「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

私今年古希(70歳)を迎えました。
遠方の歯科医で入れ歯ではない、義歯に変えました。何でも噛める丈夫な歯になりました。
それで、気力が上がり、意欲的に仕事もできるという句です。
これを、川柳か俳句にするにはどう直せばよいでしょうか?
お知らせください。

A 回答 (4件)

古希迎え 新歯に替えて 秋高し


古希迎え 新歯に替えて 天高し

どちらも空気が澄みきるために空が高く感じる様子を表す秋の季語ですが、自ずと『気が上がる』心情をも連想させるでしょう。
こうした心情は直接的に言わないほうが余韻が出るような気がします。
下記のように位置を入れ替えるのも面白いかと。

秋高し 新歯に替えて 古希となる
天高し 新歯に替えて 古希迎う

あまり添削しすぎるのは良くないと思ったのですが題材が非常に面白いので個人的な趣味としては下記のように。

天高く 新しき義歯 古希となる
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考にします。

お礼日時:2019/12/04 20:58

義歯にして悋気(りんき)で噛みつく気力出来 川柳


紅葉に新しき歯の映えしかな 俳句
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。

お礼日時:2019/12/04 20:59

変えて → 替えて かもしれません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。漢字間違い訂正します。

お礼日時:2019/12/04 21:00

すでに川柳ですよ。


俳句には季語が必要ですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。

お礼日時:2019/12/04 21:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング