今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

高校の偏差値と大学の偏差値は
関係ないって本当?


高校の偏差値が……だから
偏差値……ぐらいの大学は受かる

そのような印象が強くあるのですが、
本当ですか?

A 回答 (10件)

偏差値よりも、その高校の過去の進学実績の方が重要。



高校は、地域によって制限がかかるので、基本全国区になる大学受験とはちがうから。
    • good
    • 0

そう言うあなたが奇跡を起こして下さい そうすれば高校でのヒーローになって永遠に名前が残りますから?

    • good
    • 0

高校の偏差値と大学の偏差値は、まったく関係有りません。


慶應高校は以上に偏差値が高いですし、慶應大学へいけます。
でもそれは、慶應高校の偏差値が高いから慶應大学へ行けるのではなく、付属校だからです。
あと、灘は例外です。灘中の偏差値は高いですが、中1でセンター9割取る子達ばかりですから、灘へ進学しなくても東大・京大に受かるような子ばかりです。
    • good
    • 1

単なる偏差値の比較であれば無関係。


しかし、「高校の偏差値が……だから 偏差値……ぐらいの大学は受かる」という意味であるなら、もちろん、関係はある。

まあ、大雑把な話として、ある高校で成績が中位の人がいたとすれば、順当に行けば、その高校の偏差値から10を引いた偏差値の大学あたりが狙えるということはあるでしょうね。
ただし、同じ偏差値でも国立と私立では、受験科目が違うし、偏差値の母集団が同じとも限らないので、難易度が異なるし、理系か文系かによっても違うので大雑把な目安にしかならない。また、成績が上位であったり下位であったりすればまた違ってくる。

まあ、そのあたりは、その高校の大学への進学実績を見ればわかることであり、それを調べる方がよく分かる。
    • good
    • 1

1.高校でも大学でも、学校の偏差値、というのは、ボーダーラインがどの辺りか、を表す指標。


ところが、高校の偏差値は40だが、自分の偏差値は70だ、という人が居ないとは限らない。
僻地の高校であれば、バカでも賢くても、行き先がそこしか無い、なんてことがあります。

2.高校の授業内容は、上記の通り偏差値とどれほど関係があるかは色々ですが、実際のそこの生徒の学力レベルには強い関連性があります。
都市部の偏差値50くらいの高校だと、おそらく大学入試の標準レベルの内容は、あまり扱えないだろうと思います。(ただし標準レベルというのは、中の上か上の下くらいの大学で問われる内容で、中位の大学なら基礎レベルしか問われないし、下位の大学は更に易しくなってます。)
都市部の偏差値40台になると、まともな進学校の学習内容からかなり削った内容しかできないでしょう。
そもそも下に行くほど、生徒が中学の学習内容を身に付け損なってますので(そうじゃ無い生徒が減りますので)、中学の続きとなる高校の学習内容に入れません。

3.お馬鹿高校に賢い子が混じったとしても、授業のレベルが低すぎて、概ね伸び難いです。
昨今は、スタディサプリなりなんなりあるので、どうにかならないことはないですが、しかし、高校の授業の時間が無駄ではありますよね。

4.都市部の高校であれば、生徒の学力層はある程度纏まってそうですが、しかし、進学先を見ると、上から下までとは言いませんが、広がりを持ってはいます。
xx高校ならxx大学に、と言えるほどには収束しません。
ただ、おそらくは正規分布に近いような広がり方で、上に行けば行くほど人数が少なく、下に行けば行くほど人数が少ない、となっているだろうと思います。
大きく伸びる確率はやはり小さく、酷くなる確率はやはり小さい、ということは一般的に言えそうです。

5.そういうわけで、原理原則的には、当人の学力次第ではありますが、しかし実態や確率を考えると、高校入試時の学力と、大学入試時の学力には、相関関係があります。
偏差値50の高校から東大はまず無理だし、全国のトップ10くらいの難関進学校から日東駒専の普通の専攻だとキツイよね、なんてことは概ね言えます。
また、不適切なまでにレベルの低い高校行くほど、当人の足を引っ張る可能性が高くなります。
不適切なまでにレベルの高い高校に行けば、今度は落ちこぼれかねませんが。
落ちこぼれた結果、適切なレベルの高校に行っていれば身についたことすら身に付かない、ということは十二分にあり得ます。

6.原理原則、空理空論はそれとして、実際に、偏差値50の高校いくつか、偏差値60の高校いくつか、偏差値70の高校いくつか、をピックアップして、進学実績を比べてみると良いです。
ただし、昨今特に私立大学で、各種のインチキ推薦入試が盛んなので、それを念頭にデータを見なければなりませんが。
そうで無くとも、スポーツ推薦なんてのもあるので。
国立大学だとそういうのは少ないので、割と安心して見ることができそうですが。
ただ、国立大学の方が少ないので、地域的な偏りがあるのですが。

7.あまりレベルの高くない高校から難関大学に行ったのが、私です。二浪しましたが。
しかし、私が受かったからみんな受かるのかというと、そういうことは全然無くて。
原理原則は高校のレベルとは無関係なのだけれど、俯瞰してみれば、それは例外に当たる、と考えた方が良いのです。
そのうちの高校は、入学時の生徒の学力差が偏差値にしてたぶん10か15くらいの差があって、下は落ちこぼれ、上は噴きこぼれ、進学実績は悲惨な物となっていました。
それが入試制度を変え、下位グループが来なくなると、進学実績が年々上がり、遂には難関進学校か準難関進学校レベルになり、毎年東大合格者を出すようになりました。
原理原則が、如何に空理空論か。
東大に普通に受かる、上位なら東大に受かる、トップレベルなら東大に受かる、トップなら受かる、トップなら受かるかも、トップでも無理、トップで旧帝大が無理、トップで中堅国立が無理、トップで国立が無理、実際はこんなふうに色々です。

8.高校の進学実績は、上位の連中の良い結果ばかりに目が行きがちですが、中位の連中がどのあたりか、ということも押さえておかなければなりません。
その高校に入学したときに、上位になれる確率は低く、中位になる確率が高いのですから。
上位の一部しか記載してないような進学実績は、じゃぁ中位はどの辺りだろうね、と考えなければなりませんし、国立大学を一律に国立大学としか記載してなければ、難関国立大は居ないのね、と見なければなりません。
    • good
    • 1

高校の偏差値が50だとする。


しかしそこに通う生徒の成績はピンキリである。

全国模試をしたとする。
トップの奴は70でも80でも取るかもしれない。
ドベやつは当然50に達せず、30以下になることもあるだろう。

偏差値50の高校の中に、80の奴と30の奴が同居しているのである。

80もあれば旧帝大も狙えるし、30であれば四流大しか行けないだろう。

高校の偏差値と個人の偏差値に相関はないのである。
当然、どの大学に行けるかも本人次第である。
    • good
    • 0

既に回答にあるけれど、偏差値というのは、ある試験を受けた同じ母集団の中での「自分の位置」を知るためのものです。


高校の偏差値がいくつ、大学の偏差値がいくつ、というのは、「この模試を受けた受験生の中で、これくらいの偏差値の人が、この高校・大学に合格する可能性は50~60%」という、過去の統計から塾や予備校が計算した目安です。
高校受験と大学受験では、母集団が異なります。母集団が異なる偏差値を比較しても、意味がありません。
「X県の高校を受験したときの順位」を示す数字で、「全国の大学進学希望者の中での順位」がわかるわけないじゃないですか。

ただ、偏差値という数値そのものではなく、X県の中での高校の序列の目安としての偏差値として考えて、高偏差値=高学力、という目安として見るならば、高校の偏差値は、進学できる大学の偏差値と多少は関係してきます。
ですが、「高校の偏差値が……だから、偏差値……くらいの大学は受かる」というのは、幻想です。
「偏差値○○のA高校からは、偏差値××のB大学に何人も受かっている」という、過去の進学実績を参考に、「偏差値○○の高校なら、偏差値××の大学に受かる」という単純化された図式ができてしまっているだけです。
実際には、A高校にだって成績トップから落ちこぼれまでいるわけで、生徒間の学力の開きはかなりあります。
もちろん、トップ進学校の場合、高校入学時点でその都道府県の中学生の中ではトップクラスの学力があったわけで、進学校でレベルの高い授業を受けていたら、落ちこぼれといえども「落ちていく限度」がある、ということはあります。でもそれは、下位レベルの高校の落ちこぼれと比較しての相対的な話であって、「偏差値○○の高校なら、偏差値××の大学に受かる」という、最低学力保証のような話にはなりません。
    • good
    • 0

大学や学校の偏差値、とか、そもそも偏差値って何か、全く解って無いでしょ。



偏差値って試験を受けた人達の中での順位です。

10,000人中
偏差値50なら5,000番
偏差値60なら1,600番
偏差値70なら220番
偏差値40なら6,600番

大学や学校の偏差値
大学や学校を受験する受験者の統一模試での順位の平均。

例えば、偏差値60の大学なら、合格者の平均が、高校の統一模試で10,000人中1,600番くらいの生徒だった。

と言う意味に過ぎない。

高校なら中学での成績、大学なら高校での成績が関係する。

質問の様な図式は成立しない(対象となる母集団が違う)
    • good
    • 0

現在の自分の偏差値のほうが参考になりますので、、、


模試を受けて、立ち位置を確認してください。
    • good
    • 0

偏差値て何か知っていますか?


簡単に言うと、「その試験を受けた人の中でどのくらいの位置か」を表しています。
平均点をとると偏差値は50となり、自分の点数が平均点より高くなるほど偏差値も高くなるのです
利点は、平均点が異なるテスト同士を比較できるという点もあります。

あくまで、自分の立ち位置が解るだけでのものです。

あなた様は、その大学の偏差値の基準となる 試験を受けた事が無いのですから
何の目安にもなりません

高校も、偏差値を使うのならば これぐらいの事生徒に教えるべきでしょうね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング