自分の出した糞に湧くバクテリアを糞と一緒に食べて、また糞をして、それに湧いたバクテリアをまた糞と一緒に食べて・・・と、まさに自給自足の生活をしている虫がいると聞いたんですが、本当なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

安部公房さんの創作にユープケッチャという架空の生き物が登場します。


ゴロゴロと転がって自分の糞を食べて、また、糞をして、それを食べてという架空の生き物ですネ。
安部公房さんらしい不思議な雰囲気の小説です。

現実の世界では別の生き物の糞を食べる虫は沢山います。糞虫と呼ばれるスカラベの仲間が有名ですが、糞というのは半消化物や繊維の宝庫ですから、それらを食べるものがいても不思議はないですネ。ゾウの糞専門のものやウシの糞が大好きのものとか色々いますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

架空の生き物だったんですか。
どうりで生物学関係を調べても見つからないわけですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/06 10:11

セルロースの分解はバクテリアが必要なので、草食動物は、最初に母親(たいてい)の糞をたべて、バクテリアを補給しないといけないことになります。


(糞に「湧く」のではなく、始めから糞の中にいるわけです。糞の製造元、といってもいいでしょう)

哺乳動物は、体温を保って培養器みたいなものだけれど、昆虫はバクテリアの都合のいい体温をしていないので、捨てずに拾って有効活用するのだと思います。

ゴキブリ退治の「○○バット」は、薬の成分が糞に出て、それを食べた幼虫にも効く、というのがウリでした。
    • good
    • 0

朽ち木を喰うカブトやクワガタなんかも近いですね。


要するに、バクテリアに分解されないと体内に栄養を吸収できないので、
何度も喰って少しずつ消化するわけです。
自給自足とはチガウかな。
    • good
    • 0

この質問のようなことが出来たら、永久機関も造れちゃいます。

熱力学第2法則に反していますね。閉鎖系で内部エントロピーが低下してます。自身の排泄物をエサの一部にする昆虫ならありえますが。もちろん変態前に食いだめして、後は排泄物だけを食べて少しずつ痩せながら死ぬ昆虫と言うのは原理的には考えられるけど聞いたこと無いです。
ちなみに、ウサギの場合はどうかしらないのですが、草食動物一般の食糞行動は、体内の消化バクテリアの欠乏を補充するという意味合いが強いです。
    • good
    • 0

こんにちは。


虫ではないのですが、またご質問の主旨とはちょっと違いますが、ウサギやネズミなどは、自分の糞をたべます。これは糞食と呼ばれますが、盲腸で発酵したバクテリアを栄養分として摂取しているのです。彼らは草食であるため蛋白源を補うための行動であって、もちろん自給自足というわけではありませんけれど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアリが食べる虫、食べない虫

アリはよく昆虫の死骸などを食べますけど、
昔、ダンゴムシの死骸をアリの巣の近くに置いてみたところ、
アリたちは見向きもしなかったので、不味いのかなーと不思議に思ったことがあります。
また、ヤスデの死骸も食べてくれませんでした。

なぜアリは、ダンゴムシやヤスデを食べないのでしょうか?
アリが食べる虫と食べない虫を分ける基準などあるのでしたら、教えてください。

Aベストアンサー

ダンゴムシもヤスデも食べますよ?
私は小さい頃アリの自由研究をしていたので確実です。ただ、ヤスデが生きた状態だと近寄りませんね。実際、ヤスデを刺激すると臭いですから(笑

あと、食べるか食べないかは季節やアリの探索力によっても違うと思いますよ。
大きな獲物は一匹では運ぼうとしません。何匹かを呼んでから運び始めます。といってもすぐ集まった記憶があります。砂糖などは一人で運べますからすぐ運ぼうとしますがね。

Q生きているバクテリアと死んでいるバクテリアは何が違うのでしょうか?

表題の通りなのですが一体何が違うと思いますか。
動物や昆虫などでは複雑すぎて入り口さえ分かりませんので最小単位のバクテリアをモデルに考えてみたのですがそれでも全く分かりません。

思い切って数を減らし仮に分子が100個集まって生命現象が起こったと強引に考えた場合生きている状態と死んでいる状態では各々の分子にどんな違いが有るのでしょうか。100個で生命現象が起こるとは到底思えませんが極限まで小さく単純化してみると何か突破口が開けるような気がして・・・

当然酸素や窒素、水分子などが生きているなどと言う事は意味を持ちませんが非生命が集まりそれに何かの条件が加わると生命活動が始まる。

21世紀の科学でも分かっていない事ですが様々な仮説を聞いてみたいと思って質問して見ました。
どんな荒唐無稽な話でも良いですから回答者様の説を教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

何十億でも何兆でもいいですが、すごい数の列を思い浮かべてください
その1つ1つがドミノの列でそのドミノが一斉に倒れています。

これはいろいろな化学反応を例えています。

上記の状態が、生きているという状態です。
そのドミノがストップしている状態が、死んでいるという状態です。

さて、このドミノの列、どの列が「生きているを定義するのか?」

わかりません。

なぜなら1つ1つに見えていた列ですが、実はあるところでは合流したり、分かれたり、互いに影響し合っているからです。

今の科学でわかっているのは、数個のドミノの列が存在している、どういう仕組みで倒れている、倒れると何かが起こる、ということくらいです。

それ以上は想像しかできませんし、想像は既に科学ではありません。
哲学で答えを探すことをお勧めします。
どれか1つだけでは成り立たないからです。

Qくわがたとかぶと虫を一緒にしているとくわがたがかぶと虫をちょんぎりますか?

ある人がから聞いた話です。
たらいにかぶと虫とくわがた虫を30匹ほど入れておいたそうです。
朝になるとすべてのかぶと虫がちょんぎられていたそうです。
これは本当のことなんでしょうか?
嘘をいっているとは思えないのですが、本当のこととも思えません。
そもそもくわがたのノコはものをちょんぎるようにはできていませんから。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

十分あり得ますよ。私も小学生の頃、経験があります。
私の場合は、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、カブトムシ、コクワガタと、全て一緒に同じところに入れておいたら、ある日の朝、ミヤマクワガタ一匹以外、全て体が半分に切られて死に絶えていました。
前の晩は全部生きていたので、たった一晩でこういうことが起こったことになります。
コクワガタは自分で山で捕まえたものでしたが、ノコギリクワガタとカブトムシはお小遣いで買ってきたものだったので、ものすごい悔しかったのを今でも覚えています。

Q発光バクテリアで虫を光らせる

発光バクテリアっていうヤツで
たとえば蝶とか蛾とかを光らせる事ってできますか?
海にいるらしいので自然じゃありえないだろうけど
人為的に・・
いろいろググってみたんですが
人魂かと思って捕虫網でつかまえたら発光バクテリアのついたユスリカだったって話はありましたが・・蝶だったらどうなんでしょう??

別に本当に光らせようってわけじゃないんですけど・・
趣味で作ってるお話のスジに関係してるだけです。
できるかできないか・・仮にできたとして
発光とか蝶の寿命とかってどのくらいもつんでしょうか・・?

なにぶん中卒なもので・・分かる限りで結構なので
皆さんの知恵を借りたいです・・・

Aベストアンサー

お尋ねのものは緑色蛍光タンパク質ではないでしょうか。

緑色蛍光タンパク質
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E8%89%B2%E8%9B%8D%E5%85%89%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA

これはレポーター遺伝子として使われるので遺伝子に組み込むと励起光を当てることで発光するみたいです。

レポーター遺伝子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90

発光バクテリアは海に住む生物にしかつかないようです。

発光バクテリア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E5%85%89%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

もっと詳しく知りたければ以下で紹介されている新書を読んでみるといいでしょう。

遺伝子・DNAの世界
http://shinshomap.info/theme/gene_and_dna.html
生命科学
http://shinshomap.info/theme/life_science.html

お尋ねのものは緑色蛍光タンパク質ではないでしょうか。

緑色蛍光タンパク質
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E8%89%B2%E8%9B%8D%E5%85%89%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA

これはレポーター遺伝子として使われるので遺伝子に組み込むと励起光を当てることで発光するみたいです。

レポーター遺伝子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90

発光バクテリアは海に住む生物にしかつかないようです。

発光バ...続きを読む

Q衣類に湧く虫

こんにちは。地味な質問なのですが,衣類(ニット)が虫に喰われて穴があいたーっ(>_<)なんてありますよね。たまに虫本人に合うこともありますが(既に死骸)あれは何という虫でどこから発生するねでしょうか?又 形状はダンゴムシ型ですが 産まれた時から死ぬまであの形なんでしょうか?成虫になっても変わらないのですか?後 たまに抜け殻だけみたいになってる(中身がいない!?)時もあり それはどういう事か分かりません。必ずニットに湧くので(保存の仕方が悪いんですね)ニット製品は買いませんがコイツの正体が気になります。どなたかご存知の方、情報をお願いします。

Aベストアンサー

ダンゴムシ型……というのがちょっとわからないのですが、おそらく衣類の大害虫 カツオブシムシ のことですかね。カラカラに乾燥した幼虫の死骸は、ダンゴムシに見えないこともないかもしれません。

【グロ注意!!!】
写真が見たければ、以下を。結構グロいので注意してください。
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%82%AB%E3%83%84%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%B7%E3%83%A0%E3%82%B7+%E5%B9%BC%E8%99%AB&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi


カツオブシムシが衣類を食うのは幼虫のときだけです。成虫は外を飛び回ってマーガレットの花の蜜とかを食べていますよ。3月頃に出てきて、しまう前の冬物等に卵を産み付けますので、ご注意を。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報