場合は、不利益処分が確定されます(道路交通法104条以下)。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM#s370
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shoyosiさん回答有り難うございます。
関係する条文のURLも参照いただき助かりました。

お礼日時:2001/08/04 08:13

スピード違反の呼び出しは、警察からではなく検察からではないでしょうか?


その後取り調べを受けて、略式裁判に応じるのなら、略式で刑事処分が決まるのだと思います。(不服ならば、本裁判になるのでしょうけど。)
当然、交通違反という犯罪を犯した容疑者なわけですので、度々の呼び出しに応じないと、逮捕されるようです。
会社の都合だとか、部署が一人で云々などという私的なことを言っている場合じゃないような気がします。逮捕されてからでは遅いのでは。
でももちろん任意なんでしょうけどね。

この回答への補足

 sadllerさん回答有り難うございます。
今回、裁判所からのものではなく、警察(運転免許管理課)の行政処分に関する呼び出しです。犯罪の認否は取り締まり現場でのサインのみでその後初めての呼び出しです。
 別に罪状を否認するつもりは有りませんし、呼ばれれば出頭するつもりです。が、私の上司に当たる人が休みの申請にいろいろと難癖をつけてくるので、何か根拠が有ればと思い質問しました。
 

補足日時:2001/08/03 13:58
    • good
    • 0

>選挙や裁判所からの呼び出しについては、会社側は拒否できない


公民権の行使と公の職務の執行では会社は拒否できませんね。

交通違反を犯した場合を犯罪と捉えると
公民権の行使や公の職務の執行には該当しないと思います。

有給を取得するか欠勤扱いとして会社を休み
出頭するしかないようです。
なお、出頭しなければ逮捕されると思ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nishimoriさん回答有り難うございます。
確かに犯罪ですから公民権の行使や公の職務の執行には該当しないのかも知れませんね。

お礼日時:2001/08/03 14:13

会社の応対はさておき出頭におうじなければ前科がつくことを


お忘れなく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ryo_0126さん回答有り難うございます。
もちろん出頭に応じます。

お礼日時:2001/08/03 14:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政処分とは法的にはどのような位置づけでしょうか

 交通事故で検察庁で道路交通法違反に対する罰金を払うことになりました。
 (略式裁判、略式起訴?)
 しかし、警察からは別途行政処分としての免許証に対する処分(免停、免取処分)が別途ある
と聞きました。

 免許証に対する処分は何に基づくものでしょうか。
 罰金刑は、道路交通法に基づくものと思うのですが、行政処分と道路交通法との法体系の関係
がよく理解できません。

 そもそも、免許証の交付とはどのような法律に基づいているのでしょうか。
 道路交通法に基づくものではないのでしょうか。

Aベストアンサー

>免許証に対する処分は何に基づくものでしょうか。
>罰金刑は、道路交通法に基づくものと思うのですが、行政処分と道路交通法との法体系の関がよく理解できません。
道路交通法 第90条第5項
公安委員会は、免許を与えた後において、当該免許を受けた者が当該免許を受ける前に第一項第四号から第六号までのいずれかに該当していたことが判明したときは、政令で定める基準に従い、その者の免許を取り消し、又は六月を超えない範囲内で期間を定めて免許の効力を停止することができる。
道路交通法施33条の3


>そもそも、免許証の交付とはどのような法律に基づいているのでしょうか。
道路交通法第84条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。

Q友人と二人で大金を賭けポーカーをしていた罪で警察に出頭を求められ、出頭

友人と二人で大金を賭けポーカーをしていた罪で警察に出頭を求められ、出頭しました。
二人とも単純賭博罪として取り調べを受けました。
警察の人が言うには普通なら友達同士の賭け事で警察が出ていくことわないが、今回は額が大きすぎるとのことでした。
そして刑事さんの都合で取り調べが一旦終わり後日また呼ぶとの事でしたが中々連絡がこないのでこちらから警察に問い合わせると、こことは別の場所で書類を作ってるから次呼ぶのはその書類が出来次第呼ぶとのことでした。
警察は一体なんの書類を作っているのでしょうか?
また今回の件の処分はどうなるでしょうか?
ちなみに二人とも初犯です。

Aベストアンサー

何の書類か、は警察に訊いてください。
赤の他人には推測までしか出来ません。

どのような処分となるか、
は検察か司法が判断しますので、
その結論を待つより他ありません。

赤の他人には判断できません。
但し、判例を調べることで、
ある程度の推測は可能です。

Q飲酒運転で身代わり出頭。行政処分されますか?

知人が免許停止60日の行政処分の通知を受け取りました。
書類に記載されている違反期日に覚えは無いそうです。

但し、知人は飲酒運転の身代わり出頭をしてしまい、その後にその事実を認めて、20万円の罰金を納めています。私はそのことの行政処分ではないかと伝えましたが、本人は納得できない様子です。

道路交通法を調べてみても、身代わり出頭に対する具体的な記述はありませんでした。
数年前の飲酒運転に対する罰則強化が行われた際に、本人だけでなく同乗者等に対する罰則が制定されておりますので、その関係ではないかと思うのですが自信がありません。

お知恵を拝借いたしたく質問する次第です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.5の回答者です。

自分の回答を読み返してみて、補足が必要と感じたのと、他の回答者様の回答の中に、見逃し難い誤りを見つけましたので、再度回答させていただきます。

飲酒運転での身代わり出頭という状況が、なかなか考えにくいのですが、想像するに、

(1)飲酒運転していた某氏が、検問突破か何かで逃げた。
(2)車のナンバーが読み取られていた可能性があった(あるいは呼び出しを受けた)ので、知人氏が身代わりに出頭した。
(3)知人氏は詳細を答えられず、身代わり出頭であることを認めざるを得なかった。
(4)そのことで、某氏の処分とは別に、知人氏は罰金20万円の処分を受けた。
(5)その後、最近になって知人氏が免停60日の処分通知を受けたが、書類に記載されている違反の日時に知人氏は何の覚えもない。

この様な状況ではないでしょうか?

2007年6月の道路交通法改正で、飲酒運転周辺三罪が新設されましたが、これは
(1)酒類の提供
(2)車両の提供
(3)同乗
を新たに処罰対象としただけで、身代わり運転については従前のとおり、刑法の犯人隠避で問議されるだけで、道路交通法上の規定や罰則はありません。
したがって、犯人隠避で罰金20万円の刑罰を受けたのなら、それ以上の処分は有り得ません。
一事不再理の原則があり、同乗していた等の事情で罰金と「同時に」科されるのならともかく、「違反期日に覚えがない」ような行政処分だけが、後から来ることは有り得ません。

また、良く勘違いされている方がいらっしゃいますが、罰金20万円という罰金「刑」を科すのは、警察ではなく裁判所です。
私は日本の公務員ですが、頭のおかしい人ではありませんので、できる限りの方法で調べてみました。
減点等の行政処分をする行政機関は、運転免許事務を統括している警察で(規定上は公安委員会ですが、実務は全て警察が行っているそうです。)、確定していようがいまいが、「道路交通法違反の通知を他の行政機関に連絡」したりすることは有り得ないそうです。(もちろん検察庁は除きます。)
同乗していたとすれば、罰金と行政処分は同時に言い渡しを受けているはずです。

違反期日に覚えがないと言うことは、某氏(第3者の可能性もあります)が今回の質問にある飲酒運転以外にも免停60日に相当するような何らかの違反を「違反期日に」しており、その時に知人氏の名前を騙った可能性が考えられます。

No.5の回答者です。

自分の回答を読み返してみて、補足が必要と感じたのと、他の回答者様の回答の中に、見逃し難い誤りを見つけましたので、再度回答させていただきます。

飲酒運転での身代わり出頭という状況が、なかなか考えにくいのですが、想像するに、

(1)飲酒運転していた某氏が、検問突破か何かで逃げた。
(2)車のナンバーが読み取られていた可能性があった(あるいは呼び出しを受けた)ので、知人氏が身代わりに出頭した。
(3)知人氏は詳細を答えられず、身代わり出頭であることを認めざるを...続きを読む

Q交通事故被害者側の警察への出頭要請

車対車で、相手がセンターラインオーバーによる事故でした。相手保険会社からは、責任割合は、100対0として、話が進んでいます。私と、同乗していた妻が、怪我で通院中です。
今日、警察署から、調書を取るための出頭要請が来ました。この場合、
1.交通費などは出るのでしょうか?警察からは出ないとしたら、相手保険会社へ請求できるのでしょうか?
2.事故当時の搭乗者は、私と妻ですが、出頭するのは、二人ともでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1.交通費などは出るのでしょうか?警察からは出ないとしたら、相手保険会社へ請求できるのでしょうか?

これは、その負傷状態で「車両運転ができない」という理由があれば、公共交通機関・タクシーの交通費は「保険会社」に請求できます。
私が、相手100%過失の事故で請求して、支払いされています。
車が「修理中」で代車なしの場合も保険会社に請求ができます。
ただし、「領収書」が必要ですから、タクシーは貰ってください。
電車は、降りる駅で駅員に説明すれば、「切符」をくれます。
バスは保険会社に「申告」でいいでしょう。

>2.事故当時の搭乗者は、私と妻ですが、出頭するのは、二人ともでしょうか?
一応、同乗者にも事情聴取をして「調書」を作成します。
ですが、担当交通捜査員に確認してください。

Q行政処分

昨年5月に車対車で事故!自動車運転過失傷害、道路交通法違反(事故不申告)で書類送検
今年1月に検察庁より呼び出し、自動車運転過失傷害で2月に罰金10万払った。
被害者とは示談成立してる。
聞きたい事は、もう10ヶ月以上経つが行政処分が来ないこと!
検察庁より呼び出し後、運転記録証明書と累積点数証明書を発行し、1週間くらいで届いて、見てみたが事故に関しての記録がなく、累積点数も0のままだった事!
警察官が検察庁には書類送検したが公安委員会には書類送検しなかったのか! そんなことはないよな。
また運転記録証明書を発行してみた方がいいかな?

Aベストアンサー

何も言ってこないなら黙っていればいい。

Q交通違反通告センターより呼び出し。今後の展開は?

こんにちは。

長文になりますが、
色々ご教授頂きたいので失礼します。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8000167.html
↑↑にて質問した者です。

その当時、違反は否認はしましたが、
青切符と納付書は貰ってきました。

事件は3月でした。
今回の呼び出しまで、約11ヶ月もかかっております。

質問1.
普通の感覚からすると、すごく遅いと思うのですが、
お役所仕事はこんなものでしょうか?


質問2.
今後の流れとしては、
通告センターに出頭し、否認。

検察から呼び出し

不起訴処分か裁判か

上記通りで合ってますか?
検察からは100%呼び出されますか?


質問3.
当時、調書を取られました。
同じ内容の主張を繰り返すことになりますが、
上申書と申しましょうか、私の言い分は、
通告センターに出頭するときにも持って行った方がいいですか?

単に「金を払って済ませれば?」
と言われるだけだから、そんなものは不要であり、
検察から呼び出しがあったときに準備して持って行けば
良いでしょうか?

質問4.
当時、警察で取られた調書や
その他、警察の報告書のようなものは、
今どこにあるのでしょうか?
担当の警察署がまだ持ってるのでしょうか?

質問5.
質問4の流れと同じなのですが、
今回の通告センターからの呼び出しは、
言い分や正当性など関係なく、
反則金を払っていない状況だから
事務的に呼び出しが来た。
と、解釈すればよろしいでしょうか?

質問6.
どこの通告センターも自宅から遠いところばかりです。
出頭先を近くの警察署に変更して貰うことは出来ますか?
やはり記載のある通告センターでなければダメですか?


私としてはやってないわけですから、
否認を貫きます。
質問ではありませんが、
今後の流れでの注意点や、
アドバイスなどがございましたら、
併せてご教授下さると助かります。


ご存じの事だけでも結構です。
どなたかお教え、お助け下さい。


よろしくお願いします。

こんにちは。

長文になりますが、
色々ご教授頂きたいので失礼します。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8000167.html
↑↑にて質問した者です。

その当時、違反は否認はしましたが、
青切符と納付書は貰ってきました。

事件は3月でした。
今回の呼び出しまで、約11ヶ月もかかっております。

質問1.
普通の感覚からすると、すごく遅いと思うのですが、
お役所仕事はこんなものでしょうか?


質問2.
今後の流れとしては、
通告センターに出頭し、否認。

検察から呼び出し

不起訴処分か裁判か

上記通り...続きを読む

Aベストアンサー

1 正式裁判に必要な書類を作成すればその程度掛かります。
2 交通裁判所にある警察窓口へ出頭する。
  略式裁判を否認すれば、改めて警察に呼び出されることもあります。
  100%とは言えません。
3 いりません。
  赤切符を交付して交通裁判所(警察)への出頭日を指定するだけでしょう。
  せいぜい否認と略式裁判に応じないことを確認されるだけです。
4 通告センターに送付されているはず。
  ただし見られません。
5 反則金が納付されていないときは赤切符を交付しないと次の手続きに勧めません。
6 他府県とか1日では行けないとかで有れば赤切符の交付だけは可能性がありますがその場合否認案件であれば必ず所轄警察などに呼び出されるので手間が増えるだけでしょう。

Q免許失効で行政処分は。。。

免許を失効(1ヶ月)してこれから更新しようと思いますが行政処分が残っている場合はどうなるのでしょうか?
行政処分はもうかれこれ違反してから2年超えてるんですが更新の際
差し止めとかになるのでしょうか?
また前歴が消えるのは行政処分を受けて終了後、1年経ってからになるのでしょうか?
詳しい方がおられましたらお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのまま「うっかり失効」の手続きをすると
あなたにとってすばらしい世界が広がるでしょう

参考URL:http://www.gekiura.com/guest/m0003428.html

Q交通違反の違反金・出頭について

交通違反の違反金・出頭について

先月中旬ごろ、踏切の警報機中に踏切通過したことによる違反で違反金12000円を課せられました。
当方、現在無職のため、納付が困難で納付期限を過ぎてしまい、先月末日に出頭日でしたが、忘れていて現在に至ります。

様々なQ&Aを拝見したところ「出頭日の40日ほど経過した後に郵送で本納付書(違反金+郵送料)が送られてくる」という回答を見つけました。
本納付書が届くまでにはバイトも見つけ、違反金も払えるようになると思うのですが、ここでいくつか質問があります。

(1)仮に本納付書が届くまでに出頭しなかった場合はどうなりますか?
(2)出頭日が遅れたことを謝罪し、警察本部に出頭した場合、納付書を発行してもらいますがその際はまた発行から10日以内なのでしょうか?
(3)本納付書が送付されてきてからは何日以内に納付しないといけないのですか?
(4)出頭した場合、どのようなことをするのですか?

以上4点、お手数をおかけしますが回答の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)本納付書が届くまで出頭しないと・・・郵送代金800円が違反金に付加されます。
(2)本部・警察署に出頭した場合(まだ、郵送手続きをとっていない間)は出頭した日から10日間の納付書を作成され、郵送代金は付加されません。
(3)本納付書にはすでに期間が入っていますが、通常届く日から「10日間」となっているはずです。
(4)出頭した場合は、(2)と同様納付書を作成されます。

補足ですが、出頭をしないで、ずっとそのまま納付をしないと・・・・どうなるか??です。その場合、裁判所に書類がまわされて、「罰金」という形になってしまいます。それは、違反金に郵送代金がプラスされた金額です。たかが交通違反なのに、「前科者」になってまうということです。
裁判所に書類がまわされる手前に、一度だけ「干渉はがき」が届きます。それは、このはがきを持って出頭すれば罰金にはなりません・・・的なものです。そのはがきで出頭した場合は、

その日限り限定で入金できる納付書を作成してもらえる

ので、必ず金融機関があいている時間に本部・警察署に出頭しなければいけません。

Q行政処分(免停講習)について

昨年、会社近くのオービスに引っかかったらしく、警察に出頭しました。その時、どうしても納得出来ないので赤切符にサインをせず、調書だけ取られました。その後、検察庁と行政処分の為に運転免許試験所から出頭通知が届きました。

検察庁への出頭はまだしも、納得していないにもかかわらず行政処分が下される事に納得出来ません。しかも、赤切符にサインをしていないのに、なぜ行政処分を受けるのか意味が分かりません。

もし、行政処分に不服があれば不服申し立てが出来るようですが、あくまでも講習を受けてから出ないと不服申し立てを出来ないというのも納得出来ません。

このまま納得出来ないまま免停になるのでしょうか?

Aベストアンサー

行政処分は行政庁(公安委員会)が違反事実に基づいて、公安委員会が独自に処分します。
質問者様の意思に関係無く右から左へ、処分されます。

刑事処分は検察庁(検事)が処分必要かどうかを判断し、処分必要なら司法で裁判所に処分の審査をやらせるのが仕事です。

赤キップにサインをしないと言う事は、本裁判を希望すると言う意思表示と同じです、拒否しから終わりではありません、拒否してから始まりです。
起訴猶予になる事はまず有り得ません、起訴され本裁判に移行します、略式裁判受けた方が安上がりなのは言うまでもありませんがね。

出頭し、調書も取ったと言う事は、オービスに写っていたドライバーの本人確認が出来た証拠です、確かにオービスには誤差があります、誤差の分は速度で考慮されていますから、この部分で戦う事は出来ません。
出頭した事で速度超過が事実だと証明したです、それに基づき行政庁(公安委員会)が処分します、これを覆すには、まずは公安委員会に不服申し立てを行います。
ただ、どうやって速度超過で無いと立証出来るのか?不明ですがね。


>このまま納得出来ないまま免停になるのでしょうか?

納得しようがしまいが、速度超過の事実が消えない以上、免停は覆る事はありません。
オービスで撮られ、出頭し本人確認も出来ているのですから、これを覆す術はありません。


略式裁判でも本裁判でも罰金額は一緒ですが、会社も休み、裁判費用・必要なら弁護士費用も考えると、相当な金額で、納得いく判決が出るとも思えませんね。


>検察庁への出頭はまだしも、納得していないにもかかわらず行政処分が下される事に納得出来ません。しかも、赤切符にサインをしていないのに、なぜ行政処分を受けるのか意味が分かりません。

納得できないなら、最初から違反しなければ良いのでは無いでしょうか?皆してるからするのであれば車自体乗らなければ良いと思いますよ。

行政処分は行政庁(公安委員会)が違反事実に基づいて、公安委員会が独自に処分します。
質問者様の意思に関係無く右から左へ、処分されます。

刑事処分は検察庁(検事)が処分必要かどうかを判断し、処分必要なら司法で裁判所に処分の審査をやらせるのが仕事です。

赤キップにサインをしないと言う事は、本裁判を希望すると言う意思表示と同じです、拒否しから終わりではありません、拒否してから始まりです。
起訴猶予になる事はまず有り得ません、起訴され本裁判に移行します、略式裁判受けた方が安上がりな...続きを読む

Q交通違反(青キップ)の違反金を払わず検察庁に呼び出しがあったらどうなる

交通違反(青キップ)の違反金を払わず検察庁に呼び出しがあったらどうなるの?前科?

交通違反(青キップ)仮納付書もらう→違反金を払わない→後日、本納付書届く
→違反金を払わない→検察庁から呼び出しがある
という流れになるらしいのですが・・・。

その後検察庁に出頭した時、
「裁判するの面倒なのでごめんなさい」と違反金を払ったら特に問題ないのでしょうか?
それともその段階で「違反金」から「罰金」と呼び名にかわり、
検察庁に呼び出された時点で、その後裁判をしようが(起訴)、しまいが(不起訴)、
謝ろうが(その場で違反金払う)前科になってしまうのでしょうか?

そしてこんなつまんないことで前科がつくと、その後の人生で何か不都合があるのでしょうか?
(国家試験が受けられない、公務員になれないなど)

法律に詳しい方、経験された方、ぜひ教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

本当に正しい解答をします。

まず青切符が切られた場合は、反則金になります。反則金とは、行政処分の一種で、たとえば食中毒を起こした飲食店に対する営業停止処分と同じです。これは行政(警察や保健所など)が法律を守らない人(や法人)に対して罰則を与えることで法律を守るように促す効果があるからです。

交通違反で捕まった時には反則金(青切符)と罰金(赤切符)があり、反則金は行政処分なのに対して赤切符を切られたときには罰金になります。罰金は行政処分ではなく、裁判を行う刑事罰ですので裁判(簡易裁判を含む)で有罪と確定し罰金刑を命じられ、罰金を納めることで終了する刑法違反になります。裁判で有罪となっていますので、赤切符の場合は厳密に言えば前科がつくことになります。

青切符を払わないでいると、催促の手紙と共に同じ内容の赤切符が送られてきます。これは反則金を納めないと、行政処分ではなくて検察に書類送検しますよ、ということです。最初から赤切符を切られている場合は、送検されてるのです。
ですから青切符でも督促状の期限までに反則金を払わない場合は、赤切符と同じ扱いになり、検察に書類が送検されて、起訴して裁判になるか決まります。赤切符と違うのは、赤切符の場合、ほぼ例外なく起訴されるのに対して、青切符の場合起訴されないことも結構あることです。

その後起訴が確定すると検察から呼び出しがかかります。この時点で交通裁判専門の略式裁判にすることができます。この場合ほぼ100%有罪ですから、結局反則金が罰金に名前を変えて同じ金額を払うことになり、前科がつくということになります。
略式裁判を拒否すると、正式な裁判になり、裁判で有罪になれば反則金と同じ金額を払うことになります。
ここで注意していただきたいのは、反則金を期日までに支払わない場合にかかる超過手数料は、検察に送検された後でなくなり、不起訴なら支払いは無し、略式でも正式でも裁判で有罪なら最初の反則金と同額が罰金になることです。無罪ならもちろん支払いませんし、有罪でも反則金の時の手数料は発生しません。

デメリットは有罪判決を受けて罰金を払ったときに前科になることですが、赤切符をきられたことがある人はその時点でほぼ間違いなく前科もちになってしまうため、交通違反による前科持ちは日本中にたくさんいます。
そのため、犯罪証明が必要な事柄、公務員試験とか外国のビザ発給などは原則として交通違反による前科を除外していますので、まず普通の生活ではデメリットになるとはいえないでしょう。

ちなみに私はこの10年間で4回ほど青切符を切られていますが、日本の交通取締りの現状に不満がありますので、すべて検察に送ってもらっています(つまり反則金を払わないということ)この4回のうち裁判になったことは1度もありません。

本当に正しい解答をします。

まず青切符が切られた場合は、反則金になります。反則金とは、行政処分の一種で、たとえば食中毒を起こした飲食店に対する営業停止処分と同じです。これは行政(警察や保健所など)が法律を守らない人(や法人)に対して罰則を与えることで法律を守るように促す効果があるからです。

交通違反で捕まった時には反則金(青切符)と罰金(赤切符)があり、反則金は行政処分なのに対して赤切符を切られたときには罰金になります。罰金は行政処分ではなく、裁判を行う刑事罰ですので裁判...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報