プロが教えるわが家の防犯対策術!

12月から施行の携帯電話使用に関する罰則引上げについて不可解なことがあります。使用と交通の危険に分けてありますが、私は使用そのものが交通の危険と解釈してしまい、では交通の危険とは事故なのか、その一歩手前なのか。なんかその辺り曖昧です。詳しい方がいらしたらおしえてください。

A 回答 (2件)

>では交通の危険とは事故なのか、その一歩手前なのか。

なんかその辺り曖昧です。
 交通事故発生につながる危険度の度合、でしょう。
 速度違反や一時停止無視も、違反=事故ではありませんが
 道交法に準じた走行よりも事故を招くリスクが高いから
「違反」が設定されている訳です。

携帯を見る=わき見運転 ってことです。
わき見をしていたら、目の前に歩行者が飛び出してきても
「ノーブレーキで跳ね飛ばす」というリスクが成り立ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよねー
「携帯をみる等」=「危険を生じる運転」ですよね。
その二つの罰則がそれぞれ異なる、その線引きが曖昧なんです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2019/12/03 18:53

交通?


インターネット通信ですか。
罰則とあるが、何かいけないことしてるの?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング