ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

タブレットのバッテリーの消耗時間がどんどん短くなります。どれくらい減った段階で充電したらいいか?
また充電の際の注意点は? 例えば過充電してはならないとか。

A 回答 (6件)

一般論としては、


・残量が30%とか20%以下になる前に充電する。
・80%以上残量がある場合には、充電しない。

ですので、回答としては、
残量が、20%以上、80%未満で充電する。
私的には、50%前後で充電するようにしています。
ライフスタイルで許容できるなら、こまめな継ぎ足し充電をして、
30%以下にはしない、80%以上は充電しないようにする事で
電池の寿命を延ばす事ができます。
また、寿命を延ばすためには周囲温度も重要です。
ケースを付けたまま充電するのは厳禁。
できるだけ、16~22℃ での充電が寿命を延ばします。
22℃は結構厳しいので、扇風機で風を送って冷却するなど工夫すれば良いです。

こんな事を書くと、そんな面倒な事はできない、とか
スマホは2年で買い換えるので、そんな事をしなくても良いとか、
の意見もあります。
あくまでも、電池の寿命を延ばす方法を書きました。
寿命と手間を秤にかけて、どのようにするのか判断してください。

ちなみに、所有機で、この手間をかけたら7年位電池が持ちました。

過充電は、100%になっても充電器を繋いだままにしなければ起こりません。
逆に言うと、100%になっても充電器を繋いだままにすると過充電になります。
ノートPCなど、充電器を繋いだままで使用する(事が多い機器)は、
過充電にならないような仕組みが付いている事が多いですが、
スマホ/タブレットなど、充電器を外して使うのが通常の機器の殆どは、
そのような仕組みが無く過充電になります。

余談
No4さんの図は適切ですね。
リチウムイオン電池は、0%まで放電すると壊れます。
ですので、0%より少し多い所を0%と表示するようにしていて、
壊れる事を防止しています。
ちなみに、ハイブリットカーのプリウスは、残量30%で、0%と表示していて、
30%以下まで使わない(使わせない)事で、電池の寿命を延ばしています。
また、充電のほうも80%で停止し、ユーザー見え(表示)は100%になります。

ニッケル水素電池にもメモリー効果はあります。
この電池が発売された当時は、メモリー効果が無いとされていましたが、
後にあると判明しています。
パナソニックのエネループのように、実用上殆ど問題ない改良品もありますが。
このニッケル水素電池も、残量が30%程度で使用を止める事が
電池寿命を延ばします。

JIS規格の寿命試験方法が変更になり、
変更前は、残量30%で放電を止める試験方法でした。
30%で止める放電を49回行い、メモリー効果を取り除くのと
容量測定のために0%まで放電させる。
この49+1回の放電を1セットとして、容量の低下がどの程度かを
測定して、寿命判定してました。
この時の寿命(繰り返しの充電回数)は、2100回でしたが、
新しい試験方法は毎回0%まで放電させるに変更になり、
この方法では、寿命は、600回に激減しています。

即ち、電池をどれ位の残量で充電するかで、寿命が大きく変わる
と言うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
いつも30%くらいで充電、過充電しないようしていたのですが、周囲温度については全く知りませんでした。
今後はこのことにも留意して充電します。

お礼日時:2019/11/18 06:00

使い方と総時間です。


充電回数でほぼ2年強でしょう。
タブレットの充電池交換は基本として自分ではできません。
交換はメーカー送りとなります。
ちょい足し充電は、電池の寿命を縮めます。
AI的に言うと、半分くらいの充電でも満タンに充電されたものとして完了します。
シャットダウン寸前まで使い切ります。
スマホにも通じます。
*過充電・完全放電も電池を痛めるだけで大して変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
3年弱使用しております。さほど使ってはおりませんし、過充電・完全放電にも注意して使用してはおりますがやはり劣化は免れないと思います。

お礼日時:2019/11/18 06:00

リチウムイオン電池を使っているなら、完全放電させてはダメ。



しかし、リチウムイオン電池を使っている製品は完全放電する前にシャットダウンするので
残り0%の表示まで使っても大丈夫。

なんか完全に放電した状態を0%と表示すると勘違いされている人が多いんだなあ。
(あ。添付した画像はオリジナルです)
「タブレットのバッテリーの消耗時間」の回答画像4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
グラフはとてもよくわかるもので、オリジナルとは! ただただ感心しております。 
完全放電、勘違いしていた一人です。

お礼日時:2019/11/18 06:00

家電などに利用する充電池はみっつのタイプがあります。


(1)ニッケルカドミウム電池
(2)ニッケル水素電池
(3)リチウムイオン電池

(1)のニッケルカドミウム電池は最初に実用化されたものです。
このニッケルカドミウム電池はNo1さんのおっしゃるとおり完全に放電してから充電しなければなりませんでした。いわゆる、継ぎ足し充電をすると、メモリ効果というのが生じてバッテリーの容量が少なくなってしまうのです。
(2)のニッケル水素電池は、より高容量で、使用持続時間は約1.5~2倍。充電した状態で長期間放置してもすぐ使えるというのがニッケルカドミウム電池との大きな違いです。充電状態で出荷されたニッケル水素電池は、買ってすぐ使えます。(単3乾電池型がそうです

(3)のリチウムイオン電池はニッケルカドミウム電池やニッケル水素電池よりも更に高容量なおかつコンパクトです。しかも最近はこの一種であるリチウムポリマー電池を使用していますのですので、形さえもかなり自由になります。そのため、現在ではタブレットやスマホ、ノートPCはほとんどがリチウムイオン電池です。

メモリ効果と呼ばれる現象は(2)や(3)にはありません。したがって継ぎ足し充電をしたからといって容量が少なくなることはないのですただし、充電を繰り返すことは充電池の寿命が短くなりますので、通常は警告がでたあたり20%程度で充電した方がよいです。

なお、リチウムイオン電池は、過放電や過充電をすると発火するおそれがあります。通常はそのようなことをさせないように安全装置が組み込まれてはいますが、危険なことにはかわりはありません。ですので完全放電はとんでもない話なんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
3種類の充電池の特性、よくわかりました。

お礼日時:2019/11/18 06:05

最近の機種のバッテリーは使い切ってから充電するようなのは駄目ですよ


残りがあるうちに充電を開始しましょう。
ちゃんとした製品であれば、過充電にならないようセーブ機能がついていますから、挿しっぱなしでも普通は問題ありません。

バッテリーには寿命があります、劣化して消耗が激しい、以前より明らかに持たないと感じたのなら、修理に出してバッテリーを交換するのも手でしょうね。
まぁ見積もりを取って数万もかかるようなら、買い直したほうがいいやっていう事になる可能性もありますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
3年弱使用していますので劣化は当然と思います。
修理代より買い直しの方が安くつのではと思っております。

お礼日時:2019/11/18 06:01

完全になくなるまで使うのが理想です


充電が完了したら直ぐに止めるのが理想です
でないとどんどん性能が落ちていきます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
充電完了時に止める、これは実行しております。

お礼日時:2019/11/18 06:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング