今私は、水について調べているのですが、ウォッシュレットとトイッレトペーパーとどちらが環境に良いのでしょうか?たくさんぺ-パーを流すのはよくないと思うのですが、かと言ってウォッシュレットも経済的に考えると・・・。と思ったりもするのですが、どんなものでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Uオッシュレット(商標名)が、有利だと思います。


少し変わった方向から意見を述べます。
水道水は、渇水時以外は水道事業者の給水能力の範囲内でどんどん使うべきだと思うます。
自治体は水道水の安定的・安全な供給のために、水源確保、施設整備、維持管理と、苦労されていて、大変な額のお金をかけています。
これは、国や都道府県の補助金もありますが、起債で取りあえず賄うこととなりますが、起債は借金ですから低利、長期と言いながら返済して行かねばなりません。そのためのお金は水道料金によらざるを得ないわけですが、ただ、闇雲に水を使うことを極端にケチると水道料金が少なくなって経営が苦しくなります。
何も、いらないむ水まで使うことはありませんが、十分に余裕がある場合は必要に応じて十分使うべきです。
変なところでケチって、不衛生になったり食中毒が起きたりではどうにもなりません。
十分な水道水の供給があるのに雨水をためて食器の下洗いなど、全くのナンセンスです。
水道料金が高いと不満が出ますが、それは水と空気は只だ、といった前近代的な考えの主張だと思います。水道の水が飲めるわけですから。
昨年、ドイツへ研修に行きましたが飲み水はミネラルウオーターでした。
1リットルビンが6マルク(約300円)~でした。水道水は基本的に飲めないと思えと言われました。
日本人は恵まれすぎて感覚が鈍くなって我が儘を言っていることに気づいていないと思います。
ブランド物のバッグをぶら下げるより、十分な水を使って清潔な暮らしをしてはいかがですか。(かなり偏見に満ちた議論ではありますねえ。笑い。)
ペーパーより、水で洗った法が何となくさっぱりして気持ちいい、気がしますが、見方を変えれば、肛門括約筋の外はきれいでも、その内側から内部にはウンチが詰まっているわけですから、これまた、妙な議論でしょうか。
    • good
    • 0

水とペーパーの比較は決着済みみたいですね。



あと、「温風」がついているやつとついていないやつがあります。
「温風」だけで乾くなら、それが一番だと思うのですが、使っている人は、ペーパーを使ってから「最後のしあげ」に温風を送っているみたいです。そうなると、ペーパーの量は減っていない?(シャワーしなければもっと多いけど)

さいきん、シャワートイレ用ペーパー、というやつが出来たそうで、ぬれてもすぐぼろぼろにならないけれど、水洗トイレに流せる、というもの。それぐらいなら、流さずにごみ箱に捨てたらいいと思います(さらにいえば、シャワーで流してきれいになったのなら、捨てずにリサイクルとか、始めからペーパーを使わずにタオルで・・・?)
    • good
    • 0

排便一回あたりの水の使用量は、あまり問題にはならないと思います。

他の観点から言えばウォシュレットの方が断然経済的です。その理由は、
(1)紙は人類の優れた発明ですが森林資源の浪費である事
(2)セルロースは廃水処理で分解するのに相応のエネルギーが必要であり、付随して炭酸ガスを発生する事
(3)医療的には肛門疾患が減少し、社会的経済効果が高い事
(健康な方なら肛門の内側には便は残りません。大腸のs字結腸の奥の方に蓄積されたものが蠕動運動によって便意をもよおし一気に排泄されるのです。)
また水はいたずらに浪費するべきではないと思います。ダムが必要になったり、河川水量が減少し、環境が悪化するので歓迎できません。
清潔な環境は必要ですが、他の生物のことも配慮して節水に努めるのがベターでしょう。
    • good
    • 0

すでにウオシュレットがあるなら(重要)、


そりゃ水だけを流したほうがいいに決まってます。
トイレットペーパーで拭いて、
拭いた紙を汚物入れに捨てるとすると、
どっちが環境にいいかちょっと迷うところです。
トイレットペーパーが再生紙とすれば原料はコストゼロ、
紙として再生するのにかかるコストと、
温水+温風のコストと、どっちが高いか...。

あ、環境の話にいいかどうか聞いてるクセに、
経済的に考えようとしているあたりが尻...じゃなかった、支離滅裂かもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済成長と環境保護のどちらを優先すべきか

現在少し気になって調べたりしているのですが、経済成長と環境保護はどちらを優先して進めるべきなのでしょうか??
自分で考えていてもひとりよがりになってしまいそうなので、ぜひとも他の人の意見も聞いてみたいと思って今回質問させていただきました。

Aベストアンサー

このような問題は二者択一の回答には、なじみません。
どちらかが正しいという答えは期待できません。
どちらも大切です・・というような常識的模範的な回答しか
出てこないのでは?
心情的には環境は保護したいが、自分の生活では経済成長が
望ましい・・・。どちらか一方を採用するのなら、生活が掛かっている方が優先。これが常識だと思います。環境保護が優先で生活は二の次という人がいても、実際にそのように行動できないことを知っていて
そのような回答をしているとしか思えません。
電気、水道、電話、自動車、豊な衣食住・・すべて経済成長の恩恵です。これを捨て、自然環境だけがよくなっても生活は苦しいだけです。
もはや、知ってしまった豊な生活を捨てることは出来ないでしょう。
これを捨てる方針を採る政府を民衆は支持しないでしょう。
経済成長で稼いだ資金で、折り合いをつけるのが落しどころでしょう。

Qもう5月になろうとしているのに、昼も夜も寒いです 来る夏も猛暑になると思いますか?

こんにちは。

もう5日後は5月なのに、昼も寒い日があるし
夜は本当に寒いです。

去年冬から現在まで、特別に寒い年だと思いましたが
この現象は何なのでしょうか?

そして寒い冬だった場合は、来る夏は「猛暑」に
なりやすいと記憶していますが、どんなものでしょうか?

「ぽかぽか陽気の春は来るの・・・・!?」と待ちどうしいです。

ご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

完全な春になるまで、自然は今準備中と思ってください。
四字熟語に『三寒四温』というのあります。
三日寒い日あって、四日温かい日がある。
完全な春になるまで、この『三寒四温』を1ヶ月ほど繰り返します。
いつから繰り返すのかは不明ですが(何分相手は自然なので)、ことわざの『暑さ寒さも彼岸まで』の『彼岸』が終わってからの約1ヶ月ぐらい、この『三寒四温』が続き、やがて、完全な春となるそうです。
彼岸から1ヶ月を数えると、4月の下旬ぐらいです(もうすぐですね♪)。
まぁ、今年は観測史上の寒い冬で、寒いのが多かったので、寒さが体から抜けないため、未だに寒いと感じるのかもしれませんね。

道端を見ると、タンポポが咲いていて、蜜蜂も出てきて、まだ寒いけど、確実に春は来ていると思います。

Q「環境汚染物質」による環境汚染とは?

地球環境問題について調べています。
「環境汚染物質」が私たちの身体の中の特定の臓器や組織に蓄積された場合、健康を害することを知りました。

では、環境汚染物質が「地球環境」そのものを害する(汚染する)ことはありますか?それはどのような場合、出来事でしょうか?

回答お待ちしています。

Aベストアンサー

既にCFC(特定フロン)によるオゾン層破壊などが起きており(多分本当に因果関係がある)、過去ガソリンが無鉛化される以前は極地まで鉛で汚染されていました。
今わたしが恐れるのは膨大な数ある原子力発電所の暴走事故、地震、テロなどで放射性物質がばらまかれる事です。
戦争直後イギリスが当時植民地であったオーストラリアで原爆後の生態系調査のためプルトニウムをサバンナに散布し不毛の地にしてしまった事がありました。半減期の非常に長い放射性同位体が成層圏まで達して広範囲に拡散すると莫大な面積が人の住めない地域になってしまいます。

Q環境問題として、ハチ公前の喫煙所がなくなったことによってタバコのポイ捨てが増えたことは環境問題に入り

環境問題として、ハチ公前の喫煙所がなくなったことによってタバコのポイ捨てが増えたことは環境問題に入りますか?大学のレポートで環境問題について書きたいのですが…

Aベストアンサー

環境は間口の広い言葉で、人々の受け止め方によって違います。まあ、私の受け止め方では、それはモラル(マナー)の問題で、環境問題とは違うと思います。ですが、微妙ですね。

某市の清掃局の関係者によると、公園の近くにゴミ箱(各家庭の生活ゴミを収集するゴミ箱)を設置するとそのあたりにゴミを不法投棄する人が増えるらしく、公園の近くにはゴミ箱を設置する許可をしないそうです。これも環境問題ではなくモラルの問題のような気がします。

一方で豊島事件と言うのがありましたよね。瀬戸内海に浮かぶ本来なら風光明媚な島でしたが、ここに産業廃棄物を不法に大量に投棄し、野焼きもし、大きな問題に発展しました。こうなると環境問題(公害に近い)です。

私の考えでは、産業廃棄物を不法に投棄すると環境問題として扱うべきです(廃棄物の処理及び清掃に関する法律にも反しますしね)。でもポイ捨てしたタバコの吸い殻は産業廃棄物ではなく生活ゴミ(強いて言えば家庭系一般廃棄物)ですから、個人のモラルの問題にすべきでしょう。なお、タバコのポイ捨ては軽犯罪法の27に引っかかりますし、その地域の条例でも禁止されている場合があります。

環境は間口の広い言葉で、人々の受け止め方によって違います。まあ、私の受け止め方では、それはモラル(マナー)の問題で、環境問題とは違うと思います。ですが、微妙ですね。

某市の清掃局の関係者によると、公園の近くにゴミ箱(各家庭の生活ゴミを収集するゴミ箱)を設置するとそのあたりにゴミを不法投棄する人が増えるらしく、公園の近くにはゴミ箱を設置する許可をしないそうです。これも環境問題ではなくモラルの問題のような気がします。

一方で豊島事件と言うのがありましたよね。瀬戸内海に浮かぶ本...続きを読む

Q10年後、20年後、30年後の地球環境はどのように変化していると思われ

10年後、20年後、30年後の地球環境はどのように変化していると思われますか?
また、そうならないようにどのようにしていったら良いでしょうか?

考えをお聞きしたいです。

Aベストアンサー

2009年5月8日に、九州地方に置いて史上初めて光化学オキシダント注意報が発令されました。
これは現在までの研究により、中国からの越境汚染によるモノだと判明しております。

さて、スレ主さんが問われるように将来どのようになっていくかを考えると、発展途上国は経済発展・生活の質の向上を当然目指すでしょうし、先進国に置いても少なくとも現状維持、できうればもっと豊かになりたい、という思惑がある事は想像するにたやすい事です。

エネルギーしかり、食料しかり。
これらの争奪戦がいずれかは始まる可能性が大だと思っています。

すでに、日本では海産物の買い付けにおいて中国に遅れをとったりしているとも聞きます。
現在は経済での争いですが、それが武力による紛争とならないとは誰も保証できません。

エネルギーの覇権を狙って大国は虎視眈々と獲物を狙っています。
中国が空母の建造計画に踏み込んだのも、その一環と考えて良いでしょう。

東アジアをみただけでも、問題の深刻さの一端がおわかりになるかと思います。

今後も世界中で、開発の名の下に森林は伐採され、メキシコ湾の様に深海油田の掘削等が続くモノと考えています。

肝心の国連は常任理事国により牛耳られているため機能不全に陥っています。
発展途上国にも発言権のある新たな国際的な機関を創設し問題解決を図る必要がある、と個人的には考えていますが、その発足については絶望視してもいます。

核兵器が使用されなければ、現状と比較して大規模に地球環境を損なう事は無いとさえ思っています。(上述したような要因による紛争はあり得るとみています、ただ、核の使用はさすがにまずいでしょう…)

悲観論者ですみません。

2009年5月8日に、九州地方に置いて史上初めて光化学オキシダント注意報が発令されました。
これは現在までの研究により、中国からの越境汚染によるモノだと判明しております。

さて、スレ主さんが問われるように将来どのようになっていくかを考えると、発展途上国は経済発展・生活の質の向上を当然目指すでしょうし、先進国に置いても少なくとも現状維持、できうればもっと豊かになりたい、という思惑がある事は想像するにたやすい事です。

エネルギーしかり、食料しかり。
これらの争奪戦がいずれかは始まる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報