ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

もうすぐ文理選択があります。私的に、文系の仕事にあまり興味がでません。理系の仕事(看護)を目指したいと思うようになりました。ですが、正直、高一の今の化学基礎、数1で少し手こずっています。塾のある1部の先生には理系に行かない方がいいと言われました。文系も比較的得意というわけではないので、自分で決めた理系の道なら諦めず頑張れる気がします。
3年生になると数3もあるので理系が苦手な私にはやめた方がいいんですかね。

A 回答 (5件)

あなたが受けそうな大学の、入試科目をちゃんと調べましょう。


看護は理系だ、と決めつけないこと。
ただし、化学はきっちりやりましょう。入試科目にあろうが無かろうが。
それと、中学数学の連立方程式の文章題や、濃度問題、今は高校かな、指数対数、この辺りはしっかり身につけてください。
化学の計算ができれば良いです。
塾にまで行っていて解らないのなら、ちゃんと入門書から当たりましょう。いくらでもあるはずです。
解らないレベルのことを何度聞いても解るようにはなりません。
解らないということが判ったなら、まずちゃんとレベルを落とすことです。
    • good
    • 0

看護を目指す理由があるんですよね?



自分が決めた道、その理由がどれだけ強いかと、そのための前準備がどれだけできるか、
情報収集がどれだけできるかにかかっていると思います。

正直もう答えはご自身で見つけていると思います。
それでいいんじゃないでしょうか。
    • good
    • 1

調べれば、べつに無理に化学や数3をとらなくても入れる看護学校は結構ありますよ。

 
 
あと、質問者様は、多分高1の終わりかけってところでしょうか? 
数3もうけるなら、もう勉強し始めないと受験までにまにあわなくなりますよ。

受験までにおわらせておきたいことをざっと紙にでもかきだして、確認してみるといいです。 
例えば、受験用の問題集を、すべての問題をみたときに、瞬時に解き方や答えがわかっちゃうぐらい、ひたすら何回も解く…とか。 

んで受験日から逆算して、毎日数学の問題集を何ページずつといていけば間に合うな、とか、毎月英語の文法は5つの単元ずつ練習して行けば間に合うなとか、ってスケジュールをたててくんです。


だから、理系も文系も苦手なら、まずは、どちらの教科のほうが抵抗なくできるかで判断したほうがいいです。 
やることきめたら、スケジュールをたてて、それに従って毎日こなしていけばいいだけなので。 

誰でも、何回も復習していけばいい成績がとれれます。 
要は、どれだけ時間をかけて何回も勉強したかで変わるんです。 

だから、いま苦手でも、今からはじめて、何回も勉強したら、いま自分より成績がいいこよりいい成績がだせるようになります。 
いままで苦手でも受験はあんまり関係ありません。 

あたえられた課題をどれだけ前もってやれたかが大事なです。
    • good
    • 0

看護師とか医師とかは、理系の学歴で


文系の仕事をする職業なんだけどな。
    • good
    • 0

私立大学なら国語、英語、化学か生物どちらか一科目(または理科なし)


で、看護大学の受験が可能だそうです。数学までやる必要ないってことですね。
文系でも十分トライできますよ。

高校進学後に看護師を目指すなら
https://infy.life/articles/1H8Q2

以下引用
高校進学後に看護師を目指す場合には、
3年制の看護短大・4年制の看護大学へ
の進学が一般的です。卒業後には国家
試験を経て看護師となります。

特に大学への進学を希望する学生さんは
「理系」か「文系か」という選択を
迫られますね。看護師は医療機関で
働く職種のため、「理系」を選択した
学生さんは大学進学後もスムーズに
勉強を進められるでしょう。

しかし「文系」の学生さんでも
心配はありません。国・公立の
場合にはセンター試験の受験が
必要となり、文系科目・理系科目
ともに勉強する必要があります。

私立大、また国・公立の個別試験
では、国語、英語、理科(化学・生物)
の中から2〜3科目選択となっていること
が多く、文系進学をした方でも看護大学
への受験は十分対応可能です。
看護師は現場では医療知識・人への思いやりの
両者が求められる「文系&理系」の職業です。
そのため多くの短大・大学では文系進学をした
学生さんでも受験ができるよう配慮されていま
すので安心してくださいね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報