OCN光で最大124,800円おトク!

1、「田中さんはまだ仕事が終わりません」という文は正しいでしょうか?
2、「腰を違える」という表現は正しいでしょうか?仕事のせいで、腰が痛くて、動けなくなったということを伝える言葉は他何かありますでしょうか

質問者からの補足コメント

  • 1、「終わる」は自動詞でしょう?だから、「仕事を終わる」ではなく、「仕事が終わる」ではないでしょうか?
    2、「ギックリ腰」ということで、動詞を使いたいから、「腰を違える」?「腰をひねる」?どちらでしょうか

      補足日時:2019/12/10 05:15

A 回答 (4件)

1. 正しい文です。


2.「腰を違える」という表現は正しい表現です。  
「ギックリ腰になりました。」と抽象動詞「なる」を使用します。

「終わる」は自動詞ですが、「仕事を終わる」「仕事を終える」「仕事が終わる」のようにどちらも使用します

日本語では、自動詞、他動詞は、まず現象を伝えるのに自動詞を使用し、具体的、詳細な内容を展開する場合に他動詞を使用します。

例えば、社長と課長がいて、社長がタバコを出し口に加えると、課長がライターで火を点け、

「社長!、火が点きました。」

と言います。「火を点けました」とは言いません。重要な現象をまず、自動詞で表現します。

逃亡犯が逮捕された時も、

「逃亡犯見つかる!」

と一報します。その後、「東京の湾岸警察が逮捕しました。」と続きます。

タピオカ店を探していて、見つかった時、

「あ!、みつかった!」

と先ず結果を述べ、「ようやく、苦労してみつけました。」と言います。

このように、自他共用の動詞が多く、場合によって使い分けます。■
    • good
    • 1

1.


「田中さんはまだ仕事が終わりません」
正しいです。

2.
「腰を違える」
使いません。
「腰を痛める」
が正しい表現。
筋肉や腱などを痛めた場合には「筋を違える」という表現をします。

「腰をひねる」は、腰を回転させるという意味で使います。
痛めた場合の表現としては一般的ではありません。
痛めた場合に良く使うのは「足首(手首)をひねる」など。
    • good
    • 1

1意味は通じますが、「田中さんは」とした場合「田中さん以外の人」がそこに存在して、「田中さん」と仕事をしていることになります。

そして、他の人と比べることになります。ほかの人は仕事を終わったけれど「田中さんは」終わっていないという意味が感じられます。
2「腰を違える」という表現は、若い人はあまり使いません。40代以上の人が使いそうな言葉で、意味は合っています。似た言葉で「腰を痛(いた)める」という表現があります。こちらの方が一般的です。
    • good
    • 0

動けないくらい腰が痛いです

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング