ネットが遅くてイライラしてない!?

ねじれ国会になるとどのようになるのですか?法律が成立しづらくなると聞いたのですが。基本的には衆議院で過半数を得ている政党(政権を取っている政党)が優先されるんですよね。
でも、衆議院が参議院を押し切って法律を成立させるには基準があると聞いたのですが。「衆議院で採決。過半数で可決」→「参議院で審議。否決」→「衆議院に戻って再び採決。今度は3分の2の賛成が必要」といったことを聞いた気がします。

A 回答 (2件)

日本国憲法59条では、法律の成立について次のように定めています。


「第五十九条 法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。
2 衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。
3 前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。
4 参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。」

衆議院と参議院で、過半数を占めている政党が異なるという、いわゆる「ねじれ国会」状態になると、衆議院で多数派を占めている政党と、参議院で多数派を占めている政党の合意がなければ、新しい法律を制定できなくなってしまうため、法律の制定はかなり難しくなります。
ご質問のとおり、衆議院で多数を占めている政党が、衆議院で3分の2以上の議席を確保していれば、参議院で法案が否決されても衆議院で再採決に持ち込むことができますが、それでも法律の成立までかなりの手間を要することになり、円滑な国会運営は難しくなります。衆議院で多数を占めている政党が3分の2を確保していない場合には、参議院で議席を占めている少数野党などの協力を得て過半数を確保するか、または参議院で多数を占めている政党との合意を得られないと、事実上何も決められない状態になってしまいます。

また、予算や条約に関しては、憲法60条2項・61条により上衆議院の優越が定められていますが、実際に予算や条約を執行するには関連する法律案を成立させる必要があり、そうした法律案について衆議院の優越は認められていないため、事実上機能しないという指摘がなされており、そのため参議院の力は結構強いのです。

「ねじれ国会」により最も悲惨な状態になったのは、2009年から2012年まで続いた、民主党を中心とする連立政権時代のことです。この連立政権は、もともと衆議院で3分の2を確保していなかったのですが、2010年の参院選で敗北して過半数を確保できず、野党勢力である自民党や公明党の協力を得なければ、事実上何も決められない状態になってしまいました。
近年、ねじれ国会で国政運営が困難になり、辞任に追い込まれた内閣総理大臣には、自民党の安倍晋三(第一次)、福田康夫、民主党の菅直人といった名前が挙げられます。
    • good
    • 0

ねじれ国会になるとどのようになるのですか?


 ↑
衆議院で決めても、参議院で否定されます。
その結果、何も決められない政治になります。



法律が成立しづらくなると聞いたのですが。基本的には
衆議院で過半数を得ている政党(政権を取っている政党)が
優先されるんですよね。
でも、衆議院が参議院を押し切って法律を成立させるには
基準があると聞いたのですが。「衆議院で採決。過半数で可決」→「参議院で審議。否決」→「衆議院に戻って再び採決。今度は3分の2の賛成が必要」
といったことを聞いた気がします。
 ↑
憲法で明記されていますよ。
憲法59条です。

その他、条約や予算については衆議院の優越が
認められています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング