日本人の国際結婚の日本国内での婚姻届出は、平成14年度で見ると約36000件で日本人男性×外国人女性28000件、日本人女性×外国人男性8000件となっています。
日本には、婚姻届出をせず、相手の国にだけ、婚姻届出をする人というのは、どの程度いるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ちょっとそれるかもしれませんが、届を出すのにいろいろと大変だからというのも大きな理由ではないかと思います。

我が家の場合は、日本在住で夫が外国人ですが、やはりカナダには届を出していません。以前、届けようと試みたのですが、領事館の説明が分かりにくく(理解力がないだけかな)、カナダへ行かないと日本にいての届を出すには結構難しいようなことを言われたので、そのままになっています。(カナダへ行く機会がなかなかないので)書類を集めるのも結構大変ですしね。ということで、まあいずれ出せばいいか。。。という感じになっています。
あくまでも我が家の例なので、他の方の理由はわかりません。
    • good
    • 0

外国で結婚届を出し、日本で婚姻届を出さない理由、というのがあまり思いつきません。


こういうのは何かでメリットがないとしないものですが、日本で婚姻届を出すデメリットというのが思いつかないからです。
逆のケースはあります。私の居るタイでは、外国人と結婚した女性は土地を買う権利を失ってしまいます。かつて政情不安定な時期があり、外国人(男性)が国土を買い占めるなどという事を防止するための政策だと思いますが、現在もこの通りです。私はタイ人と結婚するなら、日本にだけ婚姻届を出す事にすると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国際結婚の離婚について

国際結婚の離婚について

国際結婚の離婚申請はどこで受け付けているのでしょうか?
市役所に申告すればいいんですか?もっと複雑なのでしょうか?
国によって違うと何かのサイトでみましたが・・

Aベストアンサー

相手の人が、まず市役所にいき、離婚届けを出して、国内では、離婚成立ですが、相手の人が、本国に帰るとなると、その国の法律にのっとってやるしかありません。韓国・中国・フィリピンなどは、認めていません。

Q国際結婚 日本人妻のみでの届出・在留資格認定証明書の代理人

わたしは日本人女性ですが、タイ人と国際結婚するための婚姻届と在留資格認定証明書手続きについての質問させて頂きます。

今回日本で私が一人で先に婚姻届を出し(相手の必要書類を不備なく集めれば、両者揃わなくても問題ないのでしょうか。役所によって回答が違うので不安です)その後相手の待つタイに向かい婚姻が最終受理され次第、その足で豪国へ二人で留学します。相手は過去5年程日本で就労ビザで滞在していましたが、現在は留学準備のため、タイにおり日本のビザは何も保有していません。

しかし一年後には日本に二人で帰国する予定なため、相手が日本に入国しある期間住むのに必要な【在留資格認定証明書】を、オーストラリアに留学中の帰国数ヶ月前、【日本在住の代理人】に必要書類を渡し、依頼したうえで取得したいとかんがえています。

そこで三点質問なのですが、
(1)当事者のわたしたちは豪国留学中の身ですが、【代理人】に申請を頼む場合、その代理人は必ず親族である必要があるのでしょうか。友人でも可なのでしょうか?
(2)代理人と【身元保証人】は同一である必要がありますか?身元保証人は、日本在住であれば特に規制はないように見受けられるのですが、その違いが不明なのです。
(3)両者留学中の学生で定職に就いていない事は、懸念材料になりますか?留学以前は企業できちんと就労しています。

当方両親が他界しており、兄弟もないため、親族に依頼することが少々困難なため、こまっております。どなたかどんなに小さなことでも結構なのでご教授お願い申し上げます。

わたしは日本人女性ですが、タイ人と国際結婚するための婚姻届と在留資格認定証明書手続きについての質問させて頂きます。

今回日本で私が一人で先に婚姻届を出し(相手の必要書類を不備なく集めれば、両者揃わなくても問題ないのでしょうか。役所によって回答が違うので不安です)その後相手の待つタイに向かい婚姻が最終受理され次第、その足で豪国へ二人で留学します。相手は過去5年程日本で就労ビザで滞在していましたが、現在は留学準備のため、タイにおり日本のビザは何も保有していません。

しかし一...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)当事者のわたしたちは豪国留学中の身ですが、【代理人】に申請を頼む場合、その代理人は必ず親族である必要があるのでしょうか。友人でも可なのでしょうか?

必要はあるでしょう。大筋、3親等以内。もちろん友人が入管取次資格を持つ行政書士なら問題はありません。

>(2)代理人と【身元保証人】は同一である必要がありますか?身元保証人は、日本在住であれば特に規制はないように見受けられるのですが、その違いが不明なのです。

同一である必要はありません。しかし、個々の人の資格を説明することが面倒臭いので大抵は同一です。

>(3)両者留学中の学生で定職に就いていない事は、懸念材料になりますか?留学以前は企業できちんと就労しています。

なります。当座の生活を保証できる預金残高を立証することで懸念を多少なりとも払拭することができます。

>当方両親が他界しており、兄弟もないため、親族に依頼することが少々困難なため、こまっております。

存在しない人に依頼することは不可能ですが、存在していれば難しいかもしれませんが可能です(受任してくれるかどうかは別でしょうが)。明確に断られた実績をもって入管取次行政書士に依頼されてはいかがでしょうか。

>(1)当事者のわたしたちは豪国留学中の身ですが、【代理人】に申請を頼む場合、その代理人は必ず親族である必要があるのでしょうか。友人でも可なのでしょうか?

必要はあるでしょう。大筋、3親等以内。もちろん友人が入管取次資格を持つ行政書士なら問題はありません。

>(2)代理人と【身元保証人】は同一である必要がありますか?身元保証人は、日本在住であれば特に規制はないように見受けられるのですが、その違いが不明なのです。

同一である必要はありません。しかし、個々の人の資格を説明する...続きを読む

Q国際結婚の末離婚。

国際結婚をすると相手の国に住むことができますよね?そのあと離婚するとその国を出なくてはいけないのですか?? ちょっと気になっただけなのでひまなときにお返事ください。

Aベストアンサー

既出の回答を正しく理解するため、若干補足します。

第一に、結婚と国籍は全く関係ありません。
第二に、外国人配偶者が夫(妻)の国に住めるのは、結婚したからではなく、在留資格が認められたからです。在留資格には様々な種類があり、目的(観光、結婚、就職など)に応じた在留資格が認定されます。
第三に、外国人に在留を認めるか否かは、基本的にはその国の裁量事項です(外国人の在留を認める義務はない)。場合によっては、自国民の配偶者といえども在留資格を認めないこともあり得ます(配偶者がテロリストなど)。

このように、どのような外国人に在留を認めるか、具体的条件や期間は国ごとに異なるのです。よって、離婚=在留資格喪失という図式は必ずしも成立ちません。

Q外国人同士の異国での婚姻手続き

友人の相談なんですが、トルコでギリシャ人と婚姻を考えている日本人は
どういう手続きを経て婚姻を成立させるか、ご存知のかたいらっしゃいますか?
ギリシャ人はギリシャパスポートを持っていますが基本的には
ギリシャに暮らすトルコ人という想定です。
日本人の方は日本からの戸籍謄本を持って大使館もしくは領事館にて
独身証明書を取得、その後トルコの役所にて婚姻手続きを行うという
話を聞きましたが、果たして相手のギリシャ人の手続きはどうなのか。
ちなみに相手はまだ兵役を済ませておらず、学生ということです。
こういうことが詳しく紹介されているサイトなどがあれはお教えください。

Aベストアンサー

さて、外国で暮らすのでしたら、英語はできるでしょう。

下記サイトで、トルコで、国籍の異なる外国人が結婚するときの手続が記載されています。Foreigners of Different Nationalitiesの箇所です。

http://www.turkeytravelplanner.com/special/wedding/marriage_law.html

念のため、下記にギリシャでの結婚手続が英語で説明されています。

http://www.helplinelaw.com/law/greece/marriage/marriage.php

Q国際結婚 離婚後について

日本で国際結婚の離婚が正式に市役所等に受理されたあと
日本人が関与する義務はあるのでしょうか?
例えば、すぐ行方をくらました・・その後
(当然こっちの知らない間に)事件を起こした・・などです。
子供はいないと考えてください。
法律的にはどうなのでしょうか?
離婚した後はやはり当人の自己責任で
こちらにとばっちりがくることはないでしょうか?
他に離婚後、渡航費、生活費の請求をされたら払う必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>日本で国際結婚の離婚が正式に市役所等に受理されたあと
>日本人が関与する義務はあるのでしょうか?

元配偶者たる外国人が本国でも離婚を成立させるため、あなたの署名や旅券の写し、戸籍謄本が必要となることがあります。義務ではないですが、道義的な観点で応じてあげてください。

>法律的にはどうなのでしょうか?

離婚が成立していますので、姻戚関係は消滅しています。別途協議により合意事項があれば、それに縛られますが、一種の契約行為であって義務とは違います。
子があれば子の養育費を、親権者たる元配偶者に託することはありますが、これも配偶者たる外国人に対する義務ではありません。

調査、捜査で協力を求められることはあるでしょうが、義務とは少し異なります。

裁判になって証人尋問出廷を求められることはあるでしょう。理由なく欠席すると「職権による出頭命令」が来ますが、裁判に対する義務であって元配偶者への義務ではありません。

>他に離婚後、渡航費、生活費の請求をされたら払う必要があるのでしょうか?

結論だけ言うと、義務ではありません。「代わりに払ってあげてくれないか」という打診に過ぎません。

>日本で国際結婚の離婚が正式に市役所等に受理されたあと
>日本人が関与する義務はあるのでしょうか?

元配偶者たる外国人が本国でも離婚を成立させるため、あなたの署名や旅券の写し、戸籍謄本が必要となることがあります。義務ではないですが、道義的な観点で応じてあげてください。

>法律的にはどうなのでしょうか?

離婚が成立していますので、姻戚関係は消滅しています。別途協議により合意事項があれば、それに縛られますが、一種の契約行為であって義務とは違います。
子があれば子の養育費...続きを読む

Q外国人との婚姻による氏の変更

7月初旬に入籍しましたが、その時点では夫の姓に変更せず旧姓のままです。
今から氏の変更をするのですが、その場合戸籍の氏名はもちろん変わりますが
住民票はどうなるのでしょうか?
戸籍が変わると自動的に住民票の氏も変わりますか?
それとも別途手続が必要になるのでしょうか?
ちなみに、氏の変更届を出す市町村と現在在住の市町村は別になります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

7月初旬に入籍しましたが、その時点では夫の姓に変更せず旧姓のままです。

>今から氏の変更をするのですが、その場合戸籍の氏名はもちろん変わりますが住民票はどうなるのでしょうか?

変更されます。

>戸籍が変わると自動的に住民票の氏も変わりますか?
そうです。

>氏の変更届を出す市町村と現在在住の市町村は別になります。
問題ありません。

実は戸籍と住民票は互いに連携しています。
住民票には本籍地の情報が書かれていて、戸籍には、戸籍の附票といい現在の住所が書かれています。

つまり本籍地の役所で戸籍の記載事項の変更があると、住民票に影響する場合には、戸籍の附票の情報から住民票のある役所の存在はわかるので氏の変更の連絡をしてくれるわけです。
逆に転居した場合には転入を受け付けた住民票の役所は住民票の戸籍情報から本籍地の役所に転居した旨を連絡しています。

ということで連動しています。

Q国際結婚&離婚(中国)聞き入れるべき?

結婚して1年半。あらゆるトラブルで国際(中国と日本)別居して1年になります。その間、離婚話になり協議離婚することになる予定でしたが、急に手のひらを返し離婚はしないと言ってきたのです。そして、私は主人の元に戻り2年後一緒に日本に行こうとも言ってきました。中国との国際結婚に対し余り良い話を聞かない事での先入観からなのか主人の言っていることが2年後→1年後→今年末と期間が短くなり本当に私とやり直したいと思っていないように感じるようになり私自身分からなくなりました。皆さんなら元のサヤに戻りますか?ご意見聞かせて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
辛口で申し訳ないのですが。。。

中国人は姿が日本人と似ているのでつい考え方や習慣も日本人と同じようにとらえてしまいますが、実際は質問者様も感じている通り、考え方も習慣も全く異なります。
まず、中国では日本のように「先々を見通して計画を立て、実現に向けてコツコツ努力する」という考え方がほとんどありません。
これは中国で長く生活した人ならわかると思うのですが、中国ではどんなに自分がんばっても計画通りに行かないことが当たり前だからです。

私も最初は「どうして中国人の人はこんなにも行き当たりばったりなんだろう」と不思議でしたが、中国と長く関わってくるうちに「何でも計画通りに進む日本の方がある意味スゴイのかも」と考え方が変わってきました。
なので、御主人の「いいかげんさ」も中国ではごく一般的な考え方で、特別不誠実とは思えません。

質問者様がこの中国特有のいいかげんさが許せず、日本人の細かい考え方を御主人に何が何でも理解、実行して欲しいのでしたら、残念ですが離婚をお勧めします。

現実問題として、日本語ができない御主人が日本へ来てどうするのでしょう?
日本の大学を卒業して大手企業に就職している中国人の方でさえも、日本では中国人というだけで有形無形の差別をされ悲しいとこぼしていますが、御主人はそんな差別にも耐えられるでしょうか?

少なくとも日本語を覚え、資格試験に合格するまで何が何でも御主人を支えてあげようという気持ちとおおらかな愛情が質問者様になければ、御主人が日本へ来ても無職の御主人にグチばかりこぼす「イヤな妻」になり、ケンカが絶えない家庭になるだけだと思うのですが。

日本人同士の結婚でも、最初の1年はお互いの思いやりと歩み寄りが必要です。
国際結婚の場合は更にお互いの文化を認める努力と寛容さが必要だと思いますが如何でしょうか。

こんにちは。
辛口で申し訳ないのですが。。。

中国人は姿が日本人と似ているのでつい考え方や習慣も日本人と同じようにとらえてしまいますが、実際は質問者様も感じている通り、考え方も習慣も全く異なります。
まず、中国では日本のように「先々を見通して計画を立て、実現に向けてコツコツ努力する」という考え方がほとんどありません。
これは中国で長く生活した人ならわかると思うのですが、中国ではどんなに自分がんばっても計画通りに行かないことが当たり前だからです。

私も最初は「どうして中...続きを読む

Q婚姻届出後の免許証の変更について

婚姻届を出して、名前と本籍が変わりました。この場合、免許証の改変が必要になるかと思いますが、必要な書類に

住民票の写し(コピーは不可)、新住所の健康保険証、消印付はがき、公共料金の領収証、外国人登録証明書(外国人の方)のうちいずれかとありましたが、そのどれも、婚姻届を出して氏名と本籍が変わってしまっているので、出すときに問題になるような気がします。

住民票自体は、婚姻届を出してすぐに書き換えてくれる(名前)んでしょうか?それだったら住民票を持っていけばいいし、別に名前が違ってもよいのなら、現在住んでいる住所の健康保険証(名前は旧姓)があります。

どの方法がベターか悩んでいます。

Aベストアンサー

私は、婚姻届を出し、住民票をもらい(もう新しい姓になってました)、その後警察署に行って免許書の書き換えをしました。
一度に色んな事をお願いしたからか、役所ではかなり時間かかって最後に警察署に行った時は時間ギリギリでした。うちの方は3時か4時くらいで更新手続きの場所が閉まっちゃうみたいで。
面倒くさいですから、すべて1日で終わらせちゃった方がいいですよね。印鑑、証明写真1枚(免許書き換えの時に必要でした)も持っていった方がいいかと思います。

Q外国人の国際結婚、離婚のビザについて

外国人の国際結婚、離婚のビザについて

日本人と外国人と日本で結婚した場合、その外国人は配偶者ビザが取得でき日本で生活できますが、
その後、(例えば1年後、)離婚した場合でも、その外国人はそのまま継続して在留期間の更新等ができ日本で引き続き生活できますか?それともできずに、帰国を余儀なくされるのでしょうか。。
できる条件(例えば10年以上日本に住んでるとか、子供ができているとか、)などがあるのならそれを教えてください。

Aベストアンサー

 原則と例外があります。
 原則として、日本人と婚姻して「日本人配偶者等」の在留資格で滞在する外国人は、離婚によって、その在留資格を失います。なお、少し前までは、離婚しても、配偶者としての在留資格の更新期限までは日本在留が可能という実務でしたが、今年から規則が変わり、離婚したら、配偶者としての在留資格の更新期限にかかわらず、数ヶ月以内に帰国ということになったようですので、注意が必要です。

 さて、上記は「原則」でして、原則には例外がある場合もございます。離婚者の在留資格にも例外があります。
 離婚の場合、
(1)離婚した外国人が、日本人との間の未成年の実子を養育している場合
(2)離婚した外国人が、それまでの間に配偶者として、ある程度日本に長期間在留していて、日本に定着していると認められる場合

などには、「日本人配偶者等」から「定住者」への在留資格変更が認められ、引き続いて日本に滞在できる場合があるのです。入国管理局の審査を通ればの話であり、「絶対に在留資格を変更できる」ということではございません。特に(2)については、相当厳しくなります。

 (1)の方が(2)よりも、認められる可能性が、はるかに高く、日本人の子を養育している場合は「定住者への変更ができる」と言い切る記述もあちこちで見かけます(「養育」という言葉の定義にもよりますが。たとえば、子供を本国の親戚に預けたまま日本で働いているというような場合は、いくら「養育している」と主張しても、変更に「待った」が掛かる可能性があります)。
 日本人の子を養育している親の在留継続が比較的容易なのは、養育されている子供の環境を保護することが最優先となるからです。ある意味で、養育している親の在留資格は、子供の保護のための「おまけ」ということになります。

 単に子供がいるだけでもダメ、法律上の親権・監護権を持っているだけでもダメで、実際にきちんと子供を養育して日本国内で生活しているという良いコンディションを入管が認めなければ、在留資格の変更は認められません。経済状況(子供を育てられるだけの収入が得られているかどうか、きちんとした住居が日本国内に確保されているかどうか)などの審査も存在します。


 (2)の場合は、許可は相当厳しいと思った方がよろしいかと思います。「○○年日本に住んだから定住者に変更できる」という、確実な基準は、ございません。
 日本人配偶者等の在留資格で3年の滞在を経ており、日本で定職があるような良いコンディションの方に変更許可が出た例があるようです。ただ、あくまで「良いコンディションで3年でも変更許可が出たことがある」という程度で、「基準」ではありません。4年でも5年でも、それ以上でも、変更に失敗する場合はあります。
 ネット上で検索すれば分かりますが、専門家である行政書士のページでも、子供を養育していない外国人離婚者の定住者への在留資格変更について、具体的な年数を挙げているところは、あまり見当たりません。たいていは年数などを挙げずに「例外として認められる場合もあります」程度の記述しかしてありません。それだけ微妙で、ケース・バイ・ケースの変更事案だということをご理解ください。

 基本的に、在留資格の変更に関しては、入管事務に精通した行政書士事務所を探して、具体的なコンディションが分かるような資料を全部持ち込んで、相談する方が無難です。

 原則と例外があります。
 原則として、日本人と婚姻して「日本人配偶者等」の在留資格で滞在する外国人は、離婚によって、その在留資格を失います。なお、少し前までは、離婚しても、配偶者としての在留資格の更新期限までは日本在留が可能という実務でしたが、今年から規則が変わり、離婚したら、配偶者としての在留資格の更新期限にかかわらず、数ヶ月以内に帰国ということになったようですので、注意が必要です。

 さて、上記は「原則」でして、原則には例外がある場合もございます。離婚者の在留資格にも...続きを読む

Q海外在住日本人の婚姻届について。

海外在住日本人同士で結婚の予定があります。

現在は住民票は日本にありません。

日本に一時帰国の際に、親元の市役所に行って婚姻届を出すことは可能でしょうか?

暫く海外在住予定で正式に日本に戻る予定はありません。

Aベストアンサー

・日本に一時帰国の際に、親元の市役所に行って婚姻届を出すことは可能でしょうか?

もちろん、できます。が、
普通に、お近くの日本国・大使館・総領事館などに
婚姻届出せば、すむことですが(^-^)/
(海外居住者・海外挙式者用の婚姻届用紙が用意されています、
日本から戸籍謄本取り寄せ、婚姻届に、つけてください(^^♪


人気Q&Aランキング