質問するカテゴリがあっているのかどうかわかりませんが質問させてください。
大事なこと(緊張したりプレッシャーがかかるということがわかっている時、要するに、受験や試験などのことです)がある前の日の夜必ずといっていいほど体の調子が悪くなるんです、症状は、寝つけない、寝てもすぐに目が覚める(この二つは体験する人も多いと思いますが)、おなかを壊す、吐き気がする(もどすこともある)、熱がでる、という風にけっこうつらいです、で、こうならないようないい方法があったら教えてください、できれば体験談(自分はこうして直した、もしくは防いだ)という話もききたいです。お願いします。

A 回答 (2件)

こんにちわ。

mashiro78です。

医者に相談するのもいいですが、精神科もいいですよ。
精神科といっても、重度の精神患者ばかりが利用しているわけではなく、
masatosanさんのような悩みも相談にのってくれるそうですよ。
私の知り合いも通っていますが、人には言えない悩みを相談することによって、
ずいぶんラクになったと言います。(症状が軽減された)
もちろん、安定剤などももらえるそうですし。
利用者も結構多くて、普通の女子高生なんかもいるらしいです。
(それだけ、日本は病んでるってことなのでしょうか・・。)
つまり言いたいのは、このような症状で悩んでいるのはあなただけではない
ということです。
(アメリカなどでは、あたりまえの制度だそうです)

ネットなどでも検索できるようです。
興味があれば、調べてみてください。

あんまり参考にならないかもしれませんが。。。
一日も早く、体調が改善されることを祈っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなってすみません。
情報ありがとうございました。
病院ですか、年に数回しかないことなのでそのために病院にいくのはちょっと、けど一度いってみるのも一つの手段として覚えておきます。ありがとうございました。
18才位の男もいったりしてるんですか?

お礼日時:2001/08/10 16:10

私は人前で喋るのが苦手で、そのくせ、仕事で、毎週1回、大勢の前で1時間以上喋らないといけないです。

週はじめからだんだんと気分が暗くなってきて、喋る当日になると、食欲ががっくりなくなり、必ず下痢をしてふらふら、というのをここ数年繰り返しています。それでも、だんだん慣れてきて、症状は軽くなってきています。単に慣れてきただけではなく、特に自分で努力した事、効果があったと思う事は、喋る内容の準備をできるだけ前からすること、不安を感じたら繰り返しシミュレーションをして過ごす事です。これによってお腹をこわさなくなるわけではないのですが、心に余裕ができて気分は相当マシです。

受験ということですから、私の場合とは違うとは思いますが、行動の仕方によって多少改善する場合もあるんだという事、一応御参考まで、お伝えします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れてすみません。
お答えいただきありがとうございます。
努力をして自分に自信をつけろということでしょうか?たしかに一理あるかもしれませんね、わたしはもともと勉強をするということが苦手なんで、そのせいもあるとおもいます、余裕で受かる位きちんと勉強すれば、いちいち落ちる心配とかしないでいいですからね、これからは少しずつでも勉強をしていこうと思います。(できるかなぁ)

お礼日時:2001/08/10 16:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胃の全摘手術の体験談

76歳の父が胃癌を患い、一度、開腹手術し、胃を切ったのですが、しかし一年後再発し、今度、胃を全摘することとなりました。身近に胃の全摘手術をした高齢者がいないため、手術の際のリスク、また術後の生活のことなどが具体的にイメージできません。胃の全摘手術をした方のドキュメント本、またはホームページ等がありましたから、教えていただきたいのですが。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

お父様の闘病ご心配でしょう。お察しします。実は私の父(75才)は10年ほど前に胃がんを患い、その時に胃の1/3を摘出しました。その後順調な経緯でしたが昨年5月に胃がんの再発、手術をし残り2/3を取り除き、つまり全摘出をしました。手術の際のリスクなど執刀医とも納得のいくまで話し合いました。胃の全摘出といっても手術自体の危険度はそんなに高くなく、父が最初の胃がんの手術をした頃より時間も短縮また医療技術の進歩で大勢の方々がいの摘出手術をしているので心配はないと思いました。実際手術は3~4時間ほどで終わり、術後のケアルームに2晩(その病院では手術をした方々は皆そこに入ります)、その後は自室に戻り、手術後数日くらいで重湯を食するようになりました。やはり個人差によりますが、胃がんの進行段階、ほかに転移しているかしていないかで手術内容も違いますし、また術後は以前のような食生活には戻れますが、全摘出をすると小腸と食道を繋ぐので、やはり食道に食べ物がつかえ易いので、ゆっくりよく噛んで食事をするようにするなどあります。またダンピング症状などもありますので日常生活に戻って最初の短期間は食事に関しては注意するなどありますが、知り合いの83才の方はやはり胃がんの全摘出手術を受けられましたが、元気に回復されゴルフや旅行を楽しむなど普通の生活をしていらっしゃいます。参考になるかどうかわかりませんが、下記のサイトは国立がんセンターの胃がんに関しての術前、術後の全般的説明が載っています。お父様の一日も早いご回復をお祈りいたします。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010238.html

お父様の闘病ご心配でしょう。お察しします。実は私の父(75才)は10年ほど前に胃がんを患い、その時に胃の1/3を摘出しました。その後順調な経緯でしたが昨年5月に胃がんの再発、手術をし残り2/3を取り除き、つまり全摘出をしました。手術の際のリスクなど執刀医とも納得のいくまで話し合いました。胃の全摘出といっても手術自体の危険度はそんなに高くなく、父が最初の胃がんの手術をした頃より時間も短縮また医療技術の進歩で大勢の方々がいの摘出手術をしているので心配はないと思いました。実際手術...続きを読む

Q自律神経失調症なのですがすごいプレッシャーに困っています

現在、私は病院から自律神経失調症と言われていて
以前は症状が出ると家から一歩も出られないくらい体調を崩してしまいました。

このようになったのは私は今の学校を8月に
卒業したら就職をすると決めているのですが
家族がそれ以前から連日のように「絶対に就職するんだね」とか
「お前に食べさせてもらえるんだな」とか
過度のプレッシャーをかけるのが原因だと言われています。

それでそのようなことを言ってくる父親に母親が
「そういうプレッシャーをかけると
症状が出ちゃう性質なのだから言うんじゃない。
8月に卒業したら就職すると約束しているのだから静かに待つべき」
と厳しく言って言うのを辞めて改善の傾向が見られていました。

しかし最近になって既に就職しているクラスメイトの方が
全く同じようなことを言ってきます。
(クラスメイトと言っても年齢は倍以上離れています)
授業で週に2回ほど会うのですが会う度に
「8月まで待っていないで早く就職するべき」と言ってきます。
会う度に言われているので精神的にかなり参っています。
と言って親が言ってくるように注意するわけにも行きませんし
今更、学内のパートナーを変更するわけにも行きません。

私のために言ってくれているのかもしれませんが
私は8月に就職をすると決めているしただのプレッシャーにしか感じ取れません。
何か良いアドバイスがあったらよろしくお願いします。

現在、私は病院から自律神経失調症と言われていて
以前は症状が出ると家から一歩も出られないくらい体調を崩してしまいました。

このようになったのは私は今の学校を8月に
卒業したら就職をすると決めているのですが
家族がそれ以前から連日のように「絶対に就職するんだね」とか
「お前に食べさせてもらえるんだな」とか
過度のプレッシャーをかけるのが原因だと言われています。

それでそのようなことを言ってくる父親に母親が
「そういうプレッシャーをかけると
症状が出ちゃう性質なのだから言う...続きを読む

Aベストアンサー

大変ですね・・・。
世の中の人すべてがあなたのお父さんのようにあなたの病気のことをよく理解して対応してくれたらよいのですが、現実にはなかなかそうは行かないと思います。あなたの同級生も、決してあなたに意地悪するつもりではなく「普通」のつもりで、あるいは「あなたを思って」のつもりで言っているだけなのでしょう。

卒業して就職したら、今度は職場でまた「プレッシャー」と戦わねばならぬことになると思います。
仕事を早く覚えなければならないプレッシャー、仕事をちゃんとやり遂げねばならぬプレッシャー、人間関係をうまく築かねばならぬプレッシャー。普通の人でも大きなプレッシャーを感じることが多いと思われる状況で、そうでなくても病気のせいでプレッシャーを感じやすいあなたには辛いことになるかもしれません。
これを回避するためには、「自分の気持ちのうまい切り替え方」を身につけることしかないかもと思います。周囲の人に「私にプレッシャーを掛けないで」と求めても限界があるから。自分で何とかうまく気持ちを切り替えてプレッシャーをやり過ごして行く方法に慣れるしかない。

そのためには専門家の力を借りるのはどうでしょうか?幸いまだ就職までには期間があります。自律神経失調症でお世話になった医師に相談してカウンセラーを紹介してもらったら?そしてあなたの悩みを相談して気持ちの持ち方を指導してもらうのです。そうして少しでも上手にプレッシャーから逃れる方法を身につける。就職後のことを考えるとこうしておけば安心のような。

ということで、
1)まず、そのクラスメートには「あなたが私のことを心配して言ってくれているのはよくわかるしありがたいと思っているが、私はこういう理由で8月以降に就職することを決めているし、善意からとは言えそのように言われればプレッシャーになるのでどうか言わないで」と話をしてみよう。
2)前述のようにカウンセラーに相談して、今後のために気持ちの持ち方を工夫してみる

クラスメートとの問題も解決され、8月には希望通り就職できることを祈ってます♪

大変ですね・・・。
世の中の人すべてがあなたのお父さんのようにあなたの病気のことをよく理解して対応してくれたらよいのですが、現実にはなかなかそうは行かないと思います。あなたの同級生も、決してあなたに意地悪するつもりではなく「普通」のつもりで、あるいは「あなたを思って」のつもりで言っているだけなのでしょう。

卒業して就職したら、今度は職場でまた「プレッシャー」と戦わねばならぬことになると思います。
仕事を早く覚えなければならないプレッシャー、仕事をちゃんとやり遂げねばなら...続きを読む

Q注射した腕の痛みが1年も取れないことなんてあるのでしょうか?

注射した腕の痛みが1年も取れないことなんてあるのでしょうか?


昨年、インフルエンザのワクチンを接種しました。

かかりつけの病院なので、血液検査などで何回か血を採ってもらったことがあるのですが、
あきらかに1人、注射の下手な看護婦さんがいます。
ワクチンの時もその看護婦さんだったのですが、
注射が痛かったのはもちろんですが、ものすごい腫れ方で5~6日間も腫れがひかず、
また腕も痛いし、だるかったです。

そして腫れがひいてきたのはよかったのですが、
ちょうど注射を打った所の痛みが全然ひきません。
押さえるとさらに痛みを感じました。


最初は、そのうち治まるだろうと思っていたのですが、
数ヶ月経っても痛みはひきません。
同じ病院で訴えたところ、「そんなことになるわけがない」と言われました。
また、「本当に注射のせい?その前から痛かったんじゃないの?」と言われる始末です。

別の病院にも2軒行きましたが、1軒では「稀に痛みがなかなかひかない人もいる」とのこと。それにしても、数ヶ月もおかしいと思います。
もう1軒では、肩こりでもあるんじゃないの?と言われました。
確かに肩こりはありますが、それが注射後の痛みとどう関係あるのかは説明してくれませんでした。


時間だけが経ち、もうすぐ1年がこようとしています。
痛みはよくならず、同じ状態が続いています。
これはどうしたらいいのでしょうか。
何が原因なのかもわからず、このまま痛みがひかないのかと思うと夜も眠れません。


どんなことでもいいので、原因、または対処法などがあれば教えてください。
本当に困っています。
よろしくお願いいたします。

注射した腕の痛みが1年も取れないことなんてあるのでしょうか?


昨年、インフルエンザのワクチンを接種しました。

かかりつけの病院なので、血液検査などで何回か血を採ってもらったことがあるのですが、
あきらかに1人、注射の下手な看護婦さんがいます。
ワクチンの時もその看護婦さんだったのですが、
注射が痛かったのはもちろんですが、ものすごい腫れ方で5~6日間も腫れがひかず、
また腕も痛いし、だるかったです。

そして腫れがひいてきたのはよかったのですが、
ちょうど注射を打った所の痛みが全然...続きを読む

Aベストアンサー

推測の域をでない仮説ですが。

ワクチン接種だったということで、しかも接種した部分がひどく腫れたということですから、注射した部分に強い炎症が起こったんだと思います。
注射した看護師さんが下手だったこと全く関係ありません。
ワクチンやワクチンに含まれる成分の何かに対して、強い免疫反応がおこったのだと思います。
そのために強い炎症が注射した局所に起きてしまい、腫れや硬結をつくったりして、治癒しようとします。
その炎症とその治癒の過程で、皮膚や筋肉の神経が巻き込まれてしまい、炎症が引いても巻き込まれた神経を刺激すると、すなわち注射した部位を圧迫したりすると、その神経が痛みを発してしまっているのかなと考えました。

であるとすると、痛みを治す方法は特になく、数年単位の経過をみていくだけでしょう。
次回のワクチンは見送りも含めて、ワクチン接種をするかどうかを判断する必要があるかもしれません。

あくまでも仮説ですけど。

Q睡眠薬を飲むと、逆に日中眠くなることもある

夜、充分に眠れなかったりするので、毎晩睡眠薬みたいなものを飲んでいます。
飲まないと、日中眠かったりします。
しかし逆に、飲むことで、日中に薬による眠気を引きずり、眠い状態が続くことがあり、ジレンマと思う事があります。
これは、睡眠薬の量が多いとか、そういう問題なのでしょうか?

Aベストアンサー

睡眠薬と一般に呼ぶものにはいろいろな種類があります。
そして、効果の長さ、深さも、個体差(人によって違う)がかなり有ります。
作用が短いものなのに、なぜか残ってしまう場合も割とよくあります。
医師から処方されたものであれば、相談してその他の薬をいろいろと試してみて、自分にあうものを探しましょう。
自分で購入したのであれば、それは合っていないようですので、やめて、違う薬がいいでしょう。

一般論ですが、効く時間の短いものを何錠も飲んでも、無駄なだけで、引きずるのは作用が長いものを服用されている可能性があります。その他の睡眠薬以外のお薬との相互作用や、飲酒、睡眠環境なども関係してきます。

眠れないという症状だけでも、医師に相談して処方してもらった方がいいでしょう。
内科や外科では十分にあう薬を処方できないようなら、睡眠について専門に診ている科にかかられるといいでしょう。睡眠障害外来が近所にないなら、精神科がよろしいかと思います。

Q父親が誤嚥するので、遺漏を作ったのですが、現在も誤嚥することがあります

父親が誤嚥するので、遺漏を作ったのですが、現在も誤嚥することがあります。何か食べる時だけ鼻と気管を直結して誤嚥の心配をなくす方法など新しい考えは無いでしょうか。又、経管食を遺漏に流しているのですが、何か高カロリーの栄養を動脈に入れるような方法を聞いたことがあるのですが、されは健康保険面でもあまり広がりを見せていないとも聞いたのですが情報ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。都内で看護師をしている者です。

胃ろうを作られたということですが、確かに誤嚥するリスクは0ではありません。
お父様のお年がわからないので何とも言えませんが、高齢になると食道や胃の入口の締りが悪くなり、胃に入った食物が口の方へ逆流することがあります。それを誤嚥する可能性はあります。

鼻と気管を直結する方法は挿管チューブを入れる方法がありますが、これは呼吸管理をするもので、誤嚥予防のものではありません。
挿管するということはご本人にとっては侵襲的なものであり、違和感が伴います。

他に方法としては液体の栄養剤自体にトロミ剤でトロミを付けてから、注射器で直接胃ろうへ注入するという方法もあります。
栄養剤自体にトロミを付けることによって液体から半固形状になり逆流しにくくなるというものです。


あとは文中にもありましたが、高カロリーの点滴を使用するという方法です。
これは動脈ではなく、鎖骨の下や足の付け根から太い静脈に点滴のチューブを入れてそこから高カロリーの点滴を入れるというものです。
とても痰が多く誤嚥のリスクが高い方や、消化器に問題がある方などはこの方法をとる場合もあります。
しかしこの方法にもリスクがあり、感染や入れ替えによる苦痛などがあります。

健康保険面などの費用の部分はわかりませんが、胃ろうの場合は定期的な交換費用(4~6ヶ月に1度)、食費的にも1日1000円以下程度だと思います。
点滴の場合は感染が疑われる場合交換はその都度ですし、それでなくても1カ月に1回は入れ替えしていると思います。
もっと長く入れておける方法もありますが、主に在宅向きで病院などで入れている方はあまりいないような気がします(私がみたことないだけかもしれませんが・・・)。
その交換と点滴が原価1本1200~1500円程度だったと思います。交換の頻度が高ければそれだけ費用はかさみます。

とりあえずどのリスクが1番高いのかによって選択する方法は違うと思います。
いずれにしても医師に相談してみてはどうでしょうか?

はじめまして。都内で看護師をしている者です。

胃ろうを作られたということですが、確かに誤嚥するリスクは0ではありません。
お父様のお年がわからないので何とも言えませんが、高齢になると食道や胃の入口の締りが悪くなり、胃に入った食物が口の方へ逆流することがあります。それを誤嚥する可能性はあります。

鼻と気管を直結する方法は挿管チューブを入れる方法がありますが、これは呼吸管理をするもので、誤嚥予防のものではありません。
挿管するということはご本人にとっては侵襲的なものであり、違和...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報