個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

脳で扱えて、観ることもでき、会話もイメージも伝えられるウェアラブルデバイス

例えば、耳に掛けて装着するタイプや、ネックレスのようなデバイスや、髪留めの中に収まっていたり。
重さはとても軽量で。
人の動きを制限することのない、装着感はレスに近く。

脳で思えば、相手と通信でき。
相手の像も脳の中の視覚部位等を介して、相手の姿が見える。

ブラウジングも脳の中の聴覚部位を介し読み上げられ、伝えられる。
又は、視覚的に読むこともできる。
画像は、視覚部位を介して、閲覧できる。

相手の考えていることを、言語に置き換えなくとも、イメージで感情や脳背景の群が伝えられ、伝えられることができる。
言語にする前の伝えたいイメージがそのまま相手に自分に届く。

プログラミングも思っただけで構成を組むことができて、それが上手く機能するかもシミュレーションでき、されて、その結果がイメージとしても返され、検証修正できる。
どこに問題がありそうか、AIからも人からも援助してくれて、教えてくれたり、解決にできそうな候補をくれたり。

人間の思考やアイデア等、同じことや似たことを考えている人を見つけ出したり、繋がれる。
アイデアをもらえる。
教え合える。

国の政策もそれが上手くいくか?持続可能な社会へと結びつくか?等、妥当性可否を精査してくれて教えてくれる。

経済についても然り。
更にそれがなくても困っている人を救いきれるのであれば、そのような傾向も探り勘案し実現可能なら採用されたりもする、できる。

スマートホンのような画面も要らず、キーパッドも要らないそういうデバイスは出てくると思いますか?

勿論、学校等の講義もできてしまうし、所在地まで出向く必要もない。

一生のライフプランも考えてくれたり、教えてくれたり。

この社会の中で生きてゆく事に安心を得られ生きて行ける。

人生を、社会を、問題のその解決をサポートしてくれる。

A 回答 (1件)

ウソ、隠し事も出来ず、サプライズも企画できず、企業取引も腹の中読み取られ、迷惑なばかりです。


方々、喧嘩や争いも絶えず、対人恐怖症に世界中が陥ってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそうですね。
通信の監視と、可否選択の手段がなければ大変な事になりますね。
脳内思考をハッキングされてしまう。

お礼日時:2019/12/07 11:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング