よく問題文中に酸化剤(還元剤)、酸(塩基)と反応させるとありますが、その時点で酸化還元反応なんですか?それとなんで過マンガン酸カリウムはよく酸化剤として出題されますが、それは単に強力酸化剤だからなんですか?

A 回答 (1件)

 


 ご質問の意味が良くわからないのですが,もう少し質問を整理された方が望みの回答が得られやすいですよ。とりあえず回答しますが,必要なら補足下さい。

> その時点で酸化還元反応なんですか?

 どういう意味でしょうか。問題としている反応が酸化還元反応の場合,一方を「酸化剤」と呼び,他方を「還元剤」と呼びます。同様に,問題としている反応が酸塩基反応(中和反応)の場合に,一方を「酸」と呼び,他方を「塩基」と呼びます。このように,「酸化剤(還元剤)」が言えるのは「酸化還元反応」の場合だけですし,「酸(塩基)」が言えるのは「酸塩基反応(中和反応)」の場合だけです。

 で,どちらが「酸化剤(還元剤)」になるか,どちらが「酸(塩基)」になるかですが,これはどちらが「酸化剤(還元剤)」として強いか,どちらが「酸(塩基)」として強いか,によります。


> それは単に強力酸化剤だからなんですか?

 そう言っても構いません。上記の様に,「酸化剤(還元剤)」は相対的なものです。過マンガン酸カリウムは大抵の相手よりも強い酸化剤ですので,通常は「酸化剤」として働きます。

 ただし,もし過マンガン酸カリウムよりも強い酸化剤と反応させたら,そちらが「酸化剤」になり,過マンガン酸カリウムは「還元剤」になります。


 いかがでしょうか。この辺りの事は,先の質問で回答のあったペ-ジ等を御覧になれば詳しく出ていると思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。なんかめちゃくちゃな質問してしいました。

お礼日時:2001/08/04 23:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報