今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

自分の技術を提供する仕事をしていますが、
プロとは、勤続何年位から一般的にプロ扱いされますか?

A 回答 (6件)

私も技術的な仕事をしていますが、仲間内で年数で言えば、大体10年以上が目安の様です。

最も、10年以上キャリアが有っても、1人で仕事をこなせない人も居るし、それ未満でも一人前の仕事が出来る人もいるので、一か八かは言え無い。逆に、10年以上キャリアが有って、一人前にならなかったら、その仕事に向いていないのかも知れない。私は年数で言うと35年ですが、未だに初めての経験があり、奥が深い仕事と感じています。
    • good
    • 0

もちろん個人差もありますが、、、



10,000時間の従事

が、一つの目安。

10.000時間。

8時間×22日×12ヶ月×5年=10,560時間

ということで、、、約5年。
    • good
    • 0

プロというのは、本来は自分が提供した仕事に対価をもらう人です。

つまりお金をとって定常的に仕事をする人がプロです。下手なプロは対価が安いわけですし、腕の立つプロに仕事を頼めば高くなります。
    • good
    • 0

ある意味、決まった職業に従事するのは、その道のプロです。

未だ、卵ですが、大きく成長してください。
    • good
    • 0

プロというのは、お金をもらっていればプロです。


何年とか、ウマいヘタとかは関係ないです。

お金をもらわないのがアマチュア、お金を稼いている=職業のならばプロフェッショナル、つまりプロです。
    • good
    • 0

失礼、一概(正)、一か八か(誤)。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング