これからの季節に親子でハイキング! >>

40年の潜伏期間を経て、
肺の病気やガンを
発症すると聞き及んでいます。

吸い込んだ量がたとえ少しでも、
同じような確率で発症するのでしょうか。

例えば、ほんの一週間くらい、
アスベストが舞う現場に居た人と、
長期間居た人とでは、
将来発症する危険性にちがいはあるでしょうか。
それとも同じでしょうか。

(体質や健康状態、
喫煙の有無にも左右されるかもしれませんが)


教えてください、お願いします。
なるべく専門知識をお持ちの方お願いします。

m( __ __ )m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

石綿は自然界に普通に存在するもので、一定のサイズ以外のものは肺には達しないとして影響はないと考えられています。

この一定のサイズとは幅3ミクロン未満、縦横の比が3以上といわれています。まぁ,綿以上にすごく細かいものが危険ということです。空気中に飛散していてそれを吸いこんでしまい肺に達するというのが危険だからです。このサイズ以外のものは呼吸では肺には達しないと考えられているために危険ではないと考えられています。
実際、自然水の中にも多くの繊維が入っています。これは問題はないです。また、固形物を飲みこんでしまった。こんなことはないかと思いますがこれも問題ないです。肺に行くより胃に行ってしまいます。

質問文からはどれだけをどの期間飲んでしまったのかはわからないですが、たまたま少量を飲んでしまったのであれば問題はないかと思います。先ほども書いたように自然水にも存在しているわけですから。念のため医者に確認のためにみてもらうのもいいかと思います。短時間でも大量に吸いこんでしまったのなら、口の中のを吐き出しうがいをし、専門の医者に見てもらうことをお薦めします。これが長期間になると話は変わってきます。法律で義務付けられていますがかならず健康診断を毎年受けてください。たとえ少量でも問題になります。仰る通り5年から20年くらい潜伏し発病する反則的な肺がんです。少しでも気になるようなら専門の医者に一度かかってみるといいかとおもいます。

長くなりましたが参考になればと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お父ちゃんによると、
吸い込んだかもしれない場所は、
ユニットバスの製造工場らしいんです。
セッコウ板を加工してユニットバスを作るところとか
いってました。
仕事で一週間くらい居たそうです。
(たぶん一日中)

たくさん白い粉が床や機械につもっていたそうです。

おっしゃるとおり、
お医者さんに診てもらうよう勧めてみます。

とっても参考になりました。
ありがとうございました。

締め切りもう少し待たせてください。

(´・ω・`)/~~

お礼日時:2004/12/22 15:34

#2です。

再度書きこみデス。
なぜ、吸いこんだと思われているのかにもよりますが、
1週間毎日となると病院に行った方がいいとは思います(自分自身が不安でいるよりも調べてもらうほうがいいかと思います)、が、しっかりした工場であれば作業方法や手順が細かく決まっていると思いますので問題ないかと思います。先日記述した有害と思われるサイズのアスベストを使用し作業する場合、特定の装備を必ず付け特定の作業手順で行うよう指導するように法律で決まっています。さらに言えば、アスベストを特定の区画から出さないために着替える場所・洗濯するまでの手順・換気方法まで決められています。今は無害といわれているサイズの使用でも基本的に同様の作業手順を行っている所が多いはずです。
1週間マスクもせずにアスベストの飛散している所でいるというのは考えにくい事です、会社的に大問題になります。
今は、病院で確認してもらうと糞尿・粘液・肺を洗い出す場合の資料などから繊維を発見することができる場合があります(残念ながら確実に見つかるものではないそうです)。通常、本当にアスベストを吸いこんでしまった!と思われる場合は必ず病院へ行く事と思いますのでズサンな作業体制の工場で働いていたのであれば病院へ行く事をお薦めします。
    • good
    • 2

量に依存します。



なので、少しだけ吸い込んだのでも、それが原因で発癌する可能性は皆無ではありませんが、大量に吸い込んでいれば、それだけ危険性が高くなります。

ごく少量なら、他にも発癌リスクはいろいろありますから、それほど気にする必要は無いでしょう。昔はアスベストはそこらじゅうに使われていましたから、ある程度以上の年齢の人なら、誰でも多少は吸い込んでいるでしょうし。

長期にわたって多量に吸い込んでいたなら、そのリスクを認識して、定期的に診断を受ける等の対策をしたほうが良いでしょう。

この回答への補足

お父ちゃんが心配なんです。
吸い込んだらしいんです。
お父ちゃんは42歳です。


クローズアップ現代でやってたんです。
けど量と危険度の関係は
解説がなかったんです。

(´;ω;`)

補足日時:2004/12/22 12:22
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考になっています。

締め切り、もう少し待たせてください。
(^^)/~~~

お礼日時:2004/12/22 12:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアスベストを吸ってしまったかもしれません。

この間、人材派遣で紹介された勤務地に行きました。
そこは海のそばにある大手メーカーの大きな倉庫で、商品をピッキングするために、その中で8時間ほどいたのですが、その倉庫の天井が吹きつけアスベストによく似ていてモコモコした感じでした。天井が低く、取れかかったアスベストのような綿が空調でゆらゆら揺れていました。
私は派遣されてきたので、それを見て急に当然帰ることも出来なかったので、気になりながらも仕事をしてしまいました。

家に帰ってネットとかで調べてみたら、アスベストにとてもよく似ているので不安になってしまいました。でも、本当にそれがアスベストなのか他の吹きつけ剤なのかわかりません。まだ20代なので、この先すごく不安です。今回のことで発病するリスクは大きいですか?不安で不安でたまりません。

Aベストアンサー

アスベストに似ているというのはどうして分かるのでしょう?アスベストを実際に見たことがある?
ふわふわしていたらアスベストですか?
小学校の時に使っていた石綿付金網もアスベストです。あれは、ふわふわしていません。

アスベストが心配なのであれば、まず、アスベストとな何なのかを
ちゃんとした知識を身につけることをお勧めします。

回答に戻りまして、
これだけ、世間で騒がれています。むき出しのアスベストを
放置しておける会社はそうないでしょう。

現場監督の立場から言わせてもらうと、
倉庫は基本的に鉄骨造です。鉄骨はむき出しのままでは、
火事の際に強度が弱くなってしまうので、直接
火に当たらないように、耐火被覆というものを吹きつけます。
質問者さんが見たのはこれでしょう。

天井をボードで仕上げていない
ホームセンターやパチンコ屋などの天井でもよく見られます。
そういった所で、ご自身が見たものと比較してみてはどうでしょうか。

Qアスベスト(石綿)を含む壁の見分け方

我が家(2階建て一軒家)の室内の壁の一部が砂壁なのですが、
アスベストを含んだ砂壁状吹きつけの壁があるということを知って、そうではないかと不安になりました。
見た目でアスベストを含むものなのかそうでないのかを見分ける方法はありますか?
築約30年です。
よろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

確かに見てもわかるとは思えないです。
このページには写真が豊富にあり、解説もついています。

参考URL:http://www.asbestos-center.jp/asbestos/byphoto/

Qアスベストってどのくらい危険なのですか?

そもそもアスベスト被害って、どのくらいの期間どのくらいの量を吸うと発病するものなのでしょうか?テレビでアスベスト鉱山の近くに住んでいたおじいさんが出ていましたが、年はすでに94才。アスベスト鉱山からの粉塵で家の中の食器までほこりだらけになるとかいっていましたが、それも戦闘機がどうのこうのって言っていたから戦前の話だと思うし、潜伏期間を長く見積もっても40年として、そのアスベスト鉱山の近くの住民が大量に肺ガンなどの肺の病気で死んだとも報道されていなかったし。それに昔の解体業者の人など、アスベスト吸いまくりだと思いますが、それなら解体業者の人など、すでに被害でまくりになっていると思うし……。
どのくらい危険なのか、確率について教えていただきたいです。

Aベストアンサー

ある統計では、非喫煙アスベスト事業従事者が肺ガンになる確立は普通の人より1.4倍、喫煙者は17倍という数字が出てるようですね。

参考URL:http://www.hi-ho.ne.jp/cedie/c/asbest.html

Qアスベスト建築の解体による被害・・

アスベスト建築の解体による被害・・

こんにちは。今現在住んでいるマンションの前にあったスーパーが取り壊される事になりました。(築50年ぐらい)
解体業者からアスベストを使用している事を知り、近所の方も不安に思っています。
業者の説明会ではフェンス?などで囲って工事するから大丈夫とか言っていたらしいです。

ただ今うちには妊娠している奥さんがいまして、お腹の子供に影響が出るのが心配です。

そこでお聞きしたいのですが、アスベストの解体は専門業者がすれば本当に安全なのでしょうか?
また妊婦への影響はあるのでしょうか? もし何かしら影響がありそうであればその対策法など教えてください。

工事は来週から始まるそうなので、早めの回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

吹き付けアスベストの場合、
作業手順がありますので、
提出してくれと要求する。

50年前ということは昭和30年代の建物なので、
吸音・結露防止用(石綿 約70%)
耐火被覆用(石綿 約60%)が使用されていることが濃厚です。

外壁には使用されていないと思いますが、再度よく説明を受けてください、
あいまいな回答であれば、お住まいの市区町村の窓口(環境課など)に確認すると言ってください。

大気汚染防止法と、市区町村等の条例で、アスベスト(石綿)を含む建材を撤去する場合、届け出が必要になります。(これは検索してみてください)

除去作業の場合には、アスベストに対し飛散防止処置をとらなければなりませんので、そのあたりも業者に確認してください。
外部フェンスだけでは許可されないはずなので、
作業場の隔離と前室の設置はあるのか、
負圧、除じん装置の設置の有無、
湿潤化を行って作業をするのか
飛散抑制剤の散布と作業室内の特定粉じん処理を行うのか
作業方法等の掲示はいつどこに設置するのか

建物の内部の作業になるので、外部には出ないよう処置を施すとは思いますが、心配でしたらウイルスを通さないマスクを2重にする等で対処、工事期間中にが外出先から帰宅したら、限界内に入る前に体の誇りを落とす(靴も一緒に)。

吹き付けアスベストの場合、
作業手順がありますので、
提出してくれと要求する。

50年前ということは昭和30年代の建物なので、
吸音・結露防止用(石綿 約70%)
耐火被覆用(石綿 約60%)が使用されていることが濃厚です。

外壁には使用されていないと思いますが、再度よく説明を受けてください、
あいまいな回答であれば、お住まいの市区町村の窓口(環境課など)に確認すると言ってください。

大気汚染防止法と、市区町村等の条例で、アスベスト(石綿)を含む建材を撤去する場合、届け出が必要にな...続きを読む

Q木造住宅におけるアスベスト使用の危険性

リフォーム番組の「ビフォーアフター」が、アスベスト法案適用のためにリフォームに時間がかかりレギュラー放送ができなくて打ち切りになるそうですね。

番組に出てくるのは木造モルタル住宅ばかりで、吹きつけアスベストを心配する必要は少ないように思うのですが、なぜ、解体にそんなに時間を必要とするのでしょうか。

現在の一般の木造住宅自体が危険ということなのでしょうか。
私の家は造って35年ぐらいの金属トタン屋根の木造モルタル住宅ですが、何だか心配になってきました。

Aベストアンサー

以前、アスベストの講習を受講しました。

アスベストは吹付けのほかに、
石膏ボード、ロックウール吸音天井板等の内装材
スレート(壁面、屋根等)などの外装材
に含まれていた時代があります。

ですので、鉄骨や鉄筋コンクリートに限らず、これらの材料を使用していることがあります。

これらの材料は、吹付けと違い、安定した状態であり、切ったり、砕いたり等しなければ、飛散する可能性は少ないものと言えます。

ですので、これらの解体は、テレビにやっているように、バールでバンバン壊すことができません。ビス・釘を抜き、1枚1枚外していく必要があります。(バンバン壊してもいいのですが、その場合は、近隣に飛散しないように完全に囲い、エアーシャワーなどの施設も必要になります。)

ということで、解体自体に時間を要するということが、ひとつ。

もうひとつは、
解体するものに、アスベストが含まれているかの事前調査が必要であり、各届出が必要であれば、これに時間を要することが原因かと思われます。

あと、現在、アスベストが社会問題になったことで、解体費用が高騰していると共に、アスベストの解体に必要な技術者の絶対数が少なく、工事の日程が混み合っていることも一因かもしれませんね。

以前、アスベストの講習を受講しました。

アスベストは吹付けのほかに、
石膏ボード、ロックウール吸音天井板等の内装材
スレート(壁面、屋根等)などの外装材
に含まれていた時代があります。

ですので、鉄骨や鉄筋コンクリートに限らず、これらの材料を使用していることがあります。

これらの材料は、吹付けと違い、安定した状態であり、切ったり、砕いたり等しなければ、飛散する可能性は少ないものと言えます。

ですので、これらの解体は、テレビにやっているように、バールでバンバン壊すこ...続きを読む

Q肺に入ったほこりなどはどこへ行く?

ほこりのひどい部屋で空気をすうと、肺にほこりが入っていき、
だんだんとたまっていくと思いますが、そのたまっていった
ほこりはどこから体外へ排出されるのでしょうか?
もしかしたらタンとして排出されるのでしょうか?
タンだとしたら28年以上生きていますが1回も出たことが
ないのですが大丈夫なのでしょうか?
少し気になりましたのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

肺には貪食細胞(塵埃細胞)がいて誇りなど小さな異物を食べています。
それが痰と共に排出されます。他の回答に有る気管支線毛上皮が排出していますが線毛は熱にも弱くたばこで死滅してしまいます。たばこ吸う人が痰が絡む原因です。痰は少なければ気が付かない内に飲み込んでいますよ。
大丈夫です。アスベストは貪食細胞でも分解されません。

Q主人がアスベストの仕事現場で働いています‼影響は⁈

教えて下さい
主人は家業の工務店で3日前からビルのリフォームっの為解体しているのですが、そこにアスベストか使われているそうなんです
格好は長袖に寅一、頭にタオルを巻いて、口に特殊なマスクをしています。
帰って来るときヒドイ時は耳の周りに真っ白の粉が…その着ていた衣類も、家で一応分けて洗濯しているのですが、家に幼児もいるし、影響はないかと、とても心配しています
この方法で大丈夫なんっしょうか?後、心配性の私なんですが、主人の仕事中に解体しているビルの外にまで届け物を主人にしに行ったのですが、その夜、急に熱ん出し、次の日に蕁麻疹がはじめてでたのですが…これは関係ないですよね?
多分たまたま風邪が重なっただけだと思うんですが
最後に一つ、今、妊娠希望なのですがアスベストを扱っていて今妊娠しても大丈夫でしょうか?
分かりズラい文章ですいませんが、
どうか、解答お願いします

Aベストアンサー

こんばんは。

アスベストというと猛毒物質のように感じる人達が多いようですが、以前は「石綿(いしわた)」と呼んで身近に使われてた天然素材(天然石)なんです。
ただ、石綿の中でも幾つかの種類があり、青石綿(あおせきめん)は発ガン性があることが分かってきましたが、最も身近に使われた白石綿(しろせきめん)は危険度は低いとされてます。

しかし、石綿を扱っていた工場作業員などが「じん肺」や「肺がん」で健康を損ねた人達が続出したことで労災問題になりました。
そして、石綿はアスベストと呼ばれるようになり、建材への使用が制限または禁止されることになりました。

石綿は、繊維状の天然石ですから、グラスウールなどが普及するまでは断熱材として建材に使われました。
また、繊維質の特性を利用して壁材などに混ぜ合わせてツナギの役目も果たしてましたから、ある時期の古い建物には使われてたはずです。

石綿は天然石ですから、粉々になります。
それを吸い込むと灰に蓄積されることで「じん肺」や「肺がん」になる恐れがありますが、触れたぐらいでは健康に悪影響は及ぼさないです。
従って、生殖細胞遺伝子に損傷を与えることはあり得ないので、妊娠で胎児に与える影響は皆無です。
蕁麻疹については、石綿の繊維質が皮膚に刺激を与えることで蕁麻疹を発症することは充分に考えられます。

解体作業で舞い上がる粉塵の全てが石綿の粉である可能性は極めて低いことですが、混入してる可能性は充分あるので、身体や衣類に付着した粉塵を再び舞い上がらせることがないように注意すれば恐れることはないです。

結論ですが、アスベスト粉塵を「吸わないこと」に細心の注意を払ってれば、過剰に恐れる物質ではないです。

こんばんは。

アスベストというと猛毒物質のように感じる人達が多いようですが、以前は「石綿(いしわた)」と呼んで身近に使われてた天然素材(天然石)なんです。
ただ、石綿の中でも幾つかの種類があり、青石綿(あおせきめん)は発ガン性があることが分かってきましたが、最も身近に使われた白石綿(しろせきめん)は危険度は低いとされてます。

しかし、石綿を扱っていた工場作業員などが「じん肺」や「肺がん」で健康を損ねた人達が続出したことで労災問題になりました。
そして、石綿はアスベストと呼ばれ...続きを読む

Qアスベストについて・・・

自宅の壁にアスベストが使用されているのではないかと不安です。
アスベストが使用されているのはいつぐらいに建築された建物なのでしょうか?
また、ビル等でなく一軒家の内装等でも使用されているものでしょうか?
アスベストについてどんなことでもいいので教えてほしいです。

Aベストアンサー

#2,3です。
石綿の輸入量は、昭和32年ごろから急激に増加し始め、昭和45年ごろから平成5年ごろまではピークでそれ以降H14年ごろまでに急激に減少してきていますね。参考URL2)をご覧ください。輸入石綿が何に加工されたかも詳しく掲載されていたか、どんなところに使われていたかが書かれています。大きな駐車場ビルや倉庫ビルの鉄骨の防錆用吹きつけアスベストも大量に使われ現在もいたるところで見かけます。代替品として開発されたロックウールもアスベストと同じ健康被害が発生します。
白石綿については、代替品がないということで現在も製品が作られ輸入も行われているそうです。
経済産業省は石綿業界に対して2008年までに代替品を開発するように要請していて、代替品の開発をまって製造中止、使用中止に踏み切る予定のようで、完全な生産中止はまだ先のことである。
ということは、まだどこかの工場でアスベストが製造され続けそれを加工する工場も存在してアスベストを吸う労働者がでる可能性があるということです。もし国内での製造が難しくなれば後進国の工場で作られることでしょう。アスベスト被害が発生するのは吸ってから30~40後ということむごい事ですね。
日本で2008年に生産中止されたとしても、在庫がなくなるまでは販売が禁止されないのが日本の行政です。
アスベストが建築資材用に利用を始めた1950年以降2004年までに建築された隣近所の建物の解体や解体廃棄物の中には防火石膏パネル、断熱石綿綿、防音石綿綿、壁・モルタル補強混入石綿剤、スレート瓦、耐火石綿入り天井パネルなどが大量に含まれていますので、これらが飛散して周辺住民が吸わないような環境対策を政府は直ぐにでも打ち出さないといけないと思います。
WHOが1980年にアスベストの発癌性を警告して以来、代替え品が開発されるまでは批准できないということで、日本ではいまだにアスベストの生産中止の国際条約に批准できていないのが現状です。政治と業界の癒着で、国民の健康は2の次ですね。まだ石綿製品は等分市場に出回り使われ続けていきます。国民や消費者が、正しい知識を身につけ、住宅建設や石綿製品を購入しないことですね。それでも住宅やビルの解体には大量のアスベストが飛散します。経費はかかっても、飛散しないような丁寧な解体が必要ですね。

その他アスベストについての有用な情報が掲載されている参考URLをあげておきますのでご覧ください。
1)http://www.jil.go.jp/kisya/kijun/20030404_03_ki/20030404_03_ki_houkoku_index.html#2-bu
2)http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/kaizen/kisei/taiki/asbest/1.htm
アスベストの健康被害:中皮種被害認定状況
3)http://www.fukumi.co.jp/mm/add/mp_mesothelioma.htm

#2,3です。
石綿の輸入量は、昭和32年ごろから急激に増加し始め、昭和45年ごろから平成5年ごろまではピークでそれ以降H14年ごろまでに急激に減少してきていますね。参考URL2)をご覧ください。輸入石綿が何に加工されたかも詳しく掲載されていたか、どんなところに使われていたかが書かれています。大きな駐車場ビルや倉庫ビルの鉄骨の防錆用吹きつけアスベストも大量に使われ現在もいたるところで見かけます。代替品として開発されたロックウールもアスベストと同じ健康被害が発生します。
白石綿については、...続きを読む

Qスレートとアスベストの関係

アスベスト被害について問題になっていますが、
10~30年くらい前に使用されていたスレートというのはほとんどアスベストが含まれていると考えていいのでしょうか?
実家の目の前が以前、スレート工業の作業所になっており、私は子供の頃いつもそこから立ち上る埃を吸っていました。
(見た感じはいかにも石綿っぽかったのですが)
今のところ実家の近所では特に問題にはなっていないようなのですが、そのスレート工業に問い合わせてみた方がよいのか悩んでいます。

Aベストアンサー

>10~30年くらい前に使用されていたスレートというのはほとんどアスベストが含まれていると考えていいのでしょうか?
残念ながらそう考えて間違いないと思います。
サイディングなどをつくっている大きなメーカーでさえ
2~3年前までアスベストを使っていたとホームページで公表してしている今 もっと単価的に苦しかったスレート業界ではノンアスベスト・無石綿へ切り替えたのは ほんの数年前だと思われます。
と いう事で
>今のところ実家の近所では特に問題にはなっていないようなのですが、・・・
ご心配なら ねんのため最寄りの保健所で「アスベスト工場周辺に住んでる人の健康相談」をやってるなら相談されたほうが良いかと思います。
また厚生労働省職業病認定対策室(参考URL)でも相談窓口として対応していますので問い合わせされたらどうでしょうか?
>そのスレート工業に問い合わせて・・・・
も 答えがなければ厚生労働省職業病認定対策室で労災被害があった事業所を公表してますので会社名を言えばなんらかの情報も得る事ができると思います。
※思います。思います。ばかりですが問題が問題ですので
断定は出来ません。すみません。
できれば何も無い事を望んでいます。
(みんながみんな発病するわけではないようですので・・・)
ちなみに私も32年間スレートや石綿板・アスベストの入ったサイディングを配達してきました。当然ほこりも吸っております。トホホ(泣)・・・

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/houdou/2005/07/h0708-1.html

>10~30年くらい前に使用されていたスレートというのはほとんどアスベストが含まれていると考えていいのでしょうか?
残念ながらそう考えて間違いないと思います。
サイディングなどをつくっている大きなメーカーでさえ
2~3年前までアスベストを使っていたとホームページで公表してしている今 もっと単価的に苦しかったスレート業界ではノンアスベスト・無石綿へ切り替えたのは ほんの数年前だと思われます。
と いう事で
>今のところ実家の近所では特に問題にはなっていないようなのですが、・...続きを読む

Q私の家の壁も?アスベスト素材について詳しい方教えてください!!

アスベスト問題が話題になり、実は我が家の壁の素材もアスベストではないかと不安になっています。
言葉では説明しにくいのですが吹き付け素材ではなく、粉上の物をセメントのように水等で溶き壁に塗りつける壁用素材です。
主に和室などに使われ、素材は白っぽい色で壁をおしゃれにする為かラメ素材などが入っていて固まっても指などで強く押せば型が付いてしまうような柔らかい素材です。
1980年代頃に父がホームセンターのような所で購入し壁に塗ってあるのですが大丈夫でしょうか?
叉、壁部分を一部分を剥ぎ取ってアスベストが入っているかどうか調べてもらいたいとも思っているのですが、現段階で調べてもらえる公的な対策機関などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

繊維壁といわれるもののようです。主に内壁や天井に用いられる左官仕上げ材料の一種で、主原料はパルプや紙の綿状繊維、木紛などの粒状物、化学繊維を糸状にしたもの、無機質材料を混入したものなどであり、アスベストが原料ではありませんので心配することはありません。


人気Q&Aランキング