日露戦争時代の日本の生活を題材にした小説を探しています。
どなたかご存知ありませんでしょうか??
できるだけ生活感がしりたいので庶民の話であるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

野菊の墓


当時の東京近郊の様子が読み取れる。主題は若い男女の交情ですが、背景としての生活習慣や家族関係がこまやかに書かれており、学校制度や徴兵制度に対する庶民の姿勢も垣間見られる。
現代と引き比べて想像力を伸ばすよい刺激になると思います。
    • good
    • 0

夏目漱石は日露戦争をリアルタイムで体験した作家さんです。


「三四郎」などは当時の生活がそのまま表現されているので、おすすめですよ。
他の小説(「坊ちゃん」や「我が輩は猫である」)なども、日露戦争まっただなかではないのですが、その周辺時期なので、庶民の生活がリアルに追体験できるのではないかと思います。
よければぜひごらんになってください★
    • good
    • 0

岩波文庫から小杉天外著の「魔風恋風」という小説が、前・後編で出ています。

明治35年ごろの作品で、当時の女学生を扱ったもので、学生言葉が新鮮です。
また、武者小路実篤の「友情」や「お目出たき人」も30年代が舞台であったと思います。

また、小説ではないですが、ちくま文芸文庫から出ている「東京風俗志上・下巻」が30年の諸物価や賃金をはじめ、庶民風俗に関して広範な情報を分かりやすくまとめています。
他にも「明治日本見聞録(エセル・ハワード著島津久大訳 講談社学術文庫)」や、時代がずれますが、「明治のおもかげ」「明治東京下層生活誌」なども、参考になるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的で大変助かります!
さっそく今日図書館にいき教えていただいたタイトルを探したいと思います。
迅速な回答、本当にありがとうございました!

お礼日時:2004/12/23 09:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外の反応の海外の反応

海外の反応に対する海外の反応ってあるんですか?

Aベストアンサー

ありました
たとえばここです
http://4chansokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

あとは、下記文で検索してください
海外 "反応に対する反応"

Q南北戦争を題材にした小説

今年(2003年)12月に「ザ・ラストサムライ」という映画が公開されますが、事前に南北戦争についての知識を得たいと思っています。できれば小説がいいのですが、おすすめの本などありますでしょうか?

Aベストアンサー

本ではないのですが、
「シビルガン/楽園をください」という映画です。
グリーンデスティニーのアン・リー監督作品で、アメリカの南北戦争時の内戦での悲惨な青春時代を送った若者達のお話プラス歴史的な大事件“ローレンスの大虐殺”をえがいています。
出演者、トビーマグワイヤー/スキートウリッチ/ジョナサン・リース・マイヤーズ
男の友情の物語です。

本はもしかしたらでてるかもしれませんが、ネットでしらべても原作本(英語)しか探す事が出来ませんでした。

原題RIDE WITH THE DEVIL 作者Daniel Woodrell

参考URL:http://www.asmik-ace.com/Rakuen/index2.html

Q海外の反応のサイトについて

海外の反応というサイトがうさんくささを感じます。
誰もが日本人を称賛してますよね?
ヨーロッパの人もアメリカ人も。
あれは管理人がネトウヨで自分に都合のよい
コメントのみを選択していると思うのですが
みなさんはどう思われますか?

あんなサイトばかり増えてるので
今はマスコミと同じくらいにネットの情報も
信じられないですね

Aベストアンサー

ネットなんて自分に自信のないエセ右翼ばっかりですから気にしない方がいいですよ。正直僕も毎回そういうのをテレビやネットで見てこの国はもうダメなんだろうな思うことも多いです。

Q平安時代の庶民、貴族の暮らしなど

平安時代を舞台にした物語を書く上で、少なくとも最低限の歴史考証が必要かと思い、書籍を探してみたのですが、なかなかこの時代の生活が解るような書籍を見つけるのが意外と難しい。時代の流れや具体的な出来事などを題材としたのは多いようなのですが…。
平安時代の人々の生活や暮らし振り全般を網羅したような書物を御存知でしたら御紹介いただければと思います。
出来るだけ高価でない物だと嬉しいです。
本のジャンルは特に問いません(新書、小説等何でも)
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

新書でこんなのはいかがでしょうか。
昔から物見高い野次馬だった日本庶民の生活が垣間見えます(笑)

貴族と庶民の生活は離れていたわけでなくて、屋敷で何かイベント(?)があるときには庶民が見物に行ったりしていたらしい。

「絵巻物に見る日本庶民生活誌」中公新書
http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B5%E5%B7%BB%E7%89%A9%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%BA%B6%E6%B0%91%E7%94%9F%E6%B4%BB%E8%AA%8C-%E5%AE%AE%E6%9C%AC-%E5%B8%B8%E4%B8%80/dp/4121006054

Q韓国大統領の日本の悪口に対する海外の反応は?

韓国の大統領がアメリカ、ヨーロッパ、アジア等の訪問国で日本に反省を求め、日本の悪口を言いまくっていますが、これに対する諸外国の反応はどうなのでしょうか。韓国に同上的で理解を示しているのでしょうか。韓国に有利に働いているのでしょうか。それともみっともない事として各国は不思議な大統領と思っているのでしょうか。日本にとってはこれはマイナス、それともプラスなのでしょうか。諸外国の具体的反応が知りたいのでご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

客観的かつ冷静な反応,対応ですね。
言い換えますと、「無関心」と言っても良いくらい。

EU大統領のファンロンパイ氏のコメントが象徴的です。
朴槿恵の必死の日本批判に対し、
(1)「日韓の協力を支持する」と関係改善を促した。
(2)島根県の竹島問題を念頭に「領土問題は国際法に従って解決されるべきで、平和的解決を目指すよう求める」と述べた。
そうで、朴槿恵の言葉など、ほぼ全く無視して、常識的な正論を述べるにとどまっており、竹島問題では、どちらかと言うと国際司法裁判での決着に応じない、韓国側の対応を批判していると見ることも可能です。
欧米(特に欧州)は、ドライと言いますか、さすがに成熟していると言いますか、大人な対応です。

そもそも日本や中国ならまだしも、EU圏における韓国の存在感など「皆無」に等しいのですよ。
そんな国の大統領が、欧州には全く無関係で、真偽も定かでは無い「従軍慰安婦問題」などと言うワケの判らないことで日本批判を繰り広げたとして、日本との関係を悪化してまで、韓国の肩を持つ理由や動機は無いでしょ?

また、外交関係なんてものは、一朝一夕に築けるものではありません。
・韓国が国際社会や欧州各国に、どれだけ貢献してきたか?
・友好関係の構築に、どれだけ努力をしてきたか?
そう言うコトで、世界が力を貸してくれるかどうか?が決まるのですが、韓国など建国後、自国の発展で精一杯であり、それどころかアジアクライシスでは、国際社会(IMF)のお世話になって、財政再建した様な国です。

一方の日本はと言うと、そのIMFにアメリカに次ぐ第二位の出資国で、戦後は国際貢献など、地道な外交努力も抜かりなく行ってきた国です。

国内経済やら対日・対米外交などでも苦慮している朴槿恵が、欧州に助けを求めるのは判りますけどね。
しかし、「空気を読めよ・・」って感じです。

学校の問題児が、生徒会長の悪口を、隣の学校の生徒会長に告げ口する様な話しですから。
筋違いもいいとこで、欧州の生徒会長さんは、「そんなコト言われても知らんがな。自分の学校の問題は、学校内で解決すれば?」ってトコですかね?
問題児の韓国は、TPOとかが全く判っていないと言わざるを得ません。

あるいは、せいぜい「頑張ってる生徒会長の告げ口などする前に、せめて学級委員長を務められるくらい頑張れヨ!」とか?
そもそも韓国の大統領が、欧州へ行く目的として「必死に日本の悪口を言いに行く」と言う時点で『異常』なんです。

外交ってのは、「我が国と仲良くしましょう!」であって、「あの国が悪い!」なんてことを公式の場で言うのは、かなりの異常事態ですが。
それを各国で必死に力説するなんてのは、もうキ〇ガイじみてます。
時間の問題で、朴槿恵は国際社会から狂人扱いされることになると思われます。

客観的かつ冷静な反応,対応ですね。
言い換えますと、「無関心」と言っても良いくらい。

EU大統領のファンロンパイ氏のコメントが象徴的です。
朴槿恵の必死の日本批判に対し、
(1)「日韓の協力を支持する」と関係改善を促した。
(2)島根県の竹島問題を念頭に「領土問題は国際法に従って解決されるべきで、平和的解決を目指すよう求める」と述べた。
そうで、朴槿恵の言葉など、ほぼ全く無視して、常識的な正論を述べるにとどまっており、竹島問題では、どちらかと言うと国際司法裁判での決着に応じない、韓国...続きを読む

Q車を題材にした小説

今日は。以前から田中光二の書くカーアクション小説が好きで、
「白熱」「ビッグ・ラン」などを愛読していました。皆様お勧めの
「車」を題材にした小説(カーアクション小説、冒険小説、旅モノ、その他)があったら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去の同様の質問
http://okwave.jp/qa1231166.html

ライトノベルでたぶん新品での購入は難しいと思いますが
浅香晶「スペースプロダクション-スーパーノバ」ハヤカワ文庫
話の内容自体は未来SFもので広告会社の社員が主人公の話です。
第2巻「挑戦!メビウスGP」
強力なマグネットで反転した道(コースの裏側)も走る未来のF1レースの取材
第4巻「爆走!ガンナーロード」
走行時に姿を変える新車をめぐってのフリーウェイバトルの取材
※第1,3,5巻は車の話は出てきません。

Q喫茶店などで先に席を取っておく行為 海外の反応

今日ドトールにて鞄を置いて席を取っておいたところ、中国の方が座っていました。
日本語は分からないみたいで英語で話したところ中国人みたいでした。

英語で日本の文化が喋れる程上手くないのでしょうがなく喫煙席に移動しました。
ドトールの場合は混んでる時は席を取ってますかって聞かれるので、席を取っていましたが
これは日本だけの文化なのでしょうか?

ふと思うと中国では鞄なんて置いて席離れたら取られちゃいますよね。
だからそういうのは無いんだろうなと思いましたが。どうなのでしょう?

Aベストアンサー

仕事で中国に住んでいましたが、質問者さんが体験した
文化の違いは日常でした。

席に物をおいて取る事自体は、中国でもやる人はいましたが
席に人がすわってなければ、平気で座る人もいましたよ。

極めつけは、良く列車で移動したのですが、指定席をとっていても
空席であった事は一回もなく、必ず誰かすわってましたね。

対応も様々で、素直にどいてくれる人もいれば、
二人組で別々の席になってしまい、たまたま自分の取った席が
隣同士になった人は、席を変われと言う人。
これも行き先が同じならいいですけど、違うのに無茶ぶりするですよ。

それと、全席してなのに列車に乗り込むときに我れ先に
みんな乗り込むので、日本だと1、2分で全員のれるのに5分以上かかってました。

最初は面食らいましたが、列車に乗るとまずは席を確保する交渉が楽しんでました。

Qインターネットを題材にした小説

インターネットを題材にした、小説を教えてください
お願いします。

Aベストアンサー

ジャンルは何でもいいですか?
思いつくのはこんなところです。
トム クランシー はまぁ面白いと思うんですが、ほかのはどうかな・・・(笑)。

トム クランシー 「ネットフォース―国家強奪計画」
ネットフォースシリーズはいろいろ出ているのでアマゾンで検索してみて下さい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4042837026/qid=1035120426/br=3-2/br_lfncs_b_2/249-3912990-7308335

村上政彦「 東京難民殺人ネット」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894562456/qid=1035120572/br=3-22/br_lfncs_b_22/249-3912990-7308335

マイケル コールマン 「ねらわれたゲームソフト―インターネット探偵団」
シリーズです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459106137X/qid=1035120700/sr=1-3/ref=sr_1_0_3/249-3912990-7308335

岩井俊二 「リリイ・シュシュのすべて」
これはちょっとちがうかな・・・?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048733311/qid=1035120838/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-3912990-7308335

ジャンルは何でもいいですか?
思いつくのはこんなところです。
トム クランシー はまぁ面白いと思うんですが、ほかのはどうかな・・・(笑)。

トム クランシー 「ネットフォース―国家強奪計画」
ネットフォースシリーズはいろいろ出ているのでアマゾンで検索してみて下さい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4042837026/qid=1035120426/br=3-2/br_lfncs_b_2/249-3912990-7308335

村上政彦「 東京難民殺人ネット」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894562456/qid=1035120572/br...続きを読む

Qレーニンは、日露戦争をどのように見ましたか?

レーニンは、日露戦争をどのように見ましたか?

1905年に日露戦争はロシア帝国の敗北により終結しました。
これ以降、ロシア帝国は弱体化に拍車がかかり、ロシア革命の遠因に
なったとされています。
さて、革命の父と言えばレーニンですが、レーニンはこの日露戦争を
どのように評価しているのでしょうか?
日露戦争に対して、レーニンはどんなコメントをしていますか?

Aベストアンサー

レーニンは日露戦争が開戦した直後からその戦争期間中はもちろん、終戦後に亘り多くの論文や演説を残しています。その量は相当なものでほとんどはレーニン全集に納められてはいますが、まともに研究するなら独立した一冊の本が出来るほどです。

 ということでレーニンの詳細なコメントを含めた回答は不可能ですので、ざくっとした回答でお茶を濁らさせてもらいます。

 レーニンの日露戦争観は当時の日本を取り巻く諸国の知識人とはかなり違ったもので、中国や朝鮮のように小国が列強大国を見事に打ち破ったことに対して、無邪気に喜ぶというものではありませんでした。同時に反政府的思想を持っていたにもかかわらず、敗北という現実の前に止めようのないナショナリズムが湧いてきた、トルストイのような複雑な感情も持ち合わせてはいませんでした。

 レーニンは日露戦争開戦直後からこの戦争の本質と推移、そして戦後の変革を冷静に見つめ、これをいかに自己の思想闘争に活かし、なおかつ利用しようかということを分析し研究していたといってもよいでしょう。

 日露戦争は当時のヨーロッパやアメリカのインテリゲンチャと同じく、弱小国対強大国の戦いといった単純な見方ではなく、帝国主義的的植民地主義者たちの闘争であって、アメリカやヨーロッパ諸国の反動的ブルジョアジーたちの間に将来起こりうるであろう、新しい形の戦争の初期段階的なものであるとみなしていました。

 日露戦争開戦直後の小規模な戦闘でロシア軍が敗北を続けたとき、ロシア社会主義民主労働党中央委員会での労働者への呼びかけの中の一節です。
「戦争が始まった。日本人はすでにロシア軍に一連の敗北をもたらし、いまやツァー政府はこれらの敗北復讐を果たすために全力を注いでいる」とし、これらの結果がロシア人労働者、農民たちに新たな苦難を招き、人民やその家族に大きな惨禍をもたらし、さらなる税の過大なる負担を強いるであろう、と続けています。

 そしてレーニンはそこにツァー政府の将来的な破滅と崩壊を予想し、革命の実現という現実的な姿を見たのです。

 レーニンは前述したように戦争中、各戦闘の経過と結果について詳細に分析・研究を行っています。そしてその結果の原因の主なものに必ずツァー政府における官僚や軍人の腐敗性と、農民大衆の無教養や無気力などを挙げて、「露日戦争の仮借ない教訓によって、惰眠をむさぼるだけの広範な農民大衆を目覚めさせる」と結んで、巧妙にアジテートしています。

 さらにレーニンは機に乗じて日本をたくみに利用しており、あるときは帝国主義者、あるときは進歩的勢力と呼び、自身のイデオローグに効果的に組み込んでいる点でもしたたかな人物でした。

 日露戦争に関してのコメントしての集大成というなら、「新しい大戦争、専制制度に立ち向かう人民の戦い、自由を求めるプロレタリアートの戦争が近づいていることを意味していることに、この戦争の全世界的・歴史的意味がある」というのが、最もふさわしいかもしれません。

レーニンは日露戦争が開戦した直後からその戦争期間中はもちろん、終戦後に亘り多くの論文や演説を残しています。その量は相当なものでほとんどはレーニン全集に納められてはいますが、まともに研究するなら独立した一冊の本が出来るほどです。

 ということでレーニンの詳細なコメントを含めた回答は不可能ですので、ざくっとした回答でお茶を濁らさせてもらいます。

 レーニンの日露戦争観は当時の日本を取り巻く諸国の知識人とはかなり違ったもので、中国や朝鮮のように小国が列強大国を見事に打ち破ったこ...続きを読む

Q広告代理店・イベント会社を題材とした小説

広告代理店の営業、またはイベント会社の仕事を題材とした小説を教えてください。
文庫化されていれば尚嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

荻原浩(作家になる前は広告会社のコピーライターでした。)
オロロ畑でつかまえて
なかよし小鳩組
神様からひと言
メリーゴーランド


人気Q&Aランキング

おすすめ情報