格子酸素って何でしょう。
TiO2の光触媒酸化の話に出てきます。
そもそも格子ってなんでしょうか?

H2O(ads)のadsとはadsorbの略でしょうか?
そんな疑問。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「光触媒材料」
このページで「光誘起親水化機構の解明」の項が参考になります。
「格子酸素」はTiO2を構成している酸素で、図4の正孔部分は酸素で「格子酸素」の一つです。

>H2O(ads)
このページで「親水化過程」で吸着したH2Oを指していると思います。
従って、「ads」は「adsorbtion」でしょう。

ご参考まで。

参考URL:http://www.chem.t.u-tokyo.ac.jp/appchem/labs/fuj …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/05 00:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qlattice oxygenを和訳し、「格子酸素」と出ました。格子酸素

lattice oxygenを和訳し、「格子酸素」と出ました。格子酸素とはどんなものでしょうか?酸素分子が乖離してできる酸素原子とはイメージが異なるのでしょうか?詳しい方ご教授ください。

Aベストアンサー

前後の文章がないと正しい答えは還ってきませんよ。
酸素分子は解離しないし…。
結晶格子中で酸化数O^2-と考えられる酸素で、配位数は多分四でしょう。

Q過酸化水素の酸化還元反応について質問です 【酸化剤】 中性〜塩基性のとき H2O2 +2e- →2O

過酸化水素の酸化還元反応について質問です

【酸化剤】
中性〜塩基性のとき
H2O2 +2e- →2OH-
酸性のとき
H2O2 +2H+ +2e- →2H2O

【還元剤】
酸性のとき
①H2O2 →O2 +2H+ +2e-
塩基性のとき
②H2O2 +2OH- →O2 +2H2O +2e-

質問は、中性条件下で還元剤として働くとき、①と②のどっちの反応が起こりますか?

Aベストアンサー

酸化剤(還元される)か還元剤(酸化される)になるのかはNo.1さんの書いているように、反応する相手によります。
さて、質問の
>中性条件下で還元剤として働くとき、①と②のどっちの反応が起こりますか?
について、
反応式を見てください。②の反応には「OH-」が入ってますね。
つまり、この反応を起こすためには「OH-」が必要なのです。
では、「酸性条件下で還元剤として働かないのか?」となるとそうではありません。
前にも書いていますが「相手による」のです。
その時の反応式として考えられるのが①の半反応式というだけです。
つまり回答としては「①の反応式」となります。

①の半反応式には、右辺(生成物)側に「H+ 」があります。
つまり、酸性条件であるにもかかわらず、「より酸性度を上げる反応」が起きていることになるのです。
これは、相手の酸化力が強いためであり、仕方がないことなのです。
同様のことが「酸化剤」側でも言えます。
つまり乱暴な説明をすれば、
「酸性条件下では酸化剤になりやすい」
「塩基性条件下では還元剤になりやすい」
のです。
再度書いておきますが、「勿論、実際にどちらの反応を起こすかは、反応する相手によります。」

酸化剤(還元される)か還元剤(酸化される)になるのかはNo.1さんの書いているように、反応する相手によります。
さて、質問の
>中性条件下で還元剤として働くとき、①と②のどっちの反応が起こりますか?
について、
反応式を見てください。②の反応には「OH-」が入ってますね。
つまり、この反応を起こすためには「OH-」が必要なのです。
では、「酸性条件下で還元剤として働かないのか?」となるとそうではありません。
前にも書いていますが「相手による」のです。
その時の反応式として考えられるのが①の半反...続きを読む

QTiO2以外の光触媒を教えてください!

TiO2以外の光触媒を教えてください!

TiO2以外で光触媒活性を示すものを教えてください!

また、光触媒活性を示すための条件も分かる人がいたら教えてくださいお願いします!!!

Aベストアンサー

 燐酸銀(Ag3PO4)が可視光でも光触媒活性を示すらしいです。
 但し、可視光では直接的に水を還元して水素を発生させる事は出来ないため、水素製造のためには、別の還元剤との組合せを研究する必要がある様です。

【参考URL】
 科学技術 全て伝えます サイエンスポータル > ニュース > サイエンスポータル編集ニュース > 2010年6月10日「リン酸銀に有望な光触媒効果確認」
  http://scienceportal.jp/news/daily/1006/1006101.html

 独立行政法人物質・材料研究機構 > ニュースセンター > プレスリリース:2010年 > 人工光合成の実現に大きく一歩前進 高活性光触媒材料を発見
  http://www.nims.go.jp/news/press/2010/06/p201006070.html


 又、光触媒ではありませんが、燐酸と酸化チタンの反応物(?)である燐酸チタニアは、光が無くとも、光触媒に似た効果があるという触れ込みで、商品化されている様です。
 但し、一部の光触媒の専門家の間では、無光触媒は純然たる触媒ではなく、化学的エネルギーによるものだとする主張も、あるらしいです。

【参考URL】
 株式会社ダイコー > PIPチタンボール及びその他環境関連商品 > 空間触媒リン酸チタニアとは
  http://www.daiko2001.co.jp/titan/rin/rin-titan-1.shtml

 燐酸銀(Ag3PO4)が可視光でも光触媒活性を示すらしいです。
 但し、可視光では直接的に水を還元して水素を発生させる事は出来ないため、水素製造のためには、別の還元剤との組合せを研究する必要がある様です。

【参考URL】
 科学技術 全て伝えます サイエンスポータル > ニュース > サイエンスポータル編集ニュース > 2010年6月10日「リン酸銀に有望な光触媒効果確認」
  http://scienceportal.jp/news/daily/1006/1006101.html

 独立行政法人物質・材料研究機構 > ニュースセンター > プレスリ...続きを読む

Q炭素と酸素から二酸化炭素が合成される化学式はC+O2→CO2で、原子量がそれぞれ12、16とあります

炭素と酸素から二酸化炭素が合成される化学式はC+O2→CO2で、原子量がそれぞれ12、16とあります

この式は量を知りたい時、Cが12とOが16×2とが結合して二酸化炭素が40できるという意味ですか?
違うなら量に関してどう読み取ればいいのでしょうか

Aベストアンサー

Cが12、Oが16というのは、それぞれの元素の原子量ですね。
1個の原子の質量を原子量として定義してるのです。

その原子量にアボガドロ定数を集めると、アボガドロ定数分の質量になります。
アボガドロ定数は6×10^23個という数で、物質の量を表す定数です。
アボガドロ定数分の原子の数を1molとも言います

炭素が原子量が12でアボガドロ定数分(1mol)集めると12gになります。
酸素は原子量が16でアボガドロ定数分(1mol)集めると16gになります。

C+O2→CO2 の反応の場合
詳しく見ると
原子量12の炭素1個が、原子量16の酸素が2個結合した酸素分子1個と反応して、
炭素原子1個と酸素原子2個からできている二酸化炭素分子が1個できている、
という反応を表しているのです。

アボガドロ数定数をかけて考えて上の言い方を変えると、
C原子1mol12gとO2分子1mol32gが反応して、二酸化炭素1mol44gが出来る、
ということと同じ意味になります。

C+O2→CO2 のような元素記号で表した場合
ひとつのCはあくまで炭素原子1個に対して
O2が酸素分子1個が反応して
CO2二酸化炭素分子が1個出来る
と考えるのが適切なのですが、
原子1個などでは問題として扱いづらい時に、1molと読み替えることが頻繁にあるので注意が必要です。
またO2と2Oは同じ酸素原子2個ですが、前者は酸素分子(通常我々が呼吸している酸素のこと)を表していて、
Oは酸素原子1個、2Oでは酸素原子2個を表すので注意が必要です。

Cが12、Oが16というのは、それぞれの元素の原子量ですね。
1個の原子の質量を原子量として定義してるのです。

その原子量にアボガドロ定数を集めると、アボガドロ定数分の質量になります。
アボガドロ定数は6×10^23個という数で、物質の量を表す定数です。
アボガドロ定数分の原子の数を1molとも言います

炭素が原子量が12でアボガドロ定数分(1mol)集めると12gになります。
酸素は原子量が16でアボガドロ定数分(1mol)集めると16gになります。

C+O2→CO2 の反応の場合
詳しく見ると
原子量12の炭素1個が、原子量...続きを読む

Q【化学】炭酸飲料の二酸化炭素が簡単に気(二酸化炭素)が抜けない理由を教えてください。 水は酸素16:

【化学】炭酸飲料の二酸化炭素が簡単に気(二酸化炭素)が抜けない理由を教えてください。


水は酸素16:水素2という割合で一定する性質を持つ。

そこに二酸化炭素を注入しても化学反応における化学の理屈ならすぐに二酸化炭素は電離するはずなのに以外にそう簡単には二酸化炭素は無くならない。

これはどういう仕組みなのでしょうか?

その割に水素水ともなると水素はすぐに水から電離するのですぐにタダの水になる。と言う。

そのタダの水ですら酸素と水素の割合は8:1で以外にタダの水でも水素は結構含まれているじゃんって感じですが炭酸飲料の二酸化炭素はなかなか水から抜けないのに水素水の水素は開封した瞬間に水素は8:1の普通の水の割合に戻るという主張は正しいのか知りたいです。

すぐに抜けていない可能性もあるのでは?

すぐに抜けるのすぐとは数秒の話でなく數十分は持つのでは?と思ったり。

水素は軽く。二酸化炭素は重いので本当に一瞬で1:8のオーバー分は抜けるのか教えてください。

Aベストアンサー

水溶液中で二酸化炭素は電離しないです。
CO2+H2O⇔H2CO3
の平衡が成り立って、炭酸H2CO3ができますがこの平衡は左側に偏っているので、ほとんどの二酸化炭素が水溶液中では二酸化炭素分子として存在しています。

水の性質として二酸化炭素をよく溶かし、25℃1000hPa(およそ1気圧)の水溶液中で0.145g/cm^3も溶かします。
放っておけば気が抜けるのは確かなのですが、よく溶けるので抜けにくいので衝撃を与える・熱を加える等をしないと一気に抜けることはないです。

それでも水に溶けた二酸化炭素のうち、ごく一部は炭酸となり電離して弱酸性を示します。
H2CO3 ⇔ 2H+ + CO3-
ですね。

それに対して水素水はよく判りませんね。
↓国民生活センターのレポートです。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20161215_2.pdf

レポートの実験データを見ると分かるのですが、溶けている水素の量が全然少ないですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報