AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

風力発電の(扇風機型)風車について教えてください。
丘の上にありような風車ですが、ブレードが細いので、正面から見て、「スカスカ」に見えます。
ブレードの間を風が抜けて、もったいない気がするのですが。

もっと風の当たる面積を増やせば、もっと発電できないのでしょうか?

強風とかの問題なのでしょうか?

ブレードが細い理由、何故だか教えてください。

A 回答 (5件)

疑問は、ご尤も。



羽の面積が広いと、逆に空気抵抗が増し、風の力が落ちて効率的に回転力に変換できません。
また、メンテや回転時のバランス振動や風切音等の環境にも配慮する必要があります。

そのため、羽の形状やねじり角を工夫した結果が、良く見かける3枚羽の風力発電塔なのです。

プロペラ飛行機も、同じ理屈で最小のエネルギーで最大の推力を得るため、細い3枚羽になっているのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすい回答をありがとうございました。

お礼日時:2019/12/07 12:11

大きな羽根にすると重くなるので、小さな風で回らなくなります



そして台風や強風の時に周りすぎて機械が壊れます。

軸とかの機械部分を大きく強度を上げればいいですが、今度はコストアップになります。

無料の風で回って発電してるように見えますが、コストが掛かりすぎると、安く発電できませんので
そうならないように採算の合う範囲で、風力発電機を作ります

あれを1機建てるのに11億円ぐらい掛かります(^_^;
24時間動かして発電して、元が取れるのが200年後です

10年ぐらいで壊れますし(^_^;あははは
    • good
    • 1
この回答へのお礼

投資回収の話題は非常に興味深いです。
ありがとうございました。

お礼日時:2019/12/07 12:10

風力発電は、空気の重さとその移動速度(つまり、これが風、風速です)で、


風車を回してエネルギーを得ています。
しかし、その風速は、風車通過直後でもゼロにはなり得ないので、
風エネルギーの全を得ることが出来ません。
その関係に於ける最大効率を売る形がその形なのです。

風車の利用については、最大風速が定められており、
それを超える場合は、回転停止で風車羽の向きを変えて風を避ける(発電停止)、
と言う機能があります。
また、自然風速は一定と言う事が無く大きく変化するので、
逆に言えば、風車の最大定格で運用する状況はあり得ない、
という皮肉な結果でもあるのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ほとんどの風車があの形なので、色々ある条件を満足するカタチ何ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2019/12/07 12:09

おっしゃるとおり、風力発電は細くて頼りないプロペラがゆっくり回っている感じがしますね。



風力発電は遠くから見たらゆっくりまわっていますが、近くにいくと相当なスピードで回転しています。先端部分では時速200kmぐらいだそうですね。ですから、それだけのスピードで回転していればおおきな回転翼と同じ効果があるそうです。

回転翼をおおきくすればもっとゆっくり回せますが、台風時の強度的な問題や材料費が高額になるという問題もあるそうですよ。

風力発電の羽根 なぜ細くて3枚?
http://www.asahi.com/edu/nie/tamate/kiji/TKY2007 …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2019/12/07 12:06

読みにくいですが、


あなたの知りたい理由が書いてあります。
http://www.asahi.com/edu/nie/tamate/kiji/TKY2007 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございました、

お礼日時:2019/12/07 12:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング