こんにちは。以下の内容のハガキが来ました。
<和解提案書>
私共は赤坂法律事務所と申します。ご購入した商品の販売店が経営難に陥り民事再生の依頼を受け受任しました。民事再生の第一段階として、販売店事業主の有する債権の全てを整理させて頂く事になり、ご連絡させて頂いた次第です。販売事業主から再三の通知にも関わらず、ご連絡がない為お葉書での最終通達とさせて頂きました。現在、販売店事業主が回収へ向けた裁判の手続きの準備中であります。今回の裁判は、商品代金が未納ということで裁判結果は明らかです。私共としましては民事訴訟法第382~397条に法って販売事業主と和解して頂ける方のみ簡潔かつ迅速な裁判の取り消しも考えております。和解期限までにご連絡ください。尚、ご連絡頂けない場合は裁判所から強制執行とさせて頂きます。
和解期限 平成16年12月24日午後13時迄 
赤坂法律事務所 赤坂裕二
東京都港区六本木7-17-12 RSDビル4階
03-5771-0973/0974

ハガキは12月22日に来ました。全く心当たりがありません。文面には再三とありますが、こんな内容の郵便物などは、初めてです。
架空請求の詐欺はテレビで見たのですが、こういう場合は裁判所に聞けば良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

一応警察に差上げては如何ですか?


架空請求の証拠としてお使いくださいってね

ちなみに法律事務所ってことは弁護士ですよね?
弁護士は名前の前に
弁護士 XX XX と肩書きを入れてきますよ。
勝手に入れたらそれだけで罪になるので
法律事務所だけにしてるんです。
うまく逃げ道残してますね^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
一応消費者センターへ持っていってみます。

お礼日時:2004/12/22 22:10

100%架空請求です。

無視してください。放置しても裁判沙汰にはなりません。心配なら消費者センターに対処方法を問い合わせてもよいでしょう。
参照URLをアクセスしてみてください。架空請求業者が検索できます。
ありますよ、「赤坂法律事務所 赤坂裕二」が。完璧詐欺ですね。
ハガキという事で「もしかしたら家にくるかも」と不安に思われたら、警察に被害届を出しておく事をお勧めします。
が、先方も警察沙汰になると厄介なので家に来たりはしません。

絶対にこちらから連絡をとってはいけません。カモの印になります。そして絶対に払ってはいけません。無視と放置が基本で鉄則です。

参考URLを良く読んで安心してください。

参考URL:http://www.yumenara.com/kaku/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
一応消費者センターへ持っていってみます。
URL有難う御座いました。

お礼日時:2004/12/22 22:11

法律事務所が「午後13時」?


ありえません。
間違いなく、架空請求=詐欺です。
無視、黙殺です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
一応消費者センターへ持っていってみます。

お礼日時:2004/12/22 22:12

 こんにちは。



 要するに、債権回収を一任されているから払えというはがきですね。私にも別のところから来たことがあります。一応残してありますが、無視しています。
 下記に、債権回収が国から許可されている会社の一覧があります、これに載っていなければ、詐欺です。無視しましょう。

http://www.moj.go.jp/KANBOU/HOUSEI/chousa15.html

参考URL:http://www.moj.go.jp/KANBOU/HOUSEI/chousa15.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
一応消費者センターへ持っていってみます。
URL有難うございました。

お礼日時:2004/12/22 22:12

架空請求だと思います。



これまでは架空請求の葉書きの場合は無視していれば済みましたが、最近は違います。相手方が裁判に持ち込んだ場合には、必ず家に裁判所からの通知が来ます。それまでは無視しておけばよいのですが、通知が来た時には必ず対応しなければなりません。無視していると裁判に負けてお金を支払わなくてはならなくなります。

裁判所からの通知は、「特別送達」という、一般には発送できない郵送方法で発送されます。
発送できるのは、裁判所・公証人役場・公正取引委員会等、限られた施設だけです。(引き受け郵便局が決められており、それ以外の郵便局では引き受けてもらえません)

私の知り合いも架空請求の葉書きが来たのですが、市役所の消費者センターに相談したところ、「葉書きだけなら無視しておけばいいです。裁判所からの通知が来たら一度こちら(市役所の消費者センター)まで持ってきてください」と言われていました。

気になられるのでしたら、消費者センターに葉書きを持参して相談してみることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
一応消費者センターへ持っていってみます。

お礼日時:2004/12/22 22:12

相変わらず出回っているんですね。


もうとっくにばれてんのに。

参考URL:http://www.pref.nagano.jp/seikan/seibun/jyouhou/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
一応消費者センターへ持っていってみます。
URL有難うございました。

お礼日時:2004/12/22 22:13

ごく普通に考えて、「こんな重要なものは手紙では来ません。



ですので、「100%間違いなく架空請求」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
一応消費者センターへ持っていってみます。

お礼日時:2004/12/22 22:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民事裁判、和解交渉する際に和解メモを見ながら交渉は可能か

(1)民事裁判で証人尋問をする弁護士は書類を手元に置き見ながら質問が出来るのに、尋問を受ける側の被告人はメモして行った物を見ながら尋問に答える事が出来ないのはなぜなのでしょうか?

(2)和解交渉のする時にメモして言ったものを見ながらの交渉は
可能でしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

証言は、真実(本当にあったこと)を述べるのではなく、証人が記憶している事柄を述べるのが目的です。
例えば、“車の色”について証言を求められたとき、真の車の色が“赤”であっても、証人が見たときには光の加減で“青”に見えたとします。その後、証人がその車の色が“赤”であることを知ったとした場合でも、“車の色”を問われた場合に、“青”と答える必要があります。仮に本当の色が赤であるから“赤”(真実)を答えたとすると、それは偽証になり偽証罪の対象となりえます。
従って、“メモ”という“証人の記憶”以外の情報に基づく証言は認められません。但し、“証人の記憶”を引き出すためになんからの物を提示して質問することは認められています。

“和解交渉のする時にメモして言ったものを見ながらの交渉は”
交渉においては、証人尋問のように“宣誓”が要求されないので、何を参考にしても問題ないし、記憶より真実を優先することも問題ありません。

Q刑事裁判では被告人~民事裁判では被告  何故民事裁判は「人」が付かない

刑事裁判では被告人~民事裁判では被告  何故民事裁判は「人」が付かないの?

教えて下さい。

Aベストアンサー

刑事は被告が個人。
民事は被告が法人の場合もある。

Q民事裁判 和解 教えて下さい

今晩は、今、本人訴訟中です。
傷害事件で損害賠償請求しています。

この度、裁判官から和解を進められました。
要するに、請求金額を譲歩するようにとの事でしたが、裁判での請求金額は、始めから譲歩し満額ではなく、満額の1/4程度請求しました。
所が、和解で又譲歩しろとの事なんですが、通常和解金額とは、請求金額に対してどの程度譲歩する物なのでしょうか?

経験のある方がいらっしゃいましたらアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

 裁判上の和解についてのご質問なのですが、気になりましたので、下記のご質問について回答したいと思います。

>弁護士であったら、最初から満額で請求する物なのでしょうか?

 満額の請求をするかしないかは、弁護士かどうかというより、個々の事情(例 全額請求だと申立手数料があまりにも高額になるので、一部請求にする。)によります。どのような事情か分かりませんが、一部請求をすること自体は、ご相談者の自由です。しかし、次のような点について十分に認識しておく必要があります。
 原告が、被告の不法行為によって生じた損害の額は100万円だと思ったが、何らかの事情で請求額を25万円にしたとします。裁判所は、証拠調べの結果および弁論の全趣旨から損害額は100万円だという心証を抱いたとしても、原告が訴えの変更をして請求を拡張(請求の趣旨を「被告は原告に対して100万円を支払え。」と変更する。)しない限り、原告の当初の請求額である25万円の支払を命じる判決をしなければなりません。仮に100万円の支払を命じる判決をした場合、民事訴訟法第246条に反しますから、控訴された場合は、控訴審で原判決が取り消されてしまいます。
 つぎに25万円の支払を命じる判決が確定したので、新たに原告が残額の75万円を支払を求める訴えを起こしたとします。しかし、前訴でなされた確定判決の既判力によって、残額の支払を求める後訴は不適法として却下されてしまいます。つまり、原告が被告に対して有する損害賠償請求権の額は25万円であることが前訴の判決により確定しているので、もし残額の支払を求める後訴を認めてしまうと、紛争の蒸し返しになり、被告に不利益が生じるからです。もし、原告が後訴で残額請求できるようにするには、前訴において、損害賠償請求権の全体の額は100万円であり、その一部である25万円の請求であることを主張しておく必要があります。

 裁判上の和解についてのご質問なのですが、気になりましたので、下記のご質問について回答したいと思います。

>弁護士であったら、最初から満額で請求する物なのでしょうか?

 満額の請求をするかしないかは、弁護士かどうかというより、個々の事情(例 全額請求だと申立手数料があまりにも高額になるので、一部請求にする。)によります。どのような事情か分かりませんが、一部請求をすること自体は、ご相談者の自由です。しかし、次のような点について十分に認識しておく必要があります。
 原告が、...続きを読む

Q民事裁判の和解調書の内容について

約2年間民事裁判が続き、控訴審で裁判所より和解を提示されて和解調書を作成してもらいました。私が控訴人で、賃金損害賠償請求です。
そこで調書には「毎月月末に5万円支払い、分割金の5万の支払いを怠りその額が10万に達したときは期限の利益を失う」と文面に書いています。

初回の支払日が先月末からということでしたが、振込みがありませんでした。
この場合は、今月末まで待ったほうがいいのでしょうか?
今月末も相手が怠ったら10万円に達します。

詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

内容通りなのですが、今の時点で請求は行ってください。

請求は、内容証明で行う方がいいでしょう。

Q個人事業主は民事に頼るしかない?

アルバイトとして働いていたつもりでしたが、個人事業主として契約していたことになっていました。
契約に際して書面は一切交わしていません。
すでにその会社は辞めています。
違法な偽装請負の形で労働していたと思い、契約の内容を書面で求めました。
しかしながら、無視されてしまいます。
契約内容の書面と、別件について問い合わせても、別件のみ対応され、契約内容に関しては一切触れられません。
後ろめたい事があるから、無視を決め込んでいると思うのですが。
労働基準法では書面を要求されたら提出することが雇用側の義務としてあるようです。
しかしながら、個人事業主という立場に対してはその義務は無いようです。

個人事業主という立場で、会社との関係(契約内容)を書面にて提示させるには、民事訴訟などを利用しなければならないのでしょうか?

ハローワークも監督署も個人事業主という立場にされている現状では何の力にもなってくれません。

Aベストアンサー

契約の内容がどうであれ、そもそも知らされていないことが、なぜ契約として成立していると考えるのでしょうか?契約というのは、両者の合意が成り立っての契約です。あなたには知らされていないことが、勝手に契約として成り立っているなんていうことはありえないと思います。よって、いつのまにか個人事業主になっていたなんていうことは、ないはずです。もしそういう契約だったなんて言ったら、それは会社側の勝手な言い分です。知らされていない契約の内容が何だったかなんていうのは、関係ありません。

個人事業主か、労働者か、ということについてですが、いくつかの条件を満たしているのであれば、あなたに労働者性を主張することができます。

1.使用従属関係性の判断基準
2.報酬賃金性の判断基準
3.独立事業性の判断基準

詳しくは、下の参考アドレスをご覧ください。

参考URL:http://www.hashm.gr.jp/gyo_info10.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報