今日の新聞もなにか誤訳関連の記事があると思うんですが…まあそれは置いといて。

歴史上、日本(国、あるいは日本企業、あるいは日本人のとある人)が英語の文書かなにかを、ありがちな誤訳をしてしまった、か、ついうっかり表面的に誤って解釈してしまって、そのために、なかなか(大変|愉快)な結果になってしまった~、とかいう、ことを御存知でしたら、どうぞ、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

この事?





歴史をかえた誤訳
著者:鳥飼玖美子/著
出版社:新潮社
ISBN:4-10-290095-0
発行日:2001年5月
価格:581円
在庫あり
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30829557


 

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30829557
    • good
    • 0

誤訳になるのかな?


Sewing Machine(ソーイング・マシン) -> ミシン
White Shirt(ホワイト・シャツ)-> Yシャツ
日本人にはそう聞こえたんでしょうね。
    • good
    • 0

歴史じゃないんですけど...


サイモンとガーファンクルだったかな、Watercolorって歌があって、日本名は「恋は水色」だったんですよ。Watercolorって水彩画という意味だったと思います。
その後別の曲(だったと思う)で、日本語の歌詞の中に「こーいーはぁ、みーずーいーろー」と歌っているものがあって、あらら、悪いように普及しちゃったのかな、って思いました。
    • good
    • 0

アメリカの映画の都ハリウッドを漢字で「聖林」と書くのも


間違いが原因ですよね。
本来なら「Hollywood」ですが、エルを1つ少なく
伝えてしまったため「Holywood」になり、
「HOLY」=聖、「WOOD」=林となってしまったわけです。
    • good
    • 0

もしかすると意識的な誤訳だったのかも知れませんが、「アメリカ合衆国(the United States of America)」の「衆」の字は「州(state)」の誤訳ですよね。

メキシコは合州国なのに。

あと、日本人の「f」の発音はどうも英語ネイティブの人には「h」に聞こえる様で「Fire him !!(やつは解雇だ)」と言ったつもりが「Hire him !!(彼を雇え)」と解釈されたなんて話も聞いた事があります。よりによって逆の意味...

他にはある人と連絡を取ろうとしたら「He is not available now.(彼はただいま出られません)」と言われて、つい上司に「彼は使えないそうです」と報告してしまった話とか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報