個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

労務の問題です。65歳以後に短期雇用特例被保険者として雇用された者が同じ雇用主に引き続き1年以上雇用された場合、高年齢被保険者になりますか。

A 回答 (3件)

補足コメントにつきまして;



65歳以降に短期雇用特例被保険者として雇用された者が、同じ雇用主に引き続き1年以上雇用された場合、法改正前であれば、特例被保険者資格を喪失(または継続)していましたが、法改正により、高年齢被保険者に自動的に切り替わることになりました。

厚労省の業務取扱要領(令和元年版)をご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya …

https://www.mhlw.go.jp/content/000556327.pdf
20451(P.31)

https://www.mhlw.go.jp/content/000555714.pdf
21081~21082(P.99)
「なお、特例被保険者の資格取得日が平成 29 年1月1日以前であっても、1年到達日が平成 29 年1月1日以降である場合には、高年齢被保険者に切替わる。」とただし書きがあります。逆に言うと、平成29年以降であれば、当然に切替わるということ。

ちなみに、改正前のもの(平成25年版)は下記です。比較してみてください。
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koy …
21081~21083(P.99)
「21083 (3) 65 歳以降に同一の事業主に引き続いて1年以上雇用されるに至った場合の取扱い」
のところ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信が遅くなり、申し訳ありません。再度のご回答、ありがとうございます。正しくその1点がお聞きしたかったのです。参考サイトもお示しいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2019/12/10 23:15

そのとおりです。


厚労省の下記説明をご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-116 …
「労務の問題です。65歳以後に短期雇用特例」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。恐らくはそうではないかと考えていましたが、法律や資料を探し回ってもはっきりとした明示がありませんでした。お示しいただいたページも先日みまいしたが、やはりはっきりとした明示がありませんでした。
ポイントは65歳を超えてから雇用された者が、という点です。
高年齢被保険者が設けられる前は、65歳以後に雇用された者は一般被保険者にも、当時の高年齢継続被保険者にもなることはできませんでした。
なれるのは短期雇用特例被保険者か、日雇労働被保険者かですよね。
従って、65歳以後に雇用された短期雇用特例被保険者がそのまま一年引き続いて雇用されても、短期雇用特例被保険者のままだったと思います。
法改正によって雇用特例被保険者が設けられ、65歳以後に雇用された人が高年齢被保険者になることができ、短期雇用特例被保険者については、65歳に達する日の前から雇用されている者が引き続き1年を超えて雇用され、1年経過した時点で65歳を過ぎていたら高年齢被保険者になる、もちろん、1年を経過した時点でまだ65歳未満なら、一般被保険者になる、という説明のみだったので、65歳以後に雇用された短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者もそうですが、一般被保険者になれる要件をクリアした時点で、法改正の前では短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者のままだったのが、法改正後は高年齢被保険者になれるのか、ということを改めてお尋ねしたかったのです。回答者様のご解説通り、65歳以後雇用の短期雇用特例被保険者も1年継続雇用で高年齢被保険者になれるという解釈でよろしいのですか。

お礼日時:2019/12/09 21:17

>1年以上雇用された場合



1年を超えて雇用された場合、高年齢被保険者になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。恐らくはそうではないかと考えていましたが、法律や資料を探し回ってもはっきりとした明示がありませんでした。
ポイントは65歳を超えてから雇用された者が、という点です。
高年齢被保険者が設けられる前は、65歳以後に雇用された者は一般被保険者にも、当時の高年齢継続被保険者にもなることはできませんでした。
なれるのは短期雇用特例被保険者か、日雇労働被保険者かですよね。
従って、65歳以後に雇用された短期雇用特例被保険者がそのまま一年引き続いて雇用されても、短期雇用特例被保険者のままだったと思います。
法改正によって雇用特例被保険者が設けられ、65歳以後に雇用された人が高年齢被保険者になることができ、短期雇用特例被保険者については、65歳に達する日の前から雇用されている者が引き続き1年を超えて雇用され、1年経過した時点で65歳を過ぎていたら高年齢被保険者になる、もちろん、1年を経過した時点でまだ65歳未満なら、一般被保険者になる、という説明のみだったので、65歳以後に雇用された短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者もそうですが、一般被保険者になれる要件をクリアした時点で、法改正の前では短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者のままだったのが、法改正後は高年齢被保険者になれるのか、ということを改めてお尋ねしたかったのです。回答者様のご解説通り、65歳以後雇用の短期雇用特例被保険者も1年継続雇用で高年齢被保険者になれるという解釈でよろしいのですか。

お礼日時:2019/12/09 21:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング