柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

クリッパ回路についてです
電源に10Vを入れた時、出力はどうなるのでしょうか??
考え方を教えていただけたらと思います

「クリッパ回路についてです 電源に10Vを」の質問画像

A 回答 (1件)

ダイオードは理想ダイオードとします。



4Vの直流電源とダイオードが直列になった部分が電圧制限を行います。
このうえの導線部分に4Vを超える電圧がかかると下向きに電流が流れこの電流により抵抗で電圧降下が発生し電圧が4Vまで落ちます。

つまり、下の0Vの線に対して4Vを超えると上の導線部分が4Vに制限されるのです。
+4Vよりの低い電圧であればダイオードの働きで絶縁された状態になりますので無視できます。


左の交流電源に実効値10Vを掛けると何もなければ出力は-10√2~10√2の正弦波となりますが、このクリッパ回路があると4Vを越えた部分が全て4Vの平らな線に変わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分でも調べて、理解することができました!
ありがとうございました~!

お礼日時:2019/10/27 13:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報