痔になりやすい生活習慣とは?

〘感傷は制作的でなく鑑賞的である。しかし私は感傷によって何を鑑賞するのであろうか。
物の中に入らないで私は物を鑑賞しうるであろうか。感傷において私は物を味わっている
のでなく自分自身を味わっているのである。いな、正確に言うと、私は自分自身を味わっ
ているのでさえなく、ただ感傷そのものを味わっているのである。
感傷は主観主義である。青年が感傷的であるのはこの時代が主観的な時期であるためであ
主観主義者は、どれほど概念的あるいは論理的に装うとも、内実は感傷家でしかないこと
が多い。〙

以上は三木清の「感傷」についての一文の抜粋です。哲学者の深い思索が感じられます。

日本人は多分に感傷的民族であると言われてきたそうですが、私の周囲を見て、また、文
学や詩などを読んで、更に私自身を見ても、そうであると思います。

私は現在、自分の中の感傷的な心を否定しようとしています。それは、亡くなった父が晩年
酒を飲んで感傷に浸りきっていた姿を見たからだと思っています。

さて、「感傷」って、何でしょうか?

A 回答 (18件中1~10件)

(゜-゜)(。

_。)(゜-゜)(。_。)

認めつつですよ!
足して行く感じか
ですよね

言葉が足りなかったです
m(._.)m
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わしやけどさんは、お判りでしょうが、世間では認めようとしないし、
昭和人は誇ろうともしない、あまりにも、なのでつい…

お礼日時:2020/01/02 12:45

(゜-゜)(。

_。)(゜-゜)(。_。)

自己の確立より

社会の歯車とか
効率や利益優先

そんな
歪みに、負けず!流されず

だからと言って
自身を追込み過ぎず


昔は良かったの
回顧主義にならず

現実の明日に
どう繋ぐか

オヤジや大人の
責務なのかも?
( ̄~ ̄;)

重大すぎるから

ちょいとした、お節介くらいかも!

(  ̄▽ ̄)にっこり

魂の無い村には
したくないですもんね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

昭和のことを言うと、まず、回顧主義とか、ノスタルジーとか言われることが多い。

昭和の良さを認めることは価値的だと思う。認めたくないから認めないというのであ
ろうと思っている。

それでは、ドツボにハマってしまうでしょう。

お礼日時:2019/12/29 13:33

家族の関係性


(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)

ありそうですね

アルコール中毒や
パチンコ依存
恋愛依存に
引きこもり

そういったのすべて
基本は家族であり

そういった
依存や中毒

含めて

愛せれるから
人生って

不思議ですね

医者や社会は
害悪として
駆逐したいみたいですけど


心の穴で
ペットロス
ワシは直ぐに治まりましたけど


実の兄貴は
なかなか

立ち直れなくて

母親を亡くした時以上に
引き摺ってますよ


母親のかたみとして
猫を育ててたから
余計に穴が、大きくなってるとは
思いますけどね


塞げない穴なら
あなごと
認めてあげるしか
無いですね

穴が大きすぎると

腑抜けてしまうのも
人の性なのか?
個性なのか?

家族って大事ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://www.youtube.com/watch?v=F5J8Sj8HgSo

私の子供のころはこんな感じで、人と人がとても仲が良かったですね。
私は三人兄弟でしたが、毎日仲よく遊んでそれは楽しかった。近所の子供たちが集まって
10人とか20人で缶けりやったり、鬼ごっこしたりして大騒ぎして遊んでいました。
大人たちも優しい目で見守り、声かけてきたり、遊んでくれたり、お菓子をくれたりして
くれました。そんな空気の中、両親の愛情を疑う余地は皆無でした。

だから、人というものを愛し、信頼できました。そりゃ、変な大人とか、意地の悪い子とか
いましたが、他人や社会を愛する心が涵養されて育ってきたと思います。

それが、中学・高校・大学と進学するにつれ少しずつ変わり、現在に至るのですが、現在では
人を愛する心が育つどころか、消えていっていると思います。

各家庭内を客観的に観測するわけにはいきませんので、類推してゆくしかないわけですが、現
在は家庭内に大きな問題があるだろうと思います。機能していないと思います。
また、地域も機能していないと思います。

私が住んでいる地域も(生まれた土地ではないのですが)、私に言わせれば「魂のない村、ブラ
ンバル」という感じです。
目を合わすこともない、会話をすることもない、ただ、皆自分の世界の中にいて、顔も顔でなく
渦を巻いているだけに見える時があります。

皆分かっていると思います、これではまずいと。けれど、どこに目が向かうかと言えば、女性蔑
視とかハラスメントとかブラック企業とかへばかり向かう。
要は男が悪い、オヤジが悪いと言って憎んでいるだけではないでしょうか?オヤジでも他のオヤ
ジが悪いと言って、自分だけ助かろうという奴がいる。
本質からずれているので、よくなるはずもないのです。

優秀なオヤジたちは苦悶しています。また、優秀な若者たちも気が付き始めていると思います。
私が言う優秀とは、時代に流されないで、自分の頭で考える人間のことを言います。

宮台真司という社会学者がいて、彼はこのあたりのことをよく研究していて、私は近頃彼の言う
ことを勉強しています。

お礼日時:2019/12/22 23:18

自己の悲哀


心の穴ですか!
( ̄~ ̄;)

心の傷は癒える、確かですね
さすれば心の穴を塞ぐなら心を鍛える


心に穴が空いてしまい
大事な想いとかが
その穴から抜け落ちてしまい

感傷することによって
空っぽに成った心に
何かしらの想いを
詰め込んでも

直ぐに穴から抜け落ちてしまう

だから、また感傷する事によって

心に何かしらを詰め込む

穴から抜け落ちるたびに
詰め込んでる

ニャンポコリンさんの
感傷の捉え方ですもんね

リセットってより

補給!とかって感じですね

穴があいてるなら
鍛える

( ̄~ ̄;)

穴の空いた物って

鍛えようとすると
壊れたり、破けたりするような印象もありますが!


もしかして
鍛えるまえに
何かしないと
応急処置とか

そんなイメージも浮かんでしまったのですが!

応急処置とかとか
どうでしょうか?

自身でするより
出来るなら
他の誰かにしてもらえるのが、良いのかも?

心の応急処置とか
安易に提唱したけど

他人の心に手が届く関係なんて

世の中で、そう易々と築くのはむずかしそうですもんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心の穴、自己の悲哀が重度になると、アルコール依存、薬物依存、摂食障害、様々な依存症
の発症という厄介なことになります。

身近な人間にこの病の人がいたので、臨床心理士とか精神科医と随分話をしましたし、本も
何冊か読んで勉強したことがあります。
専門家の間では重度になると治ることはないというのが定説のようです。ですから、応急処
置でだましだまし行くしかないケースもあろうかと思いますが、物凄い暴力も伴っていた患
者が、家族の懸命な支えで治ったという話を聞いたことがあります。

要は、育ってきた家庭の家族との関係性が原因の最たるものだそうで、家族全体の問題だと
いうことです。だから、家族全体で取り組んだ場合、改善することがありうるということで
す。

「共倒れ」になる危険性を孕んでいることは体験していますが、家族の愛情が真に伝わった
時に本人が「ああ、悪かった、治さないといけない」と思うことがあるようです。

様々な社会問題も、結局、そのあたりに行き着くのではないでしょうか?
合理性も結構ですが、人の心を考えないから、その社会を構成する人間の心を傷つけてしま
っていると思います。

お礼日時:2019/12/21 11:39

感傷的なのは良いですが うちの親父は何が悲しいのか、会社が倒産しそうなのか



毎晩酒を5合も飲んで、僕に説教だった。

鑑賞する時につい人に聞いてもらいたく成る その様な共感を求めるのは良いのだけど

日本でも世界でも主観的過ぎる現在である。自分が存在することは認めるが相手は自分とは全く違うと

そういう考えがどうしてもある。唯心論、我思う故に我あり、コペルニクス的転回

しかし現実はどうか。当たり前の話しか世の中に通らない。哲学を述べても世の中には通らないのである

だから僕も質問者さんのように出来るだけ客観的な考えも取り入れようと、現実を観ています。

世界はナショナリズムのような空気が出てきて トランプ プーチン 共産党とどうなるのだろうか

私の存在性理論、存在主義も及ばなかった。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私の父も毎晩そのくらい飲んで、かなり酔っていましたね。

今の社会の哲学・思想はどうなっているのかという目で見たときに、ひどいものだと
いうことに気が付きました。

「決めつけ」が多すぎる。また、そのことに気が付いていない。
論理性が実はない。時に支離滅裂です。だから、噛み合うはずもない。

そんな中で、哲学をすることは大変なことです。

お礼日時:2019/12/15 18:21

主観主義の後悔を


自身の経験談で
感傷に浸って

感情のリセットを、はかるのか!

映画や音楽など
鑑賞に、浸り
リセットをはかるのか?

みたいな感じに
思いました

鑑賞が、感傷のスイッチになったり

感傷してたことが
鑑賞で鮮明に、なったり

質問に書いてられた
お父さんの事例では

感傷に浸れど
主観のリセットが
しきれなかったのかも?

とはとは、思われますね

現実主義の反動かも
( ̄~ ̄;)

勝手な解釈ですが
御意見もらえると
(  ̄▽ ̄)にっこりです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

心の中に何らかの穴が開いている人、というのは少なからずいるものと思います。
父の心の穴がどの程度であったかは、子である私にも分かりませんでした。昔の人
は寡黙ですから。

傷ならば癒えましょうが、穴はなかなかふさぐことはできないでしょう、大人にな
るほどに。

その穴は「自己の悲哀」と私は名付けています。それを乗り越えようと思うのなら
ば、生きることによって、心自体を鍛える以外にないのではないでしょうか?
私はそう思っています。そして、それは利他の実践によって成し得るのではないか
と思います。

お礼日時:2019/12/15 18:10

感傷にふけるより


鑑賞にふけって

泣いたりするのは
有る意味
防衛本能なのかと

おもいましたよ
哭ける映画って
需要が減らないですもんね
(  ̄▽ ̄)にっこり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鑑賞することにより、閉ざされた感傷の世界から抜け出せることが
あるのですね。

そのために世の中いろんなものが作られていると言ってよいかなと。

知らず知らずのうちに人に助けられているものなのでしょうね。

お礼日時:2019/12/12 10:59

矢沢永吉の場合は、自棄なのであって、感傷とは違うのではないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

パワフルな矢沢といえど、感傷の中に居ざるを得なかったと思います、苦しくて。

立ち直れたのは「yazawa」という名前があったからだと本人が言っています。

お礼日時:2019/12/12 10:50

感傷主義?


主観主義、でした。訂正です。

主観は主義になりうるのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

主観主義。

例えば、自分に釣り合うとか釣り合わないとかを考えずに、好きなものは好きだ、
と言って女の子を好きになってしまうようなこと、ではないでしょうか?

因みに私がそれでした。

お礼日時:2019/12/12 03:58

嗜癖化しますね。


心地よいです。
癒し効果、があります。

だから演歌は感傷歌。

感傷主義、て何の事?
ニャンポコさんは、どのように捉えて居ますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://www.youtube.com/watch?v=_hO22b2gcYY

演歌を感傷的に聴くことはできますが、「いいね」と思った瞬間には感傷から
脱出しているんではないだろうか?

お礼日時:2019/12/12 04:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング