会員登録で5000円分が当たります

日本では景観協定を定めた分譲地ほどダサイ地域が多いという記事がありました。
2014.05.20 家というメディア 日本では景観協定を定めた分譲地ほどダサい!?(https://dtoac.com/blog/20140520/7637
皆さんはどう思われますか?

>何が原因かわかりませんが、日本では景観協定を定めているゼロから始めた分譲地ほど、何故かダサい街が多いんですよ…

>デザインを街全体で考えいないというか、四角に綺麗に区画整理された土地に、同じ素材のものを同じように使えばいいという、合理的な発想が強いからでしょうか。

>中身の取り組みは、コミュニティを作ったり、サポートをしたり、テーマそのものは良くても、なにぶん出来上がる住宅がダサい気がします(笑)

執筆者である井内智哉氏は建築・住宅の専門家であり多数実績もあり詳しい人のようです。景観に関して関わってきた人かは分かりません。
私はこの記事にはなんとかく違和感を覚えました。
区画整理された土地に、同じ素材のものを同じように使うのは「調和」の考え方であって、景観法的に考えたらむしろ景観が良くなる気がします(http://www.mlit.go.jp/crd/townscape/gakushu/data …https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/ela …)。
 
しかし、デザインを街全体で考えられていないのではないかとの事です。
新興住宅街は何が足りないのでしょうか。
良く言われるのは豆腐型の四角い住宅は格好悪いとか、ハウスメーカーの住宅は格好悪い(https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebuk …)のような意見はあると思います。出来上がる住宅がダサいというのはそれを指しているのでしょうか?
しかし、同じ素材を同じように使ったものが建ち並ぶとチープさを感じるというのはやはり腑に落ちません。
他に、景観法には「良好な景観は、地域の自然、歴史、文化等と人々の生活、経済活動等との調和により形成される」(以下略)という文言があり、日本で洋風の住宅を建てることに関する違和感かという気もしましたが、その観点では記事は書かれていません。

仮に、景観協定を定めた分譲地がダサイと感じる人が多いとしたら重大な問題のように感じます。
皆さんはどう思われますか?

質問者からの補足コメント

  • 申し訳ありません。法的うんぬんは言いましたが、
    住宅街単位という狭い範囲で考えた時、歴史的に人が住んでいなかった地域であった事に理由があるのではないかという話ならばそのようにお受け取り致します。
    ありがとうございました。

      補足日時:2019/12/13 21:25

A 回答 (3件)

「何故かダサい」と書かれているように、ダサい理由が書いてありません。


その記事のサイトを見ましたが、おそらく建築の専門家でも街づくりの専門家でもないでしょう(サイトは工務店向けの経営コンサルタントのものだったので、記事を書いた人もそうではないかと)。
専門家であれば、素材や工法、デザイン、採用されている住宅様式などから原因を考察することができますが、「デザインを街全体で考えいないというか、四角に綺麗に区画整理された土地に、同じ素材のものを同じように使えばいいという、合理的な発想が強いからでしょうか。」、これでは説明になっていない。
したがって、大して気にするほどでもない記事、ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2019/12/26 20:53

一度だけ追記します。



恐らく、私の考えは。受け入れられないでしょうが、一応記載します。

「観光立国」を政府が求めているのは、解ります。
しかし、それと「新興住宅地の景観協定」とは、相関しないと思います。

「景観条例」とは、「そこにある景観を守り、より良くする。」のが
目的でしょう?

新興住宅地には、「そこにある景観」は存在しません。
「自然はある。」と仰っていますが、そこにある自然は、人間が関与していない
「野生の自然」であり、何より、「新興住宅地」である以上、その自然を
何らかの形で、「破壊」していることを意味します。

国が観光立国として指摘している「景観」とは、長い年月を掛けて、
その地、その地で、日本人が築き上げてきた「特色ある景観」であって、
「新興住宅地」ではないでしょう。

前段として、各地域にその地域独特の住まい方があり、それが魅力的だからこそ、
景観なのであって、新興住宅地に要求する「景観」なるものは、
「誰が、どのような権限」で決定するのか?

人が住んでもいないのに「景観協定」なるものを、住民の意思に関係なく
決定するとすれば、「驕り高ぶった行為」であると思います。
行政?デベロッパー?
そんな連中が、生きた協定を決定する権限は無いでしょう。
それが「浅はか」の意味です。

だから、新興住宅地に景観基準を設けても、意味がないのだと思います、

上野のアメ横や新橋のガード下、新宿の新世界、みんな景観条例と
異質の世界です。
しかし、それが魅力的で人を引き付けるのは、生きた人間の活動が
長年継続してきたからです。

お題目の「景観条例」を唱えれば、うまくいくと考えるのは
「浅はか」の極みでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
しかしあなたの考えは、やはり日本の制度的に想定されていないもののように感じます。
景観協定は住民等の全員合意により様々なルールを設定するものだそうです(http://www.mlit.go.jp/crd/townscape/gakushu/data …)。
景観協定は上からの指示ではないようですし、お題目でもありません。ということであなたのいう「浅知恵」には該当しないでしょう。

また、資料を読む限りは景観では調和が尊重されているように感じます。
「野生の自然」と言いますが、野生の自然がある野生の自然ではないという考え方は調和の考え方からすると、何か極端な気がします。

あと、アメ横や新橋のガード下や新宿の新世界の件は何が言いたいのか良く分かりません。
何か資料はありますか?

お礼日時:2019/12/13 19:25

「景観条例」制定の目的は、何でしょうかね?



「良好な景観は、地域の自然、歴史、文化等と人々の生活、経済活動等との調和により形成される」
  ↑
なら、「新興住宅地には、地域の自然、歴史、文化、経済活動との調和」の一切が
存在しないのでは?

人間の「浅知恵」で、それらしい条例を制定したところで、
そんなものに価値があるとは思えませんが。

ブラジリアで、ジャングルを切り開き、大都市を作って、
大失敗した事例を待つまでもなく、形だけ整えればいい、と
言うものではないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいませんが言いたいことが良く分かりません。

>「景観条例」制定の目的は、何でしょうかね?

今の時代は必要なものだからでしょうか?景観法第一条から第六条あたりまでが根拠になるかと思います。
政府は景観計画策定団体を増やしたい考えのようですが、観光立国化という経済的事情もあるようです(https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/p …)。

>なら、「新興住宅地には、地域の自然、歴史、文化、経済活動との調和」の一切が
>存在しないのでは?

なるほど。しかし、自然はありますし、人が住む(住みだした)以上は経済活動はあるのではないでしょうか。
歴史や文化については住宅街単位なのでしょうか?私はてっきり都道府県や市とかそのあたりの単位で考えていました。


浅知恵という理由はなんでしょうか?
回答を読むと、景観とは大自然こそに価値があると言っているようにも見えます。

お礼日時:2019/12/12 20:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング