痔になりやすい生活習慣とは?

【中国旅行】
1ヶ月後、中国に旅行しに行く予定です。

旅行前に保険に入ろうと思っています。しかし、中国人の彼氏に、「中国の医療費はすごく安いから、入る必要がない」と言われました。私自身、病気やケガをした場合など、万が一に備えて保険に入ろうと思っていたのですが、入る必要はありませんか?今までは、大学で全て保険の手続きをしてもらっていたため、詳しくありません。どうしたらいいのか教えていただけないでしょうか。

また、海外旅行前にやるべき事があれば、教えていただきたいです。

宜しくお願い致します。

A 回答 (8件)

海外旅行で気を付けなければいけないのは、歯の治療費です。


保険で出る場合と出ない保険があります。なので確認が必要ですが
旅行保険に加入した方が良いと思います。
理由は、長期入院が生じた場合に金が続かないと思います。
その際は、治療費明細と領収書を必ず持ち帰って下さい。
帰国後に高額医療費の請求をすると8万以上が戻ってくることになります。
しかし、保険に加入している場合は現地での建て替え祓いをしなく良い場合があります。

最近気になるのは、中国でもスパイ容疑で逮捕者が15人ほど出ています。
日本に帰国できたのは、たったの一人で北海道大学の方だけです。

要するに、デッチアゲに引っかかると帰国できない。
なので、行動には十分注意し、海外旅行気分で羽目を外さない事です。
また、手荷物には十分に注意し変なものを混入させられていないか確認が必要です。

お話は変わりますが、私の場合は中国には決して旅行しない。
理由、日本政府は日本人を保護し、身の安全を守る努力をしていない。
なので、捕まったらお終いだと認識した方が良い。腰抜け国家です。
    • good
    • 0

中国で医療費が安いと言うのは中国人が掛かった場合の話です。


保険は万が一を考えて加入するにですが、中国語が話せない外国人が医療を受ける場合には外国人用の窓口で前払いで受ける事になります。保険に加入していれば保険証を提示するか、保険証のガイドに記載されている医療案内に順って手続きを進める事が出来ます。
入院する様な怪我とかだと入院保証金が前払いで必要になります(1日当たり1万円位)もちろんカードでの支払いも殆どの病院で可能ですが、VISAかMASTERしか使えない場所もあるので注意が必要です。

クレジットカードの海外傷害保険はカードによってサービスのやり方が違うので一概には言えませんが、帰国後に精算する場合もあるので要注意です。

行先に何でも頼める親しい知人が居ないのなら、保険は必ず入った方が良いと思います。
救急車も保険対象ですよ。
    • good
    • 0

「クレジットカードの保険がどのようなものなのか?」を確認しなければいけません。



クレジットカードの保険の落とし穴として、
 ・利用付帯  旅行の代金をカード払い。旅行行程の一部をカード払い。一定期間内にカードを使っている。
        などの条件がある場合があります。
 ・補償内容  補償内容が「わかっていない」のに、保険に入っている。という事にはなりません。

大学で入ってもらった保険も同じです。「詳しくありません?」どういう事でしょう。
保険は、もしもの時に自分に代わり、代金を支払ってもらうためにあります。
どの項目について代金を払ってもらうのか?確認をしましょう。
そもそも、大学側で入った保険にもサインをしたはずです。その時に確認しなかったのですか?

ご自分で加入するのなら、web上で「海外旅行保険」を検索すれば、複数社一括見積ができます。
条件と料金を確認して、カード払いにすればいいと思います。
    • good
    • 0

どうして旅行傷害保険に加入しようとお考えなのでしょうか?



 旅行傷害保険付帯のクレジットカードを複数枚所持されて出発されれば加入する必要はないでしょう。また日本の健康保険が使えるため、医療費に関しては帰国後、手続きを取れば国内と同じく自己負担は多くても3割。

 まさかクレジットカードが所持できない小中学生の質問とも思えませんので、海外旅行傷害保険が自動付帯されているクレジットカードをお持ちか、これから発行されることを前提で説明しておきます。
1、自動付帯のクレジットカードを発行しておきます。
2、クレジットカード会社のインフォメーションに電話をし、付保証明(ふほしょうめい)を発行してもらいます。
  (これはクレジットカード会社が発行するものではありません。引受先 損害保険会社から直接送られてきます)
3、万が一に備えてクレジットカードの番号と付保証明のコピーを留守宅へ置いて(家族にわかるようにして)出掛けてください。付保証明の現物と、クレジットカードの実物は必ず所持して空港へ行ってください。
4、現地で何かあった場合、この付保証明とクレジットカードですべてがOKになります。

 複数枚の海外旅行傷害保険自動付帯のクレジットカードを持っていかれる場合、すべてのカードでこの付保証明を発行してもらってくださいね。医療費等(死亡保険以外です)の保証が合算されますのので、高額請求にも対応できます。どのクレジットカードがいくら払うのかは、引き受けている保険会社で話し合いがもたれ、質問者様に請求がいくことはありません。ご安心ください。
    • good
    • 0

海外保険自動付帯のクレジットカードを持っていない限りは入るべきだと思います。


以前北京で風邪を引き、保険会社に連絡して日系クリニックを教えてもらい行ったことがありますが、1万超えましたよ。
日系クリニックや外資系のクリニックに掛かるとなると額面が跳ね上がります。
中国語がきちんとできて現地でやり取りが可能でだとしても、中国の病院は都度払いなのでかなり面倒だとも思います。
旅行とのことなので、例えばジェイアイの「たびほ」なら掛け金は1週間で3000円、2週間でも6000円です。
(2週間以上はビザがいるので、観光なら最大でもこの程度かと)
それ以外の盗難等の保障のことも考えて、入られてはいかがでしょうか。

中国通っててその他必要に思うことですが……

・中国は完全にキャッシュレス文化なので、それに対応できるようにした方がいいと思います。今の北京、タクシーなんかキャッシュレス決済前提で釣り銭用意してませんからね。
先日アリペイが旅行者用に決済できるように対応をしましたので、そちらをオススメします。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/zhifubao_jp_ …
登録してクレジットカードの紐付けさえしてしまえば、国内でpaypayなどで決済経験があれば問題なく対応できると思います。

・googleやInstagram、twitterなどは軒並み使えないので、使いたいなら海外ローミングのSIMを買って持っていくといいです。
↓この辺りを持っていきます
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LYBE3IE

・パスポートの残存有効期間は6ヵ月以上が無難です。有効期限1年切ったら更新できますので、切ってたらすぐ更新してしまったほうがいいです
    • good
    • 0

中国一般人民並みの医療なら安いかもしれませんが日本や欧米並みの医療を受ければ高額になるでしょうね。


外国人旅行者が一般人民と同じ医療機関にかかれるかも疑問。
場合によっては普通運賃の何席分かを払って担架で帰国なんて言うこともあり得ますね。
    • good
    • 0

保険には自分の怪我だけでなく、荷物の損失等のカバーするものもありますので、可能な限り入っていた方が安全かと思います。

    • good
    • 0

安い?



大学での保険がカバーしないなら旅行保険は必要でしょう

一番保険料の安い奴で良いからさ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング