チェーホフ短編集の中か何処かに大学生と言うタイトルの短編があります。
どなたかその本の題名を教えてください。
本を注文したくても正式な題名が解らず注文出来ません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

下記の本に大学生という短編小説があります。


【チェーホフ短篇と手紙 】
アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ [著]
神西清, 池田健太郎, 原卓也訳 ; 山田稔編
みすず書房 , 2002 , 277p.
販売価:\2,520(税込) (本体価:\2,400)

内容著作注記
かき / たわむれ / ヴェーロチカ / 美女 / 浮気な女 / ロスチャイルドのバイオリン / 大学生 / 中二階のある家 (ある画家の話) / ケースに入った男 / すぐり / 手紙
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
助かりました。
メールで質問した後もネットで一生懸命さがしたのですが、見つけられず、燈・誘惑の中の学生しか見つけられませんでした。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/19 19:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチェーホフ かもめの「「ロトー」ってなんですか?

こんばんは。

チェーホフの「かもめ」(4)幕に出てくる「ロトー」(どうやらビンゴみたいなゲーム)って、何なんでしょう?
どこの国から発祥したかとか、詳しいこと知ってる方、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

調べてみましたら、こんな紹介ページを発見しました。

http://www.rosianotomo.com/blog-mam/archives/2007/03/post_613.html

私も実物を見るのは初めてですが、ルールを知るとあのシーンもいろいろと合点がいくことが多いですね。

Q【難易度高】児童図書と大人向け文学のはざまの本、洋風の暮らしに憧れる女の子が出てくる短編集

ものすごく分かりづらい質問で恐縮なのですが、3年ほど前に図書館でお借りして読んだご本で、ハードカバーでした。児童図書にもなるようなやさしい内容で、短編集です。いろいろな女の子が主人公で、そのなかの一遍に家は普通の日本家屋で家族もいたって普通(主人公的にはそれがみすぼらしい、ださいと感じている)なのだけれど、洋風の暮らしに憧れて、ひとりで可愛いランチョンマットにサンドイッチなどつつんでおしゃれに食べたりするお話がありました。たしか小学生くらいだったと思います。

結局、その洋風願望が家族とのあつれきを起こし、現状を否定して自分をまるごと否定しているから苦しいのだ、あなただけ今を生きていないというような話をお母さんがしてくれるという流れだったのですが、その他のお話もとても印象的でした。

すごく好きなご本だったのになぜ買わなかったのか自分でも覚えていないのですが、図書館で借りてそれきりになってしまい、とてももどかしい思いをしております。
当時、森絵都さんをよく読んでおりましたので、森さんのご本を改めてみてみましたが、該当するものがみつけられませんでした。こんな内容なのでどなたもお分かりでないかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

ものすごく分かりづらい質問で恐縮なのですが、3年ほど前に図書館でお借りして読んだご本で、ハードカバーでした。児童図書にもなるようなやさしい内容で、短編集です。いろいろな女の子が主人公で、そのなかの一遍に家は普通の日本家屋で家族もいたって普通(主人公的にはそれがみすぼらしい、ださいと感じている)なのだけれど、洋風の暮らしに憧れて、ひとりで可愛いランチョンマットにサンドイッチなどつつんでおしゃれに食べたりするお話がありました。たしか小学生くらいだったと思います。

結局、その...続きを読む

Aベストアンサー

うーん。
これかなあ?
読んだことないけどね。
下記参照
http://iss.ndl.go.jp/sp/show/R100000002-I000001964066-00/

Qチェーホフに出てくる「三本ろうそく」って何ですか?

チェーホフの「かもめ」に出てくる「三本ろうそく」ってなんでしょうか。
13日とか三本ろうそくを怖がる、という文脈なので不吉なもののたとえの様ですが、由来をご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

そういえばそんな箇所があったなあ、と思ったので、本を見てみましたが、注解本にも何も書いてなかったので、「"Three candles",superstition」でググってみました。

一発目にでてくるサイト
http://www.angelfire.com/fl3/Defymcbeth/Super3.html
のcandle という項目を見てください。
「役者は一般に舞台や楽屋に三本の蝋燭があるのをきらう」とあります。
そうして、その起源は「衣裳や新しく塗ったペンキ(これは舞台装置のことでしょうね)は火がつきやすいから」とあって、「そのほかにも古い迷信、一番短くなった蝋燭に一番近い人が、まもなく結婚する、あるいは死ぬ、に基づいている」みたいなことが書いてあります。

ほかにもいくつか見てみたんですが、その起源はよくわからないけれど(実際、あらゆる迷信の起源というのはよくわからないもの、というか、起源がわかったらそれは迷信ではなくなるのかもしれません)、とりあえずは舞台での迷信にそういうものがあるらしい。
迷信、というか、「げん」かつぎというか、舞台では独特の言い回しがあるので、そういうもののひとつでもあるようです。

昔からの言い伝えが、舞台での「火事に注意」(実際、かつては劇場火災というのはしばしばありました)という確認事項に結びついて、こうした禁忌として残っていったのではないでしょうか。

『かもめ』という戯曲は、チェホフがトレープレフに「新しい形式が必要なんです」と言わせているように、従来の演劇を批判し、新しいものを作らなければならない、というチェホフ自身の試みでもあります。彼が批判しようとした古い演劇人(ここでは女優であるトレープレフのお母さん)を、この「三本のろうそく」という言葉に象徴させたのだと考えられます。

参考URL:http://www.angelfire.com/fl3/Defymcbeth/Super3.html

そういえばそんな箇所があったなあ、と思ったので、本を見てみましたが、注解本にも何も書いてなかったので、「"Three candles",superstition」でググってみました。

一発目にでてくるサイト
http://www.angelfire.com/fl3/Defymcbeth/Super3.html
のcandle という項目を見てください。
「役者は一般に舞台や楽屋に三本の蝋燭があるのをきらう」とあります。
そうして、その起源は「衣裳や新しく塗ったペンキ(これは舞台装置のことでしょうね)は火がつきやすいから」とあって、「そのほかにも古い迷信、...続きを読む

Qどなたかこの本の題名わかりますか?

ある本の一節らしいのですが、何の本の題名だかわかりません。どなたかご教授願います。

 「・・・いる板を一枚けずるのにさえ、まるまる四十二日間もかかるしまつだった。これが木挽き穴があり道具があれば、二人の木挽きが同じ一本の木から半日で六枚もの板がとれようというものであった。
 私の場合こうであった。大幅の板がほしかったので、切りたおす原木もそれに応じて大きな木でなければならなかった。この木を切りたおすのに三日間かかり、枝を払い、丸太というか材木にするのにさらに二日間かかった。それから、いうにいわれぬ心境をはらって、その丸太の両端を切り刻んでたけをつづめ、どうにか動けるようにした。それからそれを引っくりかえし、その一面を端から端まで板のように平たく滑らかにし、こんどはそれを下にしてその反対の面をまたけずり、やっとのことでおよそ厚さ三インチばかりのなめらかな板に仕上げるというわけであった。こんな板一枚に私がどれほど汗水をたらしたか、これだけでもわかっていただけよう。しかし、勤勉と忍耐この二つによって私はこの仕事だけでなく、そのほかの多くの仕事もやりとげたのである。私がとくにこのことをいうのは、ほとんど仕事らしい仕事もしないのに時間だけがどんどんたってゆくその理由を明らかにしたいからであった。手助けと道具さえあれば簡単にすむことも、ただ一人で、しかも素手でやれば、どんなことも厄介な仕事になり、お話にならないくらい多くの時間もかかるのであった。それにもかかわらず、私はただ忍耐と勤勉をもって多くの仕事をやった。いや、生きてゆくためには、必要な仕事はあらゆることをやったのである。それは次に物語ることによっても明らかだろう。・・・」

ある本の一節らしいのですが、何の本の題名だかわかりません。どなたかご教授願います。

 「・・・いる板を一枚けずるのにさえ、まるまる四十二日間もかかるしまつだった。これが木挽き穴があり道具があれば、二人の木挽きが同じ一本の木から半日で六枚もの板がとれようというものであった。
 私の場合こうであった。大幅の板がほしかったので、切りたおす原木もそれに応じて大きな木でなければならなかった。この木を切りたおすのに三日間かかり、枝を払い、丸太というか材木にするのにさらに二日間かかっ...続きを読む

Aベストアンサー

うーん、私も今手元に本が無いのでもどかしいのですが・・・。
もしかしたら池澤夏樹の「夏の朝の成層圏」かな?と思いました。
無人島に漂着した日本人の男の人がそこで静かだけどもたくましい生活をするストーリーです。

参考URL:http://www.impala.jp/bookclub/index.html

Qチェーホフの魅力とは何ですか

ロシア文学のチェーホフの素晴らしさって何なのでしょうか。
とても惹かれる作家ではあるのですが、何をもって評価されているのか、また、どういう視点で読んだらよいのかがわかりません。

ロシア文学というと難しい感じがするのですが、学生時代(随分前ですが。。。)にロンドンのバービカンシアターというところで、「三人姉妹」の舞台をみたときには、お客がいたるところでゲラゲラ笑っていたのが印象的でした。
日本では、チェーホフというと「お勉強」という感じで、芝居を観てもこうはいかないよなあと思ったものです。
実は、チェーホフって、何かユーモラスなところとかがあって、そこが魅力的なのかなとも考えました。

チェーホフの魅力や読み方について教えていただける方、また、「チェーホフは嫌い」という方でも、いろんな方のご意見を伺いたいです。ご回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

よくご存知なのに、知らないふりの、そんな気のする質問ではあります。
チェーホフはもともとユーモア雑誌にチェホンテという名で作品をのせていました。
ロンドンっ子もげらげら笑うんですね。ロシア人だけかと思ってたので興味ぶかいです。
興味ぶかいといえば、ハービカンシアターでは笑えましたか。
もし語学力に問題がなくて、笑えなかったのなら、笑いの起きない日本の舞台も、翻訳の問題ではなく、文化のちがいからくる感性のちがいなのでしょうか。
それにしてもふしぎですね。どこが魅力かわからないのに、とても惹かれる作家だなんて。
三浦哲郎も、「最初はとくにどこがいいのか、わからなかった。好きになったのは神西清の訳文が好きだったからかも」ということだそうですが、こちらは最初から、戯曲以外の全作品に吸い込まれてしまった口です。
絵や音楽とおなじに理屈ぬきにひとつの作品に魅了され、そこから、べつの作品にも興味をそそられてという順序で、わたしにとってのひとつの作品は、「ワーニカ」でした。
この小編をきっかけに、あとはむさぼるようにチェーホフ全集(中央公論)を読みすすみました。これを読み終えるともうチェーホフの作品は読むものがないんだと、最後の一巻がさびしかった。
チェーホフのなによりの魅力は、描く人間に親しみと共感を覚えることです。ひょっとすると、人間嫌いでもチェーホフの描く人間には愛情を覚えるかもしれない。そして、そこから人間嫌いが癒されていくこともあるのではないか、と思ったりもします。
それに自然の描写も無類にみずみずしくて、景色の中にじっさいいるような気持ちにさせられ、そこに話が展開するんですから、臨場感があって、小説を読みながら芝居を見てるんでしょうね。
チェーホフと出会えてラッキーでした。

よくご存知なのに、知らないふりの、そんな気のする質問ではあります。
チェーホフはもともとユーモア雑誌にチェホンテという名で作品をのせていました。
ロンドンっ子もげらげら笑うんですね。ロシア人だけかと思ってたので興味ぶかいです。
興味ぶかいといえば、ハービカンシアターでは笑えましたか。
もし語学力に問題がなくて、笑えなかったのなら、笑いの起きない日本の舞台も、翻訳の問題ではなく、文化のちがいからくる感性のちがいなのでしょうか。
それにしてもふしぎですね。どこが魅力かわからな...続きを読む

Q短編集で読書感想文。

短編集で読書感想文を書くには、どこに着目して書いたらいいですか??

Aベストアンサー

その本を読んだ感想を書けばいい訳ですから、長編でも短編でも書き方は変わらないですよ。

苦手な方にありがちなのは、物語の要約を書き記して「僕はこう思いました」「私はこう思いました」の繰り返し・・・。
これでは感想文ではなく作品論評ですから、そうではなく、その作品から感じた事を素直に文章で表現するだけでOKです。

物語の内容を読者に伝えるのが目的ではなく、その物語から自分は何を感じてどう考えたかを書く事が求められています。

Q飲食店を舞台にしたドラマや邦画、洋画

飲食店を舞台にしたドラマや邦画、洋画を教えてください。
居酒屋でもレストランでも飲食店のジャンルは問いません。

「王様のレストラン」 「かもめ食堂」 「バンビーノ」 「幸せのレシピ」などなど…

変な質問ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、パッと思い浮かんだところで、
・蒼井優「おせん」
・矢田亜希子「マイリトルシェフ」
・貫地谷しほり「あんどーなつ」
・ちょっと古いところで、中居くん主演の「味いちもんめ」
・かなり古いところで、萩原健一さん主演で「前略おふくろ様」
  さらに、これをセルフカバーしたような(倉本さん原案)ドラマで
  二宮和也くん主演の「拝啓、父上様」がありますね。
映画だと
「居酒屋兆治」高倉健さん主演。テレビドラマになった時は渡辺謙さん主演。

Qオススメの小説短編集

最近になり本を読み始めました。
短編集を主に読んでいます。
乙一、石田衣良、東野圭吾、宮部みゆきなどが好きです。
ジャンル・内容の暗さ・明るさは問いませんが、読んだ後前向きになれるような希望のある話が割と好きです。
海外のもの、30年以上昔のものなどはあまり好きではありません。

そんな私にオススメの短編集はないでしょうか?

Aベストアンサー

加納朋子さんに反応してらっしゃるのでこちらもオススメしてみますね。

加納さんと一時期セットのように言われていた北村薫さん。
ミステリの中でも「日常の謎」を得意とする方です。
私は特に『空飛ぶ馬』に収められた「砂糖合戦」という作品に当時(1989年に出た本です)うなりました。
この方の<覆面作家>シリーズは漫画にもなりました。

あと、矢崎存美(やざき・ありみ)さんの『ぶたぶた』シリーズ
いろいろな出版社から出ててちょっとまぎらわしいですが、読んだあとほんわかしてきます。
ご飯が美味しいとか、渡る信号全部青だった、とかそんな感じのことを「幸せ」と感じられるような。

ちなみに加納さんの『ささらさや』の続編『てるてるあした』は今度ドラマ化されるようです。

Qチェーホフの「賭け」の結末に関して

30年近く前に、教科書でチェーホフの「賭け」という作品を読んだことを思い出し、最近読み直しました。そしてこの小説の結末が、私が知っているものと少し異なるように思いました。今手元にあるのは、原卓也氏訳の中央公論社のチェーホフ全集(8)を元にしたポプラ社の「諸国物語」です。念のため英訳されているものも見てみましたが、いずれも結末が約束の時間の前に法律家が去っていき、銀行家が彼の手紙を金庫にしまうという結末でした。私の記憶では、もう一ひねりあったような気がするんです。もしかしたら、授業で先生が、最初の結末はこうではなく、こうなっていたんだというのを勘違いして覚えているような気もするのですが、チェーホフの「賭け」の結末について何かご存じの方がいらしたらご教授いただけるとありがたいのですが。

Aベストアンサー

手元にある中央公論社版『チェーホフ全集』で確認したのですが、『かけ』は二章からなっていて、
質問文のなかにもありますように、法律家が去って行き、銀行家が彼の残していった手紙を
金庫にしまうところで終わっていますね。

しかしながら巻末の解題を見てみますと、この作品、1889年に「『おとぎばなし』という題で
発表されたときは三章からなっていたようですが、1901年に出版した全集に収録する際に
作者が大幅に手が加え、ついには第三章をも削除してしまったようです。

解題にも第三章全文は紹介されていませんが、要約が書かれていますので簡単に紹介します。
(腑に落ちないのはこのことかなぁ。)

第二章の終わりから一年後、銀行家は夜会を開きます。客の大半は金持ちで、話が富や財産の
ことになってくると大半のものが富や財産を否定するわけです。ところが、そのなかでひとりが
「健康で、頭のいい人間で金を辞退するものはいない」と言い出す。
そこで銀行家は、かって理想のために大金を蹴った人(法律家のことですね)を知っている
と言って論争になり賭けをすることになる。銀行家が、喜びいさんで、法律家の残していった
手紙がしまってある金庫まできたとき、突然あの法律家が尋ねてくるのです。
そして、書物で知っていたのと違って人生はもっと魅力的だ、大金と言わないまでも少しでも恵んでくれ、
そうでなければ自殺するほかないと言われ、銀行家はそれを了承する。
そして銀行家は、この賭けに負けて破産してしまいます。

教科書で読まれたとのことなので、補足的に第三章の要約が載っていたか、もともとはこんな
話だったんだよ、と先生が説明したのを、記憶されているのではないでしょうか。
なぜ削除したかの理由は分かりませんが、チェーホフという作家は文章を
削り込んでいくので有名ですから、それなりの理由があったのでしょうね。

解決の手助けができたならいいのですが♪

手元にある中央公論社版『チェーホフ全集』で確認したのですが、『かけ』は二章からなっていて、
質問文のなかにもありますように、法律家が去って行き、銀行家が彼の残していった手紙を
金庫にしまうところで終わっていますね。

しかしながら巻末の解題を見てみますと、この作品、1889年に「『おとぎばなし』という題で
発表されたときは三章からなっていたようですが、1901年に出版した全集に収録する際に
作者が大幅に手が加え、ついには第三章をも削除してしまったようです。

解題にも第三章全文は...続きを読む

Qお薦めのサイコサスペンス短編集

お薦めのサイコサスペンスの短編集を
教えてください。
サイコサスペンスと言えるのかどうか、
小池真理子や乃南アサの短編集が好きで
読んでいましたが、もう読みつくしてしまいそう
ですので、似たようなもの=日常の中に潜む
恐怖を題材としたもの を(それ以外も面白ければ)
まだまだ読みたいので、作者は男女問わず、面白そうなものを
教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

まず最初にお薦めしたいのは今邑彩さんです。
「よもつひらさか」「鬼」あたりが入手可能です。両方とも短編集で、ホラーっぽいミステリが多いです。

次に新津きよみさん。こちらの方がご希望に近いかな。
それほど読んでいないのですが、「返す女」という短編が良かったです。「左手の記憶」という短編集に入っていました。

他には夏樹静子さんの初期短編にもそういったサスペンスものが多かったと思います。
「見知らぬわが子」「夏樹静子のゴールデン12」など。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報