在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

白鵬の魅力を教えてください。

白鵬って、取組最悪だし、日馬富士事件の時は脳天流血した貴ノ岩を放置して女ナンパしてラーメン食べに行き、万歳三唱に物言いに、上司である貴乃花の巡業部長反対を言ったり、格下力士が格上力士にやりにくい技でボコボコにしてどや顔で喜んでる最低っぷり、横綱になって長いのに日本の伝統文化を無視した土俵入りの型。だめ押し等々。

どこに白鵬の魅力を感じますか?

gooドクター

A 回答 (8件)

チームモンゴルだからね、日本には馴染まないことも平気でやります。


勝てば良いとか品位とか関係ないとか思っている、そんな奴が部屋を持ったら相撲は終わりだね。
相撲協会もロクなもんじゃない、あれを黙認するんですから。
品位と風格がない力持ちくらいで横綱になれるんですから、腐ってます。
    • good
    • 0

世渡り上手なとこ。

    • good
    • 0

【 (2番)追加回答です。

 】

大相撲の興業を主催している「日本社団法人日本相撲協会」が、大相撲は「神事」といっているのです。

怪我人が出るから、スポーツと言った方がおられますが、「神事」と言っても、格闘技と言うカテゴリーは間違いないです。

格闘技である以上、怪我は付き物です。それだけ真剣に勝負していると言う事です。
逆に、関取は、あれだけの体型でありながら、ぶつかったり、土俵から転げ落ちたりしても、
大怪我をする「確率」は、信じられないくらい「少ない」のです。


今も、国技館では、頻繁に「天皇皇后両陛下(ロイヤルボックス・皇族以外は座れません)」の天覧相撲があります。あれは、相撲の原点である、平安時代の名残です。
今年、今上天皇陛下が即位し、アメリカ合衆国連邦の、ドナルド・トランプ大統領夫妻が「国賓として来日」。
安倍内閣総理大臣夫妻と共に、両国国技館で大相撲を観戦した際は、ロイヤルボックスには座れず、「1階の升席を改修」して着席し、観戦しました。


さらに、「大相撲」が「神事」である根拠がもう一つあります。



それは、「横綱の奉納土俵入り」です。 この本場所前の横綱奉納土俵入りは、日本相撲協会の公式行事です。


(1)「初場所」(東京)は、「明治神宮」で奉納土俵入りを行います。

(2)「春場所」(大阪)は、「大阪住吉大社」で奉納土俵入りを行います。

(3)「名古屋場所」(名古屋)は、「熱田神宮」で奉納土俵入りを行います。

(4)「九州場所」(福岡)は、「(福岡)住吉神社」で奉納土俵入りを行います。
    • good
    • 1

白鳳の魅力は、恥を知らないところですね


八百長、裏切りは当たり前、事件を他人のせいにするのはお得意です
横砂らしからぬ取り組みや態度や暴言は、彼の人間性を表しています
八百長、バクチ、いじめ、殺人、暴行、何でもありの相撲界ですから
白鳳みたいなクズが出て来るのも仕方がありません
ファンもいるそうですが、同じ穴のムジナ、すなわちクズやゴミでしょう
    • good
    • 0

No3です。


だから、スポーツを求めるのか神事芸能のような様式美を求めるのかということです。
真剣勝負であるスポーツになる前はあんなにけが人は出ていません。
この数場所幕内力士が5人休場しています。スポーツになったからです。

 昭和の時代の相撲映像などを観ると、立ち会いでもしきりに手をついている力士など一人もいません。それを事細かくルールを決め、はたきこみなど以前ならちょっと曲げに手がかかったくらいなら反則などなりませんでしたが、ちょっと指がかかっただけで反則負けです。全く面白くありません。

 私が大相撲がプロレスのような芸能であるというのは年に本場所だけで90日、それ以上に地方巡業があるわけです。真剣勝負の格闘技ではそんな戦えません。
また、怪我させられないように防御するのも真剣勝負であるべきです。
元稀勢の里の荒磯親方は「(かち上げは)ここにスキができますから、右のわきに。かち上げした瞬間にそこをうまくついていくということもしっかり頭に遠藤があれば、ここまでまともに食らわなかった」と話しています。

 なので何度も言いますが、神事芸能として相撲を捉えるのか、スポーツとして捉えるのかで全く違います。私は神事芸能の大相撲のほうが好きですが、現状として真剣勝負が求められている以上、ルールに従ったうえで強いものが勝つ。それでいいと思います。

 怪我するのは仕方がないですね。真剣勝負の格闘技ですから。
神事芸能なら怪我もぐんと少なくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、神事やスポーツ、格闘技以前の問題で『人としてどーなの?』って思いませんか?

お礼日時:2019/11/30 13:23

白鳳好きですよ。

めちゃ強いから。

もともと私は相撲はスポーツではなく神事で芸能だと思っているので。。。どちらかといえばシナリオのあるプロレスのような格闘技ですね。
なので、八百長も・・・って、言葉が誤解されますが、ようするに間に立って仲介してお金を儲けるような力士はもちろんNGですが、「やつはこれで負けたら十両に落ちる。私は勝ち越している」ような状況のときは力を抜いてやることは八百長ではないと思います。で、そういうのはOKだと思います。

しかし、藤島部屋が隆盛を極めた頃から「ガチンコ」が求められるようになり、大相撲にスポーツを求めるようになってからおかしくなってきました。
先輩からのシゴキなどは当然ですし、10代の「ごんたくれ」な少年の集まりなので暴力もあって当然でした。これは相撲だけではなくすべてのスポーツに言えることですが、平成になってから特に先輩や教師のよるシゴキという名のいじめや体罰が厳しく追求されてきました。

大相撲は年6場所(90日)また地方巡業などで他の部屋の連中(これも部屋が違っても一門と言う名の仲間の部屋があります)とも親しくなるのは当然で、このあたりもプロレスと同じだと思いますが(っていうか、プロレスが大相撲の巡業制度を真似しているのですが)いろいろな理由で私はスポーツではなく神事芸能だと思う立場です。

神事芸能なら、横綱らしさを求められるのは当然です。
しかしスポーツならルール上OKのことなら横綱であろうとなかろうとOKです。
しかし、白鵬はまず顔を張られることはありません。これは「神事芸能」の部分です。

私はルールとして許されている「張り差し」「かちあげ」がなぜ行けないのかわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『相撲は神事と言いながらも日本相撲をプロレス感覚で観ている』

と言うことですか?

言葉を上手に組み合わせてるだけではありませんか?

相撲はプロレスと違うので貴方は相撲を神事だとはあまり感じていないのではないかと受けました。

スポーツ感覚で白鵬を容認していると言っても、プロスポーツ選手としても白鵬は失格ではないでしょうか?何故ならプロなら正々堂々、土俵上で戦えば良いのに、対戦前に貴ノ岩をボコボコにし(実際は日馬富士)怪我人を保護する立場にいる先輩なら対戦相手を放置はしません。

更には八角が容認しているからルール違反にならないとしても、対戦相手を怪我させると言う荒業、言ってみりゃー、致命傷を負わせるやり方を繰り出してまで自分のために勝ちに拘る。

これって、神事、スポーツ、芸能以前の問題で、人としてどうなの?って疑われる行為ではありませんか?

お礼日時:2019/11/30 08:20

こんばんは。



私も白鵬は、大嫌いです。

「相撲」は、スポーツではありません。相撲は「神事・お祭り」なのです。

相撲の歴史は長く、平安時代は、「天皇」や「貴族」、「平氏」などの高貴な人々の前で、披露されていました。


白鵬は、相撲を「スポーツ」と勘違いしています。史上最低の「横綱」です。


よく言われる言葉で、

(1)「記録」は大いに残したが、「記憶」に残らない者。

(2)「記録」は、あまり残さなかったが、「記憶」に残る者。

人間は、(2)の方を、リスペクトするのです。「記録」は、破られる為にあるものであり、すぐに忘れられます。

しかし、「人間の人格」は、記録を残さなくても、リスペクトされて、いつまでも長く、記憶に残るのです。



「白鵬」は(1)の人間であり「日本人の記憶」には残りません・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とてもとても参考になりました。
ありがとうございます。
確かに記録は残せなかったけど記憶に残した有名人って沢山いますね!しかも人気もあります。

お礼日時:2019/11/30 00:07

伝統も無視して、なりふりかまっていない所。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

白鵬によって日本の伝統文化を壊されても全く気にしませんか?

かいがいからも日本の伝統文化は愛されているのに。

お礼日時:2019/11/29 23:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング