これからの季節に親子でハイキング! >>

理論的に、先物の価格は、3月物と6月物で、異なるのでしょうか?

異なるのであれば、それは、risk-free rateになるのでしょうか?

それとも、オプションのように、時間的価値が存在するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結論を言えば先物限月間裁定取引はプロが行う取引環境でなければ鞘取りは非常に難しいです。


(例外はもちろんあります。プロが狙っていない時。アバウトですが本当にそうです(;^_^A)
これは素人では非常に難しい鞘取りになると思って頂いて結構です。相場のプロがほぼ常に狙っていますから。。。取引端末の情報や執行スピード等、環境の違いは大きいです。

あまり難しい事は言えません(分かりません)が、#3さんの数式を参考にして頂くと、大体の答えはでます。

が、実践では理論通りにはならない事もあるのは、多々です。実際、12月物と3月物は最終日は理論価格と離れた価格で取引されています。
何故か?需給がそうさせるからです(;^_^A
相場の本にもありますが、基本的に需給が相場を決めるのです。
需給に逆らって利益を得られるのは、実践で見る限りは現物と先物の裁定だけと思います。
先物と先物の限月間はSQ決済では100%の利益確定取引は出来ません。(これは御存じと思いますが)
理由:需給が最終的に大きなウエィトを占める為。

(1)日経平均の配当落ち分とは、どのように計算される のでしょうか?

恥ずかしながらパスさせて下さい。(;^_^A
パスする理由:情報端末が勝手に計算してくれるから私は考えた事ないんです。。。_| ̄|○

(2)3月のSQ日後で、3月25日位(配当落ち日)の間は、 現物は、6月ものより、配当分だけ高く取引される、 ということでしょうか?

そう思って頂いて結構です。
要は、現物は配当をもらえる、先物は配当をもらえない、ゆえに現物の方が高く取引されるのです。
(日本ではキャリーコストが安いためです。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

だいぶ理解できて来ました。

お礼日時:2004/12/24 01:01

参考


○先物理論価格=日経平均株価×{1+(短期金利-配当利回り)×満期までの日数/365}
○裁定
 ttp://www.nomura.co.jp/terms/sa-gyo/saitei.html

最終的には、理論と実際の違いに踏み込んでいくことになると思うのですが、その違いについては絞り込んだ上で別途質問されると、専門の方から回答を得られるかもしれません。
現物間、限月間、対オプション・・・、乖離発生と解消までの時間経過の違いなどにより様々な事が考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

非常に参考になりました。

初めて、限月間スプレッド取引をしたのですが、
先物価格がどのように決定されるか、知らずに
やっている自分が馬鹿でした。

もっと、勉強します。

お礼日時:2004/12/22 22:46

自信はあるようなないような・・・ですが・・・


結論から言うと#1さんの言うとおり、3月物と6月物を比べると配当落ちの要素(3月配当落銘柄が日本は多い)が一番大きい為、配当落ち分、先物価格(6月物)は3月、現物価格に比べて安い値段
で取引されます。配当落ち後に現物ともあまり乖離のない(キャリーコストAND配当落ちを除いた分。ほぼゼロ)値段に
落ち着きます。ですのでrisk-free rateではありません。(3月物と6月物の場合)


後、オプションのような時間的価値は先物には
ありません。時間的価値があるからこそ
オプションなので…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
出張でしたので、お礼が遅れてしまいました。

時間的価値がない点やrisk-free rateは関係ないことが理解できました。

なるほどと思う反面、でもまだわからないことがあります。

(1)日経平均の配当落ち分とは、どのように計算される のでしょうか?

(2)3月のSQ日後で、3月25日位(配当落ち日)の間は、 現物は、6月ものより、配当分だけ高く取引される、 ということでしょうか?

 たびたびの質問失礼します。お暇でしたら、教えて ください。

お礼日時:2004/12/21 22:34

3月、9月は配当落銘柄が多いので・・・。

単純すぎますか?外していたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
出張でしたので、お礼が遅れてしまいました。

まだわからないのですが、3月限月であれば、配当落ちの前になるのでないでしょうか?

また、配当前だから3月が高くなるのであれば、12月現在の現物と3月先物の価格は、理論的に、常に配当分、3月先物が高くなっていることになるのではないでしょうか?また、配当が原因であれば、3月物と9月物は、同じ価格になるということでしょうか?(中間配当を前提にしています)

たびたびの質問失礼します。お暇でしたら、教えてください。

お礼日時:2004/12/21 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日経平均株価と日経先物の価格差について

2013年2月14日の日経平均株価は11000円くらいで、日経先物はその夜11300円くらいまで上がりました。このまま円安が続くと、どんどん値差が開いて行ってしまうと思うのですが、どのようにお互いの値差を縮めるのでしょうか。2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?

Aベストアンサー

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が日経先物よりも高くなったら日経平均の採用銘柄を(全て対象として日経平均への寄与度に応じて←少しやっかいなので括弧書き^^;)売って、日経先物を買えば、SQで「確実に」利益になります。日経平均が日経先物よりも安くなった場合はその逆です。このような取引を裁定取引といい、繰り返しますが、「絶対に」利益になるのです。

「絶対に」利益になることが分かっているのですから、やらない手はありません。事実、大手の証券会社ではコンピューターを使って常に日経平均と日経先物の乖離を観測し、少しでも有意な差が生じたら裁定取引を実行します。ここで大手の証券会社と書いたのは、日経平均の採用銘柄は225もあるので、それを一度にそして瞬時に売買するのは個人等では無理だからです。

そして、絶対に利益になるのですから、皆がその瞬間を虎視眈々と狙っているわけです。結果、有意な差が開くか開かないかのすれすれのところで裁定取引が実行されてしまうので、日経平均と日経先物は差が解消されてしまいます。よく日経先物に引っ張られて日経平均が動くと言われますが、日経先物はそれ自体が一つのデリバティブなので、日経平均を動かすより簡単に操作できるので、意図的に日経先物を動かして裁定取引を狙うような手法が成立するために、日経平均が日経先物に引っ張られるような動きが生じることがあるのです。(これとは別に、例えば、相場や株価全体を動かすような経済要因(テロとか)が発生した場合にまず日経先物が強烈に売買される、ということもあります)

そして、今は日経先物は夜間でも売買できるようになりました。ダウなどの動きにより日経先物が大きく動くことは当たり前に生じます。(2月14日夜間もそうだったんですね)
で、次の朝、東京市場が開いて日経平均が決定されるわけですが、先物が大きく動いた場合などは中々日経平均の値が決定されません。なぜなら、225個の個別株では買い気配(や売り気配)が続いてしまうので、225銘柄の全ての株に値段が付くまでに時間がかかることが多いからです。そうして、結果的に決まった日経平均は日経先物と限りなく同じものとなります(これを鞘寄せといいます)。そうでないと裁定取引が成立してしまうからです。
ご質問者が指摘されるような「2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?」というような作用は一切なく、日本時間でも日経平均が上がると予想されれば、日経先物は9時からドンドンと上昇することもありますし、そんな時は日経平均はいつまでも決まらないこともあります。

少し長くなりましたが、日経平均と日経先物の大まかな関係は以上のようなものです。

さて、最後にSQまでの日経平均と日経先物が完全に一緒か?というとそうでもないことにはお気付きでしょう。その差は主に金利などに由来するのですが、ここから先は理解を深めるため、ご自身で勉強されることをお勧めします。

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が...続きを読む

Q限月が違う先物の値段

限月が違う先物の値段について質問があります。

(1)
期間が長い先物の方が値段が高いのですが
これはオプションの時間の価値(時間のプレミアム)みたいな
ものがあるから高いのでしょうか?

(3)
また、この差は縮まっていくのでしょうか?

CME E-mini S&P 500
限月     プライス
MAR 15, 2007 1443.25
JUN 14, 2007 1456.50

CME EUR Futures
限月     プライス
MAR 19, 2007 1.2977
SEP 17, 2007 1.3046
DEC 17, 2007 1.3070

日経平均先物も調べましたが限月が後の方が値段が安かったです。
裁定取引をおこなおうと思っております。
ご教授宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

株式指数先物における現物と先物の理論的価格差がどう決まるかについては、参考URLにいれたWEBをご覧下さい。

さて、そのWEBを読んで理解して頂ければ、後の質問は自ずからわかるはずですが、一応お答えしておくと、
1.期間が長い先物の方が値段が高いのですが、これはオプションの時間の価値(時間のプレミアム)みたいなものがあるから高いのでしょうか?
時間が関係しているのは事実ですが、オプションの時間価値とは全く別のものです。オプションでは、満期までの時間があればあるほど、原資産の価格が動く可能性は高くなります。ですから、オプションでは、傾向としては、時間価値は日に日に少なくなっていきます。

先物での期近と期先の価格差は、それぞれの満期日が固定されているので、日数の差は、いつまでたっても変わりません。価格差を動かすのは、金利の変化、予想配当金の変化、その二つだけです。

2.この差は縮まっていくのでしょうか?
上に述べたように、日数は変わらず、後は金利と予想配当金次第ですから、日数がたつにつれて縮まるとか拡大するとかは、どちらとも言えません。(通常は、大して変わりません。)

3.為替先物の、期近・期先の鞘も、株式先物と同じ様に決まります。つまり、売っている通貨の金利分だけ、先物は安くなり、買っている通貨の金利分だけ、先物は高くなります。(参考URLでの配当金収入を、売っている通貨の利息に置き換えれば計算できます。)

参考URL:http://www.nomura.co.jp/terms/japan/sa/saitei.html

株式指数先物における現物と先物の理論的価格差がどう決まるかについては、参考URLにいれたWEBをご覧下さい。

さて、そのWEBを読んで理解して頂ければ、後の質問は自ずからわかるはずですが、一応お答えしておくと、
1.期間が長い先物の方が値段が高いのですが、これはオプションの時間の価値(時間のプレミアム)みたいなものがあるから高いのでしょうか?
時間が関係しているのは事実ですが、オプションの時間価値とは全く別のものです。オプションでは、満期までの時間があればあるほど、原資産の価格が...続きを読む

Qサヤ取りをしたい! ぜひ教えてください。

日経225先物を買って(売って)ETF(日経225連動型)を売る(買う)というのはどうでしょうか。

先物の証拠金1枚60万円,連動型100株170万円,合計230万円あれば出来るのでしょうか。
初心者ですが,ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

裁定取引と言っても、鞘取りといっても、同じ事だし、株式市場でも、裁定取引ではなく鞘取りと言う人もいくらでもいますが、いずれにしろ、価格変動リスクが事実上ゼロのものから、銘柄間の鞘取りなど、結構リスクをとるものまであり、裁定取引という言葉自体がかなり曖昧な概念なので、一般論としては、「素人には裁定取引は無理」とか「パラメータがどうした」とかは、あまり関係ないです。また、質問にある裁定取引は、かなり単純な例なので、電卓すら要らないと思います。
しかし、こういう単純な裁定取引の場合、最大のネックは手数料です。個人の場合、どうやっても手数料は割高になるので、手数料を払っても鞘が残る程価格に歪みがでないと、できません。いわゆる「プロ」と言われている人達は、一定の期間内に一定の利益を上げる事を要求されているので、確実に儲かる取引は必ず全部やる、というわけではありませんが、「それで確実に儲かるのであれば、機関投資家がとっくに実行しています。」というNo.1の方の回答は、ある意味で真実を突いています。商品にある程度の流動性(売買の活発さなど)があると、額としてもそこそこの利益が期待できるので、「プロ」と言われる人達が入ってきてしまいます。
個人も価格変動リスクがゼロに近い裁定取引が可能になるのは、出来立ての先物・オプションとか、まだ未成熟の商品に限られる傾向が、明らかにあります。(金先オプションが出来たての頃は、オプションの事が何もわかっていない個人が参入してきて、多少オプションが分かっている程度の個人でも、価格変動リスクがゼロの裁定取引は可能だった、と聞いた事があります。日経225のオプションも、出来立ての頃は、かなりミスプライスが多く、私自身、結果的に手数料を払っても絶対に儲かってしまうポジションが出来てしまった事はあります。その当時の手数両立はベラボーに高かったのですが…)

まぁ、225先物とETFの最良の売値・買値がわかる環境にすれば、手数料を取り返せる程、価格が歪むかどうかは、直ぐにわかります。で、充分な価格の歪みを発見できたら、後は如何に注文を素早く執行するか、という点にかかってきます。ETFが充分に成熟した商品であれば、手数料を払っても鞘が残る程、価格が歪む事は滅多になく、板を一生懸命見ている時間が無駄、という結果になります。こうなると、いくら経験を積もうが、どんなソフトを導入しようが、どうにもなりません。偶々出来たとしても、それは単なる幸運に過ぎません

裁定取引と言っても、鞘取りといっても、同じ事だし、株式市場でも、裁定取引ではなく鞘取りと言う人もいくらでもいますが、いずれにしろ、価格変動リスクが事実上ゼロのものから、銘柄間の鞘取りなど、結構リスクをとるものまであり、裁定取引という言葉自体がかなり曖昧な概念なので、一般論としては、「素人には裁定取引は無理」とか「パラメータがどうした」とかは、あまり関係ないです。また、質問にある裁定取引は、かなり単純な例なので、電卓すら要らないと思います。
しかし、こういう単純な裁定取引の...続きを読む

Q日経先物のロールオーバーについて

例えば半年後の先高を想定して(ここはツッコミなしで)、ロングで建てているとします。当然ロールオーバーが必要となります。2007/2/8の3月限終値17510、6月限は17480円でした。この日に行ったなら、30円ですが、高く売って安く買うという結果になり、個人的には文句無く、逆にありがたいのですが、何か落とし穴でもあるでしょうか。先物はやっているのですが、ロールオーバーの経験がありません。

Aベストアンサー

ロールオバーとは プロがやること

 裁定取引に伴い 次限月に持越しを言います。
 基本大きくポジションを動かす所は 現物株 トピックス等との
 組み合わせでの裁定取引なのでロールオバーと言う言葉が出てきます。
 

 限月に建てポジションはその限月でしか精算出来ませんので
 3限月で買いポジションが有ったとすれば
 3限月でそのポジションを精算して
 6限月の買いポジションを作ると言うことです。

 基本 安い価格でのポジションの入れ替えは出来たと言うことですが
 その後 価格が上がる下がるは解らないので
 単純に次限月が安いから 次限月を買うと言う発想には成りません
 
 また6限月が安いのは 配当権利落ち分が考慮されています。
 50円程度差があっても良いと思うんですけどね・・。
 

Q日経225先物とCME日経平均先物との関連性について教えて下さい

最近日経225先物取引を始めました
今苦戦していて勉強中です
そこで初歩的な事だと思うのですが教えて下さい
日経225先物とCME日経平均先物との関連性についてどなたか教えて頂けませんでしょうか?CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。
後、CMEにはドル建てと円建てがあるみたいですがどう違うのでしょうか?金額にして100円位違ってる時もあるのですがどちらをどう参考にしたら良いのでしょうか?
一般的にはドル建てが参考資料として載せられてますがどうしてでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、


> CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。

日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。
したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の
終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。

CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に
下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための
裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、
寄り付きから大きく値下がりする可能性が高まります。




>CMEにはドル建てと円建てがあるみたいですがどう違うのでしょうか?


日本円で日本の商品の、大証の日経225先物に投資する場合は、
為替リスクを考える必要がありませんが、CMEの日経225先物
に投資している海外投資家は、ドルなりユーロなりを円に換えてから
日本の商品に投資しますので、為替リスクが発生します。


海外の投資家が、単に日経225ではなく、
ドル建での日経225を考える必要がありますのは、
日経225の上昇下落の予想だけでは投資がしにくいので、
ドル建の日経225を上場して、為替リスクを考えなくて良いように
しているのだろうと思います。




> 一般的にはドル建てが参考資料として載せられてますがどうしてでしょうか?


また、ドル建てと円建ての価格差の原因は、
ドルと円の金利差を反映したものです。

ドル金利をベースに理論値を計算するので、
円建てより80円~100円くらい高くなります。


それと、建玉ですが、円建日経225よりもドル建日経225の方が多いので、
より活発に取引されていることがわかります。


ですから、
ニュース報道ではドル建ての値を使用することが多いようです


それと、ドル建ての値を使用するのは、
「あくまでも単に過去の習慣?」 という説のもあります・・・。

こんにちは、


> CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。

日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。
したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の
終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。

CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に
下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための
裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、
寄り付きから大きく値下...続きを読む

Q日経平均先物の限月の乗り換えは、いつする?

 日経平均先物の限月の乗り換えについて、お尋ねします。日経平均ミニの場合、現在、9月限と12月限があり、12月限はまだ出来高が少ないです。今度のSQは、9月8日であと二週間くらいですが、いつ頃から12月ものの取引は活発になるのでしょうか?
 また、12月限が、9月限や現物よりも少し安いのは、なぜでしょうか?

Aベストアンサー

また、12月限が、9月限や現物よりも少し安いのは、なぜでしょうか?

配当の落ち分があるからですね

 3月時は、30円くらい安かった・・
 これも3月末の配当落ち分です

12月ものの取引は活発になるのでしょうか?

 9月のSQすめば増えます

Q株式の譲渡益が多くなれば、健康保険料も多くなりますか?

株式の譲渡益が多くなれば、健康保険料も多くなりますか?

普段の世帯の収入は年金所得200万とします。
今年度だけは、株式の譲渡益の収入が300万有ったとします。
その場合は、健康保険料は収入が500万として計算されるのですか?
それとも、株式の譲渡益は健康保険料の計算からは除かれるのですか?
実際に今期に来た健康保険料の請求書には、株式の譲渡益も含めた500万で計算されているみたいです。

詳しい方のアドバイスを下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>株式の譲渡益が多くなれば、健康保険料も多くなりますか…

「特定口座源泉あり」で確定申告不要の場合を除いて、国保税に反映されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1476.htm

配当金については、申告不要制度が適用されるものを申告すれば、国保税のみならず、市県民税にも反映されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

国保税や市県民税の課税根拠となる所得のことを「総所得金額等」と言い、その定義は、
------------------------------------------------------
以下の合計金額
1. 純損失、特定居住用財産の譲渡損失又は雑損失の繰越控除後の総所得金額
2. 土地等に係る事業所得等の金額(平成10年1月1日から平成20年12月31日までの間については適用なし)
3. 分離短期譲渡所得の金額(特別控除前)
4. 分離長期譲渡所得の金額(特別控除前)
5. 株式等に係る譲渡所得等の金額(特定株式に係る譲渡損失の繰越控除の特例の適用後の金額)
6. 退職所得金額(2分の1後)(分離課税の対象となる退職所得金額を除く)
7. 山林所得金額(特別控除後)
8. 先物取引に係る雑所得等の金額
(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan
------------------------------------------------------
とされています。
5.番が御質問の答えです。

======================================================

譲渡益も配当金も、確定申告不要の場合でもあえて申告すれば、源泉徴収として先払いした税金の一部あるいは全部が返ってくることもありますが、翌年の市県民税と国保税に反映されるので、総合的に良く検討しないと損をすることがあるということです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>株式の譲渡益が多くなれば、健康保険料も多くなりますか…

「特定口座源泉あり」で確定申告不要の場合を除いて、国保税に反映されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1476.htm

配当金については、申告不要制度が適用されるものを申告すれば、国保税のみならず、市県民税にも反映されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

国保税や市県民税の課税根拠となる所得のことを「総所得金額等」と言い、その定義は、
------------------------------------------------------...続きを読む

Q最近 日経先物と日経現物との価格差が50円程ありますが・・・

最近 日経先物と日経現物との価格差が50円程ありますがこれは、なぜですか?

(1) 普通は、近いところで推移するはずなのに最近は乖離しています。
その理由はなぜなのか教えてください

(2) また、その価格差はいつ元に戻る(乖離が少なくなる)のでしょうか?

(3) その乖離が少なくなる推移の仕方は、現物が先物に近づいていくのでしょうか?
それとも、現物に先物の価格が近づいていくのでしょうか?

もしくは、現物、先物の中間価格に近づいていくのでしょうか?

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

nariyukiさんもだいたいはわかってたんですね。
これから先はかなり自信ないので私の想像とゆうか妄想とでも思って読んでください。^^;
(株取引は経験者ですが先物はやった事ありません。ごめんなさい)

今現在の先物は4月以降のものだと思いますので、
日経平均現物3・28以降を予測してるんだと思います。
そこで来週3・28になってからですが、
現物がそれほど下がらなければ先物も上げてくるのではないでしょうか。
逆に下げが大きければ先物もそれに寄せて下げると思います。
現物でも権利落ちで下げるのもあれば、
そんなのものともしないで上げるのもありますからね。

はっきりした事回答できなくてごめんなさい。(*∩_∩*)
キチンとした事、他のプロの方回答してくれると嬉しいですね。

Q日経225先物の過去5年分のチャートが見たいです。

日経225先物の過去5年分のチャートが見たいです。
日経225先物(主にミニ)を個人で取引している者です。
ローソク足のほか、移動平均線、ボリンジャーバンド、MACDなどのテクニカル指標を過去に遡って
表示できるチャートソフトはありませんでしょうか?無料、有料問いません。
楽天証券、マネックス証券などの証券会社が提供しているチャートは最近のものしか表示されないので、
色々探しています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 Hidocchiと申します。

 以下のソフトはいかがでしょうか?

 ご要望の指標は全て表示可能ですし、5年以上のものが分足(1, 5, 15分等です)表示可能です。

http://www.nk225f.com/menu/karubitools/kc_offer/


 ご参考になれば幸いです。

Q権利落ち日のGD分をノーリスクで取れる?

たとえば、
3月権利落ちの前日終値で先物を売るとします。
そして翌日寄りで買戻し。

翌日寄りは、現物気配とその集合体である日経平均は
権利落ち分GDしているでしょうからノーリスクで儲けることができるやん!
と思ったのですが、そんなうまい話はあるのでしょうか。

それとも、普段は現物(225平均そのもの)と先物とはほぼ一致して動いているように見えますが
権利つき最終日に近づくにつれ、先物は権利分を徐々に織り込み(現物の下方向に乖離)、
先物を売ったとしても結局ニュートラルになるのでしょうか。

詳しい方、御教授願います。

Aベストアンサー

3月限月の先物は3月8日のメジャーSQで清算されます。翌営業日からは期近が6月限月になります。
6月限月は当然3月の権利落ちを織り込んでいるのでその分日経平均株価よりも下がっているはずです。なのでおっしゃるトレードは成立しえません。

6月限月の先物価格は日経平均株価よりも下でその後実際の権利落ち後に日経平均株価が6月限月にさや寄せする形になります。

参考:権利落ちを見越した日経225先物のショートは有効?
http://www.nikkei225-futures.com/nikkei/question_kenrioti.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング