事故に遭遇し相手側が過失10:0で話し合いが付きましたが、示談交渉の中被害車両の格落ち請求を却下されました。正当な損害に対し請求を求めても却下され、話し合いが平行線のままです。事故処理紛争センターに相談しても相手の態度は変わらず、各保険会社での格落ち対応や格落ちに関する基準等判る方がいましたら、教えて下さい。
被害車両:平成12年2月末購入、修理内容:右フェンダー損傷(新品交換)フロントバンパー破損(新品交換)右フロントタイヤ+アルミホイール(新品交換)、現況:エンジンルーム内の左右フェンダー塗装方法が異なり左右の色が全然違う。又工場ASS'Y品(左側)は、フェンダー部品の接触面にシール剤が塗布されているが交換部は塗布してなく部品交換履歴がはっきりとわかる。相手の保険険会社(三井海上火災):1.新車購入後1年半が経っている。(事故時は1年と2ヶ月で理由になっていない)2.部品交換した場合、元の部品劣化により色が異なるのは当たり前で、使っていれば同じになる。(工場では車両に塗装しているのでエンジンルーム側は完全塗装されていないのに対し、交換部品ではエンジンルーム側も完全塗装され初期から差が明確。又、取り付け方法も異なる)3.フレーム修理をしていないので、格落ちはあっても支払いは出来ない。との事でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自分の思っている損害額イコール賠償額ではありません。



加害者から見て簡単な例で説明すると、

交通事故も不法行為の一種だから、通常生ずべき損害を賠償すればよいのである。相手方の思っている損害全てが賠償額となるわけではない。

しかしながら、保険契約もまた運転者と保険会社間の契約だから、保険会社の提示する金額は被害者たる相手方を拘束しない。

飲酒運転や危険運転の場合保険金は出ないが、相手方に対する賠償義務は当然ある。
年齢不担保の場合も同様である。
保険契約での保険金の上限が賠償義務の上限というわけではない。

しかし、慰謝料や休業補償の類は相場が決まっており、また医療関係費用も差額ベッドを使う必要がないのに差額ベッドを使ったりした場合や、過大な入院交際費がかかった場合も、通常の損害額を超える部分は賠償義務そのものがないのである。

というものです。

格落ちが、たまたま保険の対象外なのか、賠償義務そのものの対象外なのか、で相手方に請求できるかどうか結論が異なってきます。
    • good
    • 0

格落ち損害は単に保険の運用の上で対象となっていないだけで、現実に損害があれば相手に請求できます。

下のHPは格落ち損害について、あなたの要求に答えています。前者は実践的で後者は理論的です。
http://www.asahi-net.or.jp/~mi5k-amkt/hkson_inde …
http://home.catv.ne.jp/kk/rmo/sonngaigakunotishi …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q格落ちの交渉

昨年の12月に追突されカローラ(14年型)を修理しました。
前に乗っていた車に衝突されその車を下取りの時点で事故車なので
格落ちで15万円ほど評価損があり、その車の修理時に示談書に
サインしているので、加害者に要求しませんでした、その経験から
今回の示談の交渉(保険会社)で格落ちを補償するか、示談書に
下取り時に評価損が生じたとき補償するよう書き込む。
交渉していますが、埒があきません、示談が成立していないので
修理代金を保険会社に支払わないので当方に請求来ています。
下記の内容で
1 加害者は100%の過失を認めています。
2 カローラの査定価格は45万円
3 カローラの修理代金47万円+代車費用
4 査定の格落ち(評価損)10万円
質問は
1 格落ちを認めるか、示談書に格落ちが生じたとき補償するよう
  要求するのは不当でしょうか。
2 保険会社との交渉で埒があかないときに加害者に交渉するのは
  可能でしょうか。
3 修理費を争っているのでないのに修理費を当方に請求されるが
  修理時に保険会社と修理内容、修理金額は話し合って決定
  しているの支払いは当方が示談まで支払いは致し方ないでしょうか

よろしくお願いします。

昨年の12月に追突されカローラ(14年型)を修理しました。
前に乗っていた車に衝突されその車を下取りの時点で事故車なので
格落ちで15万円ほど評価損があり、その車の修理時に示談書に
サインしているので、加害者に要求しませんでした、その経験から
今回の示談の交渉(保険会社)で格落ちを補償するか、示談書に
下取り時に評価損が生じたとき補償するよう書き込む。
交渉していますが、埒があきません、示談が成立していないので
修理代金を保険会社に支払わないので当方に請求来ています。
下...続きを読む

Aベストアンサー

 1,要求するのは自由で、不当ではありません

 2、加害者に交渉することは自由です

 3、示談が成立するまでは貴方と修理店の問題です

Q格落ち保証

交通事故の被害者です。
当方、停車中で相手方が追突。
相手保険会社より、0:100で対応との事で
修理代、代車費用も負担してもらいます。

車種ホンダオデッセイ 
年式 22年11月
走行 5000キロ

購入したディーラーで修理を行いますが、格落ち保証を
要求することは可能でしょうか?
また、どのような基準で金額が決まるのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

要求は可能です。
ですが、相手が認めるかは別です。
相手は言わないと自ら進んで弁済する訳はないです。

事故の程度によります。
現実に「下取り価格」等に影響する程度の事故なら
それは現実に被った損害ですから
請求できます。

交通事故には細かい査定表がありますが
読んでも分かりません。

素人には
「無事故車」
「修歴有」
との差額を
下取りや再販価格で追及するがいいでしょう

Q事故車の格落ち補償について

信号待ちで追突され加害者の保険で修理されました。
今後、私の車は事故車扱いとなるのですが、それに対する
格落ち補償を保険会社に請求しましたが、高年式を理由に断られました。
修理代は、約40万円 過失割合は10:0 となってます。
私の車は 平成5年式です。請求はできないのでしょうか ?
お教えください。

Aベストアンサー

私の場合も信号待ちで追突されて過失割合で10:0で、しかも格落ち補償をいただきました。30万だったかな。
ただし、私の場合納車されて3日目の新車でした。
半年後、高速道路でまたも追突されました。
このときは格落ち保障は0でした。
最初の場合は納車されて3日目というところで、納得されたようです。
半年後の場合でも無理だったので、9年落ちの車では不可能だと思います。

Qマンションの格落ち損害について

止めていた車をぶつけられた場合、1対10で相手が悪い場合には格落ち損害を請求できると思います。
この「格落ち損害の請求」のことを、法律用語でなんと言うでしょうか。

実はマンションが昨年の地震で、一部外壁が崩れました。
不動産屋に聞いたら、通常の2割減で売るのが相場だといわれました。

マンションの販売会社にこの「格落ち損害」を請求したいのですが、
車の場合は「格落ち損害」。ではマンションの場合はなんというのでしょうか?

法律上の用語で教えていただきたいです。
また、それはなんという法律(民法でしょうか?)の第何条に記載されているものでしょうか?
お分かりになりましたら、お教えください。

Aベストアンサー

一般的には「評価損」でしょう。

今回のケースは他の方も回答している通り、施工会社、建築会社の「ミスが原因」であることが立証できなくてはダメなのでこれが立証できれば民法709条の不法行為による損害賠償として争うことになるでしょう。

ただ外壁となると共用部分に該当する可能性があるので訴訟を起こすにしても自分一人では難しいかもしれません。

Q代車による自損事故時の格落ち請求

お世話になります、専門家の方のご意見をお願いいたします。

■質問の前提
・自己保有の自家用車の不具合(異音がする)のため、購入ディーラーにて修理を依頼しました。
・車通勤をしているためディーラーの好意にて、代車を借用いたしました。

・借用している車ということもあり、注意して運転していたのですが、
 不幸にも自損事故を起こしてしまいました。
・100%自分の責任ですので、当方の保険にて修理を行う旨、保険会社およびディーラーとは、
 すぐに確認がとれました。

■ディーラーとの交渉
・私自身は、上記にて責任を取ったものとして安心していたのですが、ディーラーサイドから、
 一度話し合いをしたいとの申し入れがあり、先日うかがってまいりました。
・ディーラーサイドとしては、今回の事故による損失は修理で終わるものではなく、
 格落ち(評価損)についても、私サイドに要求するとのことでした。

■質問事項
1.代車を借用中の自損事故の場合、当該車両の格落ち分についても弁済するのが一般的でしょうか。
2.代車は私が希望したわけでは無いですが、先方の好意でメーカーラインナップの最高級車を出していただきました、
  先日の打ち合わせでは、修理後に査定協会にて正式に査定をし、事故前と事故後の差額を弁済してほしいとのこと、
  こちらとしては、一般論でかまわないので今回の事故ではいくら位の差額が出そうかと質問したところ、
  場合によっては400万円程度になるかもしれないとのことでした。
  自身の起こした事故とはいえ、中級自動車が買えるような金額をポンと出せる余裕はなく、
  大変困っておりますし、事故時には格落ち分を弁済してくださいというような話は事前にはありませんでした。
3.代車を借りる原因となった、自車の不具合が無ければそもそも代車を借りる必要はなかったはずです、
  先方は、不具合と代車はまったく別の考えで進めていますが、どうも釈然といたしません。
4.なにぶん企業相手なので、こちらの都合はあまり考慮されず、場合によっては即弁護士を呼びます、
  という態度をとられているので、個人である私自身では対応困難と感じています。

このような事情で、大変困っております。
法律面からのアドバイスを是非よろしくお願いします。

お世話になります、専門家の方のご意見をお願いいたします。

■質問の前提
・自己保有の自家用車の不具合(異音がする)のため、購入ディーラーにて修理を依頼しました。
・車通勤をしているためディーラーの好意にて、代車を借用いたしました。

・借用している車ということもあり、注意して運転していたのですが、
 不幸にも自損事故を起こしてしまいました。
・100%自分の責任ですので、当方の保険にて修理を行う旨、保険会社およびディーラーとは、
 すぐに確認がとれました。

■ディーラーとの交渉
・私自...続きを読む

Aベストアンサー

1.代車が販売目的の商品自動車であれば、シリンダーブロック、フレーム、メンバー、サイドメンバー、・リヤフェンダー、センターピラー、及びこれらに準じる部位に重大な損害を受けた場合は、裁判上高確率で格落ち損が認定されます。
一般に、「格落ち損」の算定方法としては、(1)減価方式(事故時の価格と修理後の価格の差額とするもの)、(2)時価基準方式(事故時の価格の10~20%程度を損害とするもの)、(3)修理費基準方式(修理費20~30%程度を損害とするもの)があります。どれを根拠に請求するかは原告の自由ですし、判例はいずれの方法も認めています。
ただ、400万円もの格落ち損が認められるとは考え難い話です。

2. 高級車が不要であれば、借り受け時に車格の低い代車に変えてもらえばよかったのですから、虫の好過ぎる話です。また、損害賠償責任は民法で規定されたものですから、いちいち断らなくても当然発生するものです。

3.ディーラーの考えが正当です。仮に質問者様の車の不具合がメーカー・ディーラーに責任があるものであったとしても、ディーラーに質問者様の自損事故が予見できない限り、全く別物として扱われます。
つまり、不具合がディーラーの整備ミスであったとしても、代車の自損事故により質問者様が負担した損害賠償責任は、不具合による間接損害には違いありませんが、裁判所はそれをディーラーが賠償すべき損害とは認めません。
不法行為による損害賠償責任は、ある程度予見可能な範囲など特別なものに限定されます。格落ち損害は間接損害ですから、必ずしも認定されません。しかし、商品自動車などでは認定されることも多いのです。

4.弁護士を委任するかどうかは、費用対効果です。ディーラーからの請求額が判明してからでも遅くはありません。

なお、他車運転特約は、約款で借用自動車の損害としては「他の自動車に直接生じた損害」に限定していますから、代車費用や格落ち損害などの間接損害は被保険者に賠償責任があっても支払われません。

また、弁護士特約は「被保険者が被った損害について、損害賠償請求を行う場合」に弁護士費用が保険金として支払われるものですから、これも今回は対象外です。

1.代車が販売目的の商品自動車であれば、シリンダーブロック、フレーム、メンバー、サイドメンバー、・リヤフェンダー、センターピラー、及びこれらに準じる部位に重大な損害を受けた場合は、裁判上高確率で格落ち損が認定されます。
一般に、「格落ち損」の算定方法としては、(1)減価方式(事故時の価格と修理後の価格の差額とするもの)、(2)時価基準方式(事故時の価格の10~20%程度を損害とするもの)、(3)修理費基準方式(修理費20~30%程度を損害とするもの)があります。どれを根拠に請求するかは原告の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報