「ビブラートは無理につけるものではなくしっかり響いてくるようになればそのうち自然とつくものだ」と言われますがいつまでたっても自然につきません。
そもそも、演歌のような音程が激しく上下するようなのではなく「自然とつくビブラート」はどういった原理で発生するのでしょうか?
腹筋を小刻みに動かすのですか?

A 回答 (3件)

カテゴリーは、


エンターテイメント > 音楽 > 楽器・演奏
が適切と思います。

私は歌はよくわかりませんが、他の楽器の経験や知識から。


一般的には、ビブラートは音程の変化です。
それに、伴って音量や音質(音色)の変化がつくことも
あります。

自然と身につくと言われているビブラートでも
同じことだと思います。
実際に何が違ってくるかというと、変化の周期(細かい、荒い)とか、
変化の程度(激しい、わずか)とか、変化の範囲(基準音から上のみ、基準音から上下対象)とか、
さらにそれをいつ、どこで、どの程度かけるかという
判断が違っているだけだと思います。

歌の場合はわかりませんが、フルート場合だと
喉を使わず息の強弱を変化させる、つまり腹筋で
息をコントロールすることでかけると教わった覚えが
あります。


また、自然にとは言っても実際は無意識の内にでも
かけようと思っていないとかからないとは思いますので、
ある程度上達してビブラートの練習をしても害がなさそうなら、
練習はする必要があるとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>カテゴリーはエンターテイメント > 音楽 > 楽器・演奏
が適切と思います。

経験則ではなく学術的見地から正しい回答が欲しかったのであえてこちらを選びました。

>つまり腹筋で息をコントロールすることでかけると教わった覚えが
あります。

フルートのビブラートの話はちらと聴いたことだけはあります。
ボーカルの場合も腹筋を小刻みに使うことによって起こる横隔膜のふるえから発生すると考えて良いのでしょうか。

共鳴に関しては様々医学的な見方の話も多いのですが(サイトなどで)ビブラートに関しては感覚的な話しか見つけられなかったので質問しました。

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/05 18:27

『ビブラートとは、ピッチの周期的な揺らぎを作ることであり、


声音に限っていうと、全ての歌における全ての音に存在する。
良いビブラートとは人間の歌声に(限らないが、音に)
対して豊かさを与える音の揺らぎと速度である。』
らしい。

私は合唱をしていました。そこでは、ビブラートはかけるなといわれました。
ので、ビブラートのかけ方は教えてもらったことはありません。
無理にビブラートが付くというのは喉や顎にいらない力が入っているからですよね。
むりに顎とかを震わせて。(ちがいましたっけ?)
それに対して自然につくビブラートは声の響きや、呼気のコントロールでの
声の大きさの揺れでつくられているように思います。

どう思われますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみませんたいへん遅くなりました。
>呼気のコントロールでの声の大きさの揺れでつくられているように思います。

なるほど、勉強になります
回答ありがとうございます、 とても参考になりました。

お礼日時:2002/03/16 03:35

私も一緒です!ビブラートがつかなくて、悩んでました。


最近、少しだけビブラートがつくようになってきました。
最初は全然ビブラートがつかなくて、声楽の先生や音楽の先生に
相談しまくっていたのですが、誰に相談しても、答えは一緒でした。
「今の歳からビブラートがつきすぎていたら、そのうちにビブラート
ばかりで、歌を聴いていられなくなるから、今はついていない方がいい。
そのうち、イヤでもつくようになる。」と、教わりました。
それでもつけたいのなら、やはり発声練習から毎日しっかり練習する
ことだそうです。来年、音楽大学の試験を受ける予定なので、
焦ってはいましたが、ビブラートはそんなに大事なことでは
ないようです。・・・どうしても、あった方が聞き映えがすると
思ってしまうのですが・・・。今でも・・・。
全然参考になってないですね☆お役に立てなくてすみません!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみませんたいへん遅くなりました。
回答ありがとうございます、 とても参考になりました。

お礼日時:2002/03/16 03:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフルート、ビブラートのかけかた

フルートのビブラートのかけ方を教えてください。
始めて2年ほどなんですが、レッスンでも
もうそろそろ教えてもらえそうなんですが、自分でも練習してみたいのです。

Aベストアンサー

はじめまして。
フルートを吹く仕事と生徒をもっています。

ビブラートについて・・・・・
仲間の演奏者でも生徒でもビブラートのかけ方は様々デス。
あなたにはどのやり方が一番あっているかは見てみないと判らないのですが、まずはロングトーンからのアプローチを。
1、ロングトーン(一番自分が吹きやすい音でOK)に
 メトロノーム(テンポ60)に合わせて1拍ごとにブレスの強弱、という かフゥ・フゥ・フゥ・フゥ・と(これで4拍分)ブレスの波を作る。
2、同じくロングトーンに、今度は倍のブレスの波を入れる。
  フゥフゥ・フゥフゥ・フゥフゥ・フゥフゥ・
3、さらに、ロングトーンに、今度は三連符
  フゥフゥフゥ・フゥフゥフゥ・フゥフゥフゥ・フゥフゥフゥ・
4、ロングトーンに今度は1拍に4つ
  フゥフゥフゥフゥ・フゥフゥフゥフゥ・フゥフゥフゥフゥ・フゥフ ゥフゥフゥ・
そして、1拍に5つ、6つ・・・とブレスの波を入れていく練習を
してみて下さい。
そうして練習をしていくうちに喉でビブラートをしている、とか、
複式を使ってビブラートをしているなど判ってくると思いますよ。

一言、普段フルートを吹くときに喉がならないように
気をつけてくだサイ。喉が絞まっているということに・・・。
イメージは喉は開いている(一本の管がまっすぐ通っている)感じデス。

そもそも、ビブラートは音を出す息、ブレスの振動により出来るものデス。その振動を作り出すのに横隔膜を動かすとか言われているので、
無理にお腹をヒクヒク動かすことはなくて良いですよ。

フルートを吹くときは、肩の力を抜いて、体の中に一本の大きな
息の通り道を作ってあげる・・・そんなイメージですョ♪

説明が解かりづらかったかも知れませんが、
頑張って下さいネ!
同じフルーティストとして応援していマス♪

はじめまして。
フルートを吹く仕事と生徒をもっています。

ビブラートについて・・・・・
仲間の演奏者でも生徒でもビブラートのかけ方は様々デス。
あなたにはどのやり方が一番あっているかは見てみないと判らないのですが、まずはロングトーンからのアプローチを。
1、ロングトーン(一番自分が吹きやすい音でOK)に
 メトロノーム(テンポ60)に合わせて1拍ごとにブレスの強弱、という かフゥ・フゥ・フゥ・フゥ・と(これで4拍分)ブレスの波を作る。
2、同じくロングトーンに、今度は倍のブレス...続きを読む

Qバイオリンのビブラートがうまくかからない…どうして?

私はバイオリンを始めて2年くらいになるのですが、今だにビブラートをうまくかけることができません↓↓
プロの人がやるときれいに大きく揺れているのに、私がやると小さく細かく振動してるようにしかならないのです…。

どうすればプロのようにできるのでしょう?
何がいけないのでしょう?
教えてください!!

Aベストアンサー

私はチェロをやっているのですが、初めて2年の頃は…あまりきれいなビブラートはかけられませんでしたね。
どうしても速かったり細かかったり、安定しなかったりでした。
全く焦る必要はないと思いますよ。

これはあくまで僕の感覚で、決して正しいかどうかは定かではありませんが、練習するときに「速さをプロに似せて少しずつ幅を広げる」のではなく「幅をプロに似せて少しずつ速くしていく」方が上達できるかな、と感じました。

先ずは一秒に一往復とか、そのくらいから始めていくのが一番良いと思います。

Qビブラートについて

歌手の人とか舞台俳優さんで、歌う時に声にビブラートがきいている人っていますよね?
あんなふうに、声にキレイな振動をつけるにはどうすればいいのでしょうか?
それと、女声の低音を出すときのコツなどがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

自然に出来るようになっていた,というのは素晴らしいですね。
天才だと思います。
ふつうは,スゴく苦労して手に入れるものです。

ビブラートにいろんな種類があることは,ご理解なさっていますか?
もし,未だどういう種類のビブラートがあるか,具体的に捕らえていらっしゃらないなら,できるだけ
多くのプロの声楽家の歌を聞いてみることをお薦めします。
いろんな種類のビブラートがあることに気づかれると思います。

それらの中から,「自分はこういうビブラートをマスターしたい」という具体的な目標を立ててください。
勿論,これは最初の目標です。
一つをマスターすれば,その他のビブラートも容易に出来るようになります。

基本は,ロングトーンを出すことから始ります。
姿勢を正しくとり,複式呼吸をしながら,自分の声域の中の比較的高い,かつ楽に出せる音程を選び,
しっかり安定した,ある程度強めの音を持続発声してください。
言葉は「あ・・・」でよいと思います。

息が続かなくなると,音程が不安定になってきます。
このとき逆らわずに,音程をゆらします。
また意識的に,横隔膜を上下させ,ゆれを拡大します。
横隔膜でビブラートをかける方法は,いろんなビブラート手法の中の一つですが,この方法は,
一番”幅の広い,どっしりしたビブラート”が作れます。
聞いていて「安心して聞ける」ビブラートです。
音程はいろいろ変えてみて,やりやすい音程をとってください。

自然に出来るようになっていた,というのは素晴らしいですね。
天才だと思います。
ふつうは,スゴく苦労して手に入れるものです。

ビブラートにいろんな種類があることは,ご理解なさっていますか?
もし,未だどういう種類のビブラートがあるか,具体的に捕らえていらっしゃらないなら,できるだけ
多くのプロの声楽家の歌を聞いてみることをお薦めします。
いろんな種類のビブラートがあることに気づかれると思います。

それらの中から,「自分はこういうビブラートをマスターしたい」という具体的...続きを読む

Qビブラートってなぜ付ける?

楽器でも歌でも、ビブラートを付けるけど
あれは何故付けるのでしょう?
なにか、心理的な効果とかあるのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

聴いた感じとしては,ビブラートをかけた方が音の伸び・通りがよいように思います。

また,#2さんもおっしゃっていますが,聴く側の心理としては(心理「学」的には分かりませんが),「音の揺れ≒心の揺れ」というのは意外に成り立っているかな,と思います。

以下は余談でしかもクラシックに限った話です。もしも興味がおありでしたら。
---
ほぼ常にビブラートをかけ続けながら演奏しているようなイメージが強い楽器(例えば,弦楽器・フルート・歌など)でも,そうなったのは実は音楽の歴史から見ればごく最近(といっても100年弱くらい)の話で,もともとは,「ここ!!」というところに表現のポイントとして使うものだったようです。

過去はビブラートは一切なかったはずだ,という見解もあって(説の真偽のほどは私は知りません),ノン・ビブラートを前面に押し出したような(私からするとかえって不自然な)演奏が一時期多くありましたが,ここへ来て,使うべきところは使う,抑えるべきところは抑える,という感じで,「常にかけるもの」「絶対かけてはいけないもの」というような固定観念抜きで,自然な表現を作っていこうという動きも盛んになってきているように思います。

こんにちは。

聴いた感じとしては,ビブラートをかけた方が音の伸び・通りがよいように思います。

また,#2さんもおっしゃっていますが,聴く側の心理としては(心理「学」的には分かりませんが),「音の揺れ≒心の揺れ」というのは意外に成り立っているかな,と思います。

以下は余談でしかもクラシックに限った話です。もしも興味がおありでしたら。
---
ほぼ常にビブラートをかけ続けながら演奏しているようなイメージが強い楽器(例えば,弦楽器・フルート・歌など)でも,そうなったのは実は音楽...続きを読む

Q演歌や童謡の歌詞カードの記号

デザインの仕事をしており、原稿の文章中に出てきた記号でわからないものがあったので質問します。

たぶん演歌や童謡の歌い出し部分に付いている記号だと思うんですが、山が2つか3つ連なったようなウニョウニョマークです。
母が持っている演歌の歌詞カードにあったような気がするのですが、探しても見つかりません。
「あぁ~」って歌詞の所に付いていたような気もします。
でも、どの記憶も定かではありません。

パソコンの記号では出てこないし、名前がわからないのでネット検索しても出てこないのです。
もし知っている方がいたら、あのマークの正式名称、もしくは、正式な形を教えてください。
わずかな情報でも助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

JISの第3水準で追加された記号で,JIS規格では「歌記号」・「いおり(庵)点」という名称が付けられています。
印刷業界では昔から,「歌ひっかけ」という通称で呼ばれてきました。歌い出しの行頭にちょこっとひっかけるように書かれるからでしょう。
第3水準まで収録したフォントなら3区28点で出ると思います。
また,ユニコードは303Dです。ただ,私の持っているパソコンに入っているArial Unicode MSというフォントでは,第3水準に追加された文字がまだ入っていない時期のものらしく,303Dやその前後の記号は出ませんでした。

後打音は,楽譜(五線譜)に書かれる小さな音符(装飾音)の一つですから,違うのでは。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報