プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

漠然と
”酸は体についたら火傷する”
”塩基は体についたら体を溶かす”
とこれまで覚えていたのですが
これってどういうことなのかをきちんと知りたくなりました
高校生程度にわかるように説明されているサイトなどがあれば教えてもらえませんでしょうか
あるいは、こういうことを知りたい場合の検索方法・検索ワードなどでもいいです
または、できるだけ優しく教えてもらえませんでしょうか

A 回答 (1件)

こんにちは。


酸は、タンパク質を変性させてしまいます。

具体的には牛乳にお酢を混ぜると固まるのと同じです。

酸化力の強い酸だと、皮膚の成分であるタンパク質や脂質を酸化してしまう場合があります。
本当に焦げてしまう場合もあります。

その他に硝酸のように、タンパク質と反応してニトロ化して変質させてしまう物もあります。

濃い場合には、脱水作用を持つ物もあります。

アルカリは、タンパク質を溶かしてしまいます。
固いお肉を重曹で煮ると軟らかくなるのと同じです。

大体高校生レベルならこれでいいかと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング