世界の株価指数(SP500、DAX、CAC40、FTSE100等)の過去からの時系列データを公開しているホームページを探しています。
どなたかご存じの方がいましたら是非、教えて下さい。

それぞれの指数を単独で扱っているホームページでも結構です。(言語不問)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 リンク集ですが、こちらで世界の株価のデータが取得できます。



参考URL:http://www2.nkansai.ne.jp/users/ken/invest2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん参考になるURLをご紹介いただきありがとうございました。
問題解決いたしました。

お礼日時:2001/08/04 15:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「時系列」を英語で言うと?

「時系列にみた結果」---アンケートの結果を時系列に分析したという意味で「時系列」ってどういう風に表現しますか?

Aベストアンサー

wierdoです。ちょっと追加です。

アンケートの結果を時系列に分析した」とは具体的にどういう事でしょうか?

例えば、30日間、毎日なんらかのアンケートを実施し、それを第一日目から何らかの統計処理を行う場合であれば、chronologicallyで良いかと。

そうではなく、例えば朝9時から夕方9時までの間にアンケートを実施し、時間帯別の回答率を基準に解析されたのなら、
The results of the survey analyzed according to the time of day...

又は、単になんらかの時間軸に対する分布などを意味するなら、
The result of the survey analyzed against time distribution...

より具体的にそのアンケートの内容とどのような分析を行ったかの情報を頂ければ、より適切な訳ができると思います。

Q「BBGヨーロッパ500指数」のシンボルは何?

株価指数についてご質問します。
「日経225種平均」は「^N225」がシンボルですが
「BBGヨーロッパ500指数」のシンボルが分かりません。
どなたかご存じの方、ご教授下さい。

Aベストアンサー

「 BE500」 自信がありませんがこれではないでしょうか?
シンボルとは、ティッカーシンボルのことですよね。

Q複数の時系列データのコヒーレンシイ計算

複数の時系列データのコヒーレンシイ計算をExcel、SCILAB、フリーソフト等で簡易的に行う方法を教えてください。位相のずれた複数時系列データを解析して、位相差を求めたいと思います。位相差を求めるのにコヒーレンシイが良いとの話があり、コヒーレンシイの計算方法を質問させて頂きました。只、最終目的は位相差を明確にすることですので、他の良い方法があれば、その方法でも結構です。尚、先般、「複数の時系列データの位相計算」で質問しました所、意味が不明とのことで、再度質問をさせて頂きました。

Aベストアンサー

フリーの統計解析ソフトRはご存知と思います。Rのインストール・一般的使用例は多数解説があるので割愛します。例えば
http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r.html
コヒーレンスを計算する関数cohはRの基本的な関数の中にはないので、パッケージseewaveをインストールします。
1.Rのパッケージメニューで「パッケージのインストール」を選択
2.seewaveを選択してOKボタンを押す
3.library("seewave") と入力するとcohが使えるようになる。

二つの時系列をts1とts2とすれば

> coh(ts1,ts2)

でコヒーレンスが計算されます。seewaveについては
http://sueur.jerome.perso.neuf.fr/WebPage_PapersPDF/Sueuretal_Bioacoustics_2008.pdf

Q企業物価指数と消費者物価指数

貨幣価値と物価指数の関連について個人的に調査しています。

http://www.boj.or.jp/oshiete/history/11100021.htm
このサイトを見ますと、時代の貨幣価値を求める基準として
「企業物価指数」と「消費者物価指数」というのがあり、

「企業物価指数」…企業同士で取引される「モノ」の価格
「消費者物価指数」…小売段階における「モノ」と「サービス」両方の価格
と違いを説明しているのですが、
企業物価指数は
昭和57年(1982)が852.7、平成15年(2003)が637.3
と昔の昭和57年(1982)のほうが高いのに対し、
消費者物価指数は
昭和57年(1982)が1474.1、平成15年(2003)が1776.7
と平成15年(2003)のほうが高い逆転現象が起きています。
この逆転は何を意味してるのでしょうか?
企業物価が下がれば、消費者物価も下がりそうな気がするのですが
なぜ比例してないのでしょうか?

経済学は素人なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 企業物価指数と消費者物価指数の大きな差異として、ご記載の通りサービス価格を含むか否かというのがあります。企業物価指数は基本的に財の企業間取引価格ですが、消費者物価指数では(現行で)財が42%、サービスは58%の割合を占めています。このうち財の指数の動向だけをみれば、企業物価指数より遅れつつも、似たような推移をもっており、質問者さんの合点のいくものになろうかと思います。この点、後ほど添付ファイルをアップロードしたいと思います。
 つまり、長期的に見るという前提で、消費者物価指数を継続して上昇させているのは、サービス価格なのです。具体的には、全体の25%程度の割合を占める家賃をはじめとして、外食や娯楽や医療、公共料金など企業間取引価格とは縁のないものが多々含まれているのです。サービス価格は人的経費を多分に含み、原油高だ円高だなどという財の企業間取引価格の変動要因とは異なる価格構造をもつと考えられます。

Q時系列とは…

 『時系列』という言葉が書いてあるのですが、調べてみてもこれという解答が見つかりませんでした。
 どうか、『時系列』という言葉を簡潔・明瞭に教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「時系列」とは、本来は統計用語ですが、もっと広く一般的に使われる言葉です。
これを簡単に言うと、ある現象に関するデータを時間の経過に沿って並べたものです。

例えば、同一地点での気温を観測して、0時、1時、2時、3時・・・・と1時間毎に記録したような場合が「時系列」になります。これによって、気温の時間的変化を容易に把握できるわけです。
しかし、3時、2時、5時、0時・・・・のように時間的な前後関係がバラバラなデータであれば、時間的な変化を捉えられないので、「時系列」ではありません。
また、別の地点の気温が混じっていても、データ的に無意味なので、「時系列」とは言えません。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BB%FE%B7%CF%CE%F3&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

Qデフレ脱却判断は、コア指数とコアコア指数どちらで?

デフレ脱却と消費増税の判断材料とされる物価の指標について質問です。

「食料品を除いた“コア指数”」では、輸入に依存しているエネルギーの価格などが物価上昇の判断に影響を与えてしまう問題があるそうで、米国をはじめ多くの国々で一般的とされている「エネルギーや食料品を除いた“コアコア指数“」を日本でも採用するという報道をロイターが7月9日に報じたと思うのですが、7月11日の金融政策決定会合後の記者会見で黒田日銀総裁が、これまで通りの「食料品を除いた“コア指数”」で判断するという内容の発言をNQNが報じていました。

どちらの指標で物価上昇を判断するのか非常に気になります。


2013/7/9 〔焦点〕政府のデフレ脱却判断、「コアコアCPI」採用へ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE96800420130709

2013/7/11 日銀総裁、CPI「『生鮮除く』が適当」 コアコア指数「全体を含まない」
http://www.nikkei.com/markets/features/12.aspx?g=DGXNASFL110RU_11072013000000

デフレ脱却と消費増税の判断材料とされる物価の指標について質問です。

「食料品を除いた“コア指数”」では、輸入に依存しているエネルギーの価格などが物価上昇の判断に影響を与えてしまう問題があるそうで、米国をはじめ多くの国々で一般的とされている「エネルギーや食料品を除いた“コアコア指数“」を日本でも採用するという報道をロイターが7月9日に報じたと思うのですが、7月11日の金融政策決定会合後の記者会見で黒田日銀総裁が、これまで通りの「食料品を除いた“コア指数”」で判断するという内容の発言をN...続きを読む

Aベストアンサー

はっきり言います。コアコアCPIです。朝日新聞の大好きな言葉で言うとグローバルスタンダードはコアコアCPIです。
コアCPI(別名、日本式CPI)は別名からも分かるように日本オリジナルのものになります。世界で日本式CPIを使っているのはもちろん日本だけです。世界ではコアコアCPIの事をコアCPIと言います。
では、なぜ日銀は今まで日本式CPIを使ってきたというと日銀の方針に問題がありました。日銀はバブル崩壊後、中央銀行の独立性という名目で日銀法を改悪しました。そのせいで金融政策の方針まで日銀が決定できる状態になり(普通は手段の独立が普通)政策方針が『引き締めは早く、緩和は遅く』という間違った金融政策の方針を打ち出しました。その政策方針を進めやすくするために日本式CPIを使ってきました。だけど本当のデフレ対策をしたいのなら、変動の大きいエネルギー価格を含む日本式CPIよりコアコアCPIの方がきちんとできます。ですが黒田総裁がそのようにおっしゃられているのら、コアCPIを使う可能性が高いのではないのでしょうか。ただ政府がコアコアCPIを採用する様子なので日銀もコアコアCPIを使い可能性もなきにしてあらずです。
なのでこれからの日銀の動向を見ていく必要があると思います。

はっきり言います。コアコアCPIです。朝日新聞の大好きな言葉で言うとグローバルスタンダードはコアコアCPIです。
コアCPI(別名、日本式CPI)は別名からも分かるように日本オリジナルのものになります。世界で日本式CPIを使っているのはもちろん日本だけです。世界ではコアコアCPIの事をコアCPIと言います。
では、なぜ日銀は今まで日本式CPIを使ってきたというと日銀の方針に問題がありました。日銀はバブル崩壊後、中央銀行の独立性という名目で日銀法を改悪しました。そのせいで金融政策の方針まで日銀が決定...続きを読む

QFXのボラティリティ(出来高)の時系列データが取れるサイトはありますか?

FXのボラティリティ(出来高)の時系列データが取れるサイトはありますか?

探してみたところ、クリック365で見ることはできそうなのですが、時系列データが取れるかまではわかりませんでした。

クリック365にこだわることなく、ほかサイトでも良いので、FXのボラティリティ(出来高)の時系列データが取れるサイトを教えてください。

Aベストアンサー

ボラティリティ≠出来高 です。

ボラティリティは変動幅です。一般論として出来高が低いと小さな取引で大きく変動してしまう可能性がありますので、ボラティリティが高くなる可能性があります。くりっく365の出来高の時系列データは、FX業者のチャートソフトウェアからダウンロードできる場合が多いようです。たとえばスター為替(くりっく365)のチャートソフトウェアなら可能です。あくまでくりっく365限定の出来高です。

Qアメリカの雇用統計の推移が書かれている 分かりやすいページをご存じの方いますか? 今現状の5.5%

アメリカの雇用統計の推移が書かれている
分かりやすいページをご存じの方いますか?

今現状の5.5%が高いのかどうかの判断はどのようにすればいいのでしょうか?
これは高い方なんでしょうか?

Aベストアンサー

http://usnonfarmpayrollemployment.blogspot.com/

http://gaitame.sportswalker.net/basi/shihyo/

以上など組み合わせてみると、2011年からはかなり減っています。

Q時系列に列挙するとはどういう状態でしょうか?

時系列に列挙するとはどういう状態でしょうか?

時系列に並んだデータを見てもどういうものなのか分からないのです。
子供でも理解できるように教えていただければ嬉しいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ひらたく言うと、「なにか物事がおこった記録を、時間の古いほうから新しいほうへ順に並べて書いていくこと」ですかね?

例えば、天気の記録。
6月13日
AM6:00 気温12度
AM8:00 気温15度
PM:12:00 気温20度
PM:3:30 気温18度
なんていうのも、その時間に何が起きたか?を古いほうから新しいほうへ順に書いてありますので、時系列の記録になります。

「pupuruさんが朝起きてからの1日の行動を順に記録しなさい。」なんていうのも、時系列ですね。

ある事が「おきた時間」と、「その時になにがおきたか?」が一緒に記録してあるのが、いくつか連続しているものが時系列です。

Qアメリカの雇用統計の推移が書かれている分かりやすいページをご存じの方いますか?今現状の5.5%

アメリカの雇用統計の推移が書かれている
分かりやすいページをご存じの方いますか?

今現状の5.5%が高いのかどうかの判断はどのようにすればいいのでしょうか?
これは高い方なんでしょうか?

Aベストアンサー

以下のサイトにアクセスしてください。
http://usnonfarmpayrollemployment.blogspot.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報