ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

「心に何を思い」にある「に」は場所か対象どちらを表すのでしょうか?

「「心に何を思い」にある「に」は場所か対象」の質問画像

A 回答 (4件)

格助詞「に」は着点の意図を表わします。



「心に何を思い」
「何らかの思うこと」が、心という場所に [ 落ち着く形で収まる ] という動的な意味が含まれている。
一応「場所を表わす」と覚えても構いませんが、本質的な意味としては、単純な「場所」とは異なります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/10/24 11:44

思う、動詞の対象、これだけで理解可能になるのが本来は望ましいのです。


「に」は目的格、目的の意味が広い意味で、動きの目的(対象)という意味です、それが場所の場合は、場所、時刻の場合は時刻と説明されるだけです。
    • good
    • 0

格助詞「に」は空間的な位置付けの意識を表わし、思う場所が「心」であることを表わしています。

    • good
    • 1

心で何かを思い、ということかなって私は思いました!

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング