プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

中東などのISとかタリバンなどは、その武器をどこから調達しているんでしょうか?

彼らが、あの武器の製造所は持っていないような気がしますが。

あの武器の入手ルートを断つのは不可能なんでしょうか?

gooドクター

A 回答 (6件)

>中東などのISとかタリバンなどは、その武器をどこから調達しているんでしょうか?



いわゆるゲリラ相手の武器入手は以下のような仕組みです。

①政権崩壊もしくはその地域の軍が崩壊した際に、武器庫から鹵獲。
②武器商人から購入
 ・積極的に大々的に売りたい商売熱心な国(中国)が裏に付いている武器商人。
 ・自国もしくは近隣の国で余剰(軍縮とか老朽化とか)になった兵器、戦争により鹵獲した兵器を売る武器商人
③その国を狙う敵対国と敵対している国や団体による支援
④大義、もしくは打算で近付いてくるスポンサーの資金で購入。

タリバンなんかは、ソ連に対抗するムジャーヒディーンが元で、最初は米国製兵器の供与、米国政府の金による西側兵器の購入が最初。ソ連との戦いで鹵獲兵器を足し、中東のムジャーヒディーンのスポンサー(ウーサマなんかもこれ)の金で、西側兵器、崩壊した東側の国の兵器を購入。

ISはイラク、シリアの政府軍武器庫から調達。潤沢な資金で「武器を売りたい国」から調達。

>あの武器の入手ルートを断つのは不可能なんでしょうか?

ゲリラがある程度の近代的軍に昇華できなければ、ご大層な軍艦や戦車群は運用できません。航空機もそう、ちょっとしたコイン機ベースの地上攻撃機が関の山。とはいえ、小銃、支援機関銃、ロケット砲、榴弾砲なんかは、小さいですし中古でもきちんと保管されていれば問題なし。集金ルートの確保維持の方が難しいぐらい。テクニカル、水上ボート、無線ヘリなんかは民生品に紛れ込ませたり、そもそも民生品ベースなんで、これも移送は難しくない。こういった商人は意識せずに荷担している商社を除いて、純粋な武器商人だけでも世界中で何十チームも群れています。紛争の両サイドに武器を売る輩もいます(息の長い商売をする老舗武器商人は、これはやりません)。そうなると、ある政府や反政府軍にとっては自分達の商売相手だったり敵の一部だったりするわけです。移送する武器の輸送で、自国を通過させることで利鞘を稼ぐ国もあります。武器商人の利害以上に複雑ですから、ルートを潰すのは大変でしょうね。ビクトル・ボウトなんかも、最終的にはロシアとの軋轢を覚悟した米国がタイを脅して潰したようなもんです。それぐらい潰すのは面倒臭いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。私たちの想像を超えていますね。

お礼日時:2019/11/13 14:53

中東などのISとかタリバンなどは、その武器を


どこから調達しているんでしょうか?
 ↑
中東やアフリカにはそうしたマーケットが
ありますし、
武器商人も沢山おります。
金さえあれば手に入ります。
金は占領地の石油や、反米のお金持ちの寄付
です。



彼らが、あの武器の製造所は持っていないような気がしますが。
 ↑
製造工場など持っていませんよ。
ロシア製、中国製、米国製の武器などを
購入します。



あの武器の入手ルートを断つのは不可能なんでしょうか?
 ↑
世界にまたがっていますから、難しいですね。
世界が協力すれば出来るでしょうが
そっちの方がもっと難しいだろうと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか。

お礼日時:2019/11/13 14:52

正規品でしたらNorinco(中国兵器工業集団)からいくつかのダミー会社を通じて各テロ組織に。

ロシアも一緒。そうでないものだったらパキスタンとかアフガンでコピーを製造して売ってます。小銃レベルではそれなりに精度の高いものが作られているみたいですね。ISとかタリバンとかはこういうのが主。たまに正規軍が放棄したものとか奪取したものも使います。
 入手ルートを断つのはねえ。中露が厳密に管理すれば相当減るとは思うんだけれど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

入手ルート断の話が全く出ませんよね。

お礼日時:2019/11/13 14:51

>その入手ルートを断つニュースが全然流れませんよね。

何故なんでしょう?

高い値を付けても売れる商品ですから販路を閉ざすことなど無理な話です
もし、そういうことが可能であれば

麻薬なども売春なども根絶できるでしょうね
いずれも多少のリスクを冒しても、倫理的に問題があっても
金になる以上、売人を叩いても新たな売人が生まれるだけで耐えることはありません

昔から言うじゃ無いですか
『浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ 』とね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか。

お礼日時:2019/11/13 14:50

占領地の石油を転売したり、住民を捕まえて奴隷として売ったり、しています。


アルカイダは建設会社の社長で財産を作ったらしいです。

米軍やロシアは武器をいっぱい放置しているので、比較的入手がらくだったようです。
(自衛隊なんかは武器の管理が非常に厳しくて、小銃一丁なくなっても大騒ぎして探しまくります。 米軍もそうしてくれるとよかったのですけどね...)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あちらは武器の管理がルーズという事なんですかね。

お礼日時:2019/11/13 14:49

各地の紛争で廃棄された武器が独特のルートで出回っています。


「武器商人」などと呼ばれる連中の暗躍です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その入手ルートを断つニュースが全然流れませんよね。何故なんでしょう?

お礼日時:2019/11/13 12:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング